趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 決勝ラウンド インテル - チェルシー
2010年02月27日 (土) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

今日は決勝ラウンド1回戦の最後の試合、インテルvsチェルシー戦を見ました。
ここは、おもしろい顔合わせなんですが、ミランもマンU相手だし、セリエ勢はプレミア勢に一気にやられてしまう可能性がありそうですね。
不本意ですが、インテルにもがんばってもらうように応援です。

インテル:
 FW:エトー、ミリート
 MF:チアゴ・モッタ、スナイデル、カンビアッソ、スタンコビッチ
 DF:サネッティ、ルシオ、サムエル、マイコン
 GK:ジュリオ・セーザル

 交代:
 チアゴ・モッタ → バロテッリ
 エトー → パンデフ
 スタンコビッチ → ムンタリ

チェルシー:
 FW:カルー、ドログバ、アネルカ
 MF:ランパード、ミケル、バラック
 DF:マルダ、テリー、カルバーリョ、イヴァノビッチ
 GK:ツェフ

 交代:
 ツェフ → イラーリオ
 カルー → スタリッジ

両チームとも左サイドバックが不在ですね。インテルのサネッティはいいとして、チェルシーはマルダですね~。守備面でちょっと不安が残るかも。

ゲームはやはりこの2チームということで、緊迫した戦いというか、おもしろいですね。
いきなり開始早々、ミリートがエリア内でボールを受けると、テリーをかわしてニアサイドにシュート。あっさり先制してしまいました。

チェルシーもアウェーなんでがつがつ来ることはないですが、前線は個人技のある選手が揃っているので、ちょっとしたことですぐにチャンスを作り出してました。
ただ、前半はこのまま1-0で終了。インテルとしてはある程度ねらいどおりでしょうか。この日はスナイデルもかなりよかったですね。オランダ代表なんでやはり贔屓目に見てしまいますが、がんばってもらいたいところです。

後半開始早々、今度はチェルシーが反撃。イヴァノビッチがドリブルでエリア外までひとりで持ち込み、後ろに落としたところを、カルーがミドルシュートをゴールスミに決めて同点に。
やっぱりただでは転びませんね、チェルシーも。

しかし、その直後、インテルがかなり人数をかけて攻め、カンビアッソがクリアボールをダイレクトボレー。これがDFに跳ね返ったところ、再度ミドルシュートを決めて2点目。これでこの日は勝負ありでしたね。

チェルシーも攻めてはいたんですが、それほど迫力を出せなかったです。ランパードもいつもより大人しかった印象だし、ドログバも結構抑えられるシーンが目立ちました。
とりあえず、インテルは勝ちましたが、次戦アウェーで引き分け以上が取れるかどうか。
せめてイタリア勢から1チームはベスト8に残ってもらいたいところです。


結果:
インテル 2 - 1 チェルシー

得点:
ミリート  エリア内でボールを受けたあと、テリーをかわしてシュート
カルー  イヴァノビッチの落としをミドル
カンビアッソ  ミドルシュートが弾かれたところ、再度ミドルシュートで

スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド CSKAモスクワ - セビージャ
2010年02月27日 (土) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

今日は朝からCSKAモスクワvsセビージャ戦を見ました。
ここもあまり派手な組み合わせではなかったんですが、本田の加入によって俄然注目の1戦になりました。

CSKAモスクワ:
 FW:ネツィト
 MF:マルク・ゴンザレス、シェンベラス、本田、アルドニン、クラシッチ
 DF:シェンニコフ、V・ベレズツキ、イグネシェビッチ、A・ベレズツキ
 GK:アキンフェーフ

交代:
 本田 → ママエフ

セビージャ:
 FW:ネグレド
 MF:アドリアーノ、ゾコラ、レナト、ロマリク、ヘスース・ナバス
 DF:フェルナンド・ナバーロ、ファシオ、エスキュデ、スタンケビチェス
 GK:パロップ

