趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
準決勝1st Leg マンU - アーセナル
2009年04月30日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日も早速準決勝マンU-アーセナル戦を見ました。
ここはプレミア勢同士ですね。

マンチェスターユナイテッド
 FW:テベス
 MF:ルーニー、アンデルソン、キャリック、フレッチャー、ロナウド
 DF:エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、オシェイ
 GK:ファンデルサール

 交代:
 アンデルソン → ギグス
 テベス → ベルバトフ
 ファーディナンド → エヴァンス

アーセナル
 FW:アデバイヨル
 MF:ディアビ、ナスリ、セスク、ソング、ウォルコット
 DF:ギブス、シルベストル、トゥレ、サニャ
 GK:アルムニア

 交代:
 ウォルコット → ベントナー
 アデバイヨル → エドゥアルド

マンUは、意外なテベス先発ですね。国内リーグのスパーズ戦逆転劇の立役者だからでしょうか。
アーセナルは、ナスリとソングがボランチに並ぶかたちですね。個人的にはナスリは前のほうがいいと思いますが。まあ、アルシャビンが使えないのがかなり痛いところ。

試合は序盤から完全にマンUペース。高い位置からの守備も効いて、アーセナルはまったく攻撃のかたちにならず。

そんな押せ押せのムードのまま迎えたCKから、キャリックの折り返しが流れてきたところをオシェイがダイレクトで蹴りこんでマンUが先制。開始から20分近く攻め続けただけに、ようやく取れたかという感じでした。

その後もアーセナルは自慢の早い攻めを見せることができず、マンUが支配する展開は変わらず。
マンUは、3センター気味のキャリック、フレッチャー、アンデルソンがかなり上手い具合に機能していたと思います。
守備はもちろんのこと、攻撃時も入れ替わりで前線に顔を出してくるので、アーセナルのディフェンスラインはなかなか的を絞りきれない状態。

結局前半は1-0のまま終了。後半は少しだけアーセナルが盛り返したかに見えましたが、相変わらず決定機はほとんどなし。結局枠内シュートは1、2本だったかも。
お家芸のパスワークもほとんどなく、みんな迷いながら、探しながらパスをしてる状態でした。
カウンター気味でも最後のところでパスの出し先がなく、後ろに戻しちゃったりと、ちょっとちぐはぐな印象でした。

マンUはロナウドがバー直撃のシュートを放ったり、ギグスがオフサイドぎりぎりでゴールを決めきれなかったりと、最後のところでちょっとツキもなかったかと思いますが、ほぼ試合は支配しており、後1点はほしかったところですかね。

結局、オシェイの1点だけで終わったので、こちらも2戦目はアーセナルホームとなるだけに、まだどう転ぶか分からず、2nd Legが楽しみです。

結果:
マンU 1 - 0 アーセナル

得点:
オシェイ  CKからのゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準決勝1st Leg バルサ - チェルシー
2009年04月29日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はさっそく朝からバルサ-チェルシー戦観ました。
いよいよ今シーズンも残り5試合、大詰めを迎え、期待感も高まります。

バルセロナ
 FW:アンリ、エトー、メッシ
 MF:イニエスタ、トゥレ、シャビ
 DF:アビダル、ピケ、マルケス、ダニエウ・アウベス
 GK:ビクトル・バルデス

 交代:
 マルケス → プジョル
 エトー → クルキッチ
 アンリ → フレブ

チェルシー
 FW:ドログバ
 MF:マルダ、バラック、ランパード、ミケル、エッシェン
 DF:ボシングワ、アレックス、テリー、イヴァノビッチ
 GK:ツェフ

 交代:
 ランパード → べレッチ
 バラック → アネルカ


バルセロナの先発はまあ、いつもの面々でしょうか。前3枚の攻撃力がすごすぎで、イニエスタ、シャビも絡めた攻撃力はやはり随一だと思います。
いまいち調子があがらないプジョルはベンチでしたね。

