趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
グループリーグ第2節 リヨン - ディナモザグレブ
2011年09月30日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は朝からリヨンvsディナモザグレブ戦を見ました。
リヨンは初戦アウェーでアヤックスとドロー。こちらはまあ、いい立ち上がりでしょうね。
対するザグレブはホームでレアルマドリードに惜しい敗戦。ただ見るべきところもいくつかあり、期待は持てそうと感じさせるゲームでした。

リヨンはこの日もグルキュフ、リサンドロあたりを欠く布陣。TOPにはゴミスで中盤にはグルニエが入っているかたちです。
ザグレブの注目はやはり初戦でもいい動きを見せていた、サミル、イバニェスあたりでしょうね。

結構落ち着いた入りになったゲームですが、ペースを握ったのはやはりホームのリヨン。ディナモザグレブ側はほとんど攻撃のチャンスがない状態で、リヨンが危なげなくゲームを進めていた印象です。

先制点はゴミス。相手のパスミスボールを受けると、そのままゴール前に持ち出して技ありのループシュートを決めました。これまでのこの人の印象からは、こんなにきれいなループシュートを決められるとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。
ただ、それ以外に何度もあった決定機は全然決めきれず、らしいな、とは思いましたが・・・

前半終了間際にはCKからほぼゴール前ノーマークの状態でバカリ・コネが押し込んで追加点。

後半に入るとリヨン側がちょっとペースを落としたかゆったりと流れる展開に。
ディナモザグレブ側もほとんどちゃんすらしいチャンスはなく、何本かあったシュートも完全にヨリスの守備範囲内で、ゴールを脅かすまでにはいたらず、このまま何もできずにゲーム終了。
レアルマドリー戦ではひょっとしたらおもしろいかもと思ったんですが、今回のようなゲームだと厳しそうですね。。。

リヨンはここは危なげなく勝利で今シーズンも今のところは順調そう。3,4節のレアル戦がどうなるかがキーですね。

結果:
リヨン 2 - 0 ディナモザグレブ

得点:
ゴミス 相手のパスミスから最後はきれいなループシュート
バカリ・コネ CKから抜けてきたボールをゴール前押し込み
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第2節 レアルマドリード - アヤックス
2011年09月29日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日は、レアルマドリードvsアヤックス戦を見ました。
レアルマドリードはアウェーで初戦を勝っており、このグループ勝ちぬけにはやはり固そうですね。
アヤックスは目下の敵リヨンとホームで引き分けているだけに、ここはアウェーのレアルマドリード戦ながらも勝ち点がほしいですね~。

レアルマドリードはカカを先発で使ってきましたね。これは少し楽しみかも。
アヤックスは初戦とほとんど変わらないメンバーですかね。

ゲーム開始直後から積極的に前からプレスに行っていたアヤックス。かなり高いラインでDFを組み立てており、奪ったところからのカウンターで何度かチャンスを作っていたんですが、ゴールは割れず。
しかしこれはかなり行けそうかも、と期待が持てたんですが、流れが良かったのは15分すぎぐらいまで。

一本ベンゼマに決定機を作られてからは、ペースを完全にマドリーに持っていかれてしまいました。
マドリーは完全にロングボールでの裏狙いでしたが、これがぽんぽんととおってしまって、止めるすべなしでした。オフサイドがまったく取れなかったのが痛かったです。

で、悪い流れのまま得点が動いたのが25分ぐらい。ボールを奪われると、そこから高速でパスを回されてなすすべなくゴールを決められてしまいました。ロナウドとカカのワンツーからエジルへのパス→サイドのベンゼマに流して折り返したところをロナウドがゴールでした。

さらには前半終了前にカカにもゴールを決められ、ここで勝負はほぼ決した感じですね。
流れを持って行かれてからはあまりチャンスらしいチャンスもありませんでしたし。

後半開始早々にもベンゼマに決められ、終わってみれば今年も惨敗・・・・う~ん、最初の15分は十分渡り合えてたのに。。。。

この日はファンデルビールが全然だめでしたね。昨シーズンはかなりよくてどこに行けるか楽しみにしてたのに。。。
あとは、ウィングのスレイマニ、ブリーフテルあたりは持ち味を出せていたんですが、CFのシグソルソンがだめですね。やっぱりしっかりとしたCFがほしいところです・・

