趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝 バイエルン - チェルシー
2012年05月20日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日は決勝ということで、さっそく早起きして観戦しました。
バイエルンvsチェルシーとあまり予想しない顔合わせになりましたね。バイエルンは初のホームでの決勝ということで、期待はもてますね。
チェルシーは監督交代から息を吹き返して、ついにここまで来ました。あまり強い印象はないんですが、固いゲーム運びができるチームですね。

バイエルン:
FW:ゴメス
MF:リベリ、シュヴァインシュタイガー、ミュラー、クロース、ロッベン
DF:コンテント、ボアテング、ティモシュク、ラーム
GK:ノイアー

交代:
ミュラー → バンブイテン
リベリ → オリッチ

チェルシー:
FW:ドログバ
MF:バートランド、ランパード、マタ、ミケル、カルー
DF:コール、ダビド・ルイス、ケーヒル、ボアテング
GK:ツェフ

交代:
バートランド → マルダ
カルー → トーレス

この日はお互い警告での出場停止が多い試合になりました。
バイエルンは、ルイス・グスタボ、アラバ、バドシュトゥバー。チェルシーはラミレス、テリー、イヴァノビッチ、ラウール・メイレレスですね。お互い主力級がかけているので、なかなか厳しいメンバー選びになりました。
バイエルンはティモシュクをCBに。チェルシーも何とかダビド・ルイスが間に合いましたが、不安はありますね。

ゲームは序盤から予想通りバイエルンペースに。お得意の立ち上がりの猛攻で何とか先制点を取りたいところでしょう。
1stシュートはシュヴァインシュタイガーのミドルシュート。これはDFに当たって外へ。
チェルシーはこの試合もカウンター狙いが主流でしたが、攻撃のチャンスはほとんどなく、シュートまでは持って行けいないですね。攻守の切り替えはお互い早く、スピーディな展開でゲームとしては非常に見どころがありましたが。

バイエルンはゴメスの下に配置された、リベリ、ロッベン、ミュラーがお互いポジションチェンジを繰り返して分厚い攻撃が展開できていました。
右のラームはやはりよかったですが、左に入ったコンテントもかなり積極的に攻撃に絡んでおり、予想外によかったですね。アラバに見劣りしない働きでした。

バイエルンは決定機もかなりあったんですが、なかなかゴールを決めきれなかったですね。ロッベンのリベリとのコンビネーションからの抜け出しのシュートはツェフのセーブに。
左サイドからのクロスをミュラーがフリーでボレーシュートを撃つも枠外。。

ラームはこの日は守備でもかなり活躍。読みのよさ、体の使い方、完璧に近い働きだったと思います。
前半はシュート13vs2で圧倒的にバイエルンペースだったんですが、結果は0-0.

後半になっても依然ペースはバイエルン。
リベリがゴールを割るシーンまでありましたが、これは惜しくもオフサイド判定に。
バイエルンは引き続きかなりスピーディに攻め続けたんですが、ここもゴールは遠かったです。

ただ両チームにそろそろ疲れも見え始めたラスト10分近く、徐々にゴールに近づいたバイエルンですが、ようやくゴールが。
左サイドクロースからのクロスを大外でミュラーがヘッドでたたきつけ。これがバーに当たるぐらいまで跳ね上がりゴールへ。84分のゴールでした。

正直ゲームの流れからもこれで決まったかと思ったんですが、あきらめなかったのはチェルシー。
ここから投入されたトーレスが右サイド突破をはかるとこの日初のCKをゲット。CKからどんぴしゃのヘッドでドログバがねじこんで同点に。88分というぎりぎりの時間でしたね。

延長になると立ちあがりチェルシーが攻撃にでるも、ここはゴールを奪うにはいたらず、逆にりべりがエリア内で倒されバイエルンがPKをゲット。
これを蹴るのはロッベンだったんですが、まさかのPKミス。う~~~ん、なんでロッベンに蹴らすかな~。

結局延長はお互いゴールを割れずにPK戦へ。

PK戦:
ラーム ○ - × マタ
ゴメス ○ - ○ ダビド・ルイス
ノイアー ○ - ○ ランパード
オリッチ × - ○ コール
シュヴァイン × - ○ ドログバ

