趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 第5節 デブレツェニ - リバプール
2009年11月30日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はデブレツェニvsリバプール戦を見ました。
もうすでに敗退が決まってることが分かってるだけに、なんともいえない試合ですが、まあリバプールは今後を占う意味でも重要な試合でしょうしね。

トーレスが不在のFWはンゴグで。ジェラードはスタメンで出てきました。

ゲームは開始早々、リバプールがCKから、最後はンゴグが押し込んでの先制。
アウェーながらきっちりと得点を決めたんですが、その後が。。。確かにゲームは支配できていたものの、決定機の数もそれほど多かったわけではなく、迫力もありませんでした。

後半に入ると、多少おっ、という場面も増えてきましたが、得点を奪うまでにはいたらず、逆に何度かデブレツェニにチャンスを作られるシーンも。。。ルドルフが前半はもうひとつだったんですが、後半には輝いていました。あとひとりいいFWがいればな、というチームでしたね。

リバプールは勝つには勝ったものの、今シーズンの不調も納得のいまいちな試合でした。
プレミアで巻き返しはあるんでしょうか。。。。

結果:
デブレツェニ 0 - 1 リバプール

得点:
ンゴグ  CKの流れからヒールで押し込み
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 バルセロナ - インテル
2009年11月29日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1試合、バルサvsインテル戦を見ました。
混戦のグループで、ここは対戦カードも含め注目の対決ですね。

インテルは勝てば勝ち抜け決定でしょうか。エトー、ミリートの2TOPで来ました。スナイデルがいなのがマイナス材料でしょうか。

バルサは、イブラヒモビッチ、メッシがお休みで、アンリがTOPでサイドにはペドロでした。
しかし中盤の構成はいつもと同じ。

ゲームは序盤からやはりホームのバルサペース。中盤でのプレッシングやボールを奪ってからの早いパス回しは、やはりバルサらしさが出ていました。

開始10分にはCKからピケが押し込んで早くも先制。
その後も何度も決定機を作り出し、前半30分ごろには、右サイドを抜け出したダニエウ・アウベスのクロスにペドロがファーで押し込んで2点目。

このチームはメンバーが変わってもサッカーの内容はほとんど変わらず、完全に崩すサッカーができますね。
後半も危なげなく、乗り切り圧巻の勝利でした。

点差以上に大きな差を感じる試合で、バルサはやばい位置から一歩抜け出せました。
インテルも最終節はホームだし、混戦になりながらもやっぱりこの2チームが抜け出しそうな気はします。。

結果:
バルセロナ 2 - 0 インテル

得点:
ピケ  CKをニアで逸らしたところ、ファーで押し込み
ペドロ  右サイドのダニエウ・アウベスからのクロスをファーで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 アーセナル - スタンダール
2009年11月29日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、アーセナルvsスタンダール戦。
ホームのアーセナルは引き分け以上で勝ち抜け決定。スタンダールは崖っぷちで負ければジーコ率いるオリンピアコスの勝ち抜けも決定でしょうか。

アーセナルはこの日はベラがTOPでサイドにアルシャビン、ナスリがサポートするという布陣。
ゲームも序盤からアーセナルの怒涛の攻撃。

早いパス回しと、後ろから次々と人入れ替わりあがってくる攻撃はいつ見ても魅力十分。
なかなか得点できなかったんですが、前半30分すぎ。

アーセナルのゴール前へのロングボールにスタンダールのDFがクリアミスし、スリップ。
これをナスリが見逃さず裏に抜け出して先制。

さらに前半終了間際、デニウソンの強烈なロングシュートが決まって2-0に。
シュート17本をうったアーセナルですが、きっちりと得点できましたね。

後半はアーセナルも少し流し気味だったでしょうか。細かいところでズレが生じてなかなか決定機を作り出せず、2-0のまま終了しました。
(録画ミスで、最後まで録画できてなかったので、結果は実は分かってないんですが、多分動いてないと思います。。。。)

アーセナルはサンダーランド戦の敗戦を引きずらず、強い勝ち方をしたと思います。
決勝トーナメントに進んでからが正念場ですね、このチームの場合は。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 AZ - オリンピアコス
2009年11月28日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日もう1試合は、AZ vs オリンピアコス。
AZは崖っぷちで勝利が絶対必要な状況。オリンピアコスはうまくいけば今節勝ち抜けを決められるかというところでの1戦。

AZには何とかがんばって欲しいところだったんですが、どうもうまくいきません。

前線にはデンベレやレンスが入っていたんですが、あと一歩のところまではいけるんですが、無駄に切り返してみたり、シュートを撃てばいいところでパスしたりと、もどかしい場面が幾度も。

対するオリンピアコスはアウェーというところで少しおとなしかったでしょうか。ただFWのミトログルあたりは、チャンスがあれば即シュートに来るあたり、アウェーでの戦い方がしっかり出来ていたと思います。