チェルシーは、ドログバの1トップ、バラック、ミケルのダブルボランチで、右サイドハーフにはエッシェンとかなり守備的にきた印象。
出場停止のアシュリー・コールのところには、ボシングワを入れてこちらもかなり守備を意識したというところでしょうか。

試合は開始してもなかなか動きがない展開。やはりチェルシーはかなり守備的にきているみたいで、両チームとも前半しばらくはシュートすらなかったんじゃないかな~。

そんな中でもバルサは徐々に押し込んできますね。このチームは相手が守備的だとかさにかかって攻めてきますし。
それでもチェルシーはぎりぎりのところで厳しい守備で防いでました。ファールもかなりかさんでましたが、両サイドハーフのマルダ、エッシェン当たりもかなり守備に奮闘して、ちょっとやそっとではゴールが割れそうにない感じで、前半は終了。

チェルシーは相手のミスに付込んでドログバが抜け出すシーンもあったが決めきれず。。こういうシーンを決めてれば、狙い通りというところなんでしょうが。

後半に入っても流れはバルサ。特にカウンター気味の攻撃ではかなり際どいところまではくずしていたんですが、最後のところで決めきれず。
チェルシーはランパードに代えて、べレッチを投入。エッシェンを一枚下げて3枚で中盤を守るという必死の采配に。

最後のほうは本当に怒涛の攻撃で、交代で入ったクルキッチやフレブも惜しいシーンがあったんですが、最後までゴールは割れませんでした。
バルサは終始押していただけに、何とか勝っておわりたかったところなんですが。。

ヒディングとしては、まあ最低限の結果は残せたというところなんでしょうか。
ただ、前の試合ではホームでリバプール相手に4点も取られてるし、全く安心はできませんね。

しかし、第2節はさらにおもしろい試合になりそうです。

結果:
バルセロナ 0 - 0 チェルシー

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝2nd Leg ポルト-マンU
2009年04月21日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日ようやくポルト-マンU戦見ました。
ここは、初戦マンUホームで2-2のドローとポルトががんばった結果、結構楽しみな対戦に。

マンU:
 FW:ベルバトフ、ロナウド
 MF:ギグス、キャリック、アンデルソン、ルーニー
 DF:エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、オシェイ
 GK:ファンデルサール

 交代:
 ベルバトフ → ナニ
 アンデルソン → スコールズ

ポルト:
 FW:クリスチャン・ロドリゲス、フッキ、リサンドロ・ロペス
 MF:ラウール・メイレレス、フェルナンド、ルチョ・ゴンザレス
 DF:シソコ、ブルーノ・アウベス、ロランド、サプナル
 GK:エウトン

 交代:
 ルチョ・ゴンザレス → マリアーノ・ゴンザレス
 クリスチャン・ロドリゲス → ファリアス
 サプナル → トマーシュ・コスタ

マンUはロナウドとベルバトフの2TOPでルーニーが右サイドMFと少し変則的なフォメで来ましたね。
フォーメーション自体はオーソドックスな4-4-2でしょうか。

ポルトはいつもどおりの4-3-3で。ベストメンバーですかね。

試合は序盤にいきなり動きました。ロナウドのスーパーなロングシュート。
中盤でボールを受けて、いきなりシュート。コンパクトな振りながらものすごい弾道で、あれを決められるともうどうしようもないという内容。すごかったです。

さらにポルトはルチョ・ゴンザレスが早々に負傷交代。中盤の要が抜けて、かなり厳しい展開に。

その後もゲームはユナイテッドペース。ポルトはセットプレー以外は見るところがなかったですね、ほとんど。フッキもこの試合は完全に空回り状態でした。

後半になるとようやくポルトも盛り返してきたか、持ち味のカウンター気味のはやい攻めなども見られるようになったんですが、なかなかゴールを奪えず。ファンデルサールもかなり安定してましたし。

結局、終始有利にゲームを進めたマンUが最初の1点を守りきり、勝ち抜け。
ポルトは1点を奪えば逆転という状況だけに、もうちょっとプレッシャーを与えたかったところでしょうか。
終盤は結構惜しい場面もあったんですけどね~。