マタのシュートをノイアーが止めたときはまたまたバイエルンで決着するかと思いましたが、この日はツェフの読みがあたりまくってましたね。
結局最後はシュヴァインシュタイガーが決めきれず、ドログバに決められて終了してしまいました。

バイエルンはゲームをコントロールしながらも、決めるべきところで決めきれなかったのが残念でしたね。来シーズン以降サイドがどうなるか分からないだけにまったく別のチームになるかもですが、若くていい選手もまだまだいるので、引き続きチャンスは訪れそうな気もします。

チェルシーはここも派手なゲームをするわけではないながらもしっかりとゲームをゲットし、優勝。アブラモビッチもようやく悲願の優勝となりましたね。

結果:
バイエルン 1-1 チェルシー

PK
バイエルン 3ー4 チェルシー

ゲーム後、PKを外した、ロッベン、シュヴァインシュタイガーあたりはなかなか動けず、痛々しかったです。
ラームはまだ毅然としていましたね。この人にはもうワンチャンスあげたいところです。

ちなみに、ビッグイヤーを掲げる瞬間。ランパードとテリーが二人で掲げようとしていたところ、なぜか中央割って入ったボシングワ。。。テリーなんかはカメラにも映れなくなっちゃいました。
もうちょっと空気読もうよ、ここは・・・・まあ、がんばっていた選手ではあるんだろうけど。。


スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝 2nd レアルマドリード - バイエルン
2012年04月26日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は準決勝のもう1試合、レアルマドリードvsバイエルン戦を見ました。
1戦目はバイエルンがホームで2-1の勝利。ただレアルマドリードもアウェーゴールを奪っているだけに、こちらもなかなかおもしろい試合になりそうですね。

レアルマドリード:
FW:ベンゼマ
MF:ロナウド、シャビアロンソ、エジル、ケディラ、ディマリア
DF:マルセロ、セルヒオ・ラモス、ペペ、アルベロア
GK:カシージャス

交代:
ディマリア → カカ
ベンゼマ → イグアイン
エジル → グラネロ

バイエルン:
FW:マリオ・ゴメス
MF:リベリ、グスタボ、クロース、シュヴァインシュタイガー、ロッベン
DF:アラバ、バドシュトゥバー、ボアテング、ラーム
GK:ノイアー

交代:
リベリ → ミュラー

レアルマドリードは1stとほぼ一緒で、左サイドだけ変わりましたね。ここは前節ファビオコエントラオンが最後にやられてしまっただけにさすがに修正してきたか。バイエルンは同じかな。やはりここは前節同様右サイドが機能するかが気になるところ。
あとイエローリーチが7人もいるのが果たしてどうか。あまり激しくいけないかもですしね。

ゲームは立ち上がりはマドリーペース。バイエルンの持ち味である立ち上がりからの猛攻はさすがにこの重要な試合では出せないか。。
ただ、開始5分。左サイドマルセロからのクロスをディマリアがボレーシュート。これがアラバの手に当たってPKに。ロナウドがしっかりと決めてマドリードがあっさりと先制してしまいました。

バイエルンはこの後攻撃をかなり分厚くしてきたんですが、14分。エジルのパスがフリーのロナウドにとおって、これをしっかりとゴールに流し込むと、追加点。ベンゼマの相手を釣る動きもよかったですね。

その後は両者互角の展開。バイエルンもシュートまで行けているシーンもおおく、チャンスがないわけではなかったです。ただ、ロッベンがまだあまりよくなかったかな。

バイエルンはカウンターからの攻撃でゴメスがクロスボールに合わせようとしたところをペペに倒されてお返しのPKゲット。これを蹴るのがロッベンということで、かなり緊張のシーンになりましたが、何とかこれを決めてトータル同点に。

そこからも両者互角の展開のまま後半に突入。後半になると両者かなり落ち着いたかな。トータルで同点になっただけに、ここからは慎重にゲーム運びを始めた印象。ただ、ここぞというところではどちらもスピードUPしてきており、ゲームとしては非常におもしろかったですね。

後半になるとだいぶバイエルンが押し込むシーンが多くなったんですが、結局得点を奪うことができず延長戦に突入。ゴメスあたりが決定機を決めきれなかったのが残念。

後半になるとマドリーがかなり試合を決めに来た印象。ただ両チームとも交代がうまくいかなかった印象ですね。投入されたカカ、ミュラーあたりがあまり働けなかったかな。マドリーはマルセロがかなりよかっただけに、ここも得点につなげられなかったのが残念でした。

延長でも決着がつかず、最終的にはPK戦に。
まずはノイアーが能力の高さを見せ、ロナウド、カカのシュートを止めると、カシージャスもクロース、ラームのシュートを止めて追いつく。
ただ、ラモスが大きく外してしまい、勝負ありました。

結局スペイン2強が消えてしまいましたね。これは意外でした。
ただ、チェルシーに続いてバイエルンも何人か累積警告で出られないのが非常に残念。。。できればベストメンバーで決勝は戦ってほしかったですね~。

結果:
レアルマドリード 2-1 バイエルン

得点:
ロナウド PK
ロナウド エジルからのパスをフリーで受けてシュート
ロッベン PK

PK戦
レアルマドリード 1-3 バイエルン
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝 2nd バルセロナ - チェルシー
2012年04月25日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は準決勝セカンドレグということで、さっそくバルセロナvsチェルシー戦を見ました。
ここは1戦目はチェルシーがホームで1-0でしたね。
バルサ相手にアウェーゴールを与えず、無失点で切り抜けたのはかなり効いてきそうです。
バルセロナはその試合もさることながら、直前のクラシコでも敗戦し、リーガがほぼ絶望になっているだけにここはモチベーションがどっちに働いているかですね。

バルセロナ:
FW:メッシ
MF:イニエスタ、セスク、サンチェス、ブスケツ、シャビ、クエンカ
DF:プジョル、ピケ、マスチェラーノ
GK:バルデス

交代:
ピケ → ダニエウ・アウベス
クエンカ → テージョ
セスク → ケイタ

チェルシー:
FW:ドログバ
MF:ラミレス、メイレレス、ランパード、ミケル、マタ
DF:コール、テリー、ケーヒル、イヴァノビッチ
GK:ツェフ

交代:
ケーヒル → ボシングワ
マタ → カルー
ドログバ → トーレス

チェルシーは1戦目と同じメンバーですね。ここもカウンターで一発狙いというところでラミレスのスピードやドログバのフィジカルに頼みたいところでしょう。
バルセロナは意外にも3バックで。中盤を厚くしてどんどんと攻撃を仕掛けるとともに早めのプレッシングでゲームを支配する狙いもあるのでしょうか。

ゲームはやはりバルセロナペースに。1戦目以上にガンガンとしかけてきましたね。
チェルシーは開始数分でケーヒルがアクシデントにより負傷交代。これはかなり計算が狂ったかも。

バルセロナの序盤は右サイドに入ったイサック・クエンカからの仕掛けが目立ちましたが、それほど脅威ではなかったかもですね。そこからはあまり決定機は生まれていませんでした。
チェルシーはロングボールもまったくつながらず、こちらは攻撃の芽もほとんどありませんでしたが。

メッシに関しては前半何本かシュートシーンもあったんですが、ここは得点できず。いまいち乗り切れていない印象でした。だいぶ疲れもあるのかな・・・

25分にはピケも負傷交代。ここでダニエウアウベスが入ったので、メンバー構成的にはさらに攻撃的になりましたね。
ゲームが動いたのは35分。CKの流れから一度はクリアされたボールを拾ったバルセロナは左サイドに残っていたイサック・クエンカへボールを流すとそこから落ち着いた折り返し。これはブスケツが流し込むだけというボールになり、バルセロナが先制。ここでトータルドローに追いつきました。

さらにこの直後、テリーがサンチェスに蹴りを入れて一発レッドで退場に。ケーヒルに続いてCBが離脱となってしまい、チェルシーとしてはさらに苦しい展開に。ボシングワ、イヴァノビッチがCBに入ってラミレスが右SBに下がりましたね。

こうなるともはやバルセロナの攻撃ばかりに。43分には早い攻撃からメッシのパスを受けたイニエスタがゴールへ流し込んで追加点。トータルで逆転してしまいました。
これでもはや終わったかと思ったんですが、前半ロスタイム。こちらはカウンターからランパードの裏へのスルーでラミレスが右サイドを抜け出すと、技ありのループシュートを決めて、ふたたびトータルで逆転。