結局、この試合も得点力不足を露呈したAZ、スコアレスドローでグループリーグ敗退が決定してしまいました。
監督のクーマンを含め、グループリーグ全体を通して、何か覇気がないというか、必死さがかんじられなかったのが非常に残念でした。
唯一のオランダ勢だったのに。。。。。


結果:
AZ 0 - 0 オリンピアコス
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 ウルジチェニ - セビージャ
2009年11月28日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は2試合連続で見ました。
まずはウルジチェニvsセビージャ。

セビージャが一人勝ちのグループですが、意外にも2位の位置につけているウルジチェニ。ルーマニア勢初の勝ち抜けを目指してのホーム戦。
セビージャはすでに勝ち抜けを決めていることもあり、ルイス・ファビアーノやペロッティなどはベンチから。

しかしゲームはやはりセビージャが優勢だったでしょうが。序盤からポストやバーをたたくシュートが連発してました。
ただ、ここで得点できなかったことで流れをつくりきれなかったか。その後はなかなか相手の守備に阻まれてました。

そして0-0のまま終わるかと思われた前半終了間際。ウルジチェニのFKでゴール前にぽ~んと放り込んだボールをなんとドラグティノビッチがヘッドでのクリアをミスして自分のゴールへ。
びっくりなかたちでウルジチェニが先制しました。

後半になってもウルジチェニはしっかりとした守備。セビージャも積極的にルイス・ファビアーノらを投入するも最後まで得点をうばえず、このまま試合終了。

なんともラッキーなかたちで勝利を手にしたウルジチェニ。
これで勝ちぬけに王手。次節引き分け以上を目指します。

ここまで安定した強さを見せてきたセビージャは残念な敗戦。これが国内リーグにも影響しないといいんですが。バルサ、レアルにぴったりとつけていて、非常におもしろい存在だけに。

結果:
ウルジチェニ 1 - 0 セビージャ

得点:
ドラグティノビッチ  相手FKをヘッドでクリアしようとしたところ自ゴールへオウン
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 レンジャース - シュツットガルト
2009年11月28日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日になりますが、レンジャースvsシュツットガルト戦を見ました。

このグループはセビージャが抜け出して、のこり3チームが2位争いという構図。その中で以外にもウルジチェニが2位にいるため、両チームともここは勝ちたい1戦でしょう。
特にレンジャースは引き分け以下だと脱落なので。

ゲームはしかしながら、ホームのレンジャースがぴりっとしません。。今シーズンは強いはずのホームでも勢いのようなものがまったく感じられませんね。

シュツットガルトも国内の不調があり、どうかな、と思ってたんですが、多少メンバーをいじってきて、それがいいほうに出た感じでした。

この日右サイドに入ったルディという19才の選手なんですが、一躍ヒーローに。
前半は左サイドで抜け出したフレブからの折り返しをポグレブニャクが空振り。しかしそこに詰めてきていたルディが蹴りこんで、アウェーながらもシュツットガルトが先制。

後半には右サイドからルディのクロスにクズマノビッチが中央ヘッドであわせて追加点。
2点に絡む活躍でチームを救いました。
残念だったのはポグレブニャク。。決定機を何度もはずし、国内の不調を引き続きひきずっている感があります。ここがもう少ししっかりしてこないと、厳しいかもですね。

最終節はウルジチェニとの直接対決。
もう1試合がどうなってるかまだ見ていないので分かりませんが、楽しみです。

レンジャースは今シーズンはかなりきびしかったですね。
スコットランド勢はホームで結果を残せないとだめでしょう。。

結果:
レンジャース 0 - 2 シュツットガルト

得点:
ルディ  左サイドからフレブのグラウンダーを流し込み
クズマノビッチ  右サイドのルディからのクロスにヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 ルビン - ディナモキエフ
2009年11月26日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていないかたはご注意ください)

今日は、ルビンvsキエフ戦を見ました。
意外なことに混戦となってしまっているこのグループ。

両チームとも最終節は厳しい戦いが予想されるだけにここは勝っておきたいところでしょう。
試合はものすごく寒そうなルビンのホームでの試合でした。

ゲームとしては両チーム互角というより、どちらもピッチコンディションや気候に悩まされ、なかなか思うように動けていないという印象でした。

そんな中目立っていたのはキエフではやはりシェフチェンコ。
ボールを持って抜け出すシーンなどは結構全盛期を彷彿とさせるようなところもあったんですが、決定力が。。。

ルビン側ではやはりドミンゲスに注目だったんですが、この日はいまいち働けてなかったですね。むしろ右サイドのギョクデニズのほうが目立ってました。

結局後半になるとさらにミス連発で、相手のミスや体が動いていないところをいかに攻めるかという感じでしたが、両チームとも決定力不足が露呈し、スコアレスドロー。

勝ち点3をとれなかったのが、最終節どう響いてくるかですね。


結果:
ルビン 0 - 0 ディナモキエフ

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 フィオレンティーナ - リヨン
2009年11月25日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

