趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 第5節 ハポエル - ベンフィカ
2010年11月30日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はハポエルテルアビブvsベンフィカを見ました。
ベンフィカは最終節に望みを繋ぐためには引き分け以上が必要。それでシャルケとの直接対決に持ち込めますね。

ゲームは序盤からベンフィカペースに。かなりスムーズに攻撃できてましたし、この日はアイマール、サビオラも好調で得点のにおいもかなりしてました。

しかし、こんな展開でも相手に点が入ってしまうことがあるのがサッカー。FKから直接ザハビがヘッドしたところ、これがだびドルイスに当たってそのままゴールへ。運も合ったんでしょうかね。

後半になるとベンフィカはさらに猛攻に出ますが、カルデッキが絶好のチャンスを外すなど、なかなか得点できない。じりじりした展開のまま進むと、今度はドウグラス・ダシウバがCKからのこぼれ玉を押し込んでハポエルがダメ押し。

完全に勝ちゲームを落としたベンフィカはロスタイムにも失点しゲームセット。決勝進出への道はここで途絶えてしまいました。個人的にはシャルケが勝ち残ってくれたので、まあまあ満足はしてますが・・・

結果:
ハポエルテルアビブ 3 - 0 ベンフィカ

得点:
ザハビ  FKを直接ヘッド
ドウグラス・ダシウバ  CKのこぼれ玉を押し込み
ザハビ  スルーパスで抜け出しシュート
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 シャルケ - リヨン
2010年11月29日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はシャルケvsリヨン戦を見ました。リヨンはアウェーながら引き分け以上で勝ちぬけが決まる状況です。シャルケはホームのここは絶対に勝ちたいところでしょうね。

このゲームは意外にも序盤から超ハイペースな展開に。CL序盤のころの不調が嘘のように、シャルケの攻撃がスムーズに流れてました。最近は先発できている内田も、この日は持ち味の攻撃力をしっかり出せてましたし、守備面でも不安な部分をあまり見せてなかったかな?

先制したのはそのシャルケ。
ラウールがシュートしたこぼれ玉をファルファンがしっかりと蹴りこんでの先制点でした。
さらには前半20分にフンテラールが左サイドからの折り返しを流し込んで追加点。

後半になってゲームは落ち着いたものの、終了間際には内田が絶妙な右サイドからのクロスをいれ、これを受けたフンテラールが相手をかわしつつゴールを決めてゲームを締めくくりました。内田にとっては貴重なアシストになりました。

正直シャルケがここまでよくなってくるのは意外でした。これでリヨン、ベンフィカとの完全な3つ巴になったのでしょうか?ベンフィカ戦をまだ見ていないので分かりませんが・・・

結果:
シャルケ 3 - 0 リヨン

得点:
ファルファン  ラウールのシュートのこぼれを蹴りこみ
フンテラール  左サイドからの折り返しを流し込み
フンテラール  右サイド内田からのクロスを受けて相手をかわしながらシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 バレンシア - ブルサスポル
2010年11月28日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1試合。バレンシアvsブルサスポル戦です。バレンシアはレンジャースとの直接対決で優位に立ち、予選突破まであと1歩ですね。この試合をきっちりと勝って、場合によっては今日決めてしまいたいところ。

そのバレンシアですが、この日も攻撃陣の好調さが見れました。ブルサスポルには確か緒戦でも爆発してたと思いますが、相性がいいんでしょうか。

まずは開始15分。アドゥリスがエリア内で倒されPKをゲットすると、これをマタがきっちりと決めて先制。
ブルサスポルととしてはセルジャン・ユルドゥルムが直前の絶好機を外した後だけに、ここでかなり気落ちしたか。。。

その後はエリア内でマタ→ソルダードと繋いで2点目。3点目はアドゥリスが左サイドからの折り返しを押し込み、さらに前半4点目はホアキンがゲットと、前半だけで勝負を決めてしまいました。

後半にもソルダードがキーパーとの1対1を落ち着いてキーパーかわしから決めると、1点ブルサスポルに返されたものの最後は途中出場のドミンゲスも結果を出し、終わってみれば6-1の快勝。
しかも前線の選手がくまなくゴールを決めるという理想的な展開でした。

ブルサスポルはちょっと元気がなさすぎでしたね。前半の失点シーンなどDFの足が止まってしまっている場面もちらほらあり、力の差とあわせて精神的な面でも負けていた印象です。

結果:
バレンシア 6 - 1 ブルサスポル

得点:
マタ  アドゥリスがもらったPK
ソルダード  エリア内でマタの裏へのスルーで抜け出し
アドゥリス  スローインからアルバが左サイドを突破し折り返したところを蹴りこみ
ホアキン  左サイドドリブルで中に切れ込み、右足シュート
ソルダード  スルーパスで裏へ抜け出すと、キーパーをかわしながら角度のないところからシュート
バタージャ  右サイドのグラウンダーからオフサイドギリギリで抜け出しシュート
ドミンゲス  ゴールキックの流れから裏へ抜け出しシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 パナシナイコス - バルセロナ
2010年11月28日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

2試合目はパナシナイコスvsバルセロナ。パナシナイコスは期待はずれというか、ここまではまったくだめな状態。何とかバルサ相手に好勝負演じて、浮上のきっかけにしたいところでしょうが、正直きびしそう。。

バルサはアウェーで2引き分けをしているため、まだ勝ち抜けは決まっていない状態。ここできっちりと決められるかどうか。

ゲームはやはりバルセロナのペース。パナシナイコスは1発の裏狙いでルイス・ガルシア、シセあたりを生かしたいところですが、シセが絶好の機会を迎えるもビクトルバルデスに阻まれると、逆にバルセロナがCKの流れからペドロが先制点をゲット。

