趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 第3節 シャルケ - ハポエル
2010年10月30日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はもう1試合、シャルケvsハポエル戦。

絶不調のシャルケですが、日本人としては内田もいるしがんばってほしいところですね。フンテラールにも結果出して欲しいし。この日は2人とも先発に入ってるので、楽しみは楽しみです。

ゲームは開始早々動きました。
フラードのパスをフンテラールがスルーすると、背後からラウールが出てきて、狙い済ました左足のシュート。全盛期を思わせるような的確なシュートでシャルケが先制。

この後シャルケはまた調子の悪さをうかがわせるようにペースダウンしてしまったんですが、後半になって変わりました。途中出場のラキティッチがフンテラールとのワンツーでサイドを破ると、中央に折り返したボールにラウールが再びあわせて2点目。

ここから後も、完全にシャルケペースで、フラードのミドルで加点すると、あとはこのまま。内田も最初はどうなるかと思いましたが、前節のように途中交代させられることなく、最後は持ち味の攻撃力も見せられてよかったです。

ハポエルはキーパーのエニェアマだけでしたね。。。。好セーブで何点も防いでたんですが、いかんせん攻撃が。
ラストロスタイムにFKから1点返すのがやっとでした。

シャルケはようやく満足行く勝利を取れたので(最後の失点はかなり水を差されましたが)、このまま勝ち点を積みかせねて欲しいところ。

結果:
シャルケ 3 - 1 ハポエル

得点:
ラウール  フラードのパスに抜け出してダイレクトシュート
ラウール  ラキティッチからの中央へのグラウンダーを押し込み
フラード  左サイドから逆サイドへの巻いてくるシュート
シェフター  FKから押し込み
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 レンジャース - バレンシア
2010年10月30日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はレンジャースvsバレンシア戦。
レンジャースは現在マンUと並んでおり、ホームのここでも何とか勝ち点を積み上げたいところでしょう。
この日も5バックで、ホームでもいつもどおり堅守から入ってきました。

逆にバレンシアは何とかこの堅守を崩したいところ。とりあえずはアドリスの1TOPで入りました。
ゲームは序盤完全に守るレンジャースと攻めるバレンシアの構図に。

しっかりと守ったレンジャースは前半にCKからエドゥがキーパーと競り合いながらもヘッドを決めて計算どおりの先制点。
あとはこのまま逃げ切りたいところだったんですが、後半早々のセットプレーで、そのエドゥーが今度は自ゴールへヘディングを決めてしまい、再び振り出しに。

ここからゲームは両チームとも攻撃的になり、非常に楽しくなってきました。
レンジャースは、ミラーが再三の決定機を決められず、惜しい内容。バレンシアも後半にはソルダードを投入して2TOPに移行し、攻撃的にきたものの、こちらも勝ち越し点は奪えず、内容的には非常に面白いゲームながら、結果は1-1のドローで。

レンジャースとしてはせっかくの勝ちゲームを落としたかたちでちょっと苦しいか。バレンシアは次節ホームでさらに守備を固めてきそうなレンジャースを崩せるかどうかですね。

結果:
レンジャース 1 - 1 バレンシア

得点
エドゥ  CKからヘッド
エドゥ(オウン)  相手FKをヘッドで自ゴールへ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 トゥエンテ - ブレーメン
2010年10月29日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

もう1試合はトゥエンテvsブレーメン。メンバー的に面白いこのグループですが両チームともここは勝って1,2位に迫りたいところでしょう。

しかしブレーメンはなぜか期待のマリンはベンチから。アルナウトビッチもスタメン落ちで、ピサーロが先発で出てました。

ゲームはある程度ホームのトゥエンテペースになるのかと思ったんですが、あまりいい状態ではなかったですね。ブライアン・ルイス筆頭に攻撃のペースが遅いというか、ボール持ちすぎというか、相手ボールを奪ってカウンター、という場面でも横パス、バックパスが目立ち、なんとも残念な流れ。

後半に入ると、じょじょにブレーメン側にチャンスが出始め、そろそろ得点かというところで、得点したのは意外にもトゥエンテでした。左からのクロスをヤンコがエリア内で胸トラップ。これが横にこぼれたところ、ヤンセンが蹴りこんで、待望の先制点。

残り15分、逃げ切れるかとも思ったんですが、さすがにドイツのチームですね。粘り強い。
アルナウトビッチがピサーロとのワンツーで裏へ抜け出すと、一発目は空振りするも、2発目でズドンと決めて同点に。古巣相手へのゴールとなりました。


ゲームは結局このまま1-1のドローで、お互いなんとも納得できない結果に。
次節のスパーズ次第で、まだまだ分からないと思いますが。


結果:
トゥエンテ 1 - 1 ブレーメン

得点:
ヤンセン  ヤンコがエリア内で落としたボールを蹴りこみ
アルナウトビッチ  ピサーロとのワンツーで裏抜け出し、蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 マンチェスターユナイテッド - ブルサスポル
2010年10月29日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は2試合。まずはマンUvsブルサスポル。
マンUはやはり今はルーニーの話題ですね。本当に移籍するのか、どこに行くのか。。
この日のFWは何故かマケーダ。最近のファーガソンはたまにこういうわけの分からないメンバー選出をしますね。

しかしマンUは開始7分、ナニがドリブルから強烈なミドルシュートをゴール隅に叩き込んであっさり先制。ナニは今シーズンかなりいいですね。今のマンUのサイドは彼一人が引っ張ってる感じです。バレンシア、ギグス故障で、パクは調子があがってこないし。

マンUはゲーム序盤でかなり楽になるとあとはのらりくらりと時間だけが。。。

最近のマンUの試合は何か盛り上がりにかけるというか、こういうゲームが多いですね。同じプレミアのスパーズやアーセナルが面白い試合を見せてくれているだけに、ちょっと残念。これぐらいの相手だともっと圧倒してもおかしくないと思いますが。

ブルサスポル側は、開始早々の失点でプランが狂ってしまいましたね。攻撃面ではほとんど見せ場なく、敗戦になってしまいました。守備的なチームなんである程度はしかたないかもですが、もうちょっとがんばってほしかったかも。。。。

結果:
マンU 1 - 0 ブルサスポル

得点:
ナニ  ドリブルからミドル
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 バルセロナ - コペンハーゲン
2010年10月28日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はバルセロナvsコペンハーゲンを見ました。
バルセロナはシャビを故障でベンチにおいて、中盤にはマクスウェルが入るあまりみない布陣。前線にはイニエスタが入り相変わらず豪華ですが。。

現時点では2連勝でTOPのコペンハーゲンは何とかアウェーのここでも勝ち点をゲットし、初のグループリーグ突破へ向けて積みかさねていきたいところでしょう。

バルサは相変わらずかなり迫力のある攻めを見せるもなかなかゴールを奪えませんでしたが、19分にはメッシがエリア外から強烈なミドルシュートを放って先制。

その後も決定機が何度もあるも、オフサイドでゴールが取り消される場面も何度もあり、なかなか追加点は奪えませんでした。ただ、コペンハーゲンはさらにゴールが遠そうで、シュートすらほとんどなかったかも。

後半にンドイのシュートがバーにあたって跳ね返ったところをサンチンがドフリーでヘッドしたものの、外すという残念なシーンもあり、結局追いつけず。ロスタイムにはバルサがもう1点追加し、とりあえずグループ首位を奪取しました。

コペンハーゲンも悪くなかっただけに、ホームに入って自慢の守備力を見せられるかどうかですね。

結果:
バルセロナ 2 - 0 コペンハーゲン

得点
メッシ  エリア外でボールを受けてミドル
メッシ  ケイタのクロスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 リヨン - ベンフィカ
2010年10月27日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はリヨンvsベンフィカ戦。
リヨンは悪い悪いといわれながらもCLではきっちりと勝ってますね。ホームのここも勝ってしまえば、かなり楽な状況になりそう。
ベンフィカはいまひとつ流れに乗れないですね。アイマールやサビオラなど名前的にはおもしろいんですが。。。

ゲームは序盤から結構激しい試合に。お互い結構攻めあったんですが、ベンフィカはミスが目立ちましたね。
失点もそのミスから。中盤でもたついているところをグルキュフに奪われ、バストス→ブリアンとつないでのリヨンの得点。

さらには前半終了間際にガイタンが2枚目のイエローで退場となり、かなり可能性がなくなってしまいました。
51分にリヨンはリサンドロがブリアンのクロスからヘッド→キーパーの弾きを押し込んで2点目をとると、完全にペースを握って危なげなく試合を完了させました。

ベンフィカは10人になってから、まったく元気がなくなってしまいましたね。。。。残念。
リヨンはCLでは安定していますね。これでほぼ安泰ではないでしょうか。

結果:
リヨン 2 - 0 ベンフィカ

得点:
ブリアン  バストスのクロスをヘッドで叩き込み
リサンドロ  ブリアンのクロスをヘッド。キーパーが弾くも自ら押し込み

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 インテル - トッテナム
2010年10月26日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は、インテルvsスパーズ戦。気がつけばプレミア勢3戦連続ですが、ここはかなり楽しみな1戦ですね。
混戦グループで現状1位と2位の争い。

スパーズは前節退場になったファンデルファールトの欠場が痛いところ。代わりはモドリッチで、TOPにはクラウチ。
インテルは好調エトーを引き続きTOPにおいて、サイドにはビアビアニとコウチーニョと若い二人。

ゲームですが、いきなり開始早々、エトーのスルーパスに左サイドからサネッティが駆け上がりダイレクトシュートでインテルが先制。これはすばらしいゴールでした。
さらに開始10分にはキーパーのゴメスがビアビアニをエリア内で倒して一発レッド。。エトーのPKであっさり追加点のうえ、せっかくこの日先発のモドリッチはここで交代と踏んだり蹴ったり。
その3分後にはショックから立ち直れないまま、スタンコビッチに決められ3点目。35分にはエトーがコウチーニョからのスルーパスに裏へ抜け出して前半だけで完全に勝負を決めてしまいました。

楽しみな対戦になると思ってたので、ちょっと拍子抜け・・・
ちなみにこの日はコウチーニョはよかったです。前節は全然でしたけど、この日はパスにシュートにがんばってました。

後半になって、ベイルが左サイドから単独ドリブルでサネッティを振り切ってゴール。完全に個人技でした。
まあ、これでも4-1なんでこのままかなと思ったんですが、スパーズは最後の最後に意地を見せました。というか、ベイル一人でしたが。。。。

90分には1点目と同じようなかたちで左サイドを単独ドリブルで突破してゴール。さらには中央から左サイドへのグラウンダーをロスタイムにしずめ、3点目。惜しくもここまででしたが、一人で3点返したベイルは完全に本物ですね。まだ21歳だしミランに来てくれないかな~~~。(絶対無理だろうけど・・)

インテルはこの日もエトーでしたね。結果的には全得点に絡む活躍で、このグループの1位を守りました。これはこのまま行けそうですね。


結果:
インテル 4 - 3 トッテナム

得点:
サネッティ  エトーからのスルー
エトー  PK
スタンコビッチ  エトーとのワンツー
エトー  コウチーニョからのスルー
ベイル  左サイド突破
ベイル  左サイド突破
ベイル  中からのグラウンダーをダイレクト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 アーセナル - シャフタール
2010年10月25日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はアーセナルvsシャフタール戦。
こちらも連勝同士の争いですね。

アーセナルはけが人が徐々にもどってきてるみたいで、チームとしては上向きでしょうか。ベントナー、ウォルコット、アルシャビンあたりがベンチスタートで珍しくロシツキーが先発でした。

やはりアーセナルは強いですね。ゲームとしては完全に支配している状態で、スピーディーな展開を随所に出していました。シャフタールはカウンター狙いですが、アーセナルの戻りがかなり早くて、ほとんどかたちにならず、苦しい展開でした。

アーセナルは18分にCKの流れからラッキーなゴールを決めると、前半終了間際にナスリがエリア内で横パスをワントラップ後にコントロールシュートを決める理想的な展開。

後半にはアーセナルのゴールラッシュ。まずはセスクがPKを決めると、すぐ後にはウィルシャーがロシツキーとのワンツーで抜け出してループ気味にシュート。さらにはシャマフがナスリの浮き玉から裏に抜け出して、余裕を持ってキーパーの横を抜き(本人はオフサイドと思ってアシスタントを確認したんでしょうが)、一気に5-0にしてしまいました。

シャフタールも途中出場のエドゥアルドが古巣相手に1点返したものの、この日は完全に負け試合でしたね。
次節ホームでの巻き返しに期待したいところ。

アーセナルはチェルシーとともに磐石っぽいです。

結果:
アーセナル 5 - 1 シャフタール

得点:
ソング  CKをキーパーがハンブルしたところ押し込み
ナスリ  エリア内でワントラップからコントロールしてシュート
セスク  エリア内でジュールーが倒されてもらったPK
ウィルシャー  ロシツキーとのワンツーで抜け出し
シャマフ  裏への浮き玉で抜け出してシュート
エドゥアルド  右からの浮き玉をダイレクトで蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 スパルタクモスクワ - チェルシー
2010年10月24日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はスパルタクモスクワvsチェルシー戦。2連勝同士のトップ争いのカードですが、チェルシー側は結構けが人がいるみたいで、控えはほぼ若手ばかりという状態。
スパルタクは前線のブラジル人たちがかぎになりそうです。

ゲームはスパルタクモスクワの攻めに結構魅力を感じましたが、やはりチェルシーは自力がありますね。コール、ジルコフ、マルダが配置されている左サイドはこの日もかなりの破壊力を秘めており、まずはその一角ジルコフの強烈なミドルシュートでチェルシーが先制してしまいました。
相手がヘッドでクリアしようとしたこぼれ玉を走りこんできてダイレクトでの蹴りこみでした。

その後前半終了間際には、アネルカがエッシェンのスルーパスで抜け出し、絶妙の切りかえしから追加点。

後半にもスパルタクはアリやマクギーディーなど結構ドリブルでの突破やミドルなど惜しい場面を作ったんですが、ツェフの好守にもはばまれ最後まで得点できず。。。枠内シュートはチェルシーの3倍もあったんですけどね~。

まあスパルタクとしてはチェルシー戦落としても優位は変わらないところだとは思いますが、勝ち点1は欲しかったかも。。

結果:
スパルタクモスクワ 0 - 2 チェルシー

得点:
ジルコフ  相手ヘッドでのクリアをダイレクトシュート
アネルカ  エッシェンのスルーから、裏に抜け出し切り替えしつつシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 マルセイユ - ジリナ
2010年10月23日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はさらにもう1つ。マルセイユvsジリナ戦も見ました。
ここは2連敗同士で、勝ち抜けを狙うにはお互いどうしても勝たなければならない試合。

マルセイユはホーム戦ということもあるでしょう。試合開始早々からエンジン全開でかなり積極的に攻めてきましたね。この日はジニャックをTOPに、ブランドン、バルブエナあたりをサイドに置く布陣ですが、中盤のアイェウあたりもおもしろかったですね。

ジリナは何とかマルセイユの攻撃をしのぎながら、2TOPのセーサイ、マイターンあたりのカウンターにかけたいところでしたが、この日はセーサイがレフェリーと相性があまりよくなく、ファールはとられる、とってくれないという印象を受けました。

前半は0-0で折り返したものの、後半に入るとマルセイユがセットプレーから待望の先取点。その後試合は一進一退の攻防ながらも、ジリナ側にはあまりこれといったチャンスが訪れなかったですね。残念。

マルセイユとしては貴重な勝ち点3を手にし、次節アウェーでも連勝を狙いたいところでしょう。

結果:
マルセイユ 1 - 0 ジリナ

得点:
ディアワラ  CKをヘッドで。キーパー弾ききれず。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 ローマ - バーゼル
2010年10月23日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はローマvsバーゼル戦を見ました。

ローマのホームゲームなんですが、序盤からバーゼルがかなり積極的に来てました。
というか、ローマがあまりよくないのか。。。

前半12分には、シャキリからのボールを前線長身のシュトレラーがヘッドで落としたところ、フレイがダイレクトで蹴りこんで、アウェーながら先制点を奪いました。

ローマもホームの意地を見せ、トッティの技ありのダイレクトパスからボリエッロが裏に抜け出し、ループ気味にシュートを決めてあっさり追いつくんですが、それでもあまり流れ的にはよくならず、前半終了間際には、インクームにサイドを完全に破られ勝ち越し点を奪われてしまいました。

後半になって、さすがに負けられないローマはかなり積極的に攻め、惜しいシーンも結構あったんですが、ゴールが枠に飛ばなかったですね。ポストに当たったり、トッティの強烈なFKはキーパーに阻まれたりと、なかなか追いつけない中、最後にはカブラルに駄目押し点を決められ、まさかのホームでの敗戦・・・

これは、ラニエリもさすがにピンチではないでしょうか。相変わらず選手交代はわけがわからなかったですし。。

結果:
ローマ 1 - 3 バーゼル

得点:
フレイ  シュトレラーの落としをダイレクトシュート
ボリエッロ  トッティの裏へのパスに抜け出してループ
インクーム  サイドを駆け上がってスルーパスをもらうと、ワントラップシュート
カブラル  中盤からドリブルで3人ぐらい突破してそのままシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 アヤックス - オセール
2010年10月22日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、アヤックスvsオセール戦。
ここはミランの勝ち抜けを狙うのであれば引き分けてもらったほうがありがたいですが。。。さすがにもうレアルはかわせないでしょうしね。

この日のアヤックスはかなりよかったです。
攻撃の早さがあり、ワンタッチ、ツータッチでぽんぽんとボールをつないでいくのは小気味よかったです。

先制点も早かったですね。速攻からのシュートを一度は弾かれたんですが、こぼれ玉を奪ったデゼーウが強烈ミドルを叩き込んで先制。

この後、オセールも徐々に攻撃に出始めましたが、アヤックスの潰しが早くてなかなか形にならず。逆に前半終了間際には、速攻からエルハムダウィ→スアレスと繋いで追加点。完全にアヤックスの流れになりました。

しかし後半10分ごろ、オーイエルがカウンターで抜け出したオリエッチを倒して一発レッド。これで得たFKをビルサが見事に決め、オセールが1点返しました。
それでもこの日のアヤックスはまったく崩れなかったですね。一人少なくなってからも安定した試合運びで、このまま終了。

逆にオセールは人数の優位を生かせなかったばかりか、攻撃の要オリエッチが退場してしまい、苦しい展開。次節使えなくなるのはかなりマイナスかも。。。

結果:
アヤックス 2 - 1 オセール

得点:
デゼーウ  相手ボールを奪ってミドル
スアレス  エルハムダウィのボールを受けシュート
ビルサ  FK直接
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 バイエルン - クルージュ
2010年10月21日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はバイエルンvsクルージュ戦。
バイエルンはけが人続出で、ティモシュクがCBに入る状態。控えには前線で使える人が入っていないどころか、アマチュアメンバーまで入っている始末。。。
しかし、国内リーグではマリオ・ゴメスがハットトリックを決め、波に乗ってるらしい。

クルージュはやはり前線のトラオレ、クリオあたりが注目ですね。トラオレはすでにリバプールとかにちぇっくされているとか。

ゲームはバイエルンが支配するもなかなか攻撃の流れが出来ない状態。クルージュは相手ミスからのカウンターで何とか得点したいというところだったんですが、こちらもなかなか難しそう。
ただ、先制はなんとクルージュ。セットプレーから一番ファーサイドのカドゥーがヘッドで押し込んで先制。

しかしその4分後にはそのカドゥーがトニ・クロースの折り返しを自分の足に当ててオウンゴール。
なんともアンラッキーだと思ってたら、6分後にはCKからDFのパリンが体に当てたボールがゴールに転がり、さらに失点。。。

後半に入ってもゲームの流れは変わらないまま、バイエルンは投入も出来ない状態。
しかし、77分に相手DFのクリアがマリオ・ゴメスに当たってゴール。これもなんともアンラッキー・・・
クルージュも85分には右サイドからのボールをクリオが蹴りこんで1点差としたものの、さすがにここまででした。

本当にアンラッキーな日でしたね。逆にバイエルンは運を味方につけ勝ち点9.かなり楽になったかんじです。

結果:
バイエルン 3 - 2 クルージュ

得点:
カドゥー  デゼルビのFKをヘッドで
カドゥー  クロースの折り返しをオウンゴール
パリン  CKのボールをオウン
マリオ・ゴメス  相手のクリアが足に当たって
クリオ  右からのグラウンダーをスライディングで蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第3節 レアルマドリード - ACミラン
2010年10月20日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日から第3節。早速ミラン戦から見始めました。
このカードは昨年はミランが勝ちましたが、さすがに2年連続はないかなと。。。ただ、勝ち点1は持ち帰って欲しいところですかね。

ミランは、イブラヒモビッチ、パトの2TOPで、ロナウジーニョがトップ下。どうなんだろう、この布陣と思ってたんですが、ところどころいい感じでロナウジーニョがボール持てたりはしてたんで、慣れてくればいいのかもしれないですね。

ただ、レアルマドリードの前線からのプレスがきつく、かなり縦パスがインターセプトされ、非常に苦しい展開でした。

そして序盤いきなりロナウドのFKで先制点を奪われ、さらに1分後にはエジルのシュートがDFに当たってのアンラッキーなゴール。
もうこの2点で決まってしまいましたね。

ミランはそれなりに前半もチャンスは作れてたんですが、あまり得点の匂いはせず。
後半にボアテングを入れてからは、さらに攻撃に厚みが出ておもしろくはなったんですが、ゴールは遠かったです。。。しかし、ボアテングはいつ見てもいいように思うんだけど、ほとんど途中出場ですね。やっぱり守備面でかなり不安になるからかな。

レアル側ではやはりロナウドの個人技が脅威でした。ミランのDF陣ではまったくといいほど止めきれてなかったです。

第4節は折り返しの同カードになりますが、ちょっと不安。。。ホームでは確実に勝ち点を稼ぎたいところですが・・

結果:
レアルマドリード 2 - 0 ACミラン

得点:
ロナウド  FK直接壁のすきま
エジル  ロナウドのパスをシュート。ボネーラの頭に当たってコースがかわってゴールイン。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 インテル - ブレーメン
2010年10月11日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、インテルvsブレーメン戦も見ました。
ここは混戦グループなので非常に楽しみな一戦ですね。
インテルはミリート、サネッティあたりが負傷のようで、この日はTOPにエトー、サイドはコウチーニョ、ビアビアニという並びでした。

対するブレーメンはフリンクスの負傷がやっぱり痛いか。。

ゲームは序盤から完全にホームのインテルペース。ブレーメンも何度か惜しいシーンはあったものの、ほぼインテルに支配される展開ですね。

特によかったのはエトー。開始21分には相手ミスからのカウンターからドリブルで持ち出して先制ゴール。
さらに6分後にはルシオから浮き玉を見事なトラップからゴールに流し込んで2点目。さらには自らスルーパスを送ってスネイデルの得点をお膳立てし、前半で勝負を決めてしまいました。

後半になってもペースはほとんど変わらず、最後にはまたもやエトーが裏抜け出しから、キーパーかわしでハットトリックを決め、今の好調ぶりを存分に発揮しました。

先発した面々ではビアビアニが持ち前のスピードを生かしてアピールしていたものの、コウチーニョはもうひとつ活躍できてなかったですね。
ただ、ここできっちり勝って、グループで優位に立てたかもです。
ブレーメンは相変わらず大味な試合になりますね。。。。期待のマリンやアルナウトビッチもほとんど持ち味を出せませんでした。


結果:
インテル 4 - 0 ブレーメン

得点:
エトー  カウンターからドリブルで持ち出し、シュート
エトー  背後からの浮き玉をワントラップ後、シュート
スネイデル  エトーのスルーパスに抜け出しループ気味に
エトー  スネイデルのスルーに抜け出してキーパーかわし
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 レンジャース - ブルサスポル
2010年10月11日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、レンジャースvsブルサスポル戦。
レンジャースは緒戦マンU相手にドローゲームを演じ、なかなかグループをおもしろくしてくれそうな予感。ブルサスポルはバレンシアに完敗しているだけに、ここはアウェーながら、勝ち点が必要になりそうですね。

ゲームとしては、序盤からほぼホームのレンジャースペース。奪った後は早く前に繋いで、前線のミラーに何とかしてもらいたいというところでしょうか。
そのレンジャースは、右からのクロスを左サイドのブロードフがヘッドで折り返したところ、ネイスミスが蹴りこんで先制しました。

この日も左サイドに入ったネイスミスですが、このポジションが合っているのか、かなり攻撃面で効いていました。

対してブルサスポルも途中出場でインスーアが投入されてから、かなり攻撃面で面白いところを見せてましたが、なかなか得点できず。後半もボルカン・シェンの個人技などもからめ、何度も攻撃チャンスは作れたんですが、得点は遠かったです。

結局このまま1-0で終了。レンジャースは勝ち点4とし、3,4節にバレンシアとの2位争いに臨むことになりました。

結果:
レンジャース 1 - 0 ブルサスポル

得点
ネイスミス  ブロードフのヘッドの折り返しを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 シャルケ - ベンフィカ
2010年10月10日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はシャルケvsベンフィカ戦を。
シャルケは第1節落としているだけにホームのここはきっちりと勝っておきたいところでしょう。日本人としては内田先発というところで楽しみもあります。国内リーグでのチーム成績はかなり悪いみたいですけどね。。

ベンフィカはアイマールがベンチスタートでした。こちらはアウェー戦ながら、3つ巴となりそうなグループだけに勝ち点を持って帰りたいところ。

ゲームは、どちらかというとベンフィカペース。というかシャルケがホームながら悪すぎる内容。。。
内田は相手左サイドのポルトガル代表ファビオ・コエントラオンにやられまくってたし、攻撃面でもあまり効果的に絡めてなかったですね。DF陣ではメッツェルダーが全然駄目で相棒の18歳パパドプーロスになんとか助けてもらってる状態。

前半最大の山場はラウールのシュートでしたがポストに阻まれノーゴール。結局0-0での折り返し。
後半になってもなかなか流れがつかめないシャルケは内田がサルペイと交代。さらにジョーンズを投入すると、ようやく待望のゴールが。

左サイドからのクロスが右サイドまで抜けてくると、ファルファンがワントラップシュートで先制。
さらに85分にはラウールがダビド・ルイスからボールを奪ってsのままカウンター。左サイドジョーンズに流して、ダイレクト中央でフンテラールが押し込み追加点。

結果的には2-0の勝ちを拾いました。前半の内容からはあまり想像できなかったですけど。あと、内田が交代してからゲームが動いたというのもちょっとさびしいですね。緊張からかなかなか本来の動きを見せられなかったですが、次節以降も出場機会があればもっとがんばってもらいたいところです。

結果:
シャルケ 2 - 0 ベンフィカ

得点:
ファルファン  左サイドからのクロスを右サイドでワントラップシュート
フンテラール  ラウール→ジョーンズとつないで最後はスライディング押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ハポエル - リヨン
2010年10月09日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は引き続きもう1戦、ハポエルテルアビブvsリヨン戦を見ました。
リヨンは国内リーグが相当悪いみたいですが、CLでは第1節きっちりと勝ち点を取ってます。
ハポエルはアウェーで善戦しながらも結果は完敗で、ホームに戻ったここはリヨン相手ながらがんばりたいところでしょう。

リヨンは結構故障者もいますね。リサンドロ・ロペスがいないのが結構痛いかも。
ただ、リヨンはアウェーをあまり苦にしませんね。

ゲーム開始早々、ブリアンがエリア内で倒されすぐにPKをゲット。これをバストスがきっちり決めると、あとはのらりくらりとゲームを進め、さらに35分にはCKからのこぼれ玉をバストスがエリア外から強烈なダイレクトシュートを放って2点目。

ハポエル側はホームながらなかなかフィニッシュまでいけなかったです。いい崩しとかいいドリブルでの仕掛けもあったんですが、最後のところですね。。。

後半に入っても同じような展開でなかなかギアがあがってこないハポエル。
78分にFKの場面で、PKをもらってようやく一点返したものの、終了間際にはさらにピャニッチの得点で突き放され、2連敗となってしまいました。

悪い悪いといわれながらもリヨンはこれで2連勝。順当に抜けそうですね。

結果:
ハポエル 1-3 リヨン

得点:
バストス  ブリアンがもらったPK
バストス  CKからのこぼれをエリア外からミドル
エニェアマ  PK
ピャニッチ  エリア内のこぼれ玉を蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 トッテナム - トゥエンテ
2010年10月09日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、スパーズvsトゥエンテ戦を見ました。
ここは混戦グループで第1節は両方とも引き分けと展開としてはおもしろいです。

スパーズはクラウチ、パヴリチェンコの2TOPで。さらにTOP下にファンデルファールトを置き、左サイドのMFにベイルというかなり攻撃的な布陣できました。さすがにホームのここは勝っておきたいところでしょうか。

トゥエンテの注目は第1節2得点に絡んだヤンセンでしょうね。

ゲームは序盤からかなり激しい展開に。トゥエンテがアウェーながらも攻撃的に入ったこともあり、試合は1つ前に見たマンU戦とはうってかわって、かなりおもしろい試合になりました。
トゥエンテ側は、ブライアン・ルイスの個人技がこの試合も光ってました。いいシュートまではなかなかいけませんでしたが能力の高さを見せてました。

スパーズはやはりベイルがいいですね。スピードやキックの精度がかなりよくて、レアルマドリードが狙ってるのもうなずけます。あとはファンデルファールトも効いてました。ただ、クラウチがもらったPKをキーパーに止められてしまい、さらには振り返りながらのミドルシュートもキーパーのセーブにあい、前半は得点できず。スパーズは前半の後ろのほうは押せ押せだったんですが。。。

しかし後半早々、ようやくそのスパーズに得点が。クラウチの落としにファンデルファールトでしたね。ようやくという感じで得点すると、さらにその数分後にはベイルがエリア内に侵入したところ倒され、この日2本目のPK。
先ほど外したファンデルファールトではなく、パヴリチェンコがキッカーで、これはきっちりゲット。

これで完全にスパーズペースになるかと思ったんですが、ここからトゥエンテの猛反撃がはじまり、55分にはFKからゴール前のこぼれ玉をシャドゥリが押し込んで1点返しました。スパーズとしては2点先制しながら追いつかれた1節目と同じような展開になりそうなところで、さらに悪いことにファンデルファールトがこの日2枚目のカードで退場に。。。。
得点は決めたものの、PKは外すし、退場するしで運のない日でした。

しかしスパーズはラッキーなことにこの日3つめのPKをもらってパヴリチェンコが決め、ふたたび突き放す展開。最後はベイルまでシュートを決め、終わってみれば快勝のないようでした。
次節インテル戦でファンデルファールトを欠くのは少し痛いかもしれませんが。

結果:
トッテナム 4 - 1 トゥエンテ

得点:
ファンデルファールト  クラウチの落としを胸トラップボレー
パヴリチェンコ  ベイルがエリア内で倒されてもらったPK
シャドゥリ  FKからのこぼれ玉を押し込み
パヴリチェンコ  相手がエリア内でハンドし、もらったPK
ベイル  左サイド裏へ抜け出しニアサイドを抜くシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 バレンシア - マンチェスターユナイテッド
2010年10月07日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はバレンシアvsマンU戦。
マンUは緒戦ホームで引き分けてるだけに、ここはアウェーながらがんばりたいところでしょうね。
逆にバレンシアはアウェーで圧勝してきてるので、楽に挑める試合でしょうか。

マンUはルーニー不在でトップにはベルバトフ。サイドもバレンシアの故障があり、ナニとパクで。
バレンシアもホアキン不在とちょっとさびしいですね。

ゲームはなんとも盛り上がりにかける展開になってしまいました。
両チームともガツガツいく雰囲気はまったくなかったですね。

前半はシュート3-3というかたちで無得点終了。

後半になって、徐々にバレンシアが積極的にいきはじめたかな~という感じも受けましたが、それでもあまり盛り上がらなかったです。
正直両チームともこのまま終了かなと思ったんですが、最後の最後でマンUの若い面子、ハビエル・エルナンデスとマケーダが仕事をしました。

さすがに彼らはこんな試合でもモチベーション高いでしょうしね。
ということで、意外なかたちで勝ちを拾ったマンUはかなりラッキーでしたね。逆にバレンシアはちょっと油断しちゃったかな??

結果:
バレンシア 0 - 1 マンチェスターユナイテッド

得点:
ハビエル・エルナンデス  マケーダからの横パスを受け、ワントラップシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ルビン - バルセロナ
2010年10月05日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

もう一戦は因縁のカードでしょうか。バルセロナとしては何とか昨年の借りを返したいところでしょう。
ただ、コンディションの問題からか、メッシはベンチスタート。かわりにマスチェラーノを中盤に入れてやや守備的な印象ですね。

ただ、それでもさすがにバルサの攻撃はさすが。ほぼバルサが支配する展開でゲームが進みました。ペドロにかなりいいチャンスがありましたが、決め切れませんでした。。
じりじりとしてきたところ、ルビンの攻撃でカレシンが裏へ抜け出そうとしたところ、バルサDF陣にエリア内で倒され、ルビンがPKゲット。これをノボアがきっちりと決めて、またまたルビンが先制という流れに。

その後もバルサの猛攻は続くものの前半は1-0のまま終了。
後半に入るとさらにバルサの攻撃が激しさをまし、ついにルビンDFがイニエスタに対してPKを与えてしまいました。
これをビジャが決めてバルサがようやく追いつくと、勢いにのってメッシ投入。

まけじとルビンも前線にマルティンスを投入し、カウンター狙いでさらに怖さを加えましたが、両チームともなかなかそこからゴールを決めることができませんでした。メッシもマルティンスもかなりいいチャンスがあったんですけどね。

結局このまま1-1で終了。バルサとしてはアウェー戦なのでまあOKなんでしょうが、正直勝ちたかったでしょうね。。。。
ルビンはこの日も粘りましたね。何か相性みたいなのがあるんでしょうか。支配率たった25%と圧倒的に攻められる展開でしたが、最後まできっちりと守りました。


結果:
ルビン 1 - 1 バルセロナ

得点:
ノボア  PK
ビジャ  PK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 スパルタクモスクワ - ジリナ
2010年10月05日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日、今日と2試合観戦。あまり覚えていない部分もありますが、まずはモスクワvsジリナ。
モスクワは緒戦ラッキーなかたちで勝利し、このホーム戦も勝って一気に突っ走りたいところでしょう。
ジリナもチェルシーには敗れたものの、まだまだチャンスは十分。

ゲームとしては、ホームのモスクワがかなり積極的に前線からプレス。攻撃面では、前線のアレックス、アリあたりの個人技が光っていました。
そのモスクワはアレックスのCKからアリのヘッドで前半30分すぎに先制。

ジリナはゲームプラン的に後半勝負と見ていた模様で、前半の失点はちょっと痛かったかもですね。後半に入って前線にセーサイを投入し、個人技を含め何とか得点を奪いたかったところですが、逆にモスクワに左サイドを破られ、アリにこの日2点目を献上。

1戦目のマルセイユ戦でも左サイドからのクロスがオウンになったりしてましたが、モスクワの左サイドは強いですね。
ラスト近くには途中出場のイブソンがこれまた左サイドのマイダナのクロスに足で合わせてゲームを締めくくり、2連勝を飾りました。

この後チェルシー2連戦なのでどう転ぶかはわかりませんが、かなり優位になったのではないでしょうか

結果:
スパルタクモスクワ 3 - 0 ジリナ

得点:
アリ  アレックスのCKにファーサイドでヘッド
アリ  左サイドのコンバロフのクロスをゴール前で押し込み
イブソン  左サイドのマイダナのクロスを足であわせて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 パルチザン - アーセナル
2010年10月03日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1戦、パルチザンvsアーセナル戦。
アーセナルは、週末のチェルシー戦をにらんでか、少しメンバーを落としてきた感じですね。セスクやファンペルシーを負傷で欠いているので、ベストメンバーからはちょっと見劣りするかも。トップはこの日もシャマフで、中盤にアルシャビン、ロシツキー、ウィルシャーが攻撃的な面子ですか。

そのアーセナルですが、やはり強いですね。開始10分過ぎに、エリア内でウィルシャーがボールを受けると、ヒールでの落とし。これをダイレクトでアルシャビンが決めて先制点。
やはりアルシャビンはかなり中心的な扱いです。

しかしパルチザンも前半30分過ぎに、デニウソンがエリア内でクロスボールを手にあててくれてもらったPKをクレオが決めて同点に。

しかしヨバノビッチがエリア内でシャマフをひっかけて一発レッド。このPKはアルシャビンが決めきれなかったものの、かなり不利になりました。

そして後半25分には、右のロシツキーからのクロスをシャマフがヘッド。一度はバーに弾かれたものの再度自らヘッドで押し込み追加点。さらにはCKからスキラッチがヘッドで決めて3点目と、相変わらずの攻撃力を披露したアーセナル。

ここもアウェーながら問題なく勝ち点3を積み上げ、今シーズンは軽く勝ち抜けを決めそうな予感です。
パルチザンはこれで2連敗となり、2位争いから後退。シャフタールはだいぶ楽になるかもしれませんね。

結果:
パルチザン 1 - 3 アーセナル

得点:
アルシャビン  ウィルシャーの落としをダイレクトシュート
クレオ  PK
シャマフ  クロスをヘッドで。バーに弾かれたもののもう一回ヘッド
スキラッチ  CKをダイレクトでヘッド
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ブラガ - シャフタール
2010年10月03日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はブラガvsシャフタール戦。
ブラガは第1節アーセナルに0-6の敗戦。このショックから立ち直っているかどうか。
シャフタールはパルチザンからぎりぎり勝ち点3をゲット。波に乗っていきたいところでしょうね。

両チームのメンバーを見ると本当にブラジル人が多い・・・ミニブラジル対決といった感じでしょうか。
ただゲームとしては、スペクタクルなものではなく、かなり落ち着いた戦いになりました。

特に前半はシャフタールもかなり様子見という感じで、あまり積極的な攻めは見られませんでしたしね。

後半になってようやくゲームが動きました。
シャフタールのFWルイス・アドリアーノが裏へのスルーパスに反応して、ダイレクトシュート。これがキーパーの足元をぬいてアウェーのシャフタールが先制点。キーパーとしては抑えなければいけないシュートでした。

これで流れは完全にシャフタールになってしまいました。72分には同じようなスルーパスでルイス・アドリアーノが抜け出すと、今度は反転トラップからのシュート。これも綺麗にニアサイドを抜いて追加点。

終了間際にはエリア内でウィリアンが倒され、PKをゲットすると、ダグラス・コスタがきめて3点目。
完全にシャフタールがものにし、2位争い一歩リードしましたね。

結果:
ブラガ 0 - 3 シャフタール

得点:
ルイス・アドリアーノ  裏へのスルーパスをダイレクトシュート
ルイス・アドリアーノ  裏へのスルーパスを反転トラップシュート
ダグラス・コスタ  ウィリアンがもらったPK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 ローマ - クルージュ
2010年10月02日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1試合、ローマvsCFRクルージュの試合も見ました。
この試合は一昨シーズンに番狂わせがあったカードなので、クルージュアウェーながら楽しみですね。

ローマはこの日はブチニッチとトッティが前線という組み合わせできました。国内リーグでインテルに勝った勢いから、ここもそのまま勝って勢いをつけたいところでしょうね。

ゲームですが、アウェーのクルージュが結構がんばってました。
TOPに入っている長身のトラオレですが、その長い手足を生かしていいプレーを見せてくれました。イメージ的にはクラウチみたいな感じですね。足元もそこそこうまい印象です。

ローマはブチニッチが絶好のチャンスをもらったりしましたが、キーパーの好セーブにも阻まれ得点できず。
クルージュ側はトラオレが完全に抜け出したものの、こちらは枠に当ててしまい、前半ノーゴール。

後半に入るとローマは開始からアドリアーノを投入。何とも太めでドスドスという足音が聞こえてきそうなぐらい・・・
さらには、ボリエッロ、カッセッティと2枚同時投入でいつになく積極的なラニエリ采配ですが、これが当たったか。
69分にCKからメクセスが待望の先制点をゲットすると、2分後にはボリエッロが背後からの浮き玉をダイレクトでボレーシュートという高難度なゴールを決め、ゲームを楽にしました。

クルージュもCKから1本返したんですが、及ばずでしたね。
何本か枠に嫌われたりしてたのが、残念でした。勝てる可能性は十分にあったと思いますが。

結果:
ローマ 2 - 1 クルージュ

得点:
メクセス  グラウンダーのCKをダイレクトシュート
ボリエッロ  背後からの浮き玉をダイレクトボレー
ラーダ  左サイドCKをヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 チェルシー - マルセイユ
2010年10月02日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はチェルシーvsマルセイユ戦。チェルシーはグループリーグはまず余裕でしょうね。とりあえず、今回の優勝候補はまたまたチェルシーにしておきます。
リカルド・カルバーリョの移籍はかなり大きいと思いますが、まだ冬に誰か獲る可能性はありますしね。

で、試合なんですが、チェルシーはもう1試合ドログバを欠き、ランパードもまだしばらくは戻れないということで、先発には若いガエル・カクタが入ってました。こちらはこちらで楽しみですね。

マルセイユはブランドン、ジニャックを併用で、なんとしても得点を取りたいというところでしょうか。

しかし、さすがにチェルシーは強いですね。
前半7分にCKからテリーが得点すると、28分にもンビアがエリア内でハンドのPKをアネルカが決めて、前半でほぼ勝負を決めてしまいました。危ないシーンもあまりなかったですしね。

後半開始早々はマルセイユも少しプレッシャーを強めたか、チェルシーの集中力がさがったか細かいミスからピンチを招きそうな場面もありましたが、マルセイユが生かしきれませんでした。やっぱり決定力がいまひとつです。。
バルブエナとかアィエウを後半から出してきて、さらにおもしろくはなりましたが、得点は生まれず、結果的にはチェルシーの楽勝モードでした。

これで2連勝と2連敗となり、かなり明暗が分かれてしまいました。

結果:
テリー  カクタのCKをニアで蹴りこみ
アネルカ  PK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第2節 バーゼル - バイエルン
2010年10月01日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はバーゼルvsバイエルン戦。
バイエルンは引き続き、リベリー、ロッベンを欠く布陣で、この日はクローゼがトップでトップ下にミュラーというかたちできました。

バーゼルはここはホームらしく、かなり前線からきつめのプレスをかけてきてましたね。試合としてはスピーディーでかなりおもしろい展開になりました。
そしてその前線からのプレッシャーが効いたのか、バイエルンのヴァンブイテンがまさかのパスミス。

これを拾ったバーゼルはカウンターからシュトレーラーがヒールで落としたボールをフレイがダイレクトで蹴りこみ、バーゼルが先制しました。
その後もチャンスはバーゼルのほうが多かった印象ですね。

シャキリという若い選手が、かなり積極的にドリブルを仕掛けたりシュートを狙ったりと期待を抱かせる内容でした。

後半になってもバーゼルペースかと思ったんですが、後半10分。ミュラーがエリア内で倒され、これがPKに。ちょっと大げさな倒れ方でかなり演技臭かったんですが、バイエルンにとってはラッキーでしたね。シュヴァインシュタイガーがPKをきっちり決めて、同点に。

その後は、どちらもチャンスらしいチャンスもないまま、ドローに終わるかと思った89分。
バイエルンはバードシュトゥバーのFKに大外でシュヴァインシュタイガーが蹴りこみまさかの逆転劇。う~~~ん、ゲルマン魂でしょうか。。。ものすごい土壇場での勝ち越しでした。この日は絶対駄目だと思ったんですけどね。

結果:
バーゼル 1 - 2 バイエルン

得点:
フレイ  シュトレーラーのヒールの落としをダイレクトシュート
シュヴァインシュタイガー ミュラーがもらったPK
シュヴァインシュタイガー FKに大外であわせて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。