いよいよ、本日から第5節ですね。グループによっては勝ちぬけが決まってくるところもあり、非常に楽しみです。
第1試合目はフィオレンティーナvsリヨンを見ました。

フィオレンティーナは、勝てば無条件で勝ち抜け決定のホーム戦。ムトゥ、ヨベティッチがいないものの何とか10年ぶりの勝ち抜けを決めたいところでしょう。
対するリヨンがすでに勝ち抜けを決めているというところもプラスに働くかもですね。1位抜けにこだわりがなければ。

フィオレンティーナはジラルディーノがTOPでその下にバルガス、サンターナ、マルキオンニが並ぶかたちでした。
リヨンはゴミス、ゴブー、バストスの3TOP気味。ピャニッチも先発だし、メンバーを落としてる雰囲気はないですね。

ゲームは、どちらかというとホームのフィオレンティーナペースでした。攻撃時には少ない手数で決定機を作り出し、守備面では中盤センターのザネッティ、モントリーヴォのはやい潰しで相手に攻めさせないという、まさに理想の展開でした。

そしてフィオレンティーナは、大きなサイドチェンジからマルキオンニがエリア内に侵入したところ、シソコが後ろから倒してしまいPKに。これをバルガスが決めて先制。

後半になってもペースは変わらず、フィオレンティーナ。相変わらず中盤の2枚がかなり効いてました。

ただ、選手交代でかなり積極的な交代をしたリヨンは、だいぶ押し込みはじめました。
ピャニッチのFKや途中出場のリサンドロの惜しいシュートなどがありましたが、ここは守護神フレイがさすがの働きで凌ぎきり、見事勝ち抜けを決めてくれました。

これでリバプールが自動的に敗退となり、悲しい限りですが、フィオレンティーナはイタリア勢の一角としてがんばってほしいですね。

結果:
フィオレンティーナ 1 - 0 リヨン

得点:
バルガス  PK


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 フィオレンティーナ - デブレツェニ
2009年11月17日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はフィオレンティーナvsデブレツェニを見ました。
このグループはリバプールが崖っぷちにいて、フィオレンティーナとしてはなんとかここは勝っておきたいところでしょう。
ヨベティッチ不在は残念ですが、ムトゥ、ジラルディーノは揃っており、ホームのここは楽しみです。

ゲームは序盤、さっそくフィオレンティーナが先制。ジラルディーノのパスからマルキオンニが裏に抜け出し、中央でムトゥがヘッドで押し込んで先制。

先制したらもう勝ちだろうと思ったんですが、デブレツェニもレアンドロ→ルドルフとつないで同点に。
このルドルフという選手は前節といい大活躍ですね。

ゲームは1-1で折り返したんですが、フィオレンティーナが後半爆発。
まずは右からのクロスにダイネッリ。キーパーと接触しながらもヘッドで決めました。
お次はバルガスの左からのクロスをジラルディーノがニアで逸らして、中央でモントリーヴォが押し込み。
さらに細かいパスワークで中央を崩してマルキオンニも決め。

ここで油断したか、1点返されたものの、お返しとばかりにジラルディーノがヘッドで決めて5点目。
ゲームとしてはここで終了でした。
しかし2試合の合計14得点もはいるというおもしろい対決でした。

結果:
フィオレンティーナ 5 - 2 デブレツェニ

得点:
ムトゥ  右からのクロスにダイビングヘッド
ルドルフ  レアンドロからのアーリー
ダイネッリ  右からのクロスにヘッドで
モントリーヴォ  バルガスの折り返しを押し込み
マルキオンニ  中央をパスでくずしてキーパーの上を抜くシュート
クリバリ  右からのクロスをドフリーでヘッド
ジラルディーノ  FKをヘッドで逸らして
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 アーセナル - AZ
2009年11月15日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はアーセナルvsAZ戦を見ました。
ここはほぼアーセナルが決まりですね。
AZは前節アーセナルにホームで土壇場で引き分けたんですが、まあ精一杯というところでしょうか。

試合はやはりホームのアーセナルペース。

ゴール前でドリブルからセスクがゴール隅に蹴りこんで先制。
AZはほとんど攻撃がかたちになってませんでした。

2点目はアルシャビンのスルーパスに抜け出したナスリから。
3点目もアルシャビンからセスク。
4点目はエドゥアルドのヒールパスから裏に抜け出したアルシャビンから横に流してディアビが決めて、この日のゴールショーを締めくくりました。
得点こそ決めてませんが、完全にアルシャビンの日でした。

おまけでAZに1点返されたのはちょっと納得いかないところかもですが、力の違いを見せた試合でした。
AZはこの分だとやっぱり厳しそうですね。

結果:
アーセナル 4 - 1 AZ

得点:
セスク  ドリブルから相手の股抜きシュート
ナスリ  スルーパスから裏に抜け出し
セスク  こちらもサイドから裏に抜け出し
ディアビ  アルシャビンの横パスから
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ルビン - バルセロナ
2009年11月15日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はルビンvsバルサ戦を見ました。
前節カンプノウでまさかの敗戦を喫したバルサとしてはここはアウェーでも100%勝ちに行かないとですね。

この日もイブラヒモビッチをTOPに、サイドにメッシ、イニエスタを置く布陣できました。

ゲームは序盤から完全にバルサペース。これは前節も同じだったんですが、この試合では相手のカウンターもほぼ封じており、前節の経験を生かしてきてましたね。

攻撃面でも決定機を連発してたんですが、どうも入らないですね。。。結局前半は両チーム無得点。

後半も完全にバルサペースでしたが、得点だけはなかなか入らず。時間がたつごとにバルサのほうも焦りが出てきました。
最後のほうはいつ入るか、守りきれるかの戦いでしたが、ルビンは最後まで守り抜きました。これでバルサ相手に1勝1分。ゲーム内容はどちらも押されまくりでしたが、結果としてはすばらしいですね。

結局このグループの勝ち点差は動かず、残り2節にすべてがかかってくるようです。

結果:
ルビン 0 - 0 バルセロナ

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 セビージャ - シュツットガルト
2009年11月14日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はセビージャvsシュツットガルト戦。

セビージャはここまでほぼ完璧な強さを見せており、このホーム戦で勝ちぬけを決めてしまいそうな勢い。カヌーテが先発できず、ルイス・ファビアーノのコネの2TOPで来ました。
このチームの魅力はやっぱり中盤でしょうか。サイドのヘスス・ナバス、ディエゴ・カペルの突破力、センターのゾコラ、ロマリクあたりの安定感は抜群ですね。

ゲームはやはりセビージャのペース。
シュツットガルトは国内リーグでも残留ライン付近をさまよってるぐらいだし、アウェーでは厳しそう。。

セビージャの早いパス回しからヘスス・ナバスにあっさり決められて、もうほぼだめだな、と思いました。

ただ、後半になると、徐々にシュツットガルトも意地を見せ始め、ポグレブニャクのヘッドがバーをたたく場面も。
これは、点入ってもおかしくないな、と思ってたら、クズマノビッチのミドルがいきなり決まって同点に。

その後は両チームの攻め合いだったんですが、1-1のまま終了。

これでセビージャは勝ち抜け決定ですね。2位争いが全く分かりません。
勝ちきれないシュツットガルトですが、徐々に上向いてきてるんですかね。


結果:
セビージャ 1 - 1 シュツットガルト

得点:
ヘスス・ナバス  ルイスファビアーノのくさびパスから裏へ抜け出し
クズマノビッチ  ポグレブニャクの横パスをそのままミドル
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ディナモキエフ - インテル
2009年11月13日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、ディナモキエフvsインテル戦を見ました。

このグループは予想に反してほぼ横一線状態。
インテルもここは勝たないとだめでしょう。

この日はミリートも戻ってきてエトーと2TOPを組むかたちでした。

ゲームはやはりインテルペースかな、と思っていたんですが、先制点はホームのディナモキエフ。
ゴール前でボールを受け、ボレーシュートがキーパーのうえを抜いていきました。

ここからはインテルの攻撃がほとんどだったんですが、前半は1-0のまま。

後半開始早々に、チアゴ・モッタ、バロテッリを投入し、さらに攻勢に出るも、なかなか決定機を決めきれず。無理やりな中央突破を狙う場面が多かった印象です。
あと、この日はバロテッリはまったくだめでしたね。

残り10分きってもうだめかな、と思ったんですが、スナイデルからの1本のパスがゴール前のミリートに通って、ついに同点に。
さらに終了間際、途中交代で入ったムンタリのシュートをキーパーが弾いたところ、ミリートがさらにシュート、これも弾いたんですが、最後はスナイデルが押し込み、逆転。

モウリーニョの執念を感じる逆転劇でした。これで逆転できましたね、とりあえず。

結果:
ディナモキエフ 1 - 2 インテル

得点:
シェフチェンコ  ゴール前でボレーがループ気味に
ミリート  スナイデルからのパスでキーパーの横を抜くコロコロシュート
スナイデル  ムンタリ、ミリートのシュートをキーパーが弾いたところ押し込み


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ウルジチェニ - レンジャース
2009年11月12日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はウルジチェニvsレンジャースを見ました。
ここも熾烈な2位争いですね。

アウェーで勝ってきたウルジチェニはここで勝って2位を堅守したいところでしょうね。

ゲームは結構拮抗した展開でした。
ちょっとホームのウルジチェニが押し気味でしたが、レンジャースも守るだけではなく、攻撃の時間帯もしっかり作っており、緊迫したゲームでした。

得点が動いたのは後半に入ってだいぶたってから。
レンジャースのマッカロークのミドルがキーパーの逆をつくかたちで、アウェーのレンジャースが先制。

残り時間から見てもうだめかと思ったんですが、ウルジチェニも後半終了間際、オノフラシュのミドルがゴール隅に突き刺さり、同点に。

結局このまま終了したんですが、レンジャースはこの失点でかなりショックを受けてましたね。逆にウルジチェニは勝ったかのような喜びよう。
シュツットガルトも含め、どうなるかまったく分かりませんね。

結果:
ウルジチェニ 1 - 1 レンジャース

得点:
マッカローク  ミドルシュート
オノフラシュ  ミドルシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ベシクタシュ - ヴォルフスブルク
2009年11月11日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はベシクタシュvsヴォルフスブルク戦を見ました。

ヴォルフスブルクはアウェーとはいえ、勝利必須ですね。長谷部は今回も先発できました。
グラフィッチが出場停止で代わりはマルティンス。国内リーグでは最近このパターンみたいですね。

ゲームは以外にもアウェーのヴォルフスブルクが押し気味。
上手く中盤でワンツーをつなぎ、ミシモビッチの強烈なミドルで先制点を奪いました。

ホームでは強いと思われたトルコ勢ベシクタシュですが、この日は全然でした。

残念なことに後半開始と同時に長谷部は交代。正直前半も目立つところはなく(ミスは目立ってた)、代えられても仕方がないできでしたね。
守備面でもあまりいい働きができてなかったですし、何とかもうちょっとアピールしてもらいたいところ。

しかしゲームとしては完全にヴォルフスブルクのペース。
カウンターからジェコのシュートを弾いたところにゲントナーが決めて2点目。
終了間際にもジェコが裏に抜け出して3点目をあげて、初戦に続く3得点。

あとはCSKAモスクワとの2位争いですね。

結果:
ベシクタシュ 0 - 3 ヴォルフスブルク

得点:
ミシモビッチ  ワンツーで抜け出してミドルシュート
ゲントナー  キーパーがジェコのシュートを弾いたところ
ジェコ  裏に抜け出し
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA Cl 第4節 マンU - CSKAモスクワ
2009年11月10日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はマンUvsCSKAモスクワを見ました。

マンUは引き分け以上で勝ち抜け決定という非常に楽な状況。かなりメンバーを落としてきましたね。
2TOPはオーウェン、マケーダ。CBにはエヴァンス、ブラウンが入ってました。

CSKAはまたもや監督交代。ファンデラモスは1ヶ月ちょいの短命政権でした。

ゲームはアウェーながらもCSKAがかなりアグレッシブでしたね。監督交代の効果でしょうか。
持ち味のショートパスを生かした速い展開が随所に見られました。

先制点は、CSKAの期待のジャゴエフから。裏に抜け出して角度のないところからゴール。ドリブルしたときはだめだと思ったんですが、あのゴールを決めてくるのはさすがでした。

しかしすぐさまマンUもお返し。サイドからのクロスをナニが落としたところ、オーウェンがすばやく反応して同点に。
ただ、安心したのも束の間、今度はこちらもCSKA期待のプレーヤーであるクラシッチが右サイドから裏に抜け出してキーパーをかわして勝ち越し。

後半早々にもジャゴエフのFKからファーでバシル・ベレズツキが決めてなんと1-3に。
ここからはCSKAが守りきれるかどうかというところだったんですが、時間が経過するごとに徐々にマンUペースに。

さらにルーニー、エブラの投入で完全にマンUペースに。怒涛の攻撃をアキンフェーフがよく防いでいたんですが、残り6分でFKからスコールズに決められ1点差に。

さらにロスタイムにはバレンシアのシュートがDFに当たってコースが変わってゴールへ。CSKAはなんとも不運なかたちで追いつかれてしまいましたね。

マンUは苦しみながらもきっちりと勝ち抜けを決めて、ほっと一息でしょう。。

結果:
マンU 3 - 3 CSKAモスクワ

得点:
ジャゴエフ  裏に抜け出し、角度のないところから
オーウェン  ナニのゴール前での落としに反応
クラシッチ  サイドから裏に抜け出し、キーパーかわし
V・ベレズツキ  ジャゴエフのFKにファーでヘッド
スコールズ  サイドからのFKにヘッドで押し込み
バレンシア  ミドルシュートがDFに当たってコースが変わって

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 スタンダール - オリンピアコス
2009年11月09日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はスタンダールvsオリンピアコスを見ました。

オリンピアコスはここで勝てばほぼ勝ち抜け決定?なので、ジーコとしてもここはアウェーながら勝ちたいところでしょうね。
逆にスタンダールは前節残念な負け方だけに、ホームのここは名誉挽回しなければいけないでしょう。