結果:
ポルト 0 - 1 マンU

得点:
ロナウド  中盤でボールを受けてロングシュート

結局今シーズンもプレミア勢が上位を占めることになりましたね。
現時点ではやはりプレミアのレベルが高いのでしょうか。
ちょっと昔には、セリエ3チームが4強を占めるということもあったのに。。。

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝2nd Leg アーセナル - ビジャレアル
2009年04月18日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日は、アーセナル-ビジャレアル戦観ました。
ここはアーセナルがアウェーで1-1と少し有利な状況でしょうか。

アーセナル:
 FW:アデバイヨル、ファン・ペルシー
 MF:ナスリ、セスク、ソング、ウォルコット
 DF:ギブス、シルベストル、トゥレ、エブエ
 GK:ファビアンスキー

 交代:
 ファンペルシー → ディアビ
 ウォルコット → デニウソン
 アデバイヨル → ベントナー

ビジャレアル:
 FW:ロッシ
 MF:マティ・フェルナンデス、ブルーノ、ピレス、エグレン、カニ
 DF:カプテビラ、ゴディン、ゴンサロ・ロドリゲス、アンヘル・ロペス
 GK:ディエゴ・ロペス

 交代:
 ブルーノ → ニハト
 マティ・フェルナンデス → イバガサ
 カニ → ジョルディ


アーセナルは、GK/DFで5人中4人がベストメンバーではないですね。DF面で少し不安が残りますが、攻撃面はアデバイヨル、セスク、ウォルコットももどってきて、破壊力ありそう。

ビジャレアルは、サンティ・カソルラに加えてマルコス・セナまで離脱したのが痛すぎる。。。トップ下に入ったピレスが古巣相手にどれだけ・・といったところでしょうか。

ゲームは1st Leg同様、この両チームらしいはやいパスワーク、好守の切り替えのはやさなどもありスピーディーな展開で、見ていてかなり楽しい試合でした。

ただ、ビジャレアルはやはり前節ほど攻撃のかたちができませんでしたね。マルコス・セナの不在はかなり大きいな~と思いました。マルコス・セナがいると中盤でのキープ、展開力に加え、ミドルの危険性もあるため、そこもケアする必要があるんですが、今日は何とかパスをつなごうとしても最後は中で詰ってしまうというシーンばかりでした。

アーセナルは、前半早々に先制点をあげてかなり優位になりました。エブエからのスルーパスをセスクがヒールで流してウォルコットが裏へ抜け出して、キーパーの上をいくループですが、いい展開でした。

後半ビジャレアルは何とか追いつきたいところだったんですが、相変わらず決定機がなかなか作れず。。途中まではいい展開でつなげてたんですけどね。前線がロッシ一人だけだったのもちょっとつらかったか。

そしてアーセナルはアデバイヨルのゴールで追加点。さらにPKでファンペルシーがゴールと着実に追加点を重ねてゲームを決めました。
バルサほどの爆発力はないですが、チーム全体でガンガン前にくるスタイルは準決勝でも楽しみですね~。相変わらずおもしろいサッカーを見せてくれます。

ビジャレアルは、ここへきてのけが人が本当に残念でした。

結果:
アーセナル 3 - 0 ビジャレアル

得点:
ウォルコット  裏へ抜け出してループシュート
アデバイヨル  ファンペルシーのキープからパスを受けてワントラップシュート
ファンペルシー  ウォルコットが得たPKで

ラストはポルト-マンUです。
マンUはアウェーゴールを与えてしまっているだけにすこし厳しい展開になるかもですね~。
底力を見せてくれるか楽しみ。




ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝2nd Leg バイエルン - バルサ
2009年04月15日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

引き続いて、バイエルン-バルサ戦も観ました。
ここはホームとはいえ、バイエルンが4点差をひっくり返すのはほぼ不可能と思われるので、興味はバイエルンが残りシーズンに向けて、バルサは準決勝に向けていい試合ができるかどうかというところでしょうか

