趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 マルセイユ - マンチェスターユナイテッド
2011年02月27日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は、マルセイユvsマンU戦を見ました。
これで1stレグはすべて終了ですね。

マルセイユ:
FW:ブランドン
MF:アイェウ、カボレ、ルチョ・ゴンザレス、シセ、レミー
DF:エインセ、ディアワラ、ンビア、ファンニ
GK:マンダンダ

交代:
シセ → シェルー
レミー → バルヴエナ

マンチェスターユナイテッド:
FW:ルーニー、ベルバトフ
MF:フレッチャー、キャリック、ギブソン、ナニ
DF:エブラ、ヴィディッチ、スモーリング、オシェイ
GK:ファンデルサール

交代:
ギブソン → スコールズ

マルセイユはジニャックが怪我、バルヴエナもベンチからとベストではない面子ですね。アイェウ、レミーの両サイドは結構おもしろそうですが。
マンUはまあ、メンバーはそれなりに揃ってますね。

アウェーながらも立ち上がりがよかったのはマンU。かなりゆったりとした入りだったんですが、それなりにチャンスが作れていました。
ナニのサイドは結構優位に立っていた印象で、エインセあたりはなかなか対応できていない感じ。

マルセイユの攻撃は頼みのルチョがなかなかボールに絡むことができず決定機を作り出せないでいましたね。

後半になると徐々にマルセイユも攻撃の手を強めてきて、ゴールに迫りつつあったんですが、これ!というチャンスはほとんどなかったかと。
マンU側もそれほどよくなかったので、失点こそなかったんですが。。。。

結局ゲームはスコアレスドローに。
どうも今シーズンのマンUはこんな感じのゆったりペースのゲームが多い気がします。これからリズムがあがってくるのかかなり心配・・・

結果:
マルセイユ 0 - 0 マンチェスターユナイテッド

スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 インテル - バイエルン
2011年02月26日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

昨日になりますが、インテルvsバイエルン戦を見ました。
ここは昨シーズンファイナルの顔合わせですね。楽しみな1戦です。

インテル:
FW:エトー
MF:スナイデル、スタンコビッチ、チアゴ・モッタ、カンビアッソ、サネッティ
DF:キブ、ルシオ、ラノッキア、マイコン
GK:ジュリオ・セーザル

交代:
ラノッキア → カルジャ

バイエルン:
FW:ゴメス
MF:リベリー、ルイス・グスタボ、ミュラー、シュヴァインシュタイガー、ロッベン
DF:プラニッチ、バードシュトゥバー、ティモシュク、ラーム
GK:クラフト

交代:プラニッチ → ブレーノ


インテルはやっぱり長友はベンチから。ちょっと見てみたかったですけどね~、バイエルンの右サイドとの対決は。
そのほか前線がちょっと手薄な印象は受けますね、エトー頼みになりそうな。
バイエルンはやはりひさびさのリベリー、ロッベンそろい踏みなんで期待してしまいます。

ゲームはそのバイエルンがアウェーながら序盤からペースをつかみました。
左サイドのプラニッチ、中盤のルイス・グスタボあたりが機能して、まずは左サイドからの構成がメインでした。
このルイス・グスタボという選手は結構いいミドルシュートを撃ったりして、おもしろいなとは思いました。細かなミスはありましたけど、積極性は十分に見られましたし。

インテルはエトーの個人技で、エリア内で勝負できる場面もあったんですが、キーパークラフトのファインセーブに幾度となく阻まれてしまいました。

前半0-0で折り返した後、後半に入ってからはさらにバイエルンの攻勢が強まりました。明らかに得点を取りに来ていましたね。
リベリーはいまひとつ乗り切れていない印象を受けましたが、ロッベンは後半に入ってから何度も得意のかたちに持ち込んでのシュートが見られました。
枠に飛ばないシーンもありましたが、シュートまで行く力はさすがですね。

ホームで負けられないインテルも盛り返しつつあったんですが、やはり前線の迫力のなさは否めなかったです。スタンコビッチもあまりよくなかったですし。

0-0のまま終了かな、とも思われた90分。ゲームの均衡が破れました。破ったのはやはりロッベン。
右サイドのドリブルから中へ切れ込みつつのシュート。これをジュリオ・セーザルが弾いたところにゴメスが詰めてゴールを破りました。
最後の最後でやられたインテルはホームで痛い敗戦・・・イタリア勢全滅の危機ですね、これは。
長友次節は出てくれないかな~。

結果:
インテル 0 - 1 バイエルン

得点:
マリオ・ゴメス  ロッベンのミドルをジュリオ・セーザルが弾いたところ、押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 コペンハーゲン - チェルシー
2011年02月24日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はコペンハーゲンvsチェルシー戦を見ました。
チェルシーは正直相手に恵まれた感じはありますね。決勝ラウンドに残っているチームの中では一番戦いやすい相手ではないでしょうか?

コペンハーゲン:
FW:サンチン、イドイ
MF:グレンケア、クラウデミール、クヴィスト、ボラーニョス
DF:ヴェント、アントンソン、ヨルゲンセン、ポスペク
GK:ビラン

交代:
サンチン → ヴィンゴー
ヴェント → ヴェングトソン
グレンケア → ゾホレ

チェルシー:
FW:フェルナンドトーレス、アネルカ
MF:マルダ、ランパード、エッシェン、ラミレス
DF:コール、テリー、イヴァノビッチ、ボシングワ
GK:ツェフ

交代:
アネルカ → ドログバ
マルダ → ジルコフ
トーレス → カルー

ゲームですが、序盤コペンハーゲンも前から守備を行い積極的な守備。ここはさすがホームといったところですが、チャンスがあまりないまま時間が進むと、前半17分。
グレンケアのバックパスがずれてアネルカの足元へ。
これをアネルカがドリブルで自ら持ち込んでシュートし、ゴール。あっさり先制してしまいました。

そこからは前半はチェルシーペースでゲームが進み、コペンハーゲンはほとんどチャンスもない状態。FWのンドイあたりには期待していたんですが、見せ場はなかったですね。

後半になると、コペンハーゲンも積極姿勢を見せ始めたんですが、追加点はチェルシーに。ランパードからのパスを受けたアネルカがそのままダイレクトシュートを決め2-0に。

コペンハーゲンも何回も枠内シュートを放ってはいたんですが、ほぼツェフの正面でノーチャンスでした。
結局ゲームとしてはこのまま2-0で終了。

チェルシーも勝つには勝ちましたが、トーレスはまだまだ本来の調子ではないようですし、今後勝ち上がっていくにはちょっと物足りないような感じもしました。第2節に期待ですね。

結果:
コペンハーゲン 0 - 2 チェルシー

得点:
アネルカ  相手のバックパスミスを受け、そのままドリブルシュート
アネルカ  ランパードからの裏へのパスに抜け出すとダイレクトで蹴りこみ
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 リヨン - レアルマドリード
2011年02月23日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は早速ですが、リヨンvsレアル戦を見ました。
ここは因縁の対決っぽいですね~。レアル側からしたら、またリヨンか~といった感じでしょう。。

リヨン:
FW:デルガド、ゴミス、バストス
MF:シェルストレム、トゥララン、グルキュフ
DF:シソコ、ログレン、クリス、レベイエル
GK:ヨリス

交代:
デルガド → ピエ
バストス → ブリアン
シェルストレム → ピャニッチ

レアルマドリード:
FW:アデバイヨル
MF:エジル、ケディラ、シャビアロンソ、ディマリア、C・ロナウド
DF:アルベロア、カルバーリョ、ペペ、セルヒオラモス
GK:カシージャス

交代:
アデバイヨル → ベンゼマ
ケディラ → ディアラ
エジル → マルセロ

リヨンは、ゴミスがFW先発。リサンドロはどうも結構もめてるみたいですね。。
やはりグルキュフ中心にセットプレーなどで得点したいところでしょうか。

レアル側は控えも含め豪華ですね。FWにはベンゼマではなくアデバイヨル。カカやマルセロあたりもベンチスタートと控えだけでも十分強力なチームが作れそう。

ゲームはややリヨンペースで入りました。さすがにホームでレアルから失点していないといったところでしょうか。
ゴミスあたりはオフサイドぎりぎりの裏を頻繁に狙っており、結構チャンスにもなりそうでしたね。
またデルガドやバストスと左サイドのシソコあたりが絡むサイド攻撃も魅力十分でした。

レアル側ではチャンスはほぼなし。ロナウドのFKぐらいだったでしょうか。

前半無得点のまま後半に入ると、このままではだめだと感じたか、レアル側が少しずつ盛り返してきて、チャンスも生まれ始めました。このあたりはやはり個人技があると一発で優位になるのでいいですね。

そして後半60分過ぎ、ついにモウリーニョが動き、アデバイヨルに代えてベンゼマを投入。その直後にベンゼマがエリア内でドリブルキープし、シュートを撃つと、これがヨリスのタイミングを微妙にずらしたシュートになり股間を通り抜けてゴールへ。
レアルは見事にアウェーゴールをゲットしました。

これでもう終わりかとも思ったんですが、リヨンもFKの流れからゴミスが1点返し何とかドローで終了。
勝負は第2節に持ち込まれましたが、アウェーゴールをとったレアルが優勢か?そろそろ呪縛から解き放たれるかな?

結果:
リヨン 1 - 1 レアルマドリード

得点:
ベンゼマ  エリア内のドリブルから横に流れてシュート
ゴミス  FKからクリスのヘッドをゴール前で押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 ローマ - シャフタール
2011年02月22日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日は、ローマvsシャフタール戦を見ました。

ローマ:
FW:トッティ、ブチニッチ
MF:ペッロッタ、デロッシ、メネズ、タッデイ
DF:リーセ、メクセス、ブルディッソ、カッセッティ
GK:ドニ

交代:
リーセ → カステッリーニ
ブチニッチ → ボリエッロ

シャフタール:
FW:アドリアーノ
MF:ウィリアン、ヒュブシマン、ジャジソン、ムヒタルヤン、ドウグラス・コスタ
DF:ラッツ、ラキツキー、チグリンスキー、スルナ
GK:ピャトフ

交代:
ドウグラス・コスタ → エドゥアルド
ムヒタルヤン → ヴィツェネツ
ジャジソン → テイシェイラ


ローマはチームのお家事情もあり、なんかごたごたムードらしいですね。ボリエッロが先発できなかったり、ジュリオ・セルジオもケガと、メンバー的にもベストではない様子。
シャフタールはやはり前線にずらっとならぶブラジル勢がいいですね。ビッグネームではないのでしょうが、攻撃面では非常に期待をさせてくれます。

ゲームは、前に見たアーセナルvsバルサ戦がかなりのハイペースだっただけに、このペースはゆったりとした印象を受けました。。。
あまり動きはなかったんですが、序盤はローマペースでしたね。やはりトッティにボールが入るとそこから意表をつくようなパス回しなどがあり、相手を翻弄していました。

先取点は前半28分。左サイドからタッデイがクロスをあげると、これを大外でペッロッタがヘッド。DFにあたってそのままゴールへ吸い込まれました。
これでさらに勢いにのるかと思ったんですが、その1分後。ジャジソンのミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、そのままゴールイン。あっさり同点にされてしまいました。

この1点で勢いづいたのがシャフタール。36分にはドウグラス・コスタがドリブルで持ち上がると、エリア外やや右から絶妙な左足のシュートで外を巻くシュートを決め勝ち越し。
5分後には、リーセが左サイドで転んで相手にボールを奪われると、中央フリーで待っていたルイスアドリアーノが落ち着いてゴールを決め、前半だけで3点。

もうこうなるとローマは元気がなくなりました。。。
61分にはメネズがドリブルからミドルシュートを決め、1点返すも、それ以上の反攻はなかったです。ボリエッロが入ってちょっと流れが変わったんですが、ここではその決定力を生かせませんでした。

ミラン同様、ホームでの敗戦はかなり痛いですね~。イタリア勢大丈夫か???