ただ、ゲームはどちらかというとアウェーのオリンピアコスペースに。
スタンダールはちょっと無理めなロングボールが目立っており、これは得点できそうにないな~と思ってました。

でも一本通っちゃいましたね。裏に抜け出したンボカニがこれを沈めて押されながらもホームのスタンダールが先制。
後半になるとさらにはっきりとオリンピアコスペースに。でもシュートがキーパー正面に飛んだりすることが多く、同点になかなか追いつけず。

さらに終了間際には攻めに人数をかけていたところにカウンターを喰らってさらに失点。結局ここでの勝ち抜けを決めるにはいたりませんでした。
AZ - アーセナル戦にもかかってくるでしょうが。

結果:
スタンダール 2 - 0 オリンピアコス

得点:
ンボカニ  ロングボールに裏に抜け出してシュート
ヨバノビッチ  ンボカニのシュートをキーパーが弾いたところ、ヘッドで押し込み

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 マルセイユ - チューリッヒ
2009年11月08日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はマルセイユvsチューリッヒ戦を見ました。
ここはミランの勝ち抜けに影響する対戦なので注目どころです。できれば引き分けが望ましいんですが。。

ゲームは開始早々から動きました。
左サイドからのマルセイユのFK、ゴールに向かっていくボールに対して、チューリッヒのアエゲルターがヘッドでのクリアを試みるもそれがまさかのオウンゴール。
さらに同じような場所からのFK。今度は誰も触らずにそのままゴールに吸い込まれて2点目。相手選手がオフサイドポジションにいただけにチューリッヒとしては不運なかたちでした。

マルセイユはこれまでの試合と同様、セットプレーでの得点が効いてますね。

チューリッヒはその後アルフォンスの得点で何とか前半を1点差で盛り返したものの、後半に入ってもなかなかチャンスは作らせてもらえず、逆にニアングに決められて2点差に。

それからも粘りを見せていたんですが、残り10分にまたもやセットプレー絡みでイウトンに蹴りこまれた後は、シェルーの強烈なミドル、ニアングのクロス→ブランドンの押し込みと立て続けに決められ、終わってみれば大差での完敗となってしまいました。

これでミランの当面の敵はマルセイユになりそうですね。セットプレーに気をつけて、何とか次節勝ち抜けを決めてもらいたいところです。

結果:
マルセイユ 6 - 1 チューリッヒ

得点:
アエゲルター  相手FKに対してオウンゴール
アブリエル  FKが誰も触らないまま直接ゴールへ
アルフォンス  ゴール前で相手をかわしながらボールを受けてシュート
ニアング  ゴール前の浮き玉に2列目から飛び出してループ
イウトン  FK後のこぼれ玉を蹴り込み
シェルー  強烈ミドル
ブランドン  ニアングからのクロスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 リヨン - リバプール
2009年11月07日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はリヨンvsリバプール戦を見ました。

リバプールはかなりピンチ状態。ここまで1勝2敗の勝ち点3で場合によっては自力突破がなくなる可能性も。。
そのうえトーレスは故障あがりで、ジェラードは遠征に帯同もできないという。
結局はトーレスの1TOPでその下にカイト、ベナユン、ボロニンを並べるという布陣。
DF陣もキャラガーが右に回ってCBにはアッガー、キリヤコス、左にインスーアというかたちでした。

リヨンは引き分け以上で突破可能。バストスやリサンドロあたりも先発で来ましたね。

ゲームはリバプールがアウェーながらもしっかり攻めていました。ただ、この日はヨリスが大当たりで、2,3点は決定機をつぶしましたね。

あとはトーレスがやはり迫力不足の印象を受けました。

リヨン側ではこのたびブラジル代表に選ばれたというバストスに注目していましたが、ところどころでいい面を見せてました。

ゲームが動いたのは残り10分を切った後。途中出場のバベルがミドル一発でリバプールが待望の先制点。
このまま逃げ切れるかというところだったんですが、後半45分、裏に抜け出したリサンドロに同点ゴールを決められ、前節同様守りきれない弱さを露呈してしまいました。
バベルもヒーローになり損ねてしまいました。。。。

リヨンは安定した戦いぶりで早々に勝ちぬけをきめるあたり、昨シーズンより強いと言われるのもうなずけます。

結果:
リヨン 1 - 1 リバプール

得点:
バベル  中盤でボールを受け、ドリブルからミドル
リサンドロ  裏への浮き玉に抜け出してキーパーの上を抜くゴール

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 マッカビハイファ - ユベントス
2009年11月07日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はマッカビハイファvsユベントス戦を見ました。

ユーベはアウェーながらここは勝ってグループ勝ちぬけに一歩前進したいところでしょう。
けが人がかなり多いのが気になりますが、今シーズンの中心選手ジエゴ、フェリペ・メロあたりが先発しているので、まあ安定して戦えるのかな、というメンバーでした。FWはアマウーリの1TOPでした。

ユーベはジエゴを中心に落ち着いた攻めができていました。
ジエゴがほぼフリーでボールを受けることができていたので、そこからの展開ができていたんですが、周りの選手の押し上げや動きがもう少しあればさらによかったのにな、という感じです。

マッカビハイファはホーム戦なんですが、好守ともに迫力不足でしたね。特に守備面ではジエゴをもっとガチガチに止めにいったりしてもよかったんでは?と思います。

攻撃面は最後のところのアイデア不足と、守備から攻撃への切り替えの遅さが気になりました。
あまり得点の匂いはなかったですね。

結局はユーベが前半終了間際、ジエゴから右サイドの裏に抜け出したマルティン・カセレスへの絶妙のロングパスから、マイナス気味に折り返したところにカモラネージがスライディングボレーでけりこんだゴールを守りきるかたちで終了しました。

何か淡々としたゲームで盛り上がりが全然なかったです。。。

結果:
マッカビハイファ 0 - 1 ユベントス

得点:
カモラネージ  マイナス気味のクロスにスライディングボレー
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 Aマドリー - チェルシー
2009年11月06日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はAマドリーvsチェルシーを見ました。

このグループはほぼチェルシー、ポルトで決まりなんで、勝ちぬけに対する興味はないですが、対戦内容としては楽しみですね。

チェルシーはちょっとメンバーをいじってきたか、2TOPはドログバ、カルー、TOP下にはジョー・コールできました。他にはアレックスやべレッチなんかも先発でした。

Aマドリーもアグエロが控えからで、シナマポンゴルがスタメンでしたね。

ゲームはアウェーながらもやはりチェルシーが押し気味だったでしょうか。相変わらず強いな、という印象です。バランスがいいんでしょうかね。

ただ、得点自体は全然動かず、ようやく得点が動いたのは両チームベンチが動き始めてから。

先制点は途中出場のアグエロから。
テリーのヘッドでのクリアボールをダイレクトボレーで見事に決めました。ここ最近不調っぽかったんで、これで変わってくればいいんでしょうが。

チェルシーもそれほど必死で攻めることもないし、このまま終わるかな、とも思ったんですが、残り時間約10分ぐらいのところ、マルダからのクロスをヘッドでぴったり合わせたのはドログバ!高いし強いですね。

さらに終了間際、ドログバはスルーパスからDF二人を抜きさって追加点。相手の戦意を喪失させるには十分な完全なゴールでした。

ただ、そこでもあきらめなかったか、ロスタイムにアグエロがFKを直接決めてふたたび同点になったところで終了。
アトレティコはこの粘りをもっと早いところから見せたかったですね。残念。

チェルシーは引き分けたものの勝ちぬけ決定ですかね。公式戦で無得点の試合がいまだないという今シーズンの強さは本物だと感じました。

結果:
Aマドリー 2 - 2 チェルシー

得点:
アグエロ  テリーのクリアボールをダイレクトボレー
ドログバ  マルダからのクロスをヘッドで
ドログバ  スルーパスからDF2人をかわして
アグエロ  FK直接
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 アポエル - ポルト
2009年11月05日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はアポエル-ポルト戦を見ました。
このグループはアトレティコがいまいちなこともあり、2強2弱がはっきりわかれてしまったかたちですね。

ポルトは勝てばほぼ文句なしでしょう。

ただ、このアポエルはホームではそれなりに戦えるチームで、しっかりとした守備とパスを主体としたオーソドックスな攻撃を見せてくれました。

惜しむらくは、これまで3試合で5本しかシュートを撃てていないという攻撃陣。
この試合ではそのシュート数を上回るシュートを撃てたもののパンチ力のあるシュートは撃てませんでした。

ポルトもここではちょっと攻めあぐねたか、なかなか決定機にも決めきれず、スコアレスドローかな、と思った終了間際にファルカオ・ガルシアが決勝点を叩き込みました。

こういうシーンを見ると今シーズンのポルトも安定して強いところがうなずけます。のらりくらりと試合を進めてきて、決めるところは決めるという。。。

結果:
アポエル 0 - 1 ポルト

得点:
ファルカオ・ガルシア  ゴール前で横パスを受け、DFをかわしつつシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 バイエルン - ボルドー
2009年11月04日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は引き続いてバイエルンvsボルドー戦を見ました。
バイエルンは優勝候補にしたものの、前節ボルドーに負けてグループ突破さえ危うい雰囲気が。。

この日もリベリー、ロッペンを欠く苦しい状況のうえ、前節レッドカードのミュラー、ヴァンブイテンもいないという状態。2TOPはクローゼ、トーニでした。

試合は拮抗状態というか、バイエルンがうまく攻められない感じでした。この日左SBに入ったブラーフヘイトとその前のプラニッチが最悪。。。連携が全然うまくいかず、変なパスミスでボールを奪うことも多々。。。