バイエルン:
 FW:トニ
 MF:ゼロベルト、オットル、リベリー、ファンボメル、ソサ
 DF:ラーム、デミチェリス、ルシオ、レル
 GK:ブット

 交代:
 ゼロベルト → ボロウスキ
 ソサ → アルティントップ

バルセロナ:
 FW:イニエスタ、エトー、メッシ
 MF:ケイタ、トゥレ、シャビ
 DF:アビダル、ピケ、プジョル、ダニエウ・アウベス
 GK:ビクトル・バルデス

 交代:
 イニエスタ → フレブ

バイエルンは、クローゼに続いてシュヴァインシュタイガーも故障のよう。そのかわりルシオがもどってきましたね。
あとは1st Legなぜか使われなかったラームもスタメンに。

バルサは、アンリが風邪らしくイニエスタを1つ上で起用。MFにはケイタ、あと左サイドバックにアビダルが復帰してきました。

ゲームは、意外にもバルサが攻勢に。やはり自分達のサッカーを貫こうというところでしょうか。
ただ、この日は左サイドのラームとボランチに入ったオットルが上手くメッシを抑えられていたと思います。

何故1st Legでこれができなかったかな~~。本当に謎の采配でした。

ゲームは徐々にバイエルンが持ち直してきて、拮抗したいいゲームになったと思います。ただ、残念なのはトニ。。どうにもオフサイドが多すぎる感じがします。本当にこの人はいい印象がないですね。来シーズンはどうなりますか。

後半に入ると、バイエルンがようやく先制。ゼ・ロベルトのスルーパスからリベリーが抜け出し、落ち着いてキーパーをかわしてシュート。
やはりバイエルンはリベリーですね。(この人本当にバルサに行っちゃうんでしょうか。そうなるともはや反則級。。。)

しかし、バルサもただでは終わらない。イニエスタがエトーとのワンツーで抜け出して、折り返し → シャビのポストプレーからサイドはケイタのシュートが決まって同点に。バルサらしい早いパス回しからのゴールは見ていて気持ちがいいですね。

結局、この後はバイエルンも勝ち越し点が奪えず、ゼ・ロベルトを引っ込める謎の采配もあり、そのまま同点で終了。勝ち抜けは無理にしてもこの試合単体では勝ちたかったところだけに、残念でしたね。

バルサはアウェーでも強いところを見せ、準決勝へ。チェルシーとの対決はかなり楽しみな対戦になります。

結果:
バイエルン 1 - 1 バルセロナ

得点:
リベリー  ゼ・ロベルトのスルーパスからキーパーをかわしてシュート
ケイタ  ゴール前の早いパス回しから最後は2列目からミドル

明日は、アーセナルービジャレアル、ポルト-マンUですね。今日の2試合と違い、両方ともどちらに転んでもおかしくないだけに緊迫したゲームを期待します。

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝2nd Leg チェルシー - リバプール
2009年04月15日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

早くも2nd Legが来ましたね~。
早速今日はチェルシー-リバプール見ました。

1st Legはチェルシーがアウェーで3-1で勝ってるので、ほぼ決まりかな~と思って気楽に見てました。一応チェルシー優勝候補にしただけにここも勝ちぬけてもらわないと。
(でも、オランダ人のカイトあたりには活躍してもらいたかったり。。。ちょい、複雑です。)

チェルシー:
 FW:マルダ、ドログバ、カルー
 MF:ランパード、エッシェン、バラック
 DF:コール、アレックス、カルバーリョ、イバノビッチ
 GK:ツェフ

 交代:
 カルー → アネルカ
 ドログバ → ディサント

リバプール:
 FW:トーレス
 MF:ベナユン、シャビアロンソ、マスチェラーノ、ルーカス、カイト
 DF:ファビオ・アウレリオ、シュクルテル、キャラガー、アルベロア
 GK:レイナ

 交代:
 マスチェラーノ → リエラ
 トーレス → ンゴグ
 アルベロア → バベル

チェルシーは、出場停止のテリー、ケガのボシングワを除けばほぼベストでしょうか。最近はアネルカ、ドログバの2枚使いではないんですね。

リバプールはジェラード不在。この大一番ではかなり痛い印象ですね。あとリエラではなくベナユンを使ってきました。この人のほうが何か仕事しそうな雰囲気あります。

ゲームは序盤チェルシーは落ち着いて入ったか、リバプールが攻勢。まあ、それでもそれなりには守れるだろうと思ってたんですが、リバプールがF・アウレリオのFKで先制。ツェフの裏をつく見事なFKでした。

