趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝 バルセロナ - マンチェスターユナイテッド
2009年05月28日 (木) | 編集 |
ようやく、今シーズンのCL決勝がやってきました。

ということで、昨日はかなり早めに寝て、朝3:30起きで見ました。(仕事中眠くて眠くて。。)

組み合わせ的には、プレミアの優勝チームvsリーガの優勝チームということで、まさしく欧州クラブNo1を決めるにふさわしい、楽しみな対戦になりました。

バルセロナ
FW:アンリ、メッシ、エトー
MF:イニエスタ、ブスケス、シャビ
DF:シウビーニョ、ピケ、トゥレ、プジョル
GK:ビクトル・バルデス

交代:
アンリ → ケイタ
イニエスタ → ペドロ


マンチェスターユナイテッド
FW:ルーニー、ロナウド、パクチソン
MF:アンデルソン、キャリック、ギグス
DF:エブラ、ビディッチ、ファーディナンド、オシェイ
GK:ファンデルサール

交代:
アンデルソン → テベス
パクチソン → ベルバトフ
ギグス → スコールズ

スタメンですが、バルサは最終ラインのマルケスをケガで両サイドバックのアビダル、ダニエウ・アウベスを出場停止で欠くというちょっと苦しめの布陣。
ただ、前線は相変わらず豪華ですね。アンリ、エトー、メッシの3TOPは健在。

マンUは、中盤3センターのフレッチャーをこちらも出場停止で欠き、かわりはギグス。
ただ、こちらはメンバー的には見劣りしないかな、という印象でした。

あと、パクチソン先発はちょっと以外だったり。同じアジア人として応援はしてますが。


ゲームは立ち上がり、いきなりマンUのペースに。
まず最初はいい位置で得たFKをロナウドが直接ゴールに。これをビクトル・バルデスが弾いたところ、パクチソンがつめたんですが、惜しくもゴールならず。
さらにロナウドが立て続けにシュートを放つもどちらも枠外に。

しかし、いきなりの猛攻にこれはマンUが決めてしまうか?と思ったんですが、開始10分。バルサが最初に訪れたチャンスをきっちりと決めて先制。
右サイドに流れたエトーへのスルーパスがうまくとおり、エトーがこれを中に切り返してビディッチをかわして、右足アウトサイドでゴール隅へ。

こんなにあっさり入るのは正直びっくりでした。
その後はゲームの展開がまったく変わってバルサペースに。
バルサのパス回しがスピードを増してきて、マンUはなかなかボールを取れない状態。

それでもロナウドが何本かシュートチャンスがあったんですがほぼ全部枠外に。
結局前半はそのまま終了。

マンUがシュート8本(枠内1本)、バルサが4本(枠内1本)とシュート数自体はマンUなんですが、そんなに押してる印象はなかったです。

後半に入るとマンUはアンデルソンに代えてテベス投入。
これで流れが変わるかとおもったんですが、逆にバルサの勢いが増してくる結果に。

アンリがドリブルでファーディナンドをかわしてシュートした場面や、エトーからゴール前のメッシへのパスなど惜しいチャンスも。
マンUはルーニーがウラへ何度か抜け出しそうなシーンもあったりしたんですが、この日のルーニーはまわりとあまりいい連携ができてなかった感じでした。

その後パクチソンをベルバトフに代えてさらに攻勢にというところだったんですが、後半25分にシャビの絶妙のアーリークロスからメッシが珍しくヘッドでファーサイドにふわっと流し込んで追加点。

これまでのゲーム展開から、これで決まったかな~という追加点でした。

結局そのまま試合終了まで。終了までもどちらかというとバルサのチャンスが多かった気がします。ロナウドなんかもかなりイライラがたまってましたしね。

バルサの攻撃陣は本当に完成されてますね~。やっぱりすごいです。
前の数人だけで何とかしてしまえる力があります。

逆にマンUはあまり影響ないかな~と思ってたフレッチャー不在が結構響いたんじゃないかな~と思ったり。ここ数戦は3センターでの中盤の厳しいプレスとボールを奪ってからの早いカウンターがひとつの武器だったんですけど、今日はそれがほとんど見られませんでした。

バルサの中盤でのボール回しに隙がなかったからかもですが。。。

とりあえず、これで今シーズンのCLはすべて終了しました。(多分今シーズンもほぼ全試合見れたかな?)

最後は、強いチームが強いサッカーをして、優勝したという印象です。
ペップは1年目でいきなりビッグイヤー獲得ですね。すごいというのと、オランダファンの私にとってはライカールトがやめていきなりかい!とちょっと複雑。。

今シーズンはミランが出場せず、さびしい限りでしたが、来シーズンはまた出てくれるのでしっかり応援します。

とりあえず、これでサッカー観戦はひと段落。。。。


Wiiイレもフレ戦つながりにくくてなかなかモチベーションが上がりにくいし、これからどうしようかな?

スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝2nd Leg チェルシー - バルサ
2009年05月07日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は朝4時起きで見ました!
これもかなり楽しみな対戦ですしね。
初戦0-0だっただけに本当にどっちに転んでもおかしくないな、と思ってました。
クラシコで圧勝したバルサの勢いがありそうでしたけど。

チェルシー
 FW:マルダ、ドログバ、アネルカ
 MF:バラック、ランパード、エッシェン
 DF:コール、テリー、アレックス、ボシングワ
 GK:ツェフ

 交代:
 ドログバ → べレッチ

バルセロナ
 FW:イニエスタ、エトー、メッシ
 MF:ケイタ、ブスケツ、シャビ
 DF:アビダル、トゥレ、ピケ、ダニエウアウベス
 GK:ビクトルバルデス

 交代:
 ブスケツ → クルキッチ
 イニエスタ → グジョンセン
 エトー → シウビーニョ

チェルシーは、アネルカを先発で出してきたということで、かなり守備的だった1st Legとは違い攻撃的にきた感じでしょうか。コールも戻ってほぼベストメンバーだと思われます。

逆にバルサはアンリ不在。DFでもマルケス、プジョル不在とかなり不安が。特にCBに入ったトゥレがどこまでできるのかが気になるところ。

試合は、序盤から完全にバルサペースに。アウェーでもきっちりと自分達のスタイルを出せるあたり、やはり一流ですね。

試合が動いたのが、開始まもなくの9分ぐらい。ランパードのクロスがDFに当たったところ、こぼれてきた玉をエッシェンがPA外からダイレクトボレー。これがクロスバーに当たりながらもゴールに入り、チェルシーが先制。

かなり運のいいかたちですが、こういうところで決めるあたりはさすがエッシェンといったところでしょうか。簡単なシュートではなかったです。

その後もバルサは60%以上の支配率をキープし、攻め立てるも、フィニッシュが枠に行かない。。
結局前半はバルサが押し気味に進めつつも1-0で終了。

後半に入っても試合の流れは変わらず支配するバルサとカウンター狙いのチェルシーという図式。
バルサは引き続きなかなかボールが枠に飛ばず。。
さらに、後半67分ぐらいにエリック・アビダルがアネルカの抜け出しを阻止した際に一発レッド。。。(だから一発レッドはこの舞台ではやめようよ~、という心の声は届かず。)
それほど悪質とは思えませんでしたけどね。

ただ、チェルシーも1st Legに引き続き、ドログバが決定機を外し、追加点がなかなか奪えない。
あと、エリア内での疑惑のハンドもありましたが。。

そのまま時間も過ぎていきロスタイム突入。
これはもうチェルシーで決まりか、と思ったんですが、なんとなんと、ロスタイム2,3分が経過したとき、ゴール前のクリアミスを拾ったメッシから中央のイニエスタに流してのダイレクトミドルが、この日バルサとしては始めて枠に飛び、しかもそのままゴール。

これで決まりでした。
さらに終了間際、チェルシーのCKのこぼれ玉をバラックがミドル。エリア内でDFの手に当たる本日2回目の疑惑のハンドもPKをとってもらえず(バラックの抗議っぷりがすごかった・・)、このまま1-1で終了。

本当の最後の最後に大逆転したバルサは見事でした。こういったことがあるからサッカーはおもしろいですね~。

結果:
チェルシー 1 - 1 バルセロナ
トータル  1 - 1

得点:
エッシェン  ゴール前のこぼれ玉をダイレクトボレー
イニエスタ  ゴール前の横パスをダイレクトミドル

結局組み合わせは、リーガ、プレミアそれぞれの首位対決になりましたね。
欧州トップのクラブを決める戦いとしては、願ってもない好カードだと思います。(優勝候補予想はまた外れましたが。)



ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝2nd Leg アーセナル - マンU
2009年05月06日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はGW最終日、早起きしてアーセナル-マンU戦見ました。
1st LegはマンUホームで1-0と、アーセナルがホームで爆発すれば、まだ分からない状況でした。

アーセナル:
 FW:アデバイヨル
 MF:ファン・ペルシー、ナスリ、セスク、ソング、ウォルコット
 DF:ギブス、ジュールー、トゥレ、サニャ
 GK:アルムニア

 交代:
 ギブス → エブエ
 ウォルコット → ベントナー
 ファン・ペルシー → ベラ

マンチェスターユナイテッド:
 FW:ルーニー、ロナウド、パクチソン
 MF:アンデルソン、キャリック、フレッチャー
 DF:エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、オシェイ
 GK:ファンデルサール

 交代:
 アンデルソン → ギグス
 エブラ → ラファエル
 ルーニー → ベルバトフ

アーセナルは、ファンペルシーが復帰してきて先発。1st Legとの違いはこことCBのジュールーだけ。
アーセナルとしては何とかアウェーゴールを与えずに凌ぎたいところ。

マンUは、前節からの変更はテベス→パクチソンだけ。パクチソンは国内リーグのミドルズブラ戦でのパフォーマンスが評価されての先発か。

1st Legとは違い、アーセナルも序盤からそれなりに攻勢に出ていたんですが、開始8分。アンデルソンから左に流れたロナウドにスルーパス。これをロナウドが中央にグラウンダーで折り返したところ、カバーに入っていたギブスがまさかのスリップ。
そこを逃さずパクチソンがキーパーの上を抜くシュートでマンUが貴重なアウェーゴールとなる先制点を。

さらにさらに、その3分後にはロナウドがFKを直接沈めて早々に0-2に。
この状態でアーセナルは4点が必要になり、もうほぼ望みはなくなりましたね。

前半全体で見てもアーセナルらしい展開はほぼなく、ほとんどマンUゴールを脅かすこともありませんでした。
マンUの3センターに加え、ルーニー、パクチソンの献身的な守備もあり、ほとんどの攻撃の芽をつぶしてました。

後半になっても展開は変わらず。。
61分にはカウンターから、ロナウド→パク→ルーニー→ロナウドと繋いでさらに3点目。

徐々にアーセナルもミドルなどからボールが枠に行きだしたものの、ファンデルサールの牙城はなかなか崩せず。
PKで何とか1点は返したが、そこまででした。

というか、あのフレッチャーへの1発レッドはないような。。。。別に贔屓目に見てるわけではないですが、ファールじゃなくても不思議ではないシーンだと。軸足がひっかっかって相手を挟むかたちにはなってましたが、蹴り足はきちんとボールに行ってたし。

何年か前にネドベドがファイナルの舞台に進めなかったことがありましたが、あれを思い出しますね。
ちょっとは空気読めよ~、と言いたくなりました。(判定が取り消されることを期待してます。)
せっかくのファイナルにベストメンバーで望めないのはやっぱり悔いが残りますしね。
こちらも最高の戦いを期待してるわけだし。

まあ、とにかくマンUは強かったです。アーセナルにまったくかたちを作らせませんでした。
ここへきて今シーズン一番いい状態かも。

アーセナルはおもしろいサッカーをできるのにやられるときは脆いな~、といつも思います。
安定して力を出せないのは若いから??
ギブスもウォルコットも精神的にすでに負けてたんじゃないのか、と。
アルシャビンも入ったことだし、来季にまた期待ですね。アーセナルのサッカーは好きなので。

結果:
アーセナル 1 - 3 マンチェスターユナイテッド
(トータル) 1 - 4

得点:
パクチソン  ロナウドの折り返しからワントラップでシュート
ロナウド  FK直接
ロナウド  カウンターからルーニーの横パスをダイレクトシュート
ファンペルシー  PK

さて、明日はいよいよチェルシー-バルサ。
個人的にはバルサのほうが強いと思ってますが、チェルシーは優勝候補にあげちゃっただけに複雑。別に好きなわけではないんですが、ちょっと贔屓目に見てしまってます、今シーズン。

可能なら早起きして会社前に見たいところです。

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝1st Leg マンU - アーセナル
2009年04月30日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日も早速準決勝マンU-アーセナル戦を見ました。
ここはプレミア勢同士ですね。

マンチェスターユナイテッド
 FW:テベス
 MF:ルーニー、アンデルソン、キャリック、フレッチャー、ロナウド
 DF:エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、オシェイ
 GK:ファンデルサール

 交代:
 アンデルソン → ギグス
 テベス → ベルバトフ
 ファーディナンド → エヴァンス

アーセナル
 FW:アデバイヨル
 MF:ディアビ、ナスリ、セスク、ソング、ウォルコット
 DF:ギブス、シルベストル、トゥレ、サニャ
 GK:アルムニア

 交代:
 ウォルコット → ベントナー
 アデバイヨル → エドゥアルド

マンUは、意外なテベス先発ですね。国内リーグのスパーズ戦逆転劇の立役者だからでしょうか。
アーセナルは、ナスリとソングがボランチに並ぶかたちですね。個人的にはナスリは前のほうがいいと思いますが。まあ、アルシャビンが使えないのがかなり痛いところ。

試合は序盤から完全にマンUペース。高い位置からの守備も効いて、アーセナルはまったく攻撃のかたちにならず。

そんな押せ押せのムードのまま迎えたCKから、キャリックの折り返しが流れてきたところをオシェイがダイレクトで蹴りこんでマンUが先制。開始から20分近く攻め続けただけに、ようやく取れたかという感じでした。

その後もアーセナルは自慢の早い攻めを見せることができず、マンUが支配する展開は変わらず。
マンUは、3センター気味のキャリック、フレッチャー、アンデルソンがかなり上手い具合に機能していたと思います。
守備はもちろんのこと、攻撃時も入れ替わりで前線に顔を出してくるので、アーセナルのディフェンスラインはなかなか的を絞りきれない状態。

結局前半は1-0のまま終了。後半は少しだけアーセナルが盛り返したかに見えましたが、相変わらず決定機はほとんどなし。結局枠内シュートは1、2本だったかも。
お家芸のパスワークもほとんどなく、みんな迷いながら、探しながらパスをしてる状態でした。
カウンター気味でも最後のところでパスの出し先がなく、後ろに戻しちゃったりと、ちょっとちぐはぐな印象でした。

マンUはロナウドがバー直撃のシュートを放ったり、ギグスがオフサイドぎりぎりでゴールを決めきれなかったりと、最後のところでちょっとツキもなかったかと思いますが、ほぼ試合は支配しており、後1点はほしかったところですかね。

結局、オシェイの1点だけで終わったので、こちらも2戦目はアーセナルホームとなるだけに、まだどう転ぶか分からず、2nd Legが楽しみです。

結果:
マンU 1 - 0 アーセナル

得点:
オシェイ  CKからのゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝1st Leg バルサ - チェルシー
2009年04月29日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はさっそく朝からバルサ-チェルシー戦観ました。
いよいよ今シーズンも残り5試合、大詰めを迎え、期待感も高まります。

バルセロナ
 FW:アンリ、エトー、メッシ
 MF:イニエスタ、トゥレ、シャビ
 DF:アビダル、ピケ、マルケス、ダニエウ・アウベス
 GK:ビクトル・バルデス

 交代:
 マルケス → プジョル
 エトー → クルキッチ
 アンリ → フレブ

チェルシー
 FW:ドログバ
 MF:マルダ、バラック、ランパード、ミケル、エッシェン
 DF:ボシングワ、アレックス、テリー、イヴァノビッチ
 GK:ツェフ

 交代:
 ランパード → べレッチ
 バラック → アネルカ


バルセロナの先発はまあ、いつもの面々でしょうか。前3枚の攻撃力がすごすぎで、イニエスタ、シャビも絡めた攻撃力はやはり随一だと思います。
いまいち調子があがらないプジョルはベンチでしたね。

チェルシーは、ドログバの1トップ、バラック、ミケルのダブルボランチで、右サイドハーフにはエッシェンとかなり守備的にきた印象。
出場停止のアシュリー・コールのところには、ボシングワを入れてこちらもかなり守備を意識したというところでしょうか。

試合は開始してもなかなか動きがない展開。やはりチェルシーはかなり守備的にきているみたいで、両チームとも前半しばらくはシュートすらなかったんじゃないかな~。

そんな中でもバルサは徐々に押し込んできますね。このチームは相手が守備的だとかさにかかって攻めてきますし。
それでもチェルシーはぎりぎりのところで厳しい守備で防いでました。ファールもかなりかさんでましたが、両サイドハーフのマルダ、エッシェン当たりもかなり守備に奮闘して、ちょっとやそっとではゴールが割れそうにない感じで、前半は終了。

チェルシーは相手のミスに付込んでドログバが抜け出すシーンもあったが決めきれず。。こういうシーンを決めてれば、狙い通りというところなんでしょうが。

後半に入っても流れはバルサ。特にカウンター気味の攻撃ではかなり際どいところまではくずしていたんですが、最後のところで決めきれず。
チェルシーはランパードに代えて、べレッチを投入。エッシェンを一枚下げて3枚で中盤を守るという必死の采配に。

最後のほうは本当に怒涛の攻撃で、交代で入ったクルキッチやフレブも惜しいシーンがあったんですが、最後までゴールは割れませんでした。
バルサは終始押していただけに、何とか勝っておわりたかったところなんですが。。

ヒディングとしては、まあ最低限の結果は残せたというところなんでしょうか。
ただ、前の試合ではホームでリバプール相手に4点も取られてるし、全く安心はできませんね。

しかし、第2節はさらにおもしろい試合になりそうです。

結果:
バルセロナ 0 - 0 チェルシー

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。