趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
EURO2008 決勝 ドイツ - スペイン
2008年06月30日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

いよいよEURO2008も決勝を迎えました。
今考えると順当な2チームが残ったなー、という印象。
では、さっそく決勝のスタメンから。

ドイツ
FW:クローゼ
MF:ポドルスキー、 ヒッツルスペルガー、 バラック、 フリングス、 シュヴァインシュタイガー
DF:ラーム、 メッツェルダー、 メルテザッカー、 フリードリッヒ
GK:レーマン
監督:レーヴ

交代:
ラーム → ヤンゼン
ヒッツルスペルガー → クラニィ
クローゼ → マリオ・ゴメス

スペイン
FW:F・トーレス
MF:シルバ、 セスク、 マルコス・セナ、 シャビ、 イニエスタ
DF:カブデビラ、 マルチェナ、 プジョル、 セルヒオ・ラモス
GK:カシージャス
監督:アラゴネス

交代:
セスク → シャビアロンソ
シルバ → サンティ・カソルラ
トーレス → グイサ

ドイツは、バラックの怪我が心配されましたが、スタメンに。
逆にスペインはビジャがだめで、今大会初めてクアトロフローレスがスタメンに名を連ねました。こっちのほうがより魅力的なサッカーをしそうと思ったのは私だけではないはず!

で、序盤なんですが、スペインはなんだか動きが堅くて、イージーなパスミスとかも飛び出す始末。大丈夫かよー、と思ったんですが、ドイツは何度かあったチャンスにも得点を取ることができず。

スペインは徐々にトーレスが前を向いてドリブルを仕掛ける場面が出てきて、ドイツにあわやオウンゴールという場面を作り出したり。にしてもトーレスは前を向いてボールを持つと脅威ですね。スピード、テクニックともにかなりのレベルだと改めて思いました。

このころから徐々に体がほぐれてきたのか、スペインも何度もチャンスを。トーレスのヘディングがポストに当たったシーンはすごかった。あのメルテザッカーの上から叩きましたからね。

そしてとうとうトーレスから得点が!シャビからのスルーパスにうまく抜け出して、キーパーの上をいくループ気味のシュート。これも抜け出すスピード、シュートのタイミングともに見事でした。

ドイツは虎の子のセットプレーの精度が非常に悪かったです。どうしたんでしょ、シュヴァインシュタイガーは。

ドイツは後半開始からラームに代えてヤンゼンが。どうも怪我だったらしいですが、これでますます攻撃の芽が減ったような。。
その後もヒッツルスペルガーに代えて、クラニィを投入したりしましたが、劇的に流れを変えるまでにはいたらず。

アラゴネスは、この試合もずいぶんと思い切った交代をしてきました。セスクやトーレスを代えるのは結構勇気がいることだと思うんですけどねー。すごいです。

ドイツは最後にクローゼに代えて、マリオ・ゴメスを出すも最後までスペインゴールをこじ開けられず、ジ・エンド。というかほとんどいい場面もつくれなかった記憶が。

今日のドイツは、はっきりいって、いつものように、ピンチなときこそ何とかしそうという空気がまったく感じられませんでした。今回はゲルマン魂はどっかいっちゃったかな。。

スペインは最後まで強い戦い方で、今回のEUROを制しました。監督、選手含めすべてがうまくいったなー、という印象。(正直アラゴネスじゃだめだろ、と思ってました。。。)

今大会は一番強いチームが優勝したという印象で、自分的には納得です。
トルコのがんばりやロシアの躍進も新鮮でよかったですねー。(オランダは残念無念でしたが。。。)

ようやくEUROも終わりました。
今思うとあっという間の1ヶ月でしたねー。
寝不足で体調崩しましたが、すごく楽しい1ヶ月でした。

とりあえず、オリンピックは見るかどうか分からないので、次のCL開幕までしばらくサッカー観戦はお休みです。

結果:
ドイツ 0-1 スペイン

得点:
F・トーレス (スペイン)

スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
EURO2008 準決勝 ロシア - スペイン
2008年06月27日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今回も生で見ました、ロシア-スペイン。
両チームの攻撃がどう生きてくるのか非常に楽しみな試合でした。

ロシア
FW:アルシャフィン、 パブリチェンコ、 サエンコ
MF:セムショフ、 セマク、 ズイリヤノフ
DF:ジルコフ、 イグナシェビッチ、 ワシリー・ベレズツキ、 アニュコフ
GK:アキンフェーフ
監督:ヒディング

交代:
セムショフ → ビリャレトジノフ
サエンコ → スィチョフ

スペイン
FW:ビジャ、 トーレス
MF:シルバ、 シャビ、 マルコス・セナ、 イニエスタ
DF:カブテビラ、 マルチェナ、 プジョル、 セルヒオ・ラモス
GK:カシージャス
監督:アラゴネス

交代:
ビジャ → セスク
シャビ → シャビ・アロンソ
トーレス → グイサ

スタメンはどちらも妥当なところかな、と思ったんですが、ロシアはアルシャフィンがサイドっぽいポジションに。
4-3-3で攻撃的にきたー、と思ったんですが、なぜかそれほど攻勢ではなくむしろ守勢に。
ビジャの落としからトーレスのシュートやビジャのミドルなど、序盤のチャンスを掴んでいるのはスペイン側。ロシアも徐々に前からプレスにいきはじめるが、スペインも慎重でそれほど攻勢に出てこないので、ゲームはちょっとこう着状態に。
パブリチェンコが3連続ぐらいシュートを放ったけど全部枠の外。あのオランダ戦のシュートはまぐれだったのか!!

そんな中ビジャが怪我でセスクに交代。このあたりから、スペインが持ち前の美しく早いパス回しが出始めてきましたが、そのまま前半終了。

ヒディングとしては、このままだと負けるだろうから手を打ってくるな、と思いましたが、後半開始から4-4-2にシステムを変更して前からのプレスが強くなっていきました。
しかし、それを待ってました!とばかりにいきなり左サイドをイニエスタが上がって中央に折り返し → 2列目から飛び出してきたシャビが完璧にあわせて、ついにゲームが動きました。にしても綺麗過ぎる得点でした。さすがスペインといったところ。

この後、ヒディングも2枚替えで対抗するも、ゲームの流れは完全にスペイン。ただ、トーレスが何度も何度もチャンスをつくるが得点できず、ロシアは助かってるという状況。

そこで後半25分あたりになって、アラゴネスがなんと2枚替え。相変わらず訳がわからない交代するなー、すごく流れもいい状態だし、追いつかれたらどうすんだ?と思ったんですが、なんとびっくりこの交代が的中!セスクの華麗な浮き玉パスをグイサが決めて追加点。

もうこの時点でロシアは完全に手詰まりになったんですが、スペインはさらに左に流れたセスクから中央のシルバに戻して3点目、勝負を決定付けました。

もう、スペイン強すぎです、はっきりいって。
アラゴネスの変な采配(素人考えなので、本当は正解なのかもしれません。。)も的中しまくりで、流れが来てるなー、という印象。

ロシアは前半いききれなかったのが大きいでしょうか。先制してればもうちょっとおもしろくなってたと思いますが。

いよいよ残すは決勝のみ。ドイツ-スペインというかなりおもしろそうな組み合わせになりました。ここだけ見ると、優勝候補が順当に残ってきたという印象でしょうか?

スペインの今の勢いは恐ろしいぐらいで、あのドイツといえども簡単に飲み込んでしまいそうですねー。
まあ、ドイツ優勝候補にした以上、ドイツを贔屓目に見ます。スペインの華麗で早いサッカーも好きなんですけど。。

結果:
ロシア 0-3 スペイン

得点:
シャビ (スペイン)
グイサ (スペイン)
シルバ (スペイン)
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
EURO2008 準決勝 ドイツ - トルコ
2008年06月26日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますのでまだ見ていない方はご注意ください)

いよいよ準決勝に入りました。今日は珍しく早起きして生で観戦しました。
トルコが再度の奇跡を見せるのか、ドイツが意地を見せるのか、かなり興味のある一戦でした。

ドイツ
FW:クローゼ
MF:ポドルスキー、ヒッツルスペルガー、 バラック、 ロルフェス、 シュヴァインシュタイガー
DF:ラーム、 メッツェルダー、 メルテザッカー、 フリードリッヒ
GK:レーマン
監督:レーヴ

交代:
ロルフェス → フリングス
クローゼ → ヤンゼン

トルコ
FW:セミヒ
MF:ウール・ボラル、 アイハン、 メフメト・アウレリオ、 アルティントップ、 カジム・リチャーズ
DF:ハカン・バルタ、 ギョクハン・ザン、 メフメト・トパル、 サブリ
GK:リュシュトゥ
監督:テリム

交代:
アイハン → メヴリュト
ウール・ボラル → ギョクデミズ
カジム・リチャーズ → トゥメル

ドイツは、結局ポルトガル戦と同じメンバーで。どうも今大会はマリオ・ゴメスはあきらめたみたいですね。
対するトルコは、出場停止4人、けが人続出でベストメンバーが組めない状態でした。(フィールドプレーヤーは全部で13人。。) 

この時点でトルコかなりきつい。。

ただ、試合開始後ペースを掴んだのはトルコ。なぜか分かりませんが、ドイツはかなり重くてプレスも緩い。これは狙いだったんでしょうか?

最初のチャンスはトルコで、カジム・リチャーズのシュートがクロスバーに!この人、CLでは大活躍でフェネルバフチェ躍進の原動力になってたんですが、EUROでは全然ですねー。このシュートは惜しかったですが。

その後もほぼトルコの攻勢のまま進み、前半20分すぎ、先制したのはトルコ!まさか先制するとは。。右サイドスローインを起点に、中への折り返し→シュートがクロスバーに弾かれたところをウール・ボラルが詰めて得点。

ただ、そこはドイツ。すぐにカウンター気味に左サイドのポドルスキーへのロングパス、折り返しをシュヴァインシュタイガーが華麗に決めて、なんなく同点に。
トルコの先制点がドイツに火をつけちゃったのかなー。
ただ、その後もどちらかというとトルコが攻めて、ドイツが受ける展開のまま前半は終了。

ドイツは後半開始から、肋骨骨折中のフリングスをロルフェスに代えて投入。中盤での激しいチェックができるようになってきました。
徐々にドイツがペースを掴みかけてきたかというところで映像中断!!う~~~ん、もどかしい。

このあたりでは攻防が完全にドイツの左サイド側に。ドイツはラームが攻撃面では奮闘。逆に守備面はメタメタ。。サブリ、アルティントップあたりがいい崩しを見せてました。

そんな中チャンスを生かしたのはドイツの左サイド、ラームから。アーリークロスをクローゼがどんぴしゃのヘディングでついに追加点。時間的には70分ぐらいだったでしょうか。
トルコはキーパーのリュシュトゥが中途半端に飛び出しちゃって、ボールに触れなかったのが痛かったかも。

これで決まったかな、と思ったんですが、そこは今大会のトルコ。右サイドのサブリが個人技で突破し、角度のないシュートをセミヒが上手く決めて、またまた同点に!!なんだこの粘りは?という感じ。

ただ、最後はやはりドイツの底力でした。左サイドのラームとヒッツルスペルガーが大きめのワンツー気味のコンビネーションで、ラームが左サイド破られまくった汚名返上の決勝点!!
時間は後半45分。
トルコの4度目の逆転劇もちょっと期待しましたが、ここは無理でした。。

やはりドイツは強かったー。最後の得点は元祖ゲルマン魂の力か、トルコの奇跡の旋風を完全にはねのけました。

優勝候補ドイツは、いい雰囲気のまま決勝に望めそうです。
明日はスペイン-ロシアかー。こちらもお互い攻撃的で、好ゲーム必死かも。

結果:
ドイツ 3-2 トルコ

得点:
ウール・ボラル (トルコ)
シュヴァインシュタイガー (ドイツ)
クローゼ (ドイツ)
セミヒ (トルコ)
ラーム (ドイツ)

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
EURO2008 準々決勝 スペイン - イタリア
2008年06月23日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は朝起きれずに、今ようやくスペイン-イタリア見終わりました。
こちらもいい試合でした。

スペイン
FW:ビジャ、 トーレス
MF:シルバ、 シャビ、 マルコス・セナ、 イニエスタ
DF:カブテビラ、 マルチェナ、 プジョル、 セルヒオ・ラモス
GK:カシージャス
監督:アラゴネス

交代:
イニエスタ → サンティ・カソルラ
シャビ → セスク
トーレス → グイサ

イタリア
FW:カッサーノ、 トーニ
MF:アンブロジーニ、 ペッロッタ、 デロッシ、 アクイラーニ
DF:グロッソ、 キエッリーニ、 パヌッチ、 ザンブロッタ
GK:ブッフォン
監督:ドナドーニ

交代:
ペッロッタ → カモラネージ
カッサーノ → ディナターレ
アクイラーニ → デルピエロ

スペインは、おなじみのスタメン。イタリアはピルロ、ガットゥーゾが使えないということで、若干のメンバー変更が。

負けたら終わりのトーナメント戦ということで立ち上がりはどちらも無理せず、慎重に入ってるな、という印象。ほぼ中盤での潰しあいがつづくかたちでした。

そんな中、スペインはトーレスやシルバの個人技を中心にペースを掴みかけ、何度か惜しい崩しを見せました。イタリアはファールすれすれ(っていうかとられてもおかしくない場面多数)で守りきり、カウンター時には特に左サイドのグロッソ、カッサーノあたりからのクロスでトーニを生かそうという作戦。

ただ両チームともそれほどリスクは冒さずに前半は落ち着いたまま終了しました。
後半に入ると動いてきたのはスペインで、一気に2枚交代を敢行。これが結構あたって、特にセスクからいいスルーパスが供給されだしたり、本人が飛び出してチャンスを作ったりと、動きが出てきました。
イタリアもその直前に入ったカモラネージが持ち前の運動量でいろいろと顔を出してくるんですが、決定的にとはいかず。。
にしてもこの日はキエッリーニがものすごくよかったです。この人はセリエでは何か後ろでごちゃごちゃ文句言ってるだけの印象しかなかったんですが、カンナバーロの穴を十分すぎるぐらい補っていました。パヌッチとの連携もよかったんじゃないでしょうか。

結局、セスクのスルーパスやビジャのサイドに流れての攻撃なんかも結構キエッリーニ、パヌッチのコンビに上手く止められてるなー、という感じでした。

で、イタリアの2枚目の交代がディ・ナターレ。え~~~~、デルピエロじゃないのー?と叫んじゃいました。訳分からん。。。こういう何ともいえない重い雰囲気を一発で変えれる力を持ってるのはこの人しかいないだろう、と思ってたので。
ドナドーニ的には、このまま進めたかったんでしょうか。。

結局スペインはトーレスに代えてグイサ投入というさらに思い切った策に出てくるも決定的な場面を決めきることができず(ビジャのクロス → グイサの落とし → セスクの飛び出し は惜しすぎたー)。
イタリアも延長後半になってようやくデルピエロ投入も2,3回しかボール触れず、最終的にはPKに。

PKはスペインはグイサ以外が落ち着いて決め、イタリアはいかにも外しそーなデ・ロッシ、ディ・ナターレが予想通り外して、スペイン勝利!!

グループ首位敗退のジンクスを跳ね返し、イタリアペースっぽい重い雰囲気のゲームをものにしたスペインは今大会は優勝の芽が十分すぎるぐらいです。
次はヒディング率いるロシア!!お互い攻撃的なサッカーを展開するので非常におもしろそう。ロシアはグループリーグであたったときとはすでに別物になってますしね。

結果:
スペイン 0-0 イタリア

PK
ビジャ        ○  ○ グロッソ
サンティ・カソルラ ○  × デ・ロッシ
マルコス・セナ   ○  ○ カモラネージ
グイサ        ×  × ディ・ナターレ
セスク        ○

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
EURO2008 準々決勝 オランダ - ロシア
2008年06月22日 (日) | 編集 |
さて、いよいよオランダの準々決勝がやってきました。
早速気合いれて見ました。

オランダ
FW:ファンニステルローイ
MF:スナイデル、 エンヘラール、 ファンデルファールト、 デヨング、 カイト
DF:ファンブロンクホルスト、 マタイセン、 オーイエル、 ブラルーズ
GK:ファンデルサール
監督:ファンバステン

交代:
カイト → ファンペルシー
ブラルーズ → ハイティンハ
エンヘラール → アフェライ

ロシア
FW:アルシャフィン、 パブリチェンコ
MF:ズイリヤノフ、 セムショフ、 セマク、 サエンコ
DF:ジルコフ、 コロジン、 イグナシェビッチ、 アニュコフ
GK:アキンフェーフ
監督:ヒディンク

交代:
セムショフ → ビリャレトジノフ
サエンコ → トルビンスキー
パブリチェンコ → スィチョフ


オランダの先発メンバーはフランス戦と同じ。これを見た瞬間にいや~な予感が。。これって、ポルトガル、クロアチアと同じパターンなんでは?

対してロシアはアルシャフィンをシャドー的に使い、サエンコ、ズイリヤノフがサイドを突くパターン。

序盤は完全にロシアペース。オランダはファンデルファールトを抑えられて上手くボールもまわせずチャンスはファンデルファールトからの2本フリーキックぐらい。ただ、これはどちらも惜しかったですが。
ロシアはパブリチェンコが完全にフリーでヘッドしたり、サエンコのサイドからの仕掛けなど、やりたい放題。

後半に入って、カイトをファンペルシーに代えるも流れは全然変わらず、これはだめだなー、と思いながら見てたら、案の定左サイドのくずしからあっさりパブリチェンコに決められて先制されました。
グループリーグの決定力のなさが嘘のように。。

その後はオランダも怒涛の攻勢に出始めたが(遅いって!!)、スナイデルのミドルシュートがことごとく外れたり、それ以外にはほとんど攻撃のかたちもつくれずピンチ状態。
ただ終了直前に、ファンデルファールトのフリーキックからファンニステルローイが沈めてようやく同点に。これだけは前半から可能性があったんで、決まってよかったー。

そのまま延長に突入したんですが、追いついて勢いにのってるはずのオランダの動きが重い重い。。
悪いときのいつものオランダになってずるずる下がるだけになり、延長戦も完全にロシアペース。アルシャフィンやパブリチェンコに何度もゴールを脅かされる始末。

最終的に延長後半アルシャフィンに左サイドをやぶられて、トルビンスキーに決められ、最後はスローインからのボールをDF誰も警戒せずにそのまま決められジ・エンド。。。

ロシアは、後半の1-0状態になっていたときを除いて常に攻撃的で創造的なサッカーを披露。対してオランダは何ともいえない、まずーいサッカーに。結果的には完全にゲームを支配したロシアが勝って当然のゲームだったと思います。

オランダは選手交代もあまりよくなかったかも。ブラルーズに代わって右サイドに入ったハイティンハはしぼりすぎ、下がりすぎ、あがれず、でまったくサイドバックとして機能せず。左サイドハーフに入ったアフェライもドリブルで仕掛けたりはしてたけど、それほど効果的な仕事ができず。(最後の交代は、何でロッペンじゃないの?と誰もが思ったんじゃないでしょうか。)

これでオランダの今大会は終わりました。いつもの悪いオランダがここで出てしまって残念です。力量的には十分に優勝を狙えるメンバーだったと思いましたが。
対してロシアは予想以上にいいチーム。これはおもしろいかも。

とりあえず応援チームがなくなったのでこれからどう見ていこうか思案中。。優勝候補にしたドイツか、ミランメンバーがいるイタリアでも注目しますか。

次はいよいよスペイン-イタリアです。
グループ1位抜けチームはここまで3連敗。スペイン大丈夫か?ちょっと心配です。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。