結果:
レアルマドリード 3 - 0 アヤックス

得点:
ロナウド 高速パス回しから横パスをゴール前で蹴り込み
カカ ロナウドからのパスを受け、エリア外からグラウンダーのシュート
ベンゼマ エリア内でカカのドリブル突破からの横パスを受けて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第2節 CSKAモスクワ - インテル
2011年09月28日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日から第2節ということで、さっそく1試合見ました。CSKAモスクワvsインテルです。
インテルは第1節まさかの敗戦を喫しているので、ここは是が非でも勝ちがほしいところでしょう。監督がラニエリにかわってどうかですね。長友はここも先発。左にキブが入ったので、この日は右SBでした。

CSKAはアウェーで引き分けての第2節。インテル相手とはいえ、ホームのここは勝ち点の積み上げがほしいところか。
初戦2得点のドゥンビアに注目したいところ。

ゲームはかなり落ち着いた入りに。インテルもまずは様子見というところでしょうか。
ただ、そんなゆったりした入り方だったんですが、得点はすぐに生まれました。インテルのCKでキーパーが飛び出すも触れず。ファーで待っていたルシオはそのまま抜けてきたボールをけりこむだけ、という状況であっさり先制。
あまりにもあっさりとした得点で、実況もあ~入りました。ぐらいのテンションでした。。

さらに前半23分には長友が右サイドでボールを持つと、股抜きを見せてエリアに侵入。ここまでいけば勝負ありという状況での横パスをパッツィーニが決めて追加点をゲット。長友が活躍を見せてくれたのはうれしいですね。

2点をとったインテルはそのままゲームのペースを握ったものの、前半ロスタイム、ジャゴエフの直接FKが決まり、CSKAが1点を返す展開に。

この1点で後半になって俄然元気になったCSKAはかなり分厚い攻撃を見せられるようになりました。両サイドのMFオリセーとジャゴエフがかなり機能していましたね。
そして77分にはバグネル・ラブがドリブルで切れ込んでシュートを決め、ついに同点に。バグネル・ラブは結構コントロールミスも多く、もうそろそろ限界かな~と思ってたんですが、ここ一番ではキレの良さを見せてくれました。

インテルまたもピンチかと思ったんですが、その危機を救ったのは、サラテでした。背後からの浮き球を胸でワントラップして、相手をかわすとそのまま左足でシュートを決め、勝ち越し。
CSKAは追いついた直後の失点となってしまったので、ここは痛かったですね。さすがに再度追いつく元気はなかったです。

とりあえず、インテルは何とか勝ち点3をゲットし、これから盛り返しとなりそうです。

結果:
CSKAモスクワ 2 - 3 インテル

得点:
ルシオ CKのこぼれてきたボールをファーで蹴りこみ
パッツィーニ 長友のドリブル突破からの横パスを蹴りこみ
ジャゴエフ 直接FK
バグネル・ラブ ドリブルでエリア内に侵入しシュート
サラテ 胸トラップで相手をかわしつつシュート


ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 アヤックス - リヨン
2011年09月20日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はアヤックスvsリヨン戦を見ました。
アヤックス今シーズンこそは!と期待は持っているんですが、正直この戦力でこの面子だと厳しそうですね。

この日は新加入のシグソールソンという人がTOP。中盤にはヤンセンも入っていました。セットプレーには期待が持てますね。
リヨンはあまりメンバー変わってないですかね。グルキュフやリサンドロ、クリスなど主力級がかけているのはちょっと痛そう。

ゲームは立ち上がりからアヤックスが優勢に。うまくはまった時にはかなりスピーディーな展開を見せてくれてひさびさに楽しめそうな試合でした。ゲームの組み立てという意味ではスレイマニがかなりきいていました。
キープ力もあり、ワンタッチパスのアイデアなんかも豊富で何かやってくれそうな予感が。

リヨンