趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL決勝 バルセロナ - マンチェスターユナイテッド
2011年05月29日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますのでまだ見ていない方はご注意ください。)

本日はいよいよ決勝戦ということで、早起きしてライブで観ました、バルセロナvsマンU戦。
正直今シーズンのバルセロナは強すぎる印象もありますが、堅い守備とカウンターの武器があるマンUも十分に渡り合えそうだし、かなり好勝負になる予感がありました。

バルセロナ:
FW:ビジャ、メッシ、ペドロ
MF:イニエスタ、ブスケツ、シャビ
DF:アビダル、マスチェラーノ、ピケ、ダニエウ・アウベス
GK:ビクトル・バルデス

交代:
ビジャ → ケイタ
ダニエウ・アウベス → プジョル
ペドロ → アフェライ

マンチェスターユナイテッド:
FW:ルーニー、ハビエル・エルナンデス
MF:パクチソン、ギグス、キャリック、バレンシア
DF:エヴラ、ビディッチ、ファーディナンド、ファビオ
GK:ファンデルサール

交代:
ファビオ → ナニ
キャリック → スコールズ


バルセロナはプジョルがベンチからというところ以外はほぼベストメンバー。しっかりとここに照準を合わせてきましたね。中心はやはりメッシで、そこに中盤のシャビ、イニエスタが絡んで生きたいところでしょう。

マンUも最近はこの布陣が多いですね。キープレーヤーは今シーズンいいところで活躍しているベテランのギグスでしょうか。個人的には、ラストゲームとなるファンデルサールやパクチソンにもがんばってほしいところで、ちょっとマンUよりで今回はゲームを見ました。

ゲームは開始早々から、両チームかなり前からの守備が積極的で、ファイナルにかける意気込みが伝わってきますね。
特にマンU側のプレッシングは見事で、バルセロナになかなかゲームを作らせない守備を見せていましたが、さすがにこのままではスタミナがきついか。。10分過ぎごろからは徐々にプレッシングにもなれ、ペースを少し落としながら組み立て始めたバルセロナがゲームを支配し始めました。

こうなるとやはりバルサは強いですね~。15分過ぎごろにはポゼッションは66%近くになり倍近い支配率に。そこからシュートまで持っていけるようになったバルサ。シュートはなかなか枠には飛んでくれませんでしたけど。
マンUはカウンターすら上手く決まらないもどかしい展開に。エルナンデスもオフサイドに引っかかる場面が多くかたちがつくれず。

そして前半26分、バルサは中盤のキープからシャビが右サイドへパス。これをペドロが上手く外に開いてDFを外しながら受けると、ファーサイドに蹴ると見せかけて、ニアサイドへシュート。ファンデルサールも完全にファーサイド警戒で、このシュートはどうにもならず、バルセロナが先制。

さすがにこの先制点はかなりきつかったんですが、ただでは終われないマンUはルーニーがギグスとのワンツー気味のの落としたボールをダイレクトで蹴りこんで、すかさず同点に。
ゲームとしてはこれで少しおもしろくなりました。

ただ、ペースは相変わらずバルサペース。後半10分ごろにはメッシが中盤でボールを受けると、すぐさまドリブルシュートを放ち、これがゴールに吸い込まれ再び勝ち越すと、さらにはビジャがエリア外からのループを決め、3-1に。

マンUはナニを投入し、ふたたび同点を目指そうとしていたところだっただけに、この失点はかなり痛手でした。
その後はバルセロナは危なげなくゲームをまとめあげ、終わってみれば完勝に近いかたちでビッグイヤーを手にしました。う~~~~ん、強すぎですね。。。

ファンデルサールは現役最後の試合で有終の美を飾れず、残念。。。パクチソンもここがラストチャンスかもしれないですし、勝って欲しかったです。。


昨年のスペインのW杯制覇に続き、バルセロナの欧州制覇。
来シーズンはどこがストップバルサをかけるかという争いになるかもしれないですね。

結果:
バルセロナ 3 - 1 マンチェスターユナイテッド

得点:
ペドロ  シャビからのパスを受けニアサイドにシュート
ルーニー  ギグスに預けたボールの落としをダイレクトシュート
メッシ  中盤でボールを受け、ショートドリブルからシュート
ビジャ  エリア外でボールをもらい、ループ気味にゴールすみへ
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 準決勝 マンチェスターユナイテッド - シャルケ
2011年05月05日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日も準決勝第2節を観戦。こちらも1戦目でマンUがアウェーで2-0の勝利を挙げている展開のため、かなり勝ちぬけが濃厚な状態になっていますが、シャルケにも最後の意地を見せてもらいたいところです。

マンチェスターユナイテッド:
FW:ベルバトフ
MF:ナニ、アンデルソン、スコールズ、ギブソン、バレンシア
DF:オシェイ、エヴァンス、スモーリング、ラファエウ
GK:ファンデルサール

交代:
ラファエウ → エブラ
スコールズ → フレッチャー
ベルバトフ → オーウェン

シャルケ:
FW:ラウール
MF:バウムヨハン、ドラックスラー、フラード、パパドプーロス、ファルファン
DF:エスクデロ、メッツェルダー、ヘベデス、内田
GK:ノイアー

交代:
バウムヨハン → エドゥー
ヘベデス → フンテラール
ファルファン → マティフ

マンUは国内リーグのチェルシー戦をにらんで、かなりメンバーを落としてきましたね。アウェーで勝ってきているだけにここはかなり余裕の状況とファーガソンも判断したんでしょう。
対してシャルケは、2TOPではなく、中盤を厚くする布陣できました。

シャルケの狙いとしては中盤でのすばやいチェックでしたね。ゲーム開始後からすぐに前線での厳しい守備を展開し、ここはやるぞ!という意気込みが見えるかたち。
ただ、マンUはこんな状況でもまったく慌てないですね。守備の陣形はほとんどくずされることなくいつものように淡々とゲームをこなしている印象でした。

なかなか効果的に攻められないシャルケは、多分フラードだったと思うんですが、バックパスのミスから、きれいにスルーパスを前線に通され、バレンシアにゴールを決められ失点。
さらには右サイドのスローインからの展開で中へボールを運び最後はギブソンがゴールを決め、マンUは前半30分の時点で2-0とリード。トータルで4-0となり、相当楽な展開に。

シャルケも内田のクロスからラウールが競って、こぼれ玉をフラードが強烈に蹴りこんで何とか前半のうちに1点返しましたが、次の1点が遠かったです。

後半、エドゥを投入し、ラウールを少し下げたことで、ボールがよく動くようにもなったんですが、なかなか得点を奪えず。
70分過ぎには、アンデルソンに立て続けに2ゴールを決められて、最終的には4-1というスコアで終了。やはり力及ばなかったというところですね。もう少しがんばって欲しかったとは思いますが。。

これで決勝はバルサvsマンU。正直今のバルサは相当強いと思いますが、マンUの安定した戦い方も非常に不気味ですね。バルサ相手でも自分達のサッカーができれば勝機はありそう。

結果:
マンチェスターユナイテッド 4 - 1 シャルケ

得点:
バレンシア  中盤ボールを奪ってすぐのスルーパスに右サイド抜け出し
ギブソン  右スローインから中へ繋がったボールを蹴りこみ
フラード  内田クロスから、ラウールが競ったボールのこぼれを蹴りこみ
アンデルソン  ゴール前に抜け出し、一旦止められたもののこぼれを再度蹴りこみ
アンデルソン  カウンターからベルバトフの横パスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 準決勝 バルセロナ - レアルマドリード
2011年05月04日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は準決勝の第2節ということでさっそくバルサvsレアル戦を観ました。
バルサがアウェーで2得点して勝ってきているだけに、かなり勝負が決している感じもありますが、早い段階でレアルが先制できれば、まだまだ分からないでしょうし、楽しみは楽しみです。

バルセロナ:
FW:ビジャ、メッシ、ペドロ
MF:イニエスタ、ブスケツ、シャビ
DF:プジョル、ピケ、マスチェラーノ、ダニエウ・アウベス
GK:ビクトル・バルデス

交代:
ビジャ → ケイタ
プジョル → アビダル
ペドロ → アフェライ

レアルマドリード:
FW:イグアイン
MF:ディマリア、シャビアロンソ、カカ、ディアラ、ロナウド
DF:マルセロ、アルビオル、カルバーリョ、アルベロア
GK:カシージャス

交代:
イグアイン → アデバイヨル
カカ → エジル

バルセロナは前節からはケイタがイニエスタに変わっただけでしょうか。CBはまだ不安が残りますけどね。。。
レアルはイグアインとカカが先発。ペペ、セルヒオラモスが累積警告で出られず、モウリーニョも不在と、かなりハンデはありそうですね。

ゲームは序盤からレアルマドリードが気持ちのこもった守備。かなり前線から積極的にチェックをかけ、バルセロナに思い通りの攻撃をさせない展開になりました。
ただ、この状態でもバルセロナはポゼッションに徹し、相手が徐々に疲れてきた30分過ぎごろからペースをつかみ始めました。やはり強いですね~。
ほとんどシュートも撃ててなかった前半部分と違い、この時間帯はかなりチャンスもありました。ただ、得点にはいたらず0-0のまま後半へ。

後半に入ってもバルセロナはペースをつかみ、レアル側もファールで相手を止めて何とか止めるシーンが多かったんですが、ついに後半10分ごろに均衡が破れました。
中盤イニエスタがキープからスルーパスを通し、これをペドロが決めて先制。

これでバルサはだいぶ楽になりましたね。
その10分後にはカウンターからディマリアの突破→シュートでポストに当たったところを再び自ら横に流してマルセロが決め、同点に追いつきましたが、ここから交代で投入されたアデバイヨル、エジルとも期待された仕事ができず、結局はこのまま終了。

バルセロナは無難に決勝進出を決めました。レアルマドリードは前半飛ばしすぎた感じもありましたが、2点が必要な以上仕方なかったですね。。

結果:
バルセロナ 1 - 1 レアルマドリード

得点:
ペドロ  イニエスタからのスルーパスに抜け出し
マルセロ  ディマリアからの横パスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 準決勝 レアルマドリード - バルセロナ
2011年04月28日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は準決勝のもう1試合、レアルマドリードvsバルセロナ戦を観ました。
ここはスペイン2強の対決ですね。コッパデルレイではマドリーが勝利しましたが、CLでは果たしてどうなるのか。。

レアルマドリード:
FW:ロナウド
MF:ディマリア、ディアラ、シャビアロンソ、エジル
DF:マルセロ、アルビオル、セルヒオラモス、アルベロア
GK:カシージャス

交代:
エジル → アデバイヨル

バルセロナ:
FW:ビジャ、メッシ、ペドロ
MF:ケイタ、ブスケツ、シャビ
DF:プジョル、ピケ、マスチェラーノ、ダニエウアウベス
GK:ビクトルバルデス

交代:
ペドロ → アフェライ
ビジャ → ロベルト

レアルマドリードは、ロナウドがFW先発とちょっと意外なフォーメーションで。他にはケディラ、リカルド・カルバーリョを欠くなどちょっと不安も残る構成。ただ、バルサ側も左SBの離脱が相次ぎ、プジョルが左に流れてCBにはマスチェラーノが入る状態。こちらも万全とは言えないですね。

ゲームは、序盤はかなりお互いに様子を見ていた状態でしょうか。あの攻撃的なダニエウ・アウベスですらほとんどオーバーラップすることなく、かなり抑えていました。
まあ、それもあってか、なかなか攻めに迫力もなく、ディフェンスラインでのボール回しがかなり多かったですね。それでも7割近いポゼッションだったので、ホームのレアル側からすれば、それはそれでストレスの溜まる展開になったかもです。。

ホームのレアル側も決定機はほとんどなく、セットプレーで見せ場があるかな、ぐらいの前半でした。
ただ、ラスト近くになるとさすがに結構激しさがでてきましたね。

その激しさがさらに後半に入ると増すことに。徐々に攻めに厚みが両方出てきて、相手を止めるところでもファウル気味になることも多くなってきたんですが、60分過ぎにペペが危険なプレーで一発レッドに。さすがに一発レッドは厳しい気もしましたが、それに抗議した(というより、皮肉まじりのポーズを行った?)モウリーニョまで退席処分に。

こうなるとレアルマドリードはかなりきつくなりましたね。
さらに攻めがきつくなってくるバルセロナに対し、ついに先制点を与えてしまいました。
バルセロナは、途中出場のアフェライが右サイドキープから中へ切れ込んでのクロスにニアでメッシがあわせてのゴールで先制。
アフェライが仕事をしてくれたので、オランダを応援する私としてはちょっと嬉しかったです。。。

さらには終了間際、メッシが単独ドリブルから持ち込んでシュートを決め、2-0でバルサ勝利。
こちらもかなり濃厚になった印象がしますね~。レッドカードでゲームが動いた感じもあるため、レアル側からすると納得できない部分はかなり大きいとは思いますが。

結果:
レアルマドリード 0 - 2 バルセロナ

得点:
メッシ  アフェライの切れ込みからのクロスをニアであわせて
メッシ  中盤から単独ドリブルで切れ込んでシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 準決勝 シャルケ - マンチェスターユナイテッド
2011年04月27日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は、早速準決勝の第1試合、シャルケvsマンU戦を観ました。
正直シャルケがここまで来るとは思ってなかったのですが、ここまできたからにはがんばってもらいたいところですね!

シャルケ:
FW:エドゥ、ラウール
MF:フラード、パパドプーロス、バウムヨハン、ファルファン
DF:サルペイ、メッツェルダー、マティフ、内田
GK:ノイアー

交代:
バウムヨハン → クルーゲ
サルペイ → エスクデロ
フラード → ドラックスラー

マンU:
FW:ルーニー、ハビエルエルナンデス
MF:パク、ギグス、キャリック、バレンシア
DF:エブラ、ビディッチ、ファーディナンド、ファビオ
GK:ファンデルサール

交代:
エルナンデス → アンデルソン
パク → スコールズ
ルーニー → ナニ

シャルケはCBのヘベデスが出場できず、中盤のマティフを下げたかたち。あとはだいたいいつもどおりのメンバーでしょうか?
マンUはこの日もギグスをセンターに置く布陣。右SBにはラファエウではなくファビオですね。このゲームでも前線で起点になれるルーニーがキーになるでしょうか。

ゲームは序盤シャルケが積極的に出るも、ペースはマンUが握る状態に。
どうしても中盤の守備が機能しないシャルケはボールがおさまらずに苦しい展開になりましたね。
パパドプーロスがセンターでひとり守備的な仕事をしているかたちなんで、そこをかわされると一気にマンUのチャンスに。
ノイアーのファインセーブに何度も救われていました。
内田サイドもルーニーが流れてくることが多く、結構突破されてましたしね。。。

何とか前半は凌いだもののペースはほぼ変わらずに後半を迎えると、ついに均衡が破れました。
ゲームを動かしたのは、この試合もベテランのギグス。
ルーニーが中盤でボールを受け、ためをつくるとするするっと中央から上がっていきスルーパスを呼び込み。
このパスをしっかりと決めて先制。67分でした。

さらに2分後には今度はハビエルエルナンデスの流したパスをルーニーが決めて追加点。これで完全にゲームを決めてしまっただけでなく、セカンドレグ含めてもかなり優位に立ってしまいましたね。
この後もシャルケ側は選手交代などで何とか流れをつかみたかったんですが、結局はペースを握ることなく終了。

ホームでの2失点敗戦はかなり苦しいですね。

結果:
シャルケ 0 - 2 マンU

得点:
ギグス  ルーニーのパスに抜け出し
ルーニー  ハビエル・エルナンデスが横に流したパスをシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。