ファーストレグもそうでしたが、ランパードからラミレスへのパスで勝負が決まりましたね。

後半になってもペースは依然バルセロナ。
セスクがエリア内で倒されてPKをゲットしたんですが、メッシがこのPKをバーに当ててしまいノーゴール。この日は完全にツェフに押されていたかも。。。

チェルシーは人数が少ないこともあり、完全に全員守備。ある意味思い切りよく戦術を変更できたのでよかったかもですね。
徐々にバルセロナも攻め手がなくなってきて、ボールを回すだけのシーンが増えてきましたね。あとはここぞというところのスピードアップのパスが結構な頻度でミスになってました。

そろそろ粘り切れるかというところで、チェルシーはカウンターからトーレスがセンターライン付近から独走態勢になるとキーパーをかわしてゴールを決め、勝ち上がりを決定しました。
結局バルセロナは決めるべきところで決めきれず、何とも残念な結果でしたね。

対してチェルシーはよく我慢したなという印象。。ツェフ中心にしっかりと守備を展開できました。
まあ、決勝に出場できないメンバーが、テリー、イヴァノビッチ、ラミレス、メイレレスなどかなり厳しい状況になりますが。。。

結果:
バルセロナ 2-2 チェルシー

得点:
ブスケツ イサック・クエンカからのグラウンダーを流し込み
イニエスタ メッシからのスルーパスを受けて流し込み
ラミレス カウンターからランパードのパスを受けてループ
トーレス センターライン付近から抜け出してキーパーかわしてシュート

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝 1st チェルシー - バルセロナ
2012年04月20日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は、準決勝のもう1試合、チェルシーvsバルセロナ戦を見ました。
ここも非常に楽しみな1戦ですね。チェルシーも監督交代後は安定しているように見えるし、いい戦いができそう。

チェルシー:
FW:ドログバ
MF:ラミレス、メイレレス、ミケル、ランパード、マタ
DF:コール、テリー、ケーヒル、イヴァノビッチ
GK:ツェフ

交代:
マタ → カルー
ラミレス → ボシングワ

バルセロナ:
FW:メッシ
MF:イニエスタ、ブスケツ、セスク、シャビ、サンチェス
DF:アドリアーノ、マスチェラーノ、プジョル、ダニエウ・アウベス
GK:バルデス

交代:
サンチェス → ペドロ
セスク → ティアゴ
シャビ → イサッククエンカ

チェルシーですが、さすがにここはドログバできましたね。あとは左サイドにラミレスが特徴的でしょうか。ここはダニエウ・アウベスの裏へのスピード突破とラミレスの守備力にも期待されていそうですね。

バルセロナはまあいつものメンバーに近いですね。
ここはあまり誰がでても変わらない気もしますけど。

ゲームは開始早々から完全にバルセロナペースに。チェルシーもホームながらそれほど激しくいっていないだけに、こうなるとバルセロナはかなりキープできますね。序盤は80%をこえる支配率に・・
守備面ではいつもほどはげしくいっている印象はなかったですけどね。

そしてしっかりつなぎながらもここぞというところではスピードアップしてゴールを脅かすシーンも。最初のチャンスではサンチェスが完全に裏に抜け出すもシュートはバーに阻まれ、ゴールならず。

チェルシーはチャンスらしいチャンスはイヴァノビッチのロングスローからの展開ぐらいか。
ほぼほぼバルセロナが攻撃を組み立てるも、最後のところでしっかりと守備をしているチェルシーは何とか無失点で切り抜け、ひとまず前半終わりそうな時間帯。
ランパードのボール奪取からのカウンターに左サイドラミレスがスピードで抜け出すと中への折り返しをドログバが沈めて、我慢のチェルシーが先制。
ラミレス左サイド起用がずばり的中しました。

完全に支配されているゲームの中、いい時間帯にゴールを奪えましたね。

後半になってもペースは依然バルセロナのまま。
チェルシーはあいかわらず、カウンターかセットプレーでしかチャンスがない状況でしたが、バルセロナも決定機をなかなか作れず時間がすぎていきました。

ラスト近くにはツェフを脅かすシーンやポストに当たるシーンも出ましたが、結局最後まで無失点で切り抜けたチェルシーがホームできっちりと勝ちを拾いました。
次節バルサホームだけに複数失点の恐れもありますが、十分戦える準備はできましたね。
こちらも楽しみな第2節になりそうです。


結果:
チェルシー 1-0 バルセロナ

得点:
ドログバ カウンターからラミレスの折り返しを蹴り込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝 1st バイエルン - レアルマドリード
2012年04月18日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日から準決勝ということで、さっそくバイエルンvsレアルマドリードを見ました。
さすがにここまで来ると楽しみな対戦ばかりですね。
結局ミランも負けちゃったし、応援するならバイエルンかな~。ロッベンいるしね。

バイエルン:
FW:ゴメス
MF:リベリ、グスタボ、クロース、シュヴァインシュタイガー、ロッベン
DF:アラバ、バドシュトゥバー、ボアテング、ラーム
GK:ノイアー

交代:
シュヴァインシュタイガー → ミュラー

レアルマドリード:
FW:ベンゼマ
MF:ロナウド、ケディラ、エジル、シャビ・アロンソ、ディマリア
DF:ファビオ・コエントラオン、セルヒオ・ラモス、ペペ、アルベロア
GK:カシージャス

交代:
エジル → マルセロ
ディマリア → グラネロ
ベンゼマ → イグアイン

バイエルンはクロースをTOP下に入れてミュラーがベンチからですね。こちらのほうが少し守備的かな。まずはしっかりとゲームを作りたいというところでしょうか。
マドリーは、カカ、マルセロ、イグアインあたりが控えスタート。

バイエルンはやはり立ち上がりから結構激しいですね。先制点を早い時間帯に奪って、一気にゲームを決めてしまうのがひとつのパターンなので、ここもその狙いでしょうか。
ただ、レアルもさすがに黙ってやられるわけではなくいざ攻撃となるとかなりスピーディ。ファーストチャンスはベンゼマのシュートでしたが、ここはノイアーの守備範囲でした。

バイエルンは序盤の勢いがなくなりなかなかボールがつなげなくなると、マドリーも少しずつ盛り返し。この日先発のディマリアなんかはかなりボール扱いがスムーズで調子よさそうでした。
ただ、リベリーが裏への抜け出しからCKをゲットすると、そのCKから、バドシュトゥバーに当たってこぼれたボールをリベリーが蹴り込んでバイエルンが先制。17分のゴールでした。

ここからは結構バイエルンもよく攻められていました。序盤はほぼりべり、アラバの左サイドからの攻撃だったんですが、ロッベン、ラームの右サイドが活性化すると、一気にバイエルンの攻撃に幅が出てきました。
ただ、お互い守備のところではしっかりと守っており、このまま得点は動かず前半は終了。

後半になってもお互い結構激しい攻撃の応酬になったんですが、53分。レアルマドリードがカウンターからのチャンス。ロナウドが完全フリーになってキーパーと1対1も、ここはノイアーのセーブに。ただこぼれだまを再び、エジル→ベンゼマとつなぎ、クロスをロナウドがライン際でもう一度折り返したところ、エジルが押し込み、マドリーが貴重なアウェーゴール。

何とか勝ちこさないといけないバイエルンはシュヴァインシュタイガーに代えてミュラーを投入。この日もシュヴァインシュタイガーはあまりよくはなかったですね。
ただ、この交代でバイエルンはさらに活性化され、攻撃も分厚さが出てきました。
ゴメスが決定機をなかなか決めきれずに、じりじりした展開になりましたが、終了間際。再三いい動きを見せていたラームが右サイド突破すると狙い澄ましたクロスにゴメスが押し込んでバイエルンが何とか勝ち越し。

このままゲームは終了し、バイエルンとしては何とか最低限勝ちをものにできました。
ただマドリーもアウェーゴールをあげているだけになかなかおもしろい展開になりましたね。

結果:
リベリー CKのこぼれ球を蹴り込み
エジル カウンターからの展開で、ロナウドの折り返しを押し込み
ゴメス ラームの突破からのクロスを押し込み


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。