そして気をつけなければならないボルドーのセットプレー。FKからベンデウの入れたボールにファーに走りこんだグルキュフがヘッドであわせてアウェーのボルドーが先制。

2点が必要となったバイエルンは後半にロッペンを投入。これでガラッと流れが変わったか、俄然攻勢に出るも、トーニや途中投入されたゴメスが決定機に決められず。

最後のほうは無理めなポストプレー狙いばかりで可能性がほぼ0でした。
最後はロングボール1本からシャマフが抜け出そうとしたところ、キーパーのブットが不用意に飛び出してかわされての2失点目。

これでグループ突破はほぼ消えました。。。ボルドーはグループ突破確定。セットプレーが主な得点源なんですが、それでもグルキュフなんかのミドルも強烈なものがあり、決勝トーナメントにはいってもおもしろいかもですね。

バイエルンは本当にリベリー、ロッペンがいないと別のチームになっちゃいますね。
ファンハールの首が危ないかも。。

結果:
バイエルン 0 - 2 ボルドー

得点:
グルキュフ  ベンデウのFKにヘッドで
シャマフ  裏へのロングボールからキーパーをかわして
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ACミラン - Rマドリード
2009年11月04日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日からCLも第4節です。

今日は早速ミラン戦を見ました。
ミランとしては前節アウェーで奇跡的な勝利もあげてるので、ここは引き分けでもOK?でもホームだし勝ってもらいたいところですが。

今日はトップはボリエッロで来ましたね。相変わらずフンテラールを使ってくれないし、さびしいかぎりです。

レアルはベンゼマ、イグアインの2TOPでラウールが控えからスタートでした。サイドハーフにマルセロが入るフォーメーションは個人的には始めてみましたね。

ゲームは序盤から完全にレアルペースで。ショートパス、ロングパスともよくつながり、何度もシュートを浴びせるも、ジーダの正面に飛ぶことが多く得点できず。

一方ミランは相手の早い前線からのプレスに四苦八苦し、ロングボール放り込みのみ。これも前のパト、ロナウジーニョあたりは相手の密着マークにより、何もさせてもらえず、ほぼレアルの攻撃時間ばかりでした。

そしてレアルの先制点はカカから。ドリブルで突破後のシュートという得意のかたちで、キーパーが弾いたところをベンゼマが決めて先制。
こりゃだめだと、思ったんですが、ミランもペペのハンドでもらったPKで何とか同点に。

後半に入ると今度は逆にレアル側が無理に中央突破を試みる場面が多くなり、ミランもボール奪取ができるようになってきました。

ただ、結局得点できず。。守備面ではジーダが前節の汚名をはらすかのように相手のシュートを防ぎまくってました。相変わらず処理に危なっかしい場面がいくつもありましたが、凌ぎきってくれたのは大きかったです。

とりあえず、あと残り2節で1勝すれば安心できそうかな??
もう1試合の結果も気になるところです。

結果:
ACミラン 1 - 1 レアルマドリード

得点:
ベンゼマ  カカのシュートをキーパーが弾いたところをシュート
ロナウジーニョ  相手ペペのハンドでもらったPK

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
お引越し
2009年11月02日 (月) | 編集 |
ちょっと諸事情があり、ブログの管理を分割化しました。

それにともなって、ガンプラ関係、ゲーム関係を新ブログのほうに引っ越しました。

今後とも宜しくお願いします。 m(_ _)m
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 第3節 ユベントス - マッカビハイファ
2009年11月01日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はユーベvsマッカビハイファを見ました。

ユーベはここは必勝ですね。デルピエロやマルキージオあたりが負傷中で、この日のワントップは意外にもトレゼゲ。結構余裕あり??2列目にはカモラネージ、ジエゴ、ジョビンコが入るかたちでした。

ゲームはやはりホームのユーベペースでしょうか。この日はジョビンコ、ジエゴのコンビがよかったですね。特にジョビンコはかなりキレていて、マッカビハイファ側もファールでナイトなかなかとめられない状態。

ただ、前半は0-0.ユーベ、マッカビハイファとも得点力不足を露呈しまくりでした。

ユーベは後半開始早々にFKからキエッリーニがファーでヘッドであわせてようやく先制。
こうなるとユーベお得意の展開で守りきりをはかり、きっちり勝ち点3をとりました。

マッカビハイファも後半途中に退場者が出て10人になったりと不運もありましたが、カウンター攻撃で何度か決定機を演出していただけに、得点を取れなかったのは残念でしたね。シュートがほぼすべてブッフォンの正面でした。

ユーベは苦しみながらもこのグループ2位に躍りでました。ボルドー、バイエルンとの3つ巴の様相ですね。

結果:
ユベントス 1 - 0 マッカビハイファ

得点:
キエッリーニ  FKにファーでヘッドで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:欧州サッカー全般
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。