交代:
 アドリアーノ → ペロッティ
 ネグレド → カヌーテ
 レナト → アコスタ


注目の本田ですが、ジャゴエフの故障により、いきなり先発。CLデビュー戦になりました。
TOP下ポジションだし、どこまでやってくれるか非常に楽しみなところですね。(個人的にはあまり好きな選手ではないんですが。。。。)

セビージャはルイス・ファビアーノが故障しているものの、他メンバーは充実してるし、ここも力のあるチームですね。

ゲームは序盤は完全にCSKAペース。セビージャが守備的にはいってきたせいもあるのでしょうが、ほぼCSKAが主導権を握ってゲームを進める展開でした。

この流れに乗ってか、本田も期待以上の活躍。惜しいシュートも何本もありましたし、決定的なアシストもできてました。しかしこれが得点に結びつかないのが、かなり痛かったですね。

出し抜けにくらったカウンターで先制したのはセビージャでした。これまでほとんどいいところもなかったのに、いきなりヘスース・ナバスの右サイド突破から、中央でネグレドが押し込んで、あれっという間に決まってました。

後半は逆にセビージャペース。徐々に押し上げも出てきて、アウェーながらこのまま攻めて押し切ろうという作戦でしょうか。これもほぼ上手く進めていたんですが、出し抜けにくらったミドルで同点に。まあ、防ぎようのない得点でした。

結局、後半完全に消えてしまった本田は途中交代。ミドルを決めたマルク・ゴンザレスが強烈な印象を残しただけに、ジャゴエフがフッキしてきた後のポジション争いで一歩後退してしまったかもしれません。。。

ゲームはこのまま1-1で終了。まあ、どちらも悪くないという結果ですかね。CSKAも負けなかっただけもうけものでしょう。

結果:
CSKAモスクワ 1 - 1 セビージャ

得点:
ネグレド  ヘスース・ナバスの突破からのクロスに中央であわせて
マルク・ゴンザレス  中盤でボールをうけて、そのままミドルシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド オリンピアコス - ボルドー
2010年02月26日 (金) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

昨日はオリンピアコスvsボルドー戦を見ました。失礼かもですが、他に比べるとちょっと地味な顔合わせですね。

ただ、ボルドーは、ユーベとバイエルンと同じグループでびっくりの1位抜け。
今シーズンはかなり調子よさそうだし、組み合わせ的にも結構めぐまれた印象です。

オリンピアコス:
 FW:ダトロ、ミトログル、ルアルア
 MF:ストルティディス、レデスマ、マレスカ
 DF:ラウール・ブラボ、メルベリ、パパドプーロス、トロシディス
 GK:ニコポリディス

 交代:
 レデスマ → ザイリ
 ミトログル → ダービシャー

ボルドー:
 FW:シャマフ
 MF:ヴェンデウ、サネ、グルキュフ、フェルナンド、プラシル
 DF:トレムリナス、シアニ、プラニェス、シャルメ
 GK:カラッソ

 交代:
 プラシル → グフラン
 ヴェンデウ → ジュシエ


正直、両チームともそれほど詳しくは知らないんです。。。オリンピアコスはFWのミトログルがどれぐらいやってくれるかに注目。逆にボルドーもアーセナルへの移籍が噂されるシャマフがどこまで、といったところでしょうか。

ゲームは序盤からかたいというか重い展開。なかなか決定機までお互いに持っていくことができず、ちゃんすといえばセットプレーぐらい。でも、セットプレーはお互い際どいシーンもありましたね。
得点もそのセットプレーから。

前半終了間際、グルキュフのフリーキックにどんぴしゃヘッドでシアニが押し込んで、アウェーのボルドーが先制しました。グループリーグのときから、セットプレーだけで勝ち進んできたようなもの(失礼・・)なので、ここでもその持ち味がでた感じですね。

後半に入っても、ホームに強いはずのギリシャ勢のオリンピアコスですが、ため息をもらしてしまうような場面がかなりありました。セカンドボールの奪取ができなかったり、スルーパスがなかなか通らなかったりと思い通りにいかないですね。

ミトログルをダービシャーに変えたあたりから、TOPにあがったかたちになったルアルアが孤軍奮闘のかたちで何度もゴールを脅かしたんですが、ボルドーの必死のディフェンスに最後までゴールを奪うことができず、でした。
ラスト10分ぐらいはかなり見所があったんですけどね。

ボルドーはアウェーで貴重な勝ち点3をゲットし、ベスト8がぐっと近づきましたね。
それにしてもシャマフはなぜアーセナルが狙うか分からないくらい何もできてませんでした。本当に獲るつもりなんでしょうか。。。


結果:
オリンピアコス 0 - 1 ボルドー

得点:
シアニ  グルキュフからのFKをヘッドで

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド シュツットガルト - バルセロナ
2010年02月24日 (水) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

今日はシュツットガルトvsバルセロナ戦を見ました。

シュツットガルト:
 FW:ポグレブニャク、カカウ
 MF:フレブ、ケディラ、トレシュ、ゲブハルト
 DF:モリナーロ、デルピエール、タシチュ、チェロッキー
 GK:レーマン

交代:
 トレシュ → クズマノビッチ
 ポグレブニャク → マリカ
 ゲブハルト → ルディ


バルセロナ:
 FW:イニエスタ、イブラヒモビッチ、メッシ
 MF:ブスケツ、トゥレ、シャビ
 DF:マクスウェル、ピケ、マルケス、プジョル
 GK:ビクトルバルデス

交代:
 トゥレ → アンリ
 マルケス → ミリート


話を聞く限り、シュツットガルトはだいぶよくなってきているみたい。ホームということもあってちょっと楽しみですね。個人的にはフレブ、ケディラあたりが注目でしょうか?

バルサは右SB以外はほぼベストといったところでしょうか?
ここはほぼ全員注目ですね。。。

ゲームは序盤から結構攻めあい、中盤の潰しあいで、なかなかエキサイティングでした。
バルサの囲みがはやくてシュツットガルトもホームながらかなり厳しい試合になるかな~と思ってたんですが、徐々にサイド攻撃が実を結びだし、前半25分。
右サイドのゲブハルトからのクロスにファーで押し込んだカカウ。

予想外のシュツットガルト先制でした。前半ここからはほぼシュツットガルトペース。バルサは結構集中力を欠くようなプレーが見られました。

しかし後半、トゥレに変えてアンリを投入し、イニエスタを一枚下げてからは、完全にバルサペース。
早いパス回しが徐々に見られだし、かなりボール支配ができるようになってきたと思います。

そして早々にセットプレーから同点に。さすがにここでは簡単には負けられないといったところですね。
意地の同点という印象でした。

そこからは、お互いになかなかチャンスを生かしきれない展開でした。シュツットガルトも終始押されていたわけではなく、何本か惜しいチャンスもあっただけにホームのここは勝って終わりたかったところでしょうね。
バルサは1点取られたもののまずはOKでしょう。あまり危なげなく乗り切ったというかたちなので、次節のホーム戦で決めてきそうです。

結果:
シュツットガルト 1 - 1 バルセロナ

得点:
カカウ  ゲブハルトからのクロスにヘッドで
イブラヒモビッチ  セットプレーからピケの落としをシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝トーナメント ポルト - アーセナル 1st Leg
2010年02月19日 (金) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

今日はもう1試合、ポルトvsアーセナル戦も見ました。
ここは両チーム結構イケイケな感じがするので、おもしろい試合になりそうです。

ポルト:
 FW:フッキ、ファルカオ・ガルシア、バレラ
 MF:ラウール・メイレレス、フェルナンド、ルベン・ミカエル
 DF:ペレイラ、ブルーノ・アウベス、ロランド、フシレ
 GK:エウトン

 交代:
 ラウール・メイレレス → トマーシュ・コスタ
 フッキ → マリアーノ・ゴンザレス
 ミカエル → ベルスキ

アーセナル:
 FW:ベントナー
 MF:ナスリ、セスク、デニウソン、ディアビ、ロシツキー
 DF:クリシ、ヴェルマーレン、キャンベル、サニャ
 GK:ファビアンスキ

 交代:
 ロシツキー → ウォルコット
 ベントナー → ベラ
 ナスリ → エブエ


ポルトは、まあいつもの面子なんでしょうか。(それほどよく把握しているわけではないので、分かりませんが。)
バレラ、ルビン・ミカエルという選手はあまり記憶にないですね。

アーセナルは、ファンペルシがいないのがやはり残念。あと、アルシャビンも故障なんですね。。。
十分豪華なんですが、TOPがベントナーというのはちょっと物足りないです。

ゲームは序盤から両チームかなり攻撃的でおもしろかったです。
最初の得点は前半早々に。右サイドのバレラがクリシをかわして突破。早いクロスをあげたところ、キーパーのファビアンスキーがキャッチできず、あろうことか自分のゴールへ。。。。
何とも悲しくなる得点でした。

しかし、アーセナルもすぐにCKからロシツキーの折り返しをキャンベルがヘッドで押し込んですぐ同点に。
ただでは終わらないところは、さすがです。

その後は両チームなかなか得点できないまま、後半へ。ポルトはフッキやラウールメイレレスの惜しいシュートもあったんですが、ファビアンスキーが汚名返上とばかりにがんばってました。

しかししかし、後半早々、キャンベルのバックパスをまさかのキャッチ・・・(キャンベルが触ったかどうかが微妙だったんで、ちょっとかわいそうかもですが、やっぱりあれはセーフティにクリアすべきだろ、と思いました)
さらに動揺してるところに、ポルトは早いリスタートからファルカオ・ガルシアが簡単に決めちゃいました。
抜け目ない得点。。。

結局これが決勝点に。この試合はファビアンスキーがすべてでしたね。せっかくのスタメンなのに結果を残せずでした。まあ、アウェーゴールもとってるし、ホームでの逆転は十分可能だとは思えますが。

結果:
ポルト 2 - 1 アーセナル

得点:
バレラ  クロスをファビアンスキーが弾いて、そのままゴールへ
キャンベル  CKからロシツキーの折り返しをヘッドで押し込み
ファルカオ・ガルシア  エリア内の間接FKで、早いリスタートから横に流したボールを簡単に蹴り込み

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝トーナメント バイエルン - フィオレンティーナ 1st Leg
2010年02月19日 (金) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

今日は会社が休みなので、朝からバイエルンvsフィオレンティーナ戦を見ました。

バイエルン:
 FW:マリオ・ゴメス
 MF:リベリ、シュヴァインシュタイガー、ミュラー、ファンボメル、ロッペン
 DF:バードシュトゥバー、デミチェリス、ヴァンブイテン、ラーム
 GK:ブット

 交代:
 ヴァンブイテン → コンテント
 マリオ・ゴメス → クローゼ
 ミュラー → オリッチ

フィオレンティーナ
 FW:ジラルディーノ
 MF:バルガス、ボラッティ、ヨベティッチ、モントリーヴォ、マルキオンニ
 DF:ゴッビ、ナターリ、クロルルップ、デシルベストリ
 GK:フレイ

 交代:
 ヨベティッチ → フェリペ
 モントリーヴォ → ドナデル
 ナターリ → パスクアル

バイエルンは優勝候補にあげてしまったので、何とかここもがんばってほしいところ。ヴィオラもイタリア勢というところで応援したいし、ちょっと複雑ですね。

バイエルン注目はやはり復帰してきたリベリでしょうか。どれぐらいできるようになっているのか。
ヴィオラはムトゥの問題があり、ベストメンバーで臨めないので痛いところですね。注目はヨベティッチでしょうか。

ゲームはホームのバイエルンペースで進むのかと思いましたが、フィオレンティーナもがんばってました。
特にカウンター攻撃で、バルガス、ヨベティッチ、ジラルディーノあたりが絡んでくるとかなり迫力があっておもしろかったです。

バイエルンはリベリがいまいちな内容。パスも精度を欠く場面が結構ありましたし、ドリブル突破もいまひとつキレがない。。。
それとは違って絶好調だったのがロッペン。ドリブル突破、パス、シュートどれをとっても申し分ない活躍を見せてくれました。

得点が動いたのは前半ロスタイム。いったん決めたマリオ・ゴメスのゴールが一瞬前に鳴らされていたPKの笛で取り消されたものの、そのPKをロッペンがきっちりと決めて、バイエルンが先制。

ホームだし、このままのって行きたかったところなんですが、後半早々にヴァンブイテンの故障交代で入ったコンテントという若い選手が、相手CK時にちょっと集中を欠くプレー。
結局こぼれ玉をクロルルップが決めて、あっさり同点に。

その後は、なかなか攻めきれないバイエルンとうまくカウンターを絡めつつ、しっかり守備もしてくるフィオレンティーナの争い。
ファンハールも、クローゼ、オリッチを同時投入し、何とか攻勢に出たかったところなんですが、なかなか厳しい状態が続いていました。相手ゴッビのレッドカードでさらに守備的に来られたのもあったんですけどね。

しかし、最後のところできっちり仕事をしてくれたのはやはりロッペン。ドリブルからの強烈なシュートでキーパーが弾いたところ、オリッチがヘッドでつないでクローゼが押し込み!
完全なオフサイドながらもなぜかゴールが認められ、ぎりぎりのところでホームで最低限の勝利をあげました。

しかしロッペンはすごかったです。このままの調子でワールドカップまで来てほしいところです。(日本にとっては脅威でしょうが。。。。)

結果:
バイエルン 2 - 1 フィオレンティーナ

得点:
ロッペン  PK
クロルルップ  CKからこぼれ玉を押し込み
クローゼ  ロッペンのシュートをキーパーが弾いたところ、オリッチからのパスを受けてヘッドで押し込み


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝トーナメント リヨン - Rマドリー 1st Leg
2010年02月18日 (木) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください

今日は、リヨンvsレアルマドリードを見ました。

レアルマドリードは、苦手リヨンだけに、おもしろい戦いになりそうな予感がしますね~。

リヨン:
 FW:デルガド、リサンドロ、ゴブ
 MF:ピャニッチ、トゥララン、マクーン
 DF:シソコ、ブームソン、クリス、レベイエール
 GK:ヨリス

 交代:
 リサンドロ → ゴミス
 ピャニッチ → シェルストレム
 デルガド → バストス

レアルマドリード:
 FW:ロナウド、イグアイン
 MF:グラネロ、シャビアロンソ、ディアラ、カカ
 DF:マルセロ、アルビオル、セルヒオラモス、アルベロア
 GK:カシージャス
 
 交代:
 マルセロ → ガライ
 イグアイン → ベンゼマ

リヨンはバストスが控えだったのがちょっと残念。あとはほぼベストメンバーでしょうかね。
レアルは、今の先発はイグアインやグラネロなんですね~。ベンゼマは凱旋の先発とはいかず。
あと、CBにセルヒオ・ラモスが入ってるぐらい、最終ラインはちょっと心配ですね。

ゲームは、序盤からホームのリヨンペースでした。
結構サイドのゴブ、デルガドがいい感じでボールを持てて、リサンドロもよく動けていたので、小気味よく攻撃が組み立てられていたと思います。
守備面でもトゥラランがカカにぴったりつくかたちで、ほとんど仕事をさせてませんでしたね。

前半はシュート10-1だったので、やっぱり圧倒していました。

後半開始から、マルセロに代わってガライが入ったんですが、守備面の不安定さをついたか、マクーンが中盤から持ち込んでそのままミドルシュート。これが上手くアウトにかかってゴールに吸い込まれました。
レアルは誰もプレスにいけなかったことが悔やまれますね。

それ以降徐々にチャンスも増えてきたレアル。ベンゼマが入ったあたりから、カカが左に流れて何度もチャンスを演出しようとしてましたが、レベイエールが何とか踏ん張ってました。(それでも何本かは決定的なチャンスになりかけてましたが。)
この日はカカ、ロナウドともにもうひとつ精彩がなかった気がします。

結局ゲームは1-0でリヨンが逃げ切り。ホームとはいえレアルを完封するのはさすがというか、これも相性なんでしょうか?

結果:
リヨン 1 - 0 レアルマドリード

得点:
マクーン  中盤から持ち込んでミドルシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝トーナメント ACミラン vs マンチェスターユナイテッド
2010年02月17日 (水) | 編集 |
結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。

ようやく、待ちに待ったCLの決勝トーナメントが始まりました。
早速今日はミランvsマンUの試合を見ました。

ACミラン:
 FW:ロナウジーニョ、フンテラール、パト
 MF:アンブロジーニ、ピルロ、ベッカム
 DF:アントニーニ、チアゴ・シウバ、ネスタ、ボネーラ
 GK:ジダ

交代:
 アントニーニ → ファバッリ
 ベッカム → セードルフ
 フンテラール → インザーギ

マンチェスターユナイテッド:
 FW:パク・チソン、ルーニー、ナニ
 MF:スコールズ、キャリック、フレッチャー
 DF:エブラ、エヴァンス、ファーディナンド、ラファエウ
 GK:ファンデルサール

交代:
 ナニ → バレンシア
 ラファエウ → ブラウン


ミランはフンテラールが先発ですね。フンテラール先発は始めてみることになるので、長い時間プレーしたときにどんな活躍をしてくれるかは非常に楽しみです。
あとはベッカムがどれぐらい古巣相手にやってくれるか。

マンUはいつもの3センターに、サイドにナニ、パクを置く布陣ですね。
正直ギグスとかバレンシア、ベルバトフあたりが出てきたほうが怖いかな、と思ってたんで、ちょっと期待してしまいました。

ゲームは序盤いきなり、ロナウジーニョが先制点!
相手のクリアミスを直接ボレーで蹴りこんだところ、DFに当たってゴールというラッキーなかたち。

序盤、攻撃面では右サイドのパト、左サイドのロナウジーニョともにかなりいいかたちで攻めることができてました。
ただ、守備面ではやはりというかSBの弱さを露呈したかたち。とくに左サイドは、ナニに何度もフリーでもたれて、ひやひやものでした。

それでもナニが結構ミスってくれて助かってたんですが、そこにフレッチャーが顔を出してきたことで、万事休す。。
折り返しをスコールズが決めて、あっさり同点にされてしまいました。
このタイミングで左SBのアントニーニが故障交代でファバッリに。正直どっちも期待できね~、という感じでした。

フンテラールは惜しいシーンがあったんですが、決め切れなかったですね。。。ちょっと残念でした。

後半にバレンシアが投入されてからは、さらに左サイドがピンチ状態に。。
あっさり左サイドを破られて、折り返されたところをルーニーにヘッドで決められて、2点目。
さらに今度はゴール前の危険なエリアで何故か異常にプレッシャーが遅くなったところ、フレッチャーからルーニーへの裏への浮き玉が絶妙なかたちで通って3点目。もうこれで完全にあきらめモードになっちゃいました。

何とかロナウジーニョ→セードルフのホットラインで1点返したものの、もう手遅れでしたね。
結局2-3の敗戦で、次戦はアウェーで2点差以上の勝利が必要に。。。絶対無理でしょ、今の状態だと。。。。
早くも終わってしまったかな?

得点:
ロナウジーニョ  ボレーシュートがDFに当たってゴールイン
スコールズ  ボレーシュート空振りも軸足に当たったゴールがそのままゴールへ
ルーニー  バレンシアからのクロスをファーへヘッドで流し込み
ルーニー  フレッチャーからの裏への浮き玉に抜け出して、ヘッドで
セードルフ  ロナウジーニョの切れ込み→パスをヒールで流して


明日は引き続きリヨン-マドリー戦を見ます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。