趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 第3節 ヴォルフスブルク - ベシクタシュ
2009年10月31日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はヴォルフスブルクvsベシクタシュ戦を見ました。

ヴォルフスブルクはここで勝って2位抜けを狙いたいところでしょう。長谷部はここも先発できたようです。あとは不動の2TOPのジェコ、グラフィッチですね。

ベシクタシュはここで勝てば一気に混戦模様に出来るだけにアウェーとはいえ、がんばりたいでしょう。

試合は結構両チームとも攻撃的だったと思います。特にヴォルフスブルクは長谷部とは逆サイドになりますが、左サイドからの崩し、クロスが何本もあり、惜しい場面もありましたね。
これは決めないと、というジェコのヘッドも何回か。。

ベシクタシュもアウェーながら、カウンター時の早い攻撃は出ていて、ニハトも前節よりはよかったです。
でも決定機は少なかったですかね。

後半に入っても得点が動かず、長谷部は途中交代させられてしまいました。まあ、微妙なポジションだし、交代されるのはやむなしですかね。今回は堅実なプレーは出来ていたが、ゴールに絡めるような場面が少なかったのは残念でした。

その後はグラフィッチが相手DFをはたいて一発レッド。そこからベシクタシュの猛攻にあうも得点は動かず0-0でした。

お互い決めるべきところを決められなかったのが悔いが残るところでしょう。

結果:
ヴォルフスブルク 0 - 0 ベシクタシュ
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 CSKAモスクワ - マンU
2009年10月31日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日になりますが、CSKAvsマンU戦を見ました。

マンU側としてはアウェーだし、引き分けOKの試合でしょうか。ルーニー、エブラ、ギグスなどを怪我で欠いている状況で、TOPはベルバトフ、左SBははじめて見るファビオ・ダシルバでした。ラファエルと双子の兄弟らしいですね。

CSKAはホームのここは何とか勝ち点を稼ぎたいところでしょう。注目はやはりジャゴエフやクラシッチになるのでしょうか。

ゲームはやはりというかマンUペース。きっちりキープできるし、ベルバトフもポストプレーを無難にこなし、フィニッシュまでもっていくかたちができていますね。
CSKAは相手ファビオの再度を何とかついていければ、というところだったんですが、あまり効果的には攻められませんでしたね。ジャゴエフもこの日はいまひとつでした。

ただ、マンU側でも引き分けOKの流れだったからか、後半はどちらも積極的な攻撃は見せず、お互い引き分けに向けて試合しているようでした。

けど、後半最後の最後でバレンシアがゴールを決め、マンUは勝ち点3をゲット。したたかというか何というか。
CSKAはあと数分がんばれば、というところだっただけに残念でしたね。この勝ち点1差があとあと響いてきそうなだけに。。
キーパーのアキンフェーフも期待通りがんばってました。いろいろと引き抜かれて、ウィンターブレイクでがらっとチームが変わる可能性もありそうですね。

結果:
CSKAモスクワ 0 - 1 マンチェスターユナイテッド

得点:
バレンシア  ベルバトフのヘッドの落としからシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 ボルドー - バイエルン
2009年10月30日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はボルドーvsバイエルン戦を見ました。
バイエルンは優勝候補にしちゃっただけに何とかここはがんばって欲しいところ。しかし、ロッペンもリベリーもいないのは非常に気がかり。。

しかしアウェーながらも先制してくれました。でもCKを相手DFのシアニがオウンゴールしてくれただけでしたけど。

ただ、その後はまったく攻撃にならない。。。前半30分には期待の若手ミュラーがこの日2枚目のイエローをもらって早々に退場。
この悪い流れを変えられず、今度はCKからシアニにお返しの一発をもらってあっさり同点に。
さらにFKからプラニスに押し込まれ逆転。
結局バイエルンは前半シュート0。

後半になっても攻撃の形はほとんどつくれず、シュートまでいけない。結局TOPに入ったトーニを何とか生かそうとロングボールを送るもポストプレーがなかなかさせてもらえず、でした。

後半は何とか何本か決定機を作れたんですが、逆にブットの不用意なミスやヴァンブイテンのエリア内でのレッドカードなどバタバタしした印象を最後まで拭えず完敗でした。(一応PKは2本とも防いでくれたんですけどね)

ボルドーは前線からのプレスや早目はやめのクロスが有効で終始押し気味でした。これは次節もアウェーになりますが、何とかしちゃうかもですね~。そうなると優勝候補に推しちゃったバイエルンがあっさり敗退もありえます。。。。

結果:
ボルドー 2 - 1 バイエルン

得点:
シアニ  CKからオウンゴール
シアニ  CKからヒールで流し込み
プラニス  FKをファーで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 チェルシー - Aマドリー
2009年10月30日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1試合、チェルシーvsアトレティコ戦見ました。
アトレティコはここは正念場ですね。ここ負けるとほぼ絶望かも。
前線はいつものようにアグエロ、フォルラン、シマオン、ラウールガルシアなどなど。何とか勝ちたいところでしょう。

チェルシーはホームのこの試合はとりあえずものにして、勝ち抜けを決めたいところ。
ドログバの代わりはカルー。それ以外にはひさびさにデコの先発を見たような気がします。
イバノビッチがテリーと組んでCBで、右SBにはべレッチ。ちょこっといじってきましたかね。

ゲームは序盤Aマドリーが積極的な入り。特にフォルランあたりのミドルがさえていたんですが、ツェフの牙城はさすがに固いですね。

その後は徐々にチェルシーも押し込んでいき、やっぱり先制。
ランパードのノールックパスで左サイドを完全にやぶり、グラウンダーのクロスに中でカルーがあわせての得点。

後半に入るともはや差は歴然といった感じに、セットプレーがらみでCKからのカルーのヘッド、FKからすばやくリスタートしてランパードのミドル、最後にFKからペレアのオウンゴールを誘い、終わってみれば4得点の大勝。