結果:
ローマ 2 - 3 シャフタール

得点:
ペッロッタ  タッデイのクロスを大外でヘッド
ジャジソン  ミドルシュートがDFに当たってゴール
ドウグラス・コスタ  左足ミドルシュート
ルイス・アドリアーノ  リーセが転んで奪われたボールからカウンター
メネズ  自らドリブルで持ち上がってミドル
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 アーセナル - バルセロナ
2011年02月21日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

昨日になりますが、アーセナルvsバルセロナ戦を見ました。
決勝ラウンド1回戦では屈指の好カードですね。この両チームの戦いはかなりスピーディーな展開になりそうだし。

アーセナル:
FW:ファンペルシ
MF:ナスリ、ウィルシャー、セスク、ソング、ウォルコット
DF:クリシ、ジュールー、コシェルニー、エブエ
GK:シュチェシュニー

交代:
ソング → アルシャビン
ウォルコット → ベントナー

バルセロナ:
FW:ビジャ、メッシ、ペドロ
MF:イニエスタ、ブスケツ、シャビ
DF:マクスウェル、アビダル、ピケ、ダニエウ・アウベス
GK:ビクトル・バルデス

交代:
ビジャ → ケイタ
イニエスタ → アドリアーノ


アーセナルはほぼベストメンバーに近いでしょうか。ファンペルシも戻ってきてるし、攻撃面では期待が持てそうですね。
バルサもCB以外はベストですね。この組み合わせだとかなり攻撃的になりそうだし、こちらも楽しみ。

ゲームは序盤からやはりかなりスピーディーな展開に。アウェーながらもバルサは一歩も引かない構えでのガチンコ勝負!内容は期待通りものすごく面白いものになりました。

バルセロナはその攻撃面ばかりに目がいきますが、守備でのプレスの早さがここでも目を引きますね。そして奪ってからのカウンターが早いため、チャンス数ではバルセロナが多くなっていました。

先制点もその早い攻撃から。メッシのスルーパスにビジャが裏へ抜け出してのゴール。パスの時点で勝負アリでした。
アーセナルも結構チャンスはありそうだったんですが、ファンペルシのシュートはキーパーの正面だったりと得点までは奪えませんでした。

後半になると、今度はアーセナルが勢いを盛り返し、かなり攻撃的に。
バルセロナも攻撃の芽をつみながら盛り返そうとしていましたが、後半のアーセナルの攻勢はものすごく、なかなかリズムが取り戻せませんでした。

それでもなかなか得点は奪えなかったんですが、後半33分。ファンペルシーが左サイドの角度のないところから、シュート。これがキーパーの内側を抜く絶妙のシュートで同点に。
さらにその5分後、カウンターからナスリが抜け出すと、逆サイドに絶妙の折り返し。ここへ走りこんできた途中出場のアルシャビンがダイレクトでコースを狙ったシュートを放ち、逆転に成功。

途中は絶対無理だと思われたんですが、きっちりとホームで勝利したアーセナル。アウェーゴールを与えているため、完全優位ではないですが、第2節がかなり楽しみになりました。

結果:
アーセナル 2 - 1 バルセロナ

得点:
ビジャ  メッシのスルーに抜け出し
ファンペルシ  左サイド角度のないところからニアサイドへシュート
アルシャビン  ナスリの折り返しをダイレクトでインステップのシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL決勝ラウンド1回戦 バレンシア - シャルケ
2011年02月19日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はバレンシアvsシャルケ戦を見ました。

バレンシア:
FW:アドゥリス、ソルダード
MF:ティノコスタ、ドミンゲス、メフメト・トパル、バネガ
DF:マテウ、リカルド・コスタ、ナバーロ、ミゲウ
GK:グアイタ

交代:
ドミンゲス → ホアキン
バネガ → ビセンテ
マテウ → アルバ

シャルケ:
FW:フンテラール、ラウール
MF:フラード、マティフ、クルーゲ、ファルファン
DF:シュミッツ、メッツェルダー、ヘベデス、内田
GK:ノイアー

交代:
ファルファン → ドラックスラー
フラード → エドゥ
フンテラール → ハオ・シュンミン


バレンシアはホアキンがベンチからでしたね。ここが注目かと思ってたんですが。
シャルケはやはりラウール、内田に注目してしまいます。フンテラールも結果を出して欲しいですね。