前半は1点だけですが、こうなるとパナシナイコスはもうかなり厳しかったですね。反撃のチャンスもないまま、後半15分過ぎにはメッシに8試合連続となるゴールを決められてしまいました。
このシーンはバルセロナらしい早いパス回しが見られましたね。

さらにそのすぐ後にもペドロがゴールをゲットすると、このままゲームは終了。バルセロナは危なげなく勝ち抜けを決定。逆にパナシナイコスは4位確定ですね。もうちょっとがんばりを見せて欲しかったところですが。


結果:
パナシナイコス 0 - 3 バルセロナ

得点:
ペドロ  ダニエウ・アウベスのスルーパスからペドロのサイドネットへのシュート
メッシ  ダニエウ・アウベス→シャビ→イニエスタ→アドリアーノとつないで、最後は押し込み
ペドロ  ダニエウ・アウベスからのサイドの展開。イニエスタの折り返しを蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 スパーズ - ブレーメン
2010年11月28日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日も2試合観戦。まずはズパーズvsブレーメン。
スパーズは勝てば勝ち抜け決定という状況。インテルに勝っていることもあり、勢いは十分な気がします。
逆にまったく元気がないのがブレーメン。ここは勝たないと即脱落という場面ですが、果たして、どうなるか。

ゲームはやはりホームのスパーズがペースを握りましたね。
開始早々にCKの流れから右サイドにボールが流れ、これをレノンがサイドからマイナス気味のクロス。ゴール前で待っていたCBのカブルがダイレクトボレーを決めて、スパーズが先制。FW顔負けのボレーシュートでした。

ブレーメン側の元気のなさが目立つ中、スパーズは落ち着いたゲーム運び。ベイル、レノンの両サイドはこの日もよかったです。
前半終了間際には、クロスボールをエリア内でクラウチが高さを生かして落とすと、モドリッチがシュートフェイントで相手をかわして、きっちりと決めて2点目。
いい時間帯に2点目をとると、後半にもクラウチが得点を決めて、3-0でスパーズが勝利。

終わってみればスパーズの完勝ともいえるゲームでした。ブレーメンはあまりにもあっさり負けてしまいましたね。国内でも悪いみたいで、今後厳しくなりそうです。。

結果:
トッテナム 3 - 0 ブレーメン

得点:
カブル  レノンの折り返しをダイレクトボレー
モドリッチ  クラウチの落としから、シュートフェイントで相手をかわしてシュート
クラウチ  レノンの突破からの折り返しを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 ルビン - コペンハーゲン
2010年11月27日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

引き続いてもう1試合は、ルビンvsコペンハーゲン。
こちらは、コペンハーゲンが初の決勝ラウンドまであと1歩。この試合引き分け以上でほぼ確定となるのですが、果たして・・・
ルビンは、なんとしても勝利して、最終節に望みを繋ぎたいところでしょうね。

ゲームは序盤からペースとしてはルビン。先発したギョクデニズやリャザンツェフなど、前線で活発な動きが見られました。
逆にコペンハーゲンは寒さ、グラウンドの悪さにてこずったか、なかなかいい場面は作れなかったですね。

ゲームが動いたのは前半終了直前。ルビンのFKをグレンケアがエリア内で痛恨のハンド。ほとんど分からなかったですが、レフェリーがよく見てましたね。
このPKをノボアがきっちりと決めて、ルビンが先制。

こうなるとルビンは上手くゲームを運びますね。
最後のほうはコペンハーゲンもかなりの猛攻を見せたんですが、バルセロナの攻撃陣に対しても恐れずに守るルビンの守備は、きっちりと相手を完封してみせました。

これで勝負の行方は最終節に。ルビンはバルセロナが相手になるだけに厳しいのは変わりませんが、何が起こるかはわからないですしね。最終節まで楽しみが伸びました。

結果:
ルビン 1 - 0 コペンハーゲン

得点:
ノボア  相手のエリア内でのハンドでもらったPK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 ブラガ - アーセナル
2010年11月27日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今回はいつになくハイペースで観戦していってます。
次はブラガvsアーセナル戦。

ブラガはパルティザンに連勝し、2位争いに加わりそうな勢いですね。ただ、アーセナルは引き分け以上でOKという状況なのでアウェーながらもチャンスは十分。ここで決めてしまえるかどうか。

アーセナルは先発FWはベントナー。両サイドにロシツキーとウォルコットを置く布陣。セスクも先発してきており、ここで早めに勝ち抜けを決めたたいところでしたが、なかなかリズムに乗れませんでした。

何が悪いというわけではないんですが、いつものアーセナルらしいスピード感がなかった気がします。中盤のウィルシャーも悪くなかったし、SBのギブスもそれなりに攻撃参加もしてましたが。

ブラガは引き分けではだめな状況ながら基本は守ってのカウンター狙い。ブラジル人を多数抱え、要所要所では個人の力でおもしろい展開になりそうでしたが、こちらもゴールの匂いはなかなかない状況。

最終的にはスコアレスドローで終わりそうな雰囲気が漂っていたんですが、後半残り7分のところ。一発のスルーパスでマテウスがDFの裏に抜け出し、キーパーと1対1になると、これをしっかりと決め、ブラガが先制。
さらには、終了間際にもロングボール一発でマテウスが抜け出し、今度はDF3人を従えながら、きっちりとシュートを決め、終わってみれば2-0のほぼ狙い通りの勝利。

アーセナルは相手に合わせちゃったところもあるのか・・上手く試合を運べなかったですね~。これで勝ち点がブラガと並んだ状態にはなってしまいました。ただ最終節はホームでパルティザン戦になるので、まだまだ状況は有利ですが。
もう1試合の結果がどうなったか気になりますね。

結果:
ブラガ 2 - 0 アーセナル

得点:
マテウス  センターライン付近からスルーパスで抜け出すとキーパーとの1対1を落ち着いて決め
マテウス  同じくロングボール一発で抜け出し、DFにせられながらもシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 バーゼル - クルージュ
2010年11月27日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

次はバーゼルvsクルージュ戦。もう1つの試合でローマが勝ってるだけに、両チームとも勝利が必須条件でしょうか?ただ、3,4位争いになることは濃厚ですが・・・

バーゼルホームのゲームですが、クルージュも序盤はがんばってました。ただ、売り出し中のトラオレ、クリオあたりもなかなか活躍の場面がなかったです。
バーゼル側は19才のシャキリがよかったです。左サイドのサファリとのコンビでかなり相手の右サイドから攻めることができてました。

そのバーゼルは、前半15分、中盤からインクームがロングシュートを放ったところ、これがジャストミートせず、逆に味方への絶妙なスルーパスに。これをこのひ先発のアルミラレスが押し込んで先制。
こうなるとゲームは完全にバーゼルペースに。

持ち味であるポゼッションサッカーをうまく展開し、相手の倍近いパス成功数で完全にゲームを支配し、そのままゲーム終了まで持っていってしまいました。それまでのチャンスもほぼバーゼル側でしたし、ここは完勝に近い内容になっちゃいました。

クルージュは、これまでの善戦しながらも結果が残せない状態と異なり、この日は元気が出なかったですね。ちょっと残念・・・

結果:
バーゼル 1 - 0 クルージュ

得点:
アルミラレス  インクームのシュートがスルーパスのかたちになり、ダイレクトで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 チェルシー - ジリナ
2010年11月27日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は朝から観戦。チェルシーvsジリナ戦になります。
チェルシーはすでに勝ち抜けを決めているので、ここは流してもいい試合。国内リーグでちょっとつまづいているので、勝って流れを取り戻したいところでしょうけど。

この日はマックエクラン、スターリッジ、カクタ、ファン・アーンホールト、ブルマなど若手を先発起用。ただ、何となく空回りの印象が拭えませんでしたね。
先制したのはアウェーのジリナ。ベロがワンツー気味にパスを受けるとダイレクトでシュート。これがいいところに飛んでゴールインでした。

チェルシーもスターリッジあたりはなかなか積極的でよかったんですが、ゴールが少し遠かったですね。
前半はこのまま終了するとさすがに負けられないチェルシーは、カルーを投入して攻撃陣を強化。

こうなると、チェルシーもかなり積極的に攻撃を仕掛け、後半6分にはカルーの左からのクロスをスターリッジが大外から蹴りこんで同点に。

ここから試合は停滞するもアネルカを投入し、さらに得点を狙うチェルシーは残り5分のところで、アネルカのクロス→ドログバのヘッドでの落とし→マルダの押し込みと繋いで逆転に成功。きっちりと勝ちをものにするあたりはさすがでしたね。

ジリナは先制したまではよかったんですが、後半完全に力の差を見せ付けられましたね。もうすこし0-1のまま粘れれば面白かったのかもしれませんが。


結果:
チェルシー 2 - 1 ジリナ

得点:
ベロ  ワンツー気味に抜け出してダイレクトシュート
スターリッジ  カルーのクロスが大外まで抜けてきたところを蹴りこみ
マルダ  アネルカのクロスをドログバが高いヘッドで落としたところスライディングで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 ローマ - バイエルン
2010年11月26日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

もう1試合はローマvsバイエルン。バイエルンは4連勝で勝ち抜けを決めていますが、ローマは微妙な順位に。ここはなんとしても勝利が欲しいところですね。

バイエルンはリベリやコンテントが復帰してきて、徐々にメンバーも揃ってきた感じです。
ローマはトッティがベンチスタートと少し不安も。。。

ゲームはアウェーながらもバイエルンペースでしたね。ローマはファールでしか相手をなかなか止められず、かなり苦しい序盤でした。

その勢いそのままにバイエルンは、リベリのエリア内の技ありの横パスから、マリオ・ゴメスが押し込んで先制。さらにはそのすぐ後にミュラーのスルーパスにまたもやマリオ・ゴメスが抜け出して2点目。今シーズンはレギュラーに定着して爆発してますね~。コンスタントに使われることで、本来の力を発揮できるようになったんでしょうか?

ローマはなかなかかたちを作れませんでしたが、後半4分。メネズが右サイドをスピードで突破すると中のボリエッロへ。これを相手に倒されながらもシュートを決め、ようやく1点。
ただ、ここからはなかなか攻めきれない展開。

その流れを変えたのはやはりトッティの投入だったでしょうか。
81分にリーセが左サイドを抜け出して、デロッシへの折り返しで同点に追いつくと、すぐ後にはトッティのスルーパスからボリエッロがキーパーに倒されPKゲット。これをトッティが決め、逆転したローマ。

厳しいながらも勝ち点を積み上げ、予選突破に王手ですね。もう1試合クルージュの結果がどうなってるかですが・・

結果:
ローマ 3 - 2 バイエルン


得点:
マリオゴメス  リベリの横パスを押し込み
マリオゴメス  ミュラーのスルーパスに抜け出し
ボリエッロ  メネズのサイド突破から最後はDFとせりながらシュート
デロッシ  リーセのサイド裏抜け出しから中への折り返しを押し込み
トッティ  ボリエッロがもらったPK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 スパルタクモスクワ - マルセイユ
2010年11月26日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日も2試合観戦。まずはモスクワvsマルセイユ。
ここは2位争いの直接対決ですね。モスクワはチェルシー戦を終えているだけに、引き分け以上でかなり優位になる状況での試合。

しかし先制したのはアウェーのマルセイユ。フランス代表でも好調なバルブエナが、エリア内でボールを受けると振り返りざまの難しいシュートを決めました。
モスクワもヴェリトンやアリ、イブソンなどブラジル勢の活躍で積極的に攻めるもなかなかゴールが遠い展開に。。

後半に入ると今度はこちらもフランス代表レミーがゴールを決めて追加点。さらに悪いことにモスクワはヴェリトンがディアワラの挑発に乗るかたちで張り倒してしまい、一発レッド。
こうなるともう反撃の力もないか、さらにはブランドンにもゴールを決められ、ホームで完敗。

これで直接対決を制したマルセイユが勝ち抜けを確定させました。マルセイユもひさびさの決勝ラウンドですね。おもしろいメンバーが揃っており楽しみなチームではあります。
モスクワはおもしろいチームだっただけに残念。来シーズンは出場できるでしょうか?

結果:
スパルタクモスクワ 0 - 3 マルセイユ

得点:
バルブエナ  エリア内でボールを受け、振り向きざまシュート
レミー  横パスをダイレクトシュート狙うも空振り。ただいいシュートフェイントになったかたちで自らシュート
ブランドン  アィエウのカットからショートカウンター

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 アヤックス - レアルマドリード
2010年11月25日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

ミランが勝ったことで、この試合でミランの勝ちぬけがかかってくるということもあり、続けてもう1戦見ました。
アヤックスは勝つか引き分けで、一応ミランとの直接対決に持ち込めますが、正直ここはミランを立てて欲しいところ。。。。かなり複雑な心境ですけどね。

さて、レアルマドリーですが、クラシコを控えているにもかかわらず、それほどメンバーを落とさずにきました。これもモウリーニョ流なんでしょうか。
そして、やはり強いですね~。
アウェーながらゲームは圧倒してました。

前半はFKがらみできっちりと2点をゲット。FKからエジルのヒールでの落としをベンゼマがシュートして先制。さらにはFKのこぼれ玉をアルベロアがロングシュートで沈め、追加点。

後半になっても攻撃の手を緩めないレアルは、ディマリアがエマヌエルソンのパスをインターセプトすると見事なパスをロナウドに通して3点目。最後はエジルがエリア内でエマヌエルソンに倒されもらったPKをロナウドが決め、4点。これでミランの勝ちぬけが決定しましたが、正直オランダ勢があっさり負けすぎてちょっと残念な気も。

エマヌエルソンやファンデルビールなどオランダ代表クラスの選手がレアル相手だと何も出来なくなっている状態はちょっとさびしかったです。。。。
まあ、ミランもこの分だとベスト16勝てるかどうか微妙ですしね~~~。

結果:
アヤックス 0 - 4 レアルマドリード

得点:
ベンゼマ  エジルの落としをダイレクトで
アルベロア  FKのこぼれ玉をロングシュート
ロナウド  ディマリアのパスをエリア内で受けてシュート
ロナウド  エジルがもらったPK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第5節 オセール - ミラン
2010年11月25日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

いよいよCLも第5節に。
まずはやっぱりミラン戦。前節勝ちを寸前で逃しており、2位以下が混戦となっているこのグループ。この日はアウェーながら絶対に勝利が必要になってきます。

この日の先発は中盤にガットゥーゾ、アンブロジーニ、フラミニを並べ、TOP下にセードルフという布陣。こんなに守備的な布陣で大丈夫なのかと思ったんですが、まあまあうまくいってましたかね。

ただ、やはりミランに来てからのフラミニはもうひとつの印象を拭えません。それなりにあがりを見せる場面もあったんですが、効果的に絡めていないというかなんというか。

あと、2TOPにはイブラヒモビッチとロビーニョでしたが、ロビーニョもまだまだぱっとしないですね~。パト、インザーギの離脱は非常に痛い・・・

ゲームは膠着状態のまま後半に入り、正直かなり心配になってきたんですが、その流れをイブラヒモビッチが変えてくれました。
セードルフからロビーニョへのスルーパスを相手DFがなんとか止めたところ、そのこぼれ玉をダイレクトで蹴りこんで待望の先制点。

さらに終了間際には途中出場のロナウジーニョがドリブルでエリア内に持ち込んで技ありのシュートを決め、いいかたちでゲームを締めくくってくれました。
これでレアルマドリードがアヤックスに勝ってくれれば、勝ち抜け確定となりました。

結果:
オセール 0 - 2 ACミラン

得点:
イブラヒモビッチ  相手DFのクリアをダイレクトシュート
ロナウジーニョ  エリア内にドリブルで持ち込み、DFをかわしつつゴール隅へシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 クルージュ - バイエルン
2010年11月14日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はクルージュvsバイエルン戦。
目下3連勝中のバイエルンはあっさりここで勝ち抜けを決めたいところでしょう。故障者続出でこの日も控えメンバーは手薄ですが、逆にこれまで出れなかったゴメスやティモシュクあたりもがんばってるみたいだし。

クルージュは注目のトラオレが活躍できるかどうか。こういう試合で活躍できれば一気に価値もあがりそうですが。

しかしゲームは完全にアウェーのバイエルンペースに。
開始12分に、オットルのシュートをキーパーが弾いたところ、ゴメスが蹴りこんで先制。この試合ではきっちりとしたゴールを決めると、24分にもシュヴァインシュタイガーのヘッドの折り返しを押し込んで2点目。

前半は危なげなく0-2のまま終わると後半も落ち着いてペースをつかむバイエルン。
70分にはシュヴァインシュタイガーの裏へのスルーパスにゴメスが抜け出してハットトリック達成。
最後は途中出場のミュラーもきっちりゴールを決め、0-4の圧勝。4連勝で1位抜けほぼ確定でしょうか?

クルージュは強いところを見せながらもなかなか勝ちきれないですね。最後の巻き返しを残り2試合で見せてくれるでしょうか。

結果:
クルージュ 0 - 4 バイエルン

得点:
ゴメス  キーパーがシュートを弾いたところを押し込み
ゴメス  シュヴァインシュタイガーのヘッドの折り返しを押し込み
ゴメス  シュヴァインシュタイガーのスルーパスで抜け出し
ミュラー  アルティントップの浮かしたパスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ジリナ - マルセイユ
2010年11月13日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はジリナvsマルセイユ戦。
スロバキアのチーム、ジリナですが、3連敗であとがない状態。前節アウェーながらいい勝負したマルセイユ戦なのでここは勝ちたいところでしょう。
マルセイユは徐々によくなってきているのでしょうか。ここは勝って2位争いにもっていきたいでしょうね。

ゲームはというと、これがびっくりしたことにマルセイユが圧倒するかたちになってしまいました。
前半12分にシェルのFKをジニャックが上手くコースを変えて先制弾とすると、あとはマルセイユのゴールラッシュに。

セットプレーも含め、前半だけで4-0とすると、後半になってもちょっと前に出始めたジリナに対し、カウンター気味にバルブエナが抜け出し、お手本のようなクロスからルチョがヘッドを決め、さらにポンポンと得点を積み重ねて、終わってみれば7-0。。。

CLのアウェーゴール最多記録をたたき出す圧勝劇でした。ジニャックのハットトリックも飛び出し、今後波に乗れそうな感じでしょうか。ちょっと気になるのは途中交代で出てきたアイェウやブランドンがほとんど活躍できなかったこと。ここらあたりも活躍できてるともっとよかったんでしょうね。

対してジリナは、ホームに帰って何とか主導権を獲ろうとしたんでしょうが、むしろ第3節のようにある程度守ってから、という戦い方に徹したほうがよかったのかもしれませんね。これで4連敗で敗退が決まってしまいました。


結果:
ジリナ 0 - 7 マルセイユ

得点:
ジニャック  シェルのFKのコースを変えて
ジニャック  スルーパスで抜け出して1対1から
エインセ  シェルのCKをニアでヘッド
レミー  クロスボールのこぼれ玉をシュート
ルチョ  バルブエナの裏への抜け出しからのクロスをヘッドで
ジニャック  右アスピリクエタからのクロスをダイレクトでヘッド
ルチョ  ワンツーでゴール前抜け出して1対1から
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 バーゼル - ローマ
2010年11月12日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はバーゼルvsローマ戦。前節ホームで惨敗したローマはここはアウェーながら勝利が絶対に必要となってきそうですね。この日はブチニッチ、トッティの2TOPの下にメネズという布陣で来たのですが、このTOP下メネズが大当たりでした。

開始10分にいきなりメネズがゴール前のこぼれ玉をゴール隅に蹴りこんで先制したローマは、さらにリーセがもらったPKをトッティが決めて前半であっさり2-0に。

バーゼルはチャンスもあったし、かなり押し込んでた印象もあったんですが、結果だけがついてこなかったですね。クロスの精度の低さとかも問題があったかも。

後半に入ってようやく左サイドからいいクロスが入ったところをフレイがヘッドで決めて1点返したものの、そのすぐ後には途中出場のグレーコにこれまたゴール前のこぼれ玉をシュートされ失点。

残り10分で、シャキリが1点返したもののあと一歩及ばなかったバーゼルはホームで痛い敗戦。対してローマは2位争いで一歩抜け出したかたちになったでしょうか?
もう一戦の結果にもかかってくると思いますが。


結果:
バーゼル 2 - 3 ローマ

得点:
メネズ  ゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
トッティ  リーセがエリア内で倒されもらったPK
フレイ  左からのクロスをヘッドで
グレーコ  ゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
シャキリ  ゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 チェルシー - スパルタクモスクワ
2010年11月11日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はチェルシーvsスパルタクモスクワ戦を見ました。
チェルシーは今シーズンも安定しており、目下3連勝中。スパルタクモスクワもチェルシーには破れたものの2位につけており、まだまだこれからの結果次第では勝ち抜けを十分に狙えそうですね。

この日はチェルシーにドログバが復帰してきており、やはり注目はこの人になるでしょうか。
ゲーム前半は両チームともに無得点で終わりましたが、スパルタクモスクワも枠には行かないもののシュートを撃てている場面も結構あって面白いゲームでした。

後半になってようやくゲームが動きました。
アネルカがカルーからのスルーパスで右サイド裏に抜け出すと、アネルカが角度のないところからシュートをきっちりと決めて先制。
さらにはエリア内でドログバがドリブル中に倒されPKをもらうと、これを自ら決めて2点目。さらにはドログバのFKをイバノビッチがぴったりとヘッドであわせて3点目。

チェルシーは後半になってエンジンをかけてきましたかね。
イバノビッチのボールロストからバジェノフが1点返すも、そのイバノビッチがゴール前のこぼれ玉を見事な振り向きざまシュートで決めて、最終的には4-1で終了。

1点取られたものの、ここでも圧倒的な強さを見せたチェルシー。ランパード、テリー、エッシェンあたりがいない状況でこのゲームなので、かなり磐石っぽいですね。

結果:
チェルシー 4 - 1 スパルタクモスクワ

得点:
アネルカ  カルーのスルーパスから角度のないシュート
ドログバ  エリア内で自らもらったPK
イバノビッチ  ドログバのFKをヘッドで
バジェノフ  ヴェリトンの折り返しを中であわせて
イバノビッチ  ゴール前のこぼれ玉を振り向きざまシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 オセール - アヤックス
2010年11月10日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はオセールvsアヤックス戦を見ました。
ミランがレアルマドリードと引き分けてしまっただけにこの試合は結構重要に。アヤックスも好きですが、背に腹は変えられないというか、アヤックスには負けておいてもらいたいところですが。。。

ゲームは序盤にいきなり動きました。
オセールがゴール前でこの日先発のケルシアがボールを落とすと、エリア外からサンマリターノが走りこみながらシュートを決めて、先制。個人的にはいい流れになりました。

アヤックスはアウェーでもうひとつ力を発揮できないのか全然いいゲームではなかったですね。
ただ、そんな中でもルイス・スアレスは存在感を出しており、やはりいい選手だな、と認識しました。

後半になってアヤックスもようやく攻撃的に。というか、かなり早い段階でオセールが守りに入りだしたのかも。。こうなるといやな予感がしてくるんですが、その予感が的中。

CKの流れからアルデルベイレルトがヘッドを決めて1-1に。もうだめかと思ったんですが、オセールはFKから早いリスタートを行ってランジルが決勝ゴール。アヤックスは完全に油断してしまったかもですね。
ただ、オセールも守りに入る時間帯が早すぎたりと、かなり不安が残る内容だったのは間違いないです。

これで、このグループの勝ち点で、
ミラン:5
アヤックス:4
オセール:3
の2位争いになったと思うんですが、ミランは残り2戦何とか勝って行きたいですね。あとは他力本願で、レアルが連勝してくれることを期待。


結果:
オセール 2 - 1 アヤックス

得点:
サンマリターノ  ケルシアの落としをランニングシュート
アルデルベイレルト  ショートコーナーからヘッドで
ランジル  FK早いリスタートから裏抜け出し
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 シャフタール - アーセナル
2010年11月09日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、シャフタールvsアーセナル戦。前節は5-1でアーセナルがホームで圧勝しましたが、攻撃的な両チームの戦いはこの日も楽しみです。
アーセナルは、故障をかかえるセスクを外して、中盤には聞いたこともないイーストモンドという選手とウィルシャーのコンビ。前線にはベントナーが復帰してきてました。

ゲームはやはりスピーディーな展開になっておもしろかったですね。シャフタールの前線のブラジル勢はやっぱりアイデアでおもしろいところもあるし、足元の技術もしっかりしていて、見ていて楽しいです。

しかし先制したのはアーセナル。ハーフウェーラインぐらいからウォルコットが抜け出すと、DFを置き去りに独走状態になってうまくキーパーの脇を抜いてゴール。

ただ、シャフタールもFKからチグリンスキのヘッドをイーストモンドがまさかの自ゴールへのヘッドでシャフタールが同点に。
さらには、右サイドのスルナがクリシからボールを奪ってそのまま右サイドを突破し、マイナスのグラウンダー。これを元アーセナルのエドゥアルドが蹴りこんで逆転に成功。

後半もお互いに攻めあう状況がつづきましたが、なかなかいいラストパスまでいかない場面も多く、結局このまま試合終了。
勝ち点3を積み重ねたシャフタールはこの時点でアーセナルと並びました。この2チームの突破はほぼ決まりかな??

結果:
シャフタール 2 - 1 アーセナル

得点:
ウォルコット  ハーフウェーから独走
チグリンスキー  FKからのヘッドがイーストモンドに当たって
エドゥアルド  スルナからの折り返しを蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ACミラン - レアルマドリード
2010年11月08日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

引き続き、ACミランvsレアルマドリード戦を見ました。

さて、いよいよミラン戦ですが、前節敗戦を喫したためにかなり苦しい展開。ホームのここはぜひとも勝ちたいところですね。

この日はイブラヒモビッチとパト、ロナウジーニョの3TOPで。
ゲームは序盤からかなり激しい展開に。さすがに今のレアルマドリードはアウェーでもものすごい迫力の攻撃を仕掛けてきますね。

ミランの守備が間に合わず、ファールになるシーンがかなり多かったです。
何とか凌いでいたミランですが、前半終了間際にディマリア→イグアインと繋がれて先制点を許してしまいました。

後半になって、ミランはロナウジーニョに代えてインザーギを投入。
かなり早い段階での交代でしたが、これが結果的にはプラスに働きました。
イブラヒモビッチが左サイドを抜け出して、折り返したボールをカシージャスが弾くもインザーギがヘッドで押し込んで同点に。

さらにガットゥーゾの技ありの裏へのパスにオフサイドぎりぎりで抜け出したインザーギがきっちりと決めて逆転。これで勝ったと思ったんですが、後半ロスタイムにまさかのペドロ・レオン弾を喰らい、痛恨のドロー。こちらも途中出場のベンゼマとペドロ・レオンが結果を残したかたちで、層の厚さも感じさせるゲーム内容でした。

これは正直痛い引き分けですね~。アヤックスがどうなったかにもかかってきますが、ミランは残り2試合両方とも勝たないとだめな展開になってきました。。。大丈夫かな・・



結果:
ACミラン 2 - 2 レアルマドリード

得点:
イグアイン  ディマリアからのパスを受けてシュート
インザーギ  イブラヒモビッチのクロスをカシージャスが弾いたところ押し込み
インザーギ  ガットゥーゾからの裏への浮き玉に抜け出し
ペドロ・レオン  ベンゼマからのスルーパスをダイレクトシュートでキーパーの股抜き


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ブレーメン - トゥエンテ
2010年11月08日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、ブレーメンvsトゥエンテの一戦。ここはインテル、スパーズについていくために、両チームとも勝利が絶対に必要となってくる試合ですね。

その両チームの意気込みが前半から見られ、非常にアグレッシブでおもしろい展開になりました。もともと攻撃的なブレーメンに対し、トゥエンテはカウンターを中心に好機を演出。ヤンコが何回か突破しそうな場面もありましたが、最後のところでかわしきれなかったりですね。

あとは両チームのキーパー、ミハイロフ、ミーリッツの好セーブも光ってました。特にミハイロフはかなりの安定感を発揮し、ビッグクラブからいつお呼びがかかってもおかしくないような出来でした。

前半はピサーロのシュートがポストに阻まれたりと、攻撃しながらもなかなか決め切れなかったブレーメン。トゥエンテも結局得点は奪えず0-0で折り返し。

後半に入ると、逆にシャドゥリのシュートがポストに阻まれたり、ブレーメンのウーゴアウメイダのどんぴしゃのヘッドがキーパーの正面にいったりと、チャンスはかなりありながらも得点が動かない展開でしたが、この日最終ラインに入ったフリンクスが、ブライアン・ルイスを引っ張って、一発レッドをもらったあと、ようやく動き始めました。

試合を決めたのはこの日もシャドゥリ。カウンターの体勢になるとブレーメンは中盤より前の選手が誰も戻れず3人での守備に。対して押上げがあったトゥエンテは左サイドのシャドゥリに流したボールからシュートを決めついに拮抗を破ると、数分後にはまたまたカウンターからブライアンルイスのクロスをデヨンクがヘッドで決めて、ゲームを決定付けました。

10人になってからのブレーメンは足が止まり始めてしまいましたね。。。
結局アウェーで勝ちを得たトゥエンテが2位争いに踏みとどまりました。

結果:
ブレーメン 0 - 2 トゥエンテ

得点:
シャドゥリ  カウンターからボールをもらってシュート。DFにあたりながらもゴール
デヨンク  左サイドからのブライアン・ルイスのクロスをファーでヘッド
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 バレンシア - レンジャース
2010年11月07日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はバレンシアvsレンジャース戦。
ここはグループの2,3位争いで内容的にはおもしろくなりそう。レンジャースは何とか引き分けて勝ち点1を持って帰りたいところでしょうが、果たして。。

ゲームは序盤から完全にホームのバレンシアペースでした。
さすがにホームになると強いのか、レンジャースの戦い方が守備的過ぎるのか分かりませんが、ほとんどバレンシアが支配している印象でした。

ただ、ゲームが動いたのは前半30分すぎ。
CKのこぼれ玉をソルダードが狭いところに蹴りこんで先制。レンジャースはキーパーのマクレガーにかなり助けられてましたが、ついに破られてしまいました。

後半になってもほとんど展開は変わらず、71分にはソルダードが右サイドを突破し2点目をとると、終了間際には右からのクロスを大外のアルベルト・コスタがダイレクトで押し込んで、終わってみればバレンシアの楽勝状態でした。さすがにレンジャースはこの戦い方だけだと厳しくなってきましたかね。。

結果:
バレンシア 3 - 0 レンジャース

得点:
ソルダード  CKのこぼれ玉蹴りこみ
ソルダード  右サイドを突破し、そのままシュート
アルベルト・コスタ  右からのクロスを左サイドでダイレクト蹴りこみ

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ベンフィカ - リヨン
2010年11月06日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

ベンフィカvsリヨン戦を引き続いて見ました。リヨンは引き分け以上で勝ちぬけが決定するこの試合。悪い悪いと言われながら、安定してますね。

ベンフィカはこの日アイマールが出場せず、TOP下にはカルロス・マルティンス。
しかし、この日はそのカルロス・マルティンスが大活躍でした。

開始20分ぐらいにはカルロス・マルティンスのFKからアラン・カルデッキがヘッドで押し込んでベンフィカ先制。さらに32分には、カウンターのかたちからカルロス・マルティンスの右からのクロスを左のファビオ・コエントラオンがダイレクトでボレーシュートを決めて追加点。前半終了前には、さらにCKからハビ・ガルシアが決めて3点目と、前半で勝負を決めていしまいました。

後半は退屈なゲームになるのかと思ったんですが、そんなこともなくゲームは引き続き動きました。
まずはまたまたカウンターのかたちからカルロス・マルティンスがファビオ・コエントラオンにつないで、そこから落ち着いてループシュート。カルロス・マルティンスはこの日4アシスト。
4点をとって磐石かと思われたベンフィカですが、そこからリヨンが猛反撃に。

74分にグルキュフがようやく結果を残すと、84分にはCKからゴミスが押し込み。ロスタイムにもセットプレーから一点を追加し、終わってみれば4-3の点の取り合いでした。リヨンは惜しくも勝ち抜けを決められず。
ベンフィカも楽勝モードだったにもかかわらず、ちょっと安定しない戦いでしたね。

結果:
ベンフィカ 4 - 3 リヨン

得点:
アラン・カルデッキ カルロス・マルティンスのFKをヘッドで
ファビオ・コエントラオン 右からのクロスをボレー
ハビ・ガルシア  CKから押し込み
ファボコエントラオン  カウンターからループシュート
グルキュフ  右からのグラウンダーをダイレクトシュート
ゴミス  CKをニアで逸らして、押し込み
ゴナロン  FKをヘッドで。キーパー前に出るも触れず。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 コペンハーゲン - バルセロナ
2010年11月06日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はコペンハーゲンvsバルセロナ戦。コペンハーゲンは今シーズンがんばっており、ここはグループの1,2位争いです。
前節はバルサがホームで勝ちましたが、コペンハーゲンも惜しいシーンもありましたし、がんばっていた印象。

この試合もコペンハーゲンはかなり攻撃的でバルサ相手に一歩も引かない戦いを繰り広げ、かなりおもしろい試合にしてくれました。もちろんバルサの支配率もかなり高く、いつもどおりのパス回しからの攻撃もありましたが、コペンハーゲンのプレッシャーが強くて潰されるシーンも目立ってました。

しかし、先制したのはアウェーのバルサ。ビジャがエリア内でボールを受けようとDFと競ったこぼれ玉が運よくメッシの前にこぼれそのままシュート。メッシは前節に引き続いてのゴールを上げました。
これでコペンハーゲンもちょっとは気落ちしてしまうかと思ったんですが、そのすぐ後に、グレンケアの左サイド突破から最後は右サイドに抜けてきたボールをクラウデミールがダイレクトで蹴りこんで同点に。

その後も、両チームとも積極的なゲームを続け、1-1のままドロー。
コペンハーゲンは最後までアグレッシブなディフェンスを続け、バルサの攻撃のチャンスを潰すことが多かったです。これで勝ちぬけにあと1歩でしょうか。

結果:
コペンハーゲン 1 - 1 バルセロナ

得点
メッシ  ゴール前の開いてクリアを拾ってシュート
クラウデミール  グレンケアのクロスをキーパーが弾いたところを蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ハポエル - シャルケ
2010年11月04日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はハポエルvsシャルケ戦を見ました。
シャルケは前節ようやく力を発揮できたので、このまま流れに乗ってアウェーのここも取りたいところでしょうね。内田はこの日も先発だし、ミスなくがんばって欲しいです。

しかし試合になると前節が嘘のようにシャルケは迫力がなかったです。。。
内田もDFでは相手に翻弄されることが多々あって、まだまだ不安定さを拭いきれなかったですし。

ゲームとしてはハポエルが支配してシャルケがカウンターを狙うというパターンでしたが、シャルケのプレッシャーがあまいせいか、結構ハポエルは自由にボールを回せてました。

後半になるとゴール前であわやというシーンを何度も作り出してましたが、最後の最後で押し込めないケースが結構続いてましたし、ノイアーの好セーブにあって得点は動きませんでした。

シャルケとしては低調な出来だっただけに勝ち点1をとれたのはまあよかったでしょうか。。。

結果:
ハポエル 0 - 0 シャルケ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 ブルサスポル - マンチェスターユナイテッド
2010年11月03日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は休みなのでもう1戦。ブルサスポルvsマンU戦を見ました。
今シーズンのマンUはCLでは低調な戦いが続いているので、そろそろ爆発して欲しいとも思ってるんですが、果たして・・・

ブルサスポルはまだ未得点のチームですが、今節はホームということもあり、マンU戦ながら積極的な立ち上がり。なかなかミスが多くて決定機になりそうな場面でも方を落としてしまうシーンが多かったですが、それなりにがんばってたと思います。

マンUは相変わらずふわっとした立ち上がりでさらに今シーズンは出来がいいナニが負傷交代。どうなることかと思ったんですが、後半になってようやく先制点が入りました。先制点はこの日終始高いポジションを取り続けたフレッチャー。いつもとは少し違う仕事場のようですが、きっちりと結果を出しましたね。

さらにはこの日先発で使われていたオベルタンが個人技からのシュートをきっちりと決め追加点。最後はこの日初出場となったベベにスコールズが絶妙のお膳立てをし、結果0-3でマンUの勝利。前半はいまひとつだったんですが、後半きっちりと勝負をきめ、ひさびさに得点力も披露してくれましたね。

これでほぼ勝ち抜けは手中に収めましたし、これからが楽しみかな?問題はFWだと思いますけど。。

結果:
ブルサスポル 0 - 3 マンチェスターユナイテッド

得点:
フレッチャー  左からのクロスを右サイドでワントラップシュート
オベルタン  エリア外でボールを受けワントラップで相手をかわしつつシュート
ベベ  スコールズからのスルーパスに抜け出し
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 第4節 トッテナム - インテル
2010年11月03日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日から第4節ということで早速トッテナムvsインテル戦を見ました。
このカードは前節、インテルが4点取った後、スパーズがベイルのハットトリックで3点返すという撃ち合いのゲーム。今節、スパーズのホームでもかなり楽しみな展開になりそうですね。

スパーズは前節出場停止のファンデルファールトが先発で戻ってきましたが、早速仕事をしてくれました。モドリッチがドリブルでゴール前まで持ち込むと、裏へのスルーパス。これをファンデルファールトがダイレクトで蹴りこんで、スパーズの先制。

前半は、スパーズがかなりとばしていて、何度も決定機があったんですが、結局はこの1点どまり。しかしアグレッシブでかなりおもしろい試合になってました。

後半に入っても、引き続きスパーズペースで、インテルはカウンター以外にはなかなか活路を見出せない状況。
後半15分にはベイルが左サイドを単独で突破して技ありのクロスを送ると、クラウチがしっかり蹴りこんで2-0に。

この日もベイルは大当たりでした。個人的には世界最高レベルの右SBと思っているマイコンをまったく相手にせずにスピード勝負で抜きまくって、何度もチャンスを作ってました。
エトーに1点返されたものの、最後にはまたまたベイルがハーフウェーラインの手前ぐらいから単独突破でルシオ、サムエルを置き去りにして、そのままパヴリチェンコへのクロスから3点目という、離れ技。

どんどんと株があがってますね~。やっぱりミランに来て欲しい・・・・

これで両チームが勝ち点7に並び、もう1試合の結果次第で今後の展開がどうなるか決まってきそうです。

結果:
トッテナム 3 - 1 インテル

得点:
ファンデルファールト  モドリッチからのスルーパスをダイレクトで
クラウチ  ベイルの左サイド突破からのクロスを押し込み
エトー  エリア内でボールを受け、ワントラップから相手をかわしてシュート
パヴリチェンコ  ベイルの左サイド突破からのクロスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。