得点以上に内容も完璧に支配しており、特に後半にいたってはほとんどチャンスらしいチャンスもつくらせずにゲームを進められていました。

アトレティコが弱いとは思わないので、やはりチェルシーが強いのでしょう。
今シーズンに賭ける思いもあるのかも

結果:
チェルシー 4 - 0 Aマドリー

得点:
カルー  左サイドのアシュリー・コールの突破からグラウンダーのクロスを押し込み
カルー  CKをダイレクトでヘッド
ランパード  FKのすばやいリスタートからミドルシュート
オウンゴール  FKをペレアがヘッドでクリアしようとしたところ、コースが変わってゴールイン
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 チューリッヒ - マルセイユ
2009年10月29日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はチューリッヒvsマルセイユ戦を観ました。
ミランの勝ち抜けを願う身としては引き分けて欲しいところですが。

マルセイユはこの日はブランドンの1TOPでした。DF陣では左SBがタイウォではなくエインセできたあたり、アウェーということもあって少し守備的に来たか。

ゲームはどちらかというとキープしながら1発裏狙いのチューリッヒvs中盤で奪って早い攻撃を狙いたいマルセイユという図式でしょうか。

ただ、マルセイユは中盤のパス回しがなかなかうまくいかず空回り状態。シセとかバルビュエナとかもこの日はもうひとつでした。
対するチューリッヒも2TOPのフォンランテンやアルフォンスのスピードを生かす展開になかなか持っていけずこれまた苦労していました。

結局マルセイユは後半にスローインからの展開で逆サイドに大きく振ったクロスをエインセが決めて先制。これを守りきってアウェーで貴重な勝ち点3を取得しました。
次節は潰しあいを願います。。。

結果:
チューリッヒ 0 - 1 マルセイユ

得点:
エインセ  右サイドからのクロスにファーでダイレクトであわせて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 ポルト - アポエル
2009年10月28日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日、今日とかけてポルトvsアポエル戦を観ました。
このグループはアトレティコが絶不調なので、チェルシー、ポルトでほぼ決まりそうな勢いですが。。

ポルトはここはホームだし余裕だろうと思っていたのですが、先制したのはまさかのアポエル。
左サイドからのクロスが相手DFのオウンゴールを誘いました。

何か今節は番狂わせが多いし、これはもしかしたらもしかするかな、とも思ったんですが、アポエルの守備のミスからフッキがカウンター気味に決めてあっさり同点。
さらにエリア内のハンドでもらったPKを同じくフッキが決めて早々に逆転。

ここでもう勝負ありでしたね。
ポルトもそれほどよくはなかったんですが、アポエルが大事に繋ごうとしてミスする部分も多くほとんどいい攻撃がありませんでした。

これでこのグループはほぼ決まりですかね。

結果:
ポルト 2 - 1 アポエル

得点:
ペレイラ(OG)  左サイドからのクロスに勢いあまってオウン
フッキ  相手のミスを奪ってのカウンター
フッキ  相手のハンドで得たPK

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 レアルマドリード - ACミラン
2009年10月26日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日2試合目はミラン戦。レアルマドリーvsACミランです。
正直チューリッヒに負けた時点でかなりあきらめ気味ですが、まあとりあえず応援します。

ミランはインザーギTOPで左ロナウジーニョ、右パトですね。
中盤はセードルフ、アンブロジーニ、ピルロでした。

対するレアルはC・ロナウドが不在でそこにはグラネロ。正直見るのははじめての選手。TOPはベンゼマが入ってました。

ゲームは序盤から結構拮抗した展開で、おっ、ミランもがんばってると思ってたんですが、攻撃になるとちょっと単調でしたね。裏へのパス1本狙いで。それでもセードルフのサイドチェンジとかは結構有効だな、と見ていました。

しかし意外なところに落とし穴が。。。
キーパーのジーダが相手のなんでもないシュートをまさかのハンブル・・・これをラウールが抜け目なく狙っていて、あっさりと先制。
あまりの情けなさに泣きたくなりましたよ。

結局前半はそのまま1-0で終了。

後半になってもミランはなかなか効果的に攻められない状態。特にロナウジーニョは明らかにドリブルで仕掛けてボールを取られる場面が多く、もう代えてもいいんじゃない、と思ってたところ、交代はインザーギ → ボリエッロ。 どうあっても使わざるを得ないらしい。。。

しかし、この交代後流れが一変。ピルロのロングシュートがまさかのゴールイン。ついに待望の得点が入りました。

さらに5分後、今度はアンブロジーニから裏への浮きパス一本。これで抜け出したパトがキーパーを交わして勝ち越し。なんとなんとサンチャゴベルナベウで勝ち越せるとは。

と、浮かれていたんですが、今度もラウールにやられました。CKをラウールがキック。これがエリア外で待っていたドレンテのもとにいき、そのままワントラップシュートでゴール隅へ。誰もが予想しなかったオプションでした。。。

まあ、引き分けでもいいや、と思ってたんですが、最後の最後、やはりこの人!セードルフがエリア内から逆サイドへクロス。これをパトがダイレクトで決めて再度勝ち越し。
見事にアウェーで勝ってくれました。これを見るとやはり前節がもったいない。。。。

ただ、後半途中からロナウジーニョの動きがかなり切れが見られ、もしかしたら、今後変わってくれるかもしれないと期待の持てるゲームでした。次節のホーム戦が勝負ですね。

結果:
Rマドリー 2 - 3 ACミラン

得点:
ラウール  ジーダがこぼしたボールをそのまま蹴り込み
ピルロ  無回転ロングシュート
パト  アンブロジーニの浮き玉で裏へ抜け出してキーパーかわし
ドレンテ  CKのオプションでエリア外からシュート
パト  セードルフからのクロスをダイレクトで蹴り込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 インテル - ディナモキエフ
2009年10月26日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は2試合連続で見ました。
まずはインテル-キエフ戦。インテルはここはホームだし、ぜひとも勝ちたいところでしょう。ディナモキエフは今シーズンかなりいい試合してるし、ここも楽しみですね。個人的にはミレフスキがどこまでできるか楽しみです。

ゲームは開始5分、ディナモキエフがまさかの先制。FKからのこぼれ玉をミハリクがけりこみました。
ここからはインテルの攻勢。ただ、前に見たバルサの攻勢ほどの迫力はなく、ディナモキエフ側にもカウンターでそれなりにチャンスを作れてました。

しかしそこはインテル。カウンターからルシオのスルーパス。これをスタンコビッチが裏に抜け出してゴール。キーパーが出すぎたか。。。
これはキエフももうだめだな、と思ったんですが、CK。まさかまさかのルシオのオウンゴールで再度勝ち越し。

インテルは終始追いかける展開で苦しむも、後半には再度サムエルのヘッドで同点に。
ここからマテラッツィをFW起用して怒涛の攻撃を見せるも、結局勝ち越しはならず。

これでこのグループはほぼ横並び状態に。まあ、この試合負けなかったことでまだまだ大丈夫そうですね。

結果:
インテル 2 - 2 ディナモキエフ

得点:
ミハリク  CKのこぼれ球を蹴り込み
スタンコビッチ  スルーパスで裏へ抜け出し
オウンゴール  CKからルシオがオウンゴール
サムエル  CKからヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 バルセロナ - ルビン
2009年10月25日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

さらにバルセロナvsルビン戦観ました。
バルサはここはカンプノウだし余裕で勝ち点3をとりたいところでしょう。アンリが故障でペドロがスタメン。あとはプジョル、ケイタあたりがベンチスタートでした。

ゲーム序盤、バルサの猛攻が見れるかと思ったんですが、ゴールキックから一発、ルビンのリャザンツェフの超ロングシュート。これがポストをかすめてゴールイン。なんとびっくり開始2分でルビンが先制しました。

ここからは攻めるバルサに守るルビン。残り90分守れるのかよ、と思ったんですが、前半はこのまま0-1で終了。徐々にいつ点を取られてもおかしくないような展開になってきたんですが、何とか守りきりましたね。

後半に入って何か変えてくるかな?と思ったんですが、引き続き全員守備。。
これを切り裂いたのはイブラヒモビッチの個人技。背後からの裏への浮き玉を胸でワントラップからシュート。見事のひとことですね~、これは。

しかし、これでもまだ同点なので、引き続き攻めと守りの戦い。
何とか守りきれるかな~と思ってき始めたとき、バルサはクルキッチが痛恨のパスミス。そこからのショートカウンターでドミンゲスから絶妙のスルーパス。これをギョクデニズが決めてなんとルビンが2度目の勝ち越し。

そして試合はそのまま終了し、ルビンが歴史的な勝利をあげました!
バルサはバーやポストを直撃するシュートもあり、ツキもなかったですね。ただ、今シーズンの初黒星がこんなかたちで訪れるとは。。。

まあ予選勝ちぬけは大丈夫だとは思いますが。

結果:
バルセロナ 1 - 2 ルビン

得点:
リャザンツェフ  相手のトラップミスのこぼれ玉を超ロングシュート
イブラヒモビッチ  背後からのパスをワントラップシュート
ギョクデニズ  ドミンゲスからのスルーパスをダイレクトで


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 リバプール - リヨン
2009年10月25日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はリバプールvsリヨン戦を見ました。

リバプールは前節フィオレンティーナに負けており、国内リーグでも振るわないので、何とかしたいところですが、ケガでトーレスを欠く厳しい状況。1TOPはまさかのンゴグでした。

リヨンはCL2連勝で、ここはアンフィールドということもあり、引き分けで上々というところでしょうか。リサンドロも先発で楽しみですね。

ゲームはそれなりに拮抗状態。相変わらずリヨンはアウェーでもそれほど力が落ちないですね。
リバプールはいまいち攻めがうまくいっていない感じ。
しかも前半途中にはジェラードが負傷交代というさらに厳しい展開に。

それでも先制したのはリバプール。ゴール前のこぼれ玉をうまく押し込んだのはベナユン。
ただ攻撃はどうにもうまくいってなかったです。やっぱりンゴグだと迫力というか怖さが全然違う感じです。

後半にはリヨンが同じようにこぼれ玉を決めて同点に。ここで何とか踏ん張りたかったところですが、終了間際にはサイドを崩されて、最後はデルガドに押し込まれ逆転負け。

ますます厳しくなりましたね、リバプールは。リヨンはほぼ勝ち抜け決定なので、フィオレンティーナとの2位争いですね。


結果:
リバプール 1 - 2 リヨン

得点:
ベナユン  ゴール前のこぼれ玉を蹴り込み
ボナロン  ゴール前のこぼれ玉をヘッドで押し込み
デルガド  右からのグラウンダーを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 デブレツェニ - フィオレンティーナ
2009年10月25日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日最後にもう1試合見ました。今日はサッカー漬けですね。
最後はデブレツェニvsヴィオラ。

今日はリバプール戦の殊勲者ヨベティッチはベンチスタートで2TOPはムトゥ、ジラルディーノでした。
あとはモントリーヴォあたりもスタメンじゃなかったですね。

試合はいきなり開始早々、デプレツェニがゴール前のキープから左サイドに開いてクロス。これをファーでツヴィトコヴィッチが押し込んで先制。
しかしすぐさまムトゥが右サイドからのクロスをダイレクトで足で蹴り込み同点に。
さらに今度はゴール前でムトゥの絶妙の横パスからジラルディーノが決めてあっさり逆転。ここまでで開始10分。

さらに前半は点の取り合いに。
今度はジラルディーノのポストプレーからの落としにムトゥがミドルを蹴りこんで1-3。これで逃げ切りたい成果と思ったんですが、デプレツェにのルドルフが左45度から絶妙の右足シュートで2-3。

しかしヴィオラも負けじとムトゥのシュートをキーパーが弾いたところをサンターナが押し込み2-4に。
前半だけで6得点という派手な試合になってしまいました。

後半はうってかわってヴィオラが守りに。
こうなるとそうそう点が取れそうにないですね。

最後はFKからクリバリが1点返すもそこまででした。
ヴィオラはアウェーで貴重な勝ち点3.このグループを混戦にしてくれるかどうか

結果:
デプレツェニ 3 - 4 フィオレンティーナ

得点:
ツヴィトコヴィッチ  左サイドからのクロスに滑り込んで
ムトゥ  右からのクロスをボレー気味に
ジラルディーノ  ムトゥからのゴール前の横パスを受けてシュート
ムトゥ  ジラルディーノの落としをミドルで
ルドルフ  左サイドから右足インサイドキックで
サンターナ  ムトゥのシュートをキーパーが弾いたところ
クリバリ  FKにダイレクトでヘッド

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 オリンピアコス - スタンダール
2009年10月24日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はさらに引き続いてもう1試合、オリンピアコスvsスタンダール観ました。

ここはアーセナルが抜けていて、それをオリンピアコスが追いかける展開か。2位抜けのためにもジーコはこのホームでは勝ちたいところでしょう。

しかし先制したのはスタンダール。アーセナル戦といい早い時間帯に点を取ってきますね~。
オリンピアコスはボール奪取はうまくいくものの好守の切り替えが遅くなかなかスピーディーに攻め入ることができていませんでした。

それでも前半終了間際にFKからミトログルがバックヘッドを決めて同点に。さすがにホームだと強いですね。

後半もシュートの打ち合いで結構面白い試合でした。スタンダールは少ないチャンスをしっかり決定機に結び付けていた印象。
オリンピアコスも打たされている感はあるものの惜しいシュートも随所にあり、オフサイドの判定やキーパーのグッドセーブに阻まれ、もうだめか、と思った後半ロスタイム、CKからストルティディスが押し込んで、ぎりぎりのところで勝ち越し。

ホームでの勝負強さをしっかりと見せつけましたね。

結果:
オリンピアコス 2 - 1 スタンダール

得点:
デカマルゴ  ゴール前のスルーパスに抜け出してシュート
ミトログル  FKをバックヘッドで
ストルティディス  CKからのごちゃつきで、ヘッドで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 レンジャース - ウルジチェニ
2009年10月24日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は引き続いてレンジャーズvsウルジチェニ戦を観ました。

ここはセビージャがひとつ抜けている状況のグループで、2位を狙いたいレンジャースとしてはホームのここは必勝体制でしょう。
ウルジチェニは前節シュツットガルトに引き分けた勢いで何とかここもがんばりたいところでしょう。

レンジャースはいきなり先制点をとれたんですが、ウルジチェニもすかさず数少ないチャンスを生かして同点に

この試合は結構流し気味に見たので、あまり内容は覚えていませんが、レンジャースは前半がんばってたんですよね。持ち味の早い攻撃も随所に見られたし。
ただPK失敗で勝ち越すチャンスを逃したのが痛かった。

ウルジチェニが今度は後半早々に得点を。クロスをブルーノ・フェルナンデスがヒールで流してそれが相手にあたってゴールイン。
さらにFKからマッカロークのオウンゴールで加点したウルジチェニ。この時点で勝負ありだったんですが、さらにFKをブランダンが決めて(これも相手に当たってコースが・・)、1-4に。

ウルジチェニはラッキーもありましたが、守備がしっかりしており、いいチームですね。スコットランドの地での勝ち点3はすばらしいです。もしかして決勝リーグもありえる??

結果:
レンジャース 1 - 4 ウルジチェニ

得点:
ペドロメンデス  ミドルが相手に当たってキーパーの頭上を越えてゴールイン
ビラシコ  左サイドからのグラウンダークロスを押し込み
ブルーノ・フェルナンデス  クロスをヒールで流して
オウンゴール  FKをマッカロークがヘッドで自ゴールへ
ブランダン  FK 横に流してズドン
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 シュツットガルト - セビージャ
2009年10月24日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日に引き続き、シュツットガルトvsセビージャ戦を見ました。

セビージャは目下2連勝中とこのグループでは力の違いを見せ付けてますね。

シュツットガルトは2引き分けと苦しんでおり、このグループは2位争いが焦点か?
今日はFWにはポグレブニャクではなく若いシーベルを起用してきました。国内リーグがいまいちというところで変えてきたんでしょうか。

試合は序盤からホームのシュツットガルトのペースでした。左サイドのボカ、ケディラなどが再三攻め上がりクロスをあげるんですが、なかなか中と合わない。
それでもサイド攻撃がかなり効いてました。

ただ、そんな中でも先制点をあげたのはセビージャ。CKからの流れで、クロスが入ってきたところにヘッドで決めたのはDFのスキラッチ。結局シュート数が10本のシュツットガルトが0点で、セビージャはシュート2本で1点という対照的な前半。

後半に入ると、セビージャは途中出場のペロッティというアルゼンチン人選手が存在感を見せ、この人のクロスをレーマンが処理ミスしたところを、ヘスス・ナバスに押し込まれ、セビージャが2点目。
シュツットガルトが3人同時交代で最後の意地を見せようとしたところ、今度はFKからまたもスキラッチのヘッドが決まりさらに失点。

最後はFKで1点返したものの、得点的には完敗でした。内容としてはシュツットガルトのほうがよかったとは思いましたけどね。
逆にセビージャはこの展開でも勝ち点3を持って帰るあたり、非常に強いな~という印象です。結構ノーマークだったんですけど、いい選手揃ってますね。これは楽しみなチームです。国内ではレアルにも勝ってるし。

結果:
シュツットガルト 1 - 3 セビージャ

得点:
スキラッチ  ファーサイドへのクロスにヘッドで
ヘスス・ナバス  レーマンがボールを弾いたところを押し込み
スキラッチ  FKにヘッドであわせ
エウソン  FKを直接


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 AZ - アーセナル
2009年10月23日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

いよいよ第3節が始まりましたね。
ここ最近ものすごく仕事が忙しくて、Wiiイレの時間もなく、サッカー観戦にもなかなか時間がとれません。。。。

とりあえず、今日はAZ - アーセナル戦を観ました。
AZは2節にスタンダールと引き分けたことにより、崖っぷちですね。
フォーメーション的には、デンベレ、エラムダウィの2トップでした。

逆にアーセナルは余裕の状況でしょうか。
メンバー的には結構ベストに近い布陣だとは思いますが。1TOPにファンペルシーで、他はアルシャビン、ディアビ、エブエ、セスクなどなど。

ゲームはボールを回すAZ vs カウンターを狙いたいアーセナルの展開。
AZはボールを回すも攻め手がまったくない印象。こういう展開のときはミスったらだめだぞ~、と思ったら、最終ラインのパス回しで、モイサンダーのトラップミスが。。。

これをアーセナルが見逃すわけもなく、アルシャビン→ファンペルシーとつないで最後は横ポンでセスクが決めてあっさり先制。
AZはみすみす自滅してしまいましたね。その後もボールを回すだけで得点の匂いはほぼなし。

後半もその調子でだらだらと進み、これはだめだな~と思ってたところ、AZは後半ロスタイムにセンターエリア付近のFKから一発のロングボールでエリア内に放り込み。
これを途中出場の195cmペレがヘッドで落として、メンデスがダイレクトボレー。はじめのうちからこのような単純な展開もあったらよかったのに。。。


とりあえず、AZは2節目とはまったく逆の展開で追いついて引き分けに。
逆にアーセナルは勝ち点2損しましたね。まあ、アウェーだしまだまだ余裕でしょうが。

結果:
AZ 1 - 1 アーセナル

得点:
セスク  ファンペルシーから横ポン
メンデス  ペレがヘッドで落としてダイレクトボレー


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ポルト - Aマドリー
2009年10月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

ラストは、ポルトvsAマドリー見ました。

というか、二日前ぐらいに見たのであんまり覚えてませんが。。。

ポルトは、やはりフッキに注目ですね。CLでは得点できてないですし、そろそろゴールも見てみたいところですね。
Aマドリーは初戦ホームでアポエルに対して痛恨の引き分け。
ここはアウェーとはいえ勝ち点を稼ぎたいところでしょうか。

Aマドリーはフォルラン、アグエロの2TOPなんですが、アグエロが今シーズンいまいちキレがないように思いますね。
どうも素直にドリブルで突っ込んでいって取られるシーンが多いような。
あとシマオンがよくないですね~。

フォルランは相変わらず、積極的にシュートを狙ってましたが。

ポルトは戦力ダウンしたのかな?と思ってるんですが、初戦といいそれなりに戦えますね。
なかなか得点が奪えなかったんですが、先制点はフッキからの横パスをファルカオ・ガルシアがシュートで。

さらにCKからロランドが押し込んで追加点。ホームでそれほど危なげなく勝利できましたね。
Aマドリーは次節からチェルシー連戦だし、いよいよやばくなってきました。。

結果:
ポルト 2 - 0 Aマドリー

得点:
ファルカオ・ガルシア  フッキからの横パス
ロランド  CKでブルーノ・アウベスのヘッドがポストにあたったところ押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 Rマドリード - マルセイユ
2009年10月12日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日から今日にかけてRマドリードvsマルセイユを見ました。

新銀河系軍団のレアルは、この日はベンゼマがTOPに入って、ラウールはベンチスタート。
TOP下のポジションにはグティが入ってました。

マルセイユは、モリエンテスが先発。古巣対決ですね。

前半はマルセイユもアウェーでの戦いらしく、守備をしっかり、攻撃になったときはできるだけフィニッシュまで早く持っていくといういいかたちですが。

レアル側ではロナウドやカカがそれほど目立たず、期待のシャビアロンソからのロングパスもあまりなかったので、ちょっと攻めあぐねてるのかな?という印象でした。

ただ、後半に入ると一変。徐々に押し込み始め、やっとこさの先制点。
得点はDFペペからのロンゴール1本に、ロナウドが裏に抜け出してゴール。

マルセイユはここで気落ちしたか、次はエリア内にドリブルで突っ込んできたロナウドをスライディングで倒し、PKで2失点目。
お次は、ベンゼマがカカとのワンツーで右サイドを突破し、横ポンパスからロナウドが決めて3点目。
前半ほとんど消えていたロナウドが3得点すべてに絡んで勝負を決めました。

改めてマドリーの強さを実感させられる試合でしたね。
マルセイユは序盤セットプレーなどのチャンスを生かせなかったのが残念。

ちなみにモリエンテスは途中交代してしまいましたが、サンチャゴベルナベウのサポーターからは暖かい拍手が送られていました。
こういうシーンはよかったですね。

結果:
レアルマドリード 3 - 0 マルセイユ

得点:
C・ロナウド  ペペからのロングボールに裏抜け出し
カカ  ロナウドがとってくれたPK
C・ロナウド  ベンゼマからの横ポン

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 マンU - ヴォルフスブルク
2009年10月10日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますのでまだ見ていない方はご注意ください。)

本日はもう1戦、マンU vs ヴォルフスブルク見ました。
両チームとも1戦目は勝利チーム同士。

ヴォルフスブルクは長谷部が先発で来ましたね。昨シーズンのドイツ最高2TOP、グラフィッチ、ジェコとともに注目です。

マンUはびっくりのオーウェン先発。ルーニーと2TOPでした。サイドはギグスとバレンシア。センターがアンデルソンとキャリック。ここらあたりはいろいろと変えてきますね。

ゲームは序盤アウェーながらもヴォルフスブルクが非常にいい出来。高い位置でのプレス、奪ってからの攻撃の展開もなかなかよかったです。
逆にマンUは何か硬い印象。。。

ただ、前半途中にオーウェンが故障による交代?
ベルバトフが入ってからは俄然マンUのペースに。やはりこの人が入るとボールが収まるのと、周りを使うのもうまいので、自然と押し上げもしやすくなるみたいですね。

ただ、前半は0-0で終了。ヴォルフスブルクも十分に戦えていたので、ちょっと見直しました。

後半になってもほぼ互角の展開。
そしてついに先制点が生まれたんですが、起点となったのは長谷部!ゴール前でこぼれてきたボールをキープし、逆サイドに浮き玉のクロス。これをジェコがヘッドで決めて先制。

これはもしかしたら、と思わせたんですが、この先制点がマンUに火をつけたか。
数分後にはギグスのFKで同点に。

さらにスローインからベルバトフが落とし、ギグスがさらに後ろにチョンとそらして最後はキャリックが見事に決めてあっさり逆転。
もう、こうなると勝負ありでしたね。

ヴォルフスブルクはほぼプランどおりだっただけに残念でした。
個人的に長谷部はアシストはOKでしたが、それ以外はボールロスト率が高く、いまいちでした。途中交代されたのも納得です。

しかしマンUは強いですね。ロナウドが抜けたとはいえ、どのメンバーが出てきてもそれなりに勝負になるので、やはり選手層の厚さを感じます。

結果:
マンチェスターユナイテッド 2 - 1 ヴォルフスブルク

得点:
ジェコ  長谷部からのクロスにヘッドで
ギグス  FKが相手の壁に当たってそのままゴール
キャリック  ギグスの落としをダイレクトで蹴り込み

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 アポエル - チェルシー
2009年10月10日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はアポエルvsチェルシーを見ました。
アポエルはキプロスのチームですが初戦はアトレティコとのアウェー戦で粘ってのスコアレスドロー。
実は力があるところを見せてくれました。

チェルシーはアウェーとはいえ、グループリーグ勝ち抜けをすんなり決めるためにはここは勝っておきたいところ。ドログバ、ボシングワが相変わらず出場停止で、アネルカの1TOP気味スタート。
バックアッパーはカルー、イバノビッチですね。

試合は序盤からホームのアポエルが前線から厳しいプレスをかけて、なかなかおもしろい試合になりました。
あまり守ってカウンターばかりだと面白くないですしね。

ただ、やはり力があったのはチェルシー。サイドをべレッチが個人技で突破し、マイナス気味のクロスにアネルカがあわせて先制。

その後もアポエルは積極的にしかけるんですが、やはり細かいところでミスが多かったですね。
試合全体を通じて、よくサイドからの攻撃を見せてくれたんですが、クロスの精度がもうちょっとあがってくればおもしろそうですね。

結局失点も1点だけでしたし、守備もしっかりしてると思います。

チェルシーはここは堅実に1点を守りきって勝ち点を積み重ねることができました。
攻めもそれほど悪かったとは思えませんし、勝ち抜けは確実そうですね。

結果:
アポエル 0 - 1 チェルシー

得点:
アネルカ  べレッチのサイド突破からマイナス気味のクロスをダイレクトで蹴り込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 CSKAモスクワ - ベシクタシュ
2009年10月10日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日から2日がかりでCSKAモスクワ - ベシクタシュを見ました。
正直あまり内容覚えてませんが。

CSKAは注目の2人が活躍してくれましたね。
まずは開始早々のジャゴエフ。Rマドリーも注目しているという選手らしいですが、エリア外からのミドルシュートでキーパーの頭上抜き。
すごく綺麗に決まりました。

もう一人はサイドのクラシッチ。ミランも注目らしいですが、サイドをドリブル突破からひとりで持ち込んでシュート。完全なサイドアタッカータイプですが、このシーンはその持ち味を十分に発揮できたかな?と思います。

ベシクタシュは、ニハトやリュシュトゥなどは完全に過去の姿は見る影もなし。。。特にニハトはひどすぎでしたね。。正直もう終わったかなと思いました。ちょっぴり残念ですね。

試合は、2点をとったCSKAが守る展開、そのわりにベシクタシュもなかなか攻めることができないという残念な内容でした。

結果:
CSKAモスクワ 2 - 1 ベシクタシュ

得点:
ジャゴエフ  エリア外からのミドルでキーパーの頭上抜き
クラシッチ  サイドをドリブル突破してそのままシュート
エクレム  左サイドからのマイナスのクロスをワントラップシュート


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 バイエルン - ユベントス
2009年10月08日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はバイエルンvsユーベを見ました。
バイエルンは優勝候補に挙げたのでちょっと注目の試合でしたが。。

ユーベは珍しくトレゼゲが先発。そして注目のジエゴもTOP下で使ってきましたね。
バイエルンも珍しくクローゼが先発。ただ、やはり注目はリベリー、ロッペンの両サイド+売出し中のミュラーでしょう。

ゲームはやはりホームのバイエルンペース。
特にリベリーがキレキレでドリブルで何度もユーベDF陣を切り裂いていたんですが、最後のところで決定機を欠く惜しい展開。
ロッペンもリベリーほどではないにしてもカウンター時などの早いボール運びはやはりスピード感抜群で見ていて気持ちよかったです。

それに追加してミュラーのゴール前に入ってくるタイミングなどが秀逸で、バイエルンとしては前半に得点できなかったのが非常に残念でした。

ユーベはほとんどチャンスらしいチャンスもなかったんですが、いいところでトレゼゲのシュートが出たりと防戦一方という感じではなかったですね。

後半からはロッペンのケガによりオリッチが出てきたんですが、いまいちぱっとせず。前半の攻め疲れからかそれほど攻めに勢いも感じられず、ゲームもこう着状態。

途中からはクローゼに変わってマリオゴメスが入ったんですが、ほとんど仕事できなかったですね。

結局は0-0で終了。前半押していただけに何とか試合を決めたかったですね、バイエルンは。
ユーベはジエゴがそれほど目だってなかったです。アウェーということもあるかもですが。。。

結果:
バイエルン 0 - 0 ユベントス

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ボルドー - マッカビハイファ
2009年10月07日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はボルドーvsマッカビハイファを見ました。
ここはユーベ、バイエルンがいるグループなので厳しいかもしれませんが、どちらかが抜け出してくればおもしろくなるかも。

ボルドーはグルキュフ、マッカビハイファはカタンと両トップ下が注目の試合でした。

前半はアウェーのマッカビハイファがいい感じでしたが、両チームともいまいち決定力を欠く感じでしたね。
グルキュフもこの日はいまいちでむしろカタンのほうが落ち着いていて好感が持てましたね。

後半に入ると残念ながらグルキュフは交代。
しかしここから両チームとも徐々にゴールに近づいてきた印象。

マッカビハイファでは右サイドに入ったラファエロフあたりが結構よかったです。
ただ両チームともなかなかゴールを割れず、そろそろだめかな~と思ったところで、ボルドーがCKからついに先制。残り10分というところでした。

これでマッカビハイファは完全に気落ちした状態。そのままボルドーがホームで勝ち点3をしっかり獲得しました。初戦ユーベと引き分けてるだけに、ここはグループ勝ち抜け争いがおもしろくなってくるかもしれないですね。

結果:
ボルドー 1 - 0 マッカビハイファ

得点:
シアニ  CKからヘッドで

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ACミラン - チューリッヒ
2009年10月06日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はミランvsチューリッヒを見ました。

結果から言ってしまうと、ひどすぎ。。。。もはやありえないぐらい弱くなりましたね~。
とりあえずは前回同様インザーギ、パトの2TOPにトップ下セードルフ。中盤はフラミニ、ピルロ、アンブロジーニでこの日は右SBにアバーテ、左SBがヤンクロフスキ。

試合開始早々にCKからティヒネンにダイレクトヒールで決められて先制。まあ、マークが甘いとはいえある程度事故みたいなものだし、取り返してくれたらいいよ、と余裕で見てたんですが、そこからなかなか攻撃がかたちにならず。とにかくシュートが枠に飛ばない・・・

逆にチューリッヒの攻撃はほぼ決定機を演出して、どちらかといえばいつ失点してもおかしくない状況のまま前半終了。

後半どう変えてくるかと見てたんですが、セードルフ→ロナウジーニョ、フラミニ→ザンブロッタ(右SBのアバーテを1つ前に)といういまいち分からない交代。。。
ロナウジーニョ使うにしても、普通にフラミニ→ロナウジーニョでよかったんでは?と思わずにはいられない。

ここからはチューリッヒも守備を固めだしたので、ほとんどミランの攻撃。しかしゴールが遠い。インザーギはようやく枠に飛ばすシュートを打ってくれたもののキーパーの好守にあいゴールできず。

そうこうしてるうちにネスタ→オニェウという謎の交代で枠3つ使い切り。フンテラールは出番なし。

ロナウジーニョは何本かいいパスがあったものの全体的には周りとあわずいまいちな出来。パトは正直FWとしては決定力が悪すぎる気がする。アバーテは若さ故か空回り気味。オニェウのプレーの雑さには閉口・・・

結局そのまま0-1でホームで屈辱の敗戦・・・
もうグループリーグで惨敗して、冬の移籍マーケットでチームを大きく見直す方向で進んでくれていいです・・・

結果:
ACミラン 0 - 1 チューリッヒ

得点:
ティヒネン  CKをダイレクトヒールで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ウルジチェニ - シュツットガルト
2009年10月05日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は引き続いてもう1戦だけ観戦。
試合はウルジチェニvsシュツットガルト。

ウルジチェニは初戦セビージャに完敗の内容だったたけにホームに帰る今節(実際にはステアウアブカレストのホームらしいけど)は勝負になりそう。
同じくシュツットガルトもレンジャース戦がいまいちだっただけにここはアウェーとはいえ勝ち点3が欲しいところでしょう。ただ、フレブがいない状態でカカウもベンチからと少し不安。。。

しかしその不安を吹き飛ばすかのようにシュツットガルトが試合開始早々先制。セットプレー崩れだったんですが、ロングボールを放り込んで前線で競り合ったこぼれ玉を、まだ前線に残っていたDFのタシチュが蹴りこんでゴール。

これで勢いに乗れるかとも思ったんですが、その後はちぐはぐな攻め。シュートは撃ててたけれどもゴールの枠になかなか飛ばず。
ホームのウルジチェニもミスが目立ってなかなかゴール前に運ぶことができず前節の二の舞の予感。。

しかし後半開始早々、今度はウルジチェニが反撃。ゴール前の相手のクリアミスを拾ったバルガがゴールスミに技ありのシュートを決めて同点。
そこから、ウルジチェニはかなり攻勢に出てきたんですが、ここから後は決定力がいまひとつ。

シュツットガルトも前線のマリカやポグレブニャクなどが何度もシュートを放つもキーパーに阻まれ結局はこのまま1-1のドロー。

両チームともあと一歩何とかしたかったというところが正直な感想でしょう。チャンスはあっただけにね~。
このグループは2位争いが熾烈になりそうですね。


結果:
ウルジチェニ 1 - 1 シュツットガルト

得点:
タシチュ  ゴール前のこぼれ玉を蹴り込み
バルガ  相手のクリアミスを拾ってゴール隅へシュート


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ルビン - インテル
2009年10月05日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、ルビンvsインテル見ました。
ルビンは第1節、いい試合をしながらもスタミナ切れでディナモキエフに逆転負け。ここはホームで何とかしたいところですね。

インテルもここは勝っておきたいところでしょう。今日はワイドにはマンシーニとバロテッリでTOP下にスタンコビッチというかたちでした。

試合は序盤互角の立ち上がりだったんですが、ルビンのTOP下に入ったドミンゲスが個人技で打開しました。中盤でボールを受けるとドリブルでルシオをかわしてエリア内に。そのままシュートを蹴りこんでなんとルビンが先制。

しかしインテルもマイコンのクロスからファーにフリーで待っていたスタンコビッチがダイビングで決めて同点に。

その後はどちらかというとインテルが押していた印象。
後半に入るとインテルはバロテッリがこのひ2枚目のイエローをもらって退場。前半からやばそうな雰囲気丸出しだったので、まあ予想通り??

そこからはルビンの猛攻が始まるも、最後のところで決定力を欠きゴールを割ることができず。最後は攻め疲れた感じで1-1で終了。ルビンとしては勝ちたかった展開でした。逆にインテルはとりあえずアウェーでの勝ち点1で命拾い。

まあ、このグループは次節でほぼ見えてきそうですね。

結果:
ルビン 1 - 1 インテル

得点:
ドミンゲス  ドリブル突破からそのままシュート
スタンコビッチ  マイコンのクロスに直接ヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 AZ - スタンダール
2009年10月05日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日はAZ - スタンダール戦を観ました。
AZは唯一のオランダ勢なんでがんばってほしいところですが1戦目を見る限りはかなり厳しそうな印象。
今日はエラムダウィ、デンベレの2TOPで。
スタンダールはいまだにほとんど選手が分かりません。。。

ゲームは序盤からホームのAZがうまくボールを回すもののなかなか最後のところで崩しきれなかったり、中盤でつぶされたりといまひとつ。。
スタンダールはほぼカウンターサッカーでいいところでボールを奪ったときはフィニッシュまでいけるという状態。

AZはどちらかというとサイドからガンガン崩すというよりは、スルーパスで裏に抜け出すというのが攻撃の第一パターンみたいですね。
後半開始早々、ようやくそのパターンが実って先制。裏に抜け出したエラムダウィがゴールスミにシュートを決めて先制してくれました。

しかし、その後はさっぱり。どうも抜け出した後の決定力があまりよくないです。
追加点を奪えないままなんとか時間だけは過ぎていったんですが、終了間際に悪夢が待っていました。
スタンダールのキーパーからのロングボール1本がゴール前の競り合いから横にこぼれて、ここに突っ込んできてシュートを決めたのがトラオレ!

ほぼ負け試合を引き分けに持ち込んだスタンダールの粘り強さを褒めたいですね。
AZはもうだめでしょう。。。。
エラムダウィも得点を決めたのはよかったですが、他が酷すぎでした。もっといいFWなら2,3点に絡めていたぐらい、いいところでチャンスを潰しまくりでした。

結果:
AZ 1 - 0 スタンダール

得点:
エラムダウィ  裏に抜け出しからダイレクトシュート
トラオレ  キーパーからのロングボール→ゴール前のこぼれ玉を押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 デブレツェニ - リヨン
2009年10月04日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日は子供の運動会で観戦ができなかったので、今日ようやく次の試合を見ました。
試合はデブレツェニ vs リヨン。

リヨンはバストスやリサンドロが出場しておらず、TOPはゴミス。右ウイングにはクレルクが入っている状態でした。

ゲームは序盤いきなりリヨンが先制。CKからエリア外でダイレクトでシュルストレムがボレー気味にシュート。さらにゴール前のフリーキックをピャニッチが決めて追加点。
おまけにピャニッチからのCKをゴブがヘッドで決めて3点目。前半だけで勝負ありでした。
セットプレーオンリーで3失点。。。

逆にデブレツェニ側はほとんど得点のにおいがせず。

後半に入るとリヨンは若い選手を試す余裕の展開。
デブレツェニは後半から投入されたFWのルドルフという選手がよかったですね。後半になってようやく得点がとれそうな匂いがしてきましたが、結局得点は奪えませんでした。
はじめからこの人を見てみたかった気もしますね。

リヨンはゴミスがキーパーの不用意な飛び出しをかわしてさらに追加点を奪い、4得点で貫録勝ち。
いろいろ選手が出ていっている割に相変わらず強いな~という印象でした。

結果:
デブレツェニ 0 - 4 リヨン

得点:
シェルストレム  CKをダイレクトでボレー気味に
ピャニッチ  FK直接
ゴブ  CKをニアでヘッド
ゴミス  裏へ抜け出して相手DFの上を抜くループシュート


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 フィオレンティーナ - リバプール
2009年10月02日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

またまた昨日の話になりますが、フィオレンティーナ - リバプールを見ました。
フィオレンティーナはジラルディーノが出場停止なんで2TOPはムトゥ、ヨベティッチ。
リバプールは左サイドにリエラではなくファビオ・アウレリオが先発でしたね。あとは前と一緒かな?

ゲームは序盤からホームのフィオレンティーナペースでしたね。
特にこの日先発のヨベティッチが大活躍!去年見たときにもいい選手だと思ってましたが、まさかここまでとは、という感じです。しかもまだ19歳なんですね。。。ちょっとびっくりでした。

試合はそのヨベティッチの先制点から。DFの裏へ絶妙のタイミングで抜け出して1対1を決めて先制。
さらに左サイドのバルガスのシュートをダイレクトでコースを変えて追加点まで。

後半になってからはリバプールも攻勢に来たものの、なかなかシュートが枠に飛ばず、ちょっとちぐはぐな印象でしたね。
ジェラードのシュートもいつもより精度が悪かったですし。。

この日は完全にヨベティッチデーでした。
この力を出せれば、グループ突破も見えてくるかな??

結果:
フィオレンティーナ 2 - 0 リバプール

得点:
ヨベティッチ  DF裏へ抜け出し
ヨベティッチ  バルガスのシュートをダイレクトでコースを変えて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 アーセナル - オリンピアコス
2009年10月01日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日のはなしですが、アーセナルvsオリンピアコス戦を見ました。
第1節勝利者どうしなんで、ここで勝てば勝ちぬけにかなり近づけますね。

アーセナルは、アルシャビンが復帰してきて、ロシツキーとサイドをはるかたちでした。
オリンピアコスはびっくりなのが監督がジーコになってたこと。いつの間に・・・
で気づいたんですが、結構ブラジル人いるんですね、このチーム。特に前線は。

試合なんですが、完全にホームのアーセナルペース。もはや一方的でハーフコートでやってるぐらいの印象でした。
アルシャビンが加わった攻撃陣は魅力十分でした。
しかし、この日は最後の砦ニコポリディスが神でしたね。ファインセーブ連発!

オリンピアコスは守備に関しては、75分間粘っていたんですが、途中出場のエドゥアルド→ファンペルシーの横ポンくずしにやられました。もう1点取られた時点で終わりましたね。
ラストにはセスクのクロスからアルシャビンがヒールでオシャレに決めて2-0で終了。

オリンピアコスは攻撃に関しては点が取れそうな気配すら感じなかったので、何とかラストまで粘りたかったところでしょうが、さすがに守備一辺倒だときつすぎます。
アーセナルはじりじりしてきましたが、最後きっちり勝ち点を取るあたり、やはり強さを感じました。

結果:
アーセナル 2 - 0 オリンピアコス

得点:
ファンペルシー  エドゥアルドが抜け出して横ポン
アルシャビン  セスクからのクロスをダイレクトヒールで流し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。