ゲームはやはりホームのバレンシアが序盤から積極的に。アドゥリス、ソルダードの2TOPは派手さはないもののいいコンビのように思いました。
先制点はそのバレンシア。
左サイドでうまくマテウが突破すると、そのままクロス。これをソルダードが中央であわせて先制。見事な速攻でした。シャルケは中のメッツェルダーが何とかできなかったか。。

内田のサイドから突破されたのもちょっとさびしいですね。

後半になるとシャルケもちょっとずつ攻撃が出てきました。
後半20分ごろには待望の得点も。フラードからのパスを受けたラウールがワントラップでシュート。実にラウールらしいゴールでした。ワントラップで自分の撃ちやすいところにしっかりとボールを運びましたね。

この後はバレンシアもホアキン、ビセンテを同時に投入し、俄然攻勢に出てきましたが、ちょっとエンジンがかかるのが遅かったですね。チャンスは作れたものの最後までゴールは割れず1-1のまま終了でした。

結果:
バレンシア 1 - 1 シャルケ

得点:
ソルダード  左サイド速攻からマテウのクロスに合わせて
ラウール  フラードからのパスをワントラップで流して左足
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
UEFA CL 決勝ラウンド1回戦 ACミラン - トッテナム
2011年02月17日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

いよいよCLも決勝ラウンドが始まりましたね。
我らがミランも始動したということで早速試合を見ました。

ACミラン:
FW:イブラヒモビッチ、ロビーニョ
MF:フラミニ、セードルフ、チアゴ・シウバ、ガットゥーゾ
DF:アントニーニ、ネスタ、ジェペス、アバーテ
GK:アッビアーティ

交代:
アッビアーティ → アメーリア
セードルフ → パト

トッテナム:
FW:クラウチ、ファンデルファールト
MF:ピーナール、サンドロ、パラシオス、レノン
DF:アスエコト、ドーソン、ギャラス、チョルルカ
GK:ゴメス

交代:
チョルルカ → ウッドゲイト
ファンデルファールト → クラニチャル


ACミランは、冬の補強で獲得した、カッサーノ、エマヌエルソン、ファンボメルあたりが使えないのは今のチーム状況だとちょっと痛いですね。
結局ほぼいつもの面々で、イブラヒモビッチに大きく期待が集まることに。

ただ、スパーズはCL大活躍のベイルが使えないということもありこのメンバーでもある程度戦えるのかな~と思ったんですが。。。

ゲームは序盤からアウェーのスパーズのペースに。サイドのアントニーニ、アバーテが相手レノン、ピーナールを抑えきれないため、がんがんサイドから攻められてしまってました。こうなるとやはりかなり厳しいですね。
アッビアーティの好守で何とか凌いでいたものの、そのアッビアーティは負傷で交代。

それでも何とか前半は0-0で凌ぎきりました。ミランのチャンスはほとんどなかったと思います。

後半になってパト投入でミランはかなり変わりました。ロビーニョがTOP下みたいな位置に入りましたが、前3人はうまく機能してきましたね。ただ、やはり中盤は組み立て力がほとんどないので、なかなか分厚い攻撃ができませんでした。

そんな中、あまりにも攻めすぎてたところ、相手に奪われてのカウンターで、レノンのドリブル突破を許すと、ジェペスが不用意な飛込みであっさりかわされ、ゴール前2体1に。ネスタがカバーに回ったところを横のクラウチに流され、そのまま失点。アバーテも下がるのをさぼったか、全然追いついてませんでしたしね。。。。

こういう展開があるからサッカーは怖い。
結局ジェペスが何度かいいヘッドを放つも、ゴメスに阻まれ、このまま0-1で終了。ガットゥーゾあたりはかなりイライラしている様子で完全に消化不良の敗戦。

ホームでこの負けはほぼ勝ち抜け絶望な気がしますね~~。う~~~ん、残念。。。。

結果:
ACミラン 0 - 1 トッテナム

得点:
クラウチ  カウンターからレノンの突破→横パスからダイレクトシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。