おいおい、と思ってたら、さらにセットプレーで1st Legの殊勲者イバノビッチがまさかのPKを与えてしまい、いきなり0-2に。
これで、リバプールがあと1点決めてしまえば、トータルで逆転と一気に緊迫した状態に。

ヒディングはここですかさずアネルカ投入と相変わらず打つ手が早い。でもなかなか流れは変わりませんでした。
結局チェルシーは何とかしのぐかたちで前半終了。

ただ、あと1点取られるとやばいという状況ながらも、ハーフタイムを挟めば、何か変わってくるだろう、と比較的まだ安心してみてました。
その予感が的中したか、チェルシーは後半早々、アネルカの右サイド突破から、ドログバがちょこんとコースを変えたところ、レイナが弾ききれずに、オウンゴールのようなラッキーな形で得点。
結果的にですが、アネルカ投入もうまく機能しましたね。

さらに今度はFKからアレックスが弾丸シュートを決めて2-2に追いつきました。
この人のFKが入ったのはほとんど記憶になかっただけに、驚きでした。

もう一安心とおもってみてたところ、チェルシーはドログバのサイド突破から中央のランパードに折り返して押し込み、3-2と逆転。さすがに強いな~というところでした。

ところがどっこい、ここからリバプールも最後の意地を見せた反撃。
ルーカスのミドルがエッシェンに当たってコースが変わってゴール。さらに途中出場のリエラから中央へのクロスをカイトがヘッドできめて3-4と逆転。
またまた、あと1点リバプールが取れば、トータルで逆転という緊迫した状況に。。。

もうどうなるか全く分からない(流れはリバプールっぽかったのでかなりドキドキ。。。)状況だったんですが、その状況を打破したのがランパード!アネルカからの折り返しをポストに当てながらも決めて4-4に追いつきました。

正直これで勝負ありでしたね。
しかしものすごい緊迫した試合でかなりのグッドゲームでした。(心臓に悪い。。)

結果:
チェルシー 4 - 4 リバプール

得点:
F・アウレリオ  FKを直接
シャビ・アロンソ  PK
ドログバ  アネルカからのグラウンダーをコースを変えて
アレックス  弾丸FK
ランパード  ドログバのサイド突破から折り返し
ルーカス  ミドルシュートがDFに当たってコースが変わって
カイト  リエラからのクロスをヘッドで
ランパード  アネルカのサイド抜け出しから

とにかく優勝候補にしたチェルシーが1つ勝ち抜けてまずはほっとしましたが、すごくいい試合でした。
次はその対戦相手を決める試合ですが、こちらはまあ、バルサで決まりかな?
(今のバイエルンにリバプールほどの爆発力があるかどうか。)

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝1st Leg バルサ-バイエルン
2009年04月13日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は準々決勝4試合目、バルサ-バイエルン見ました。
バイエルンは、決勝ラウンド1回戦でスポルティング相手にトータル12点奪う爆発力を見せながら、国内リーグ前節は5失点負けと不安定さを露呈していますね。

逆にバルサはリーガトップを走っており、特に前3人の得点力はすごいのひとことです。
これも楽しみな試合でした、点が入りそうな予感がする。

バルセロナ:
 FW:アンリ、エトー、メッシ
 MF:イニエスタ、トゥレ、シャビ
 DF:プジョル、マルケス、ピケ、ダニエウ・アウベス
 GK:ビクトル・バルデス

 交代:
 アンリ → ケイタ
 トゥレ → ブスケス
 エトー → クルキッチ

バイエルン:
 FW:トニ
 MF:リベリ、ゼ・ロベルト、ファンボメル、シュヴァインシュタイガー、アルティントップ
 DF:レル、ブレノ、デミチェリス、オッド
 GK:ブット

 交代:
 アルティントップ → オットル
 ゼ・ロベルト → ソサ

バルサは、現状ベストの布陣ですね。前3人の迫力とイニエスタ、シャビを絡めた攻撃は現状世界一のようにかんじます、個人的には。
バイエルンはいない人が多数。特にルシオ、ヴァン・ヴイテンの両CBがいないのは痛いところですね。

ゲームはやはり序盤からホームのバルサペース。ボールを奪えば早いパス回しでなかなかボールを失わず、きっちりとフィニッシュまで持っていく安定した試合運びでした。
逆にバイエルンはパスがつながらず、頼みのリベリーもすぐにつぶされてしまい、ほとんど何も出来ない状態。

結局先制点は押していたバルサから。ゴール前でエトーのキープからメッシへのスルーパス。これを落ち着いて決めて先制。開始9分でした。
さらに3分後にはメッシのキープからエトーへのスルーパスで股抜きシュートの2点目。
1点目とは逆の役割になりましたが、これもすばらしいゴールでした。

その後もゲームはバルサペースで、バイエルンは攻撃のかたちすら作らせてもらえない状態。
バルサは今度はアンリのサイド突破から中への折り返しをメッシが決めて3点目。
お次はゴール前のごちゃつきからこぼれてきたボールをアンリがゴールスミに決めて4点目と、前の3人だけで4点取ってしまいました。。すごすぎ。

後半もバルサペースでずーっと進みましたが、結局ゴールは生まれず、4-0で終了。バルサはちょっとペース落としましたかね。
バイエルンはほんとうに何もできなかった印象です。決定機も2回ぐらいはありましたが、まあバルサに比べると。。。支配率も倍ぐらい違いましたし、パス数も2.5倍ぐらい違ってたような。

とりあえず、ここはバルサが安定して抜けてきそうですね。
バイエルンは来シーズンはクリンスマンいなさそう。。

結果:
バルセロナ 4 - 0 バイエルン

得点:
メッシ  エトーのスルーパスから
エトー  メッシのスルーパスから
メッシ  アンリのサイド突破からダイレクトで押し込み
アンリ  こぼれ玉をゴール隅にシュート

2nd Legはもう明後日ですね。1週間間隔なのでかなり早く感じます。

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝1st Leg リバプール-チェルシー
2009年04月11日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はリバプール-チェルシー見ました。
チェルシーは優勝候補に推してしまっただけにまだ負けないで欲しいところ。
ただ最近のリバプールは調子がいいしかなり不安。。

ちなみにこの組み合わせは5シーズン連続だったんですね~。よく見るな~という印象はありましたが。

リバプール:
 FW:トーレス
 MF:リエラ、シャビアロンソ、ジェラード、ルーカス、カイト
 DF:ファビオ・アウレリオ、シュクルテル、キャラガー、アルベロア
 GK:レイナ

 交代:
 リエラ → ベナユン
 ファビオ・アウレリオ → ドッセーナ
 ルーカス → バベル

チェルシー:
 FW:マルダ、ドログバ、カルー
 MF:ランパード、エッシェン、バラック
 DF:アシュリー・コール、アレックス、テリー、イバノビッチ
 GK:ツェフ

 交代:
 ドログバ → アネルカ

リバプールは、マスチェラーノが出場停止で代わりはルーカスですね。国内リーグ前節の殊勲者ベナユンはベンチスタート。
チェルシーは、アネルカがベンチから。エッシェンが入って中盤もだいぶ豪華になりましたね。課題の右サイドバックはべレッチかと思われたけどイバノビッチ。守備的に来たというところでしょうか。

ゲームはやはり序盤からスピーディーな展開に。リバプールも最近の好調さをうかがわせる早い攻撃で、いきなり先制点が。
中央のカイトがクリアボールを拾って右に流すと、ダイレクトでアルベロアがクロス。これをトーレスがダイレクトで決めました。こういう早い攻撃はさすがです。

チェルシーはドログバが決定機を立て続けに外し、どうもうまくいかないな、という感じだったんですが、その流れを変えたのはなんとびっくり、イバノビッチ。CKでうまくDFを外して前に入り、どんぴしゃヘッドで同点に。
いきなり出てきてゴール決めるとは。。。う~~~ん、これもヒディング・マジック?

結局前半は1-1で終了。アウェーゴールを奪えたチェルシーはまずまずの展開ですね。
リバプールは何とか勝ち越して終えたいところですが、後半に入ってもほとんど決定機がない状態。

それにあわせてCKからイバノビッチにこの日2点目のゴールを決められ一気に意気消沈した感じです。さらにドログバにも3点目を決められて勝負ありでした。

しかし、イバノビッチ・・・・意外な人がゲームを決めたな~

チェルシーは次節テリーが出場停止なんですが、逆によかったかもです。
リバプールはスタンフォードブリッジで3点を取らないといけないかなり苦しい展開。ただ今シーズン(特に最近)は爆発力もあるので、もしかしたらもしかするかも?(正直チェルシー相手に3点は難しいとは思いますが。)

結果:
リバプール 1-3 チェルシー

得点:
トーレス  カイト→アルベロアとつないで、ダイレクトボレー
イバノビッチ  CKからヘッド
イバノビッチ  CKからヘッド
ドログバ  スルーパスで抜け出したマルダからの折り返しを押し込み

4試合目はバルサ-バイエルンですね。バイエルンはCLでは安定して強いので、カンプノウでの試合もかなり好ゲームを期待してます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝1st Leg ビジャレアル-アーセナル
2009年04月10日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日ですが、ビジャレアル-アーセナル戦観ました。
ここは両チーム攻撃的でおもしろそうですね。

ビジャレアル:
 FW:ジョレンテ、ロッシ
 MF:イバガサ、エグレン、セナ、カニ
 DF:カプテビラ、ゴンサロ・ロドリゲス、ゴディン、アンヘル・ロペス
 GK:ディエゴ・ロペス

 交代:
 カニ → マティ・フェルナンデス
 ジョレンテ → ピレス
 イバガサ → ギジェ・フランコ

アーセナル:
 FW:アデバイヨル
 MF:ナスリ、ソング、セスク、デニウソン、ウォルコット
 DF:クリシ、ギャラス、トゥレ、サニャ
 GK:アルムニア

 交代:
 アルムニア → ファビアンスキー
 ギャラス → ジュルー
 ウォルコット → エブエ

ビジャレアルは4-4-2ですね。サンティ・カソルラがケガで離脱したのが痛いですね。
注目はやはりマルコス・セナでしょうか。ピレスはベンチスタートだったし。

アーセナルはセスクを中央に置いて、4-2-3-1かな?こちらは復帰してきたセスクやアデバイヨルがどんなプレーを見せてくれるのか楽しみなところです。

ゲームは序盤からビジャレアルが激しい。さすがにホームだし、ここは先制点を狙いに行ったか。
逆にアーセナルもボールを奪ってからはお得意の早い攻撃を繰り出して、両チーム攻め合いのおもしろい展開に。

そんな中先制点はビジャレアル。マルコス・セナの見事なミドルシュートが決まりました。この人はかなりシュート力がありますね~。

アーセナルはその後、キーパーとCBが立て続けに交代する苦しい展開に。序盤は完全にビジャレアルのペースになってしまい、何とか1失点でしのいだといったところでした。

しかし、後半に入ると展開ががらりと変わって、アーセナルが前線から厳しいプレスに。さすがにベンゲルも立て直してきましたね。
こうなると今度はアーセナルペースに。もともと個の力はあるだけに、両サイドのウォルコットやナスリが絡んだ攻撃は迫力がありました。

そして、ついにアーセナルも得点が。セスクからの前線へのロングボールをアデバイヨルが後ろ向きで胸トラップからダイレクトでオーバーヘッド気味にシュート。
これは完全に個の力ですね。。。ものすごく綺麗に決まりました。

結局その後は両チームともなかなか攻め手を欠いて1-1で終了。
ちょっとゴール前でごちゃつくシーンとかが多かったですね。

とりあえず、アーセナルはアウェーゴールを奪ってドローだけに上々でしょうか。ビジャレアルは後半落ちてきたのが痛かったですね

結果:
ビジャレアル 1-1 アーセナル

得点:
マルコス・セナ  ミドルシュートをゴールスミに
アデバイヨル  セスクからのパスを胸トラップ → オーバーヘッド

あと2試合、次はリバプール-チェルシー見ます。チェルシーは昨シーズン同様勝ち抜くことができるか。。

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
準々決勝1st Leg マンU-ポルト
2009年04月08日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますのでまだ見ていない方はご注意ください)

いよいよCLも準々決勝へ。
早速マンU-ポルト戦を見ました。

マンチェスターユナイテッド
 FW:パクチソン、ルーニー、ロナウド
 MF:スコールズ、キャリック、フレッチャー
 DF:エブラ、エバンス、ヴィディッチ、オシェイ
 GK:ファンデルサール

 交代:
 パクチソン → ギグス
 スコールズ → テベス
 エバンス → ネビル

ポルト
 FW:クリスチャン・ロドリゲス、フッキ、リサンドロ・ロペス
 MF:ラウール・メイレレス、フェルナンド、ルチョ・ゴンザレス
 DF:シソコ、ブルーノ・アウベス、ロランド、サプナル
 GK:エウトン

 交代:
 クリスチャン・ロドリゲス → マリアーノ・ゴンザレス
 ラウール・メイレレス → トマーシュ・コスタ

マンUはルーニーがトップでサイドはロナウドとパクチソンで来ましたね。ベルバトフが使えれば、もうちょっと違ったフォメになったのかもですが。

ポルトは、いつもどおりの面々でしょうか。やはり注目はフッキですかね。

ゲームは序盤から結構激しい展開でした。アウェーながらポルトが結構攻勢に出ていたので、それも影響したのかもしれません。
そして開始5分ぐらいでいきなりゲームが動きました。前線から積極的にプレスに行っていたポルトが、エバンスのクリアミスを拾い、ショートカウンターに。クリスチャン・ロドリゲスがドリブルからゴールスミにシュートを沈めて、なんとポルトが先制。

これで俄然おもしろくなりました。その後マンUも反撃に来るかと思ったんですが、ゲームの流れは完全にポルトに。リサンドロ・ロペスやラウール・メイレレスのミドル、フッキの突破など、自分達の武器を存分に使えている感じでした。

対してマンUはパスミスも多く、なかなか攻めのかたちができませんでした。苦し紛れにまわして、クロスを入れるも弾き返されるという場面がやたら多かったような。
そんな中ブルーノ・アウベスのバックパスミスから1点返せたのは本当にラッキーでしたね。

後半になって少し、マンUも盛り返した感じもしましたが、やはりペースはポルトだったような。前線からのプレスがよく効いていたのと、ボランチのフェルナンドの働きが非常によかったと思います。

しかし、そこは百戦錬磨のマンU。この状態でもきっちりと勝ち越し点を決めちゃいました。決めたのは途中交代で入ったテベス。スローインからルーニーがダイレクトで流して、ニアに走りこんできたテベスが決めるという、相手の隙をつくゴールは見事でした。

正直これで決まったと思ったんですが、まさかまさかでポルトが同点に。決めたのはこちらも途中出場のマリアーノ・ゴンザレス。
結局ゲームはこのまま2-2で終了。

ゲームの流れをつかんでいたポルトとしては勝ちたかったところですが、アウェーゴールを奪ってのドローは悪くない結果ではないでしょうか。

マンUはちょっと心配ですね。CLは連覇できないという歴史はまだ続くのでしょうか。

結果:
マンU 2-2 ポルト

得点:
クリスチャン・ロドリゲス  ドリブルで切れ込んでシュート
ルーニー  相手のバックパスをかっさらって
テベス  スローインからルーニーが流したボールを押し込み
マリアーノ・ゴンザレス  右からのクロスをダイレクトで押し込み

次は、もう1試合ビジャレアル-アーセナルですね。
こちらも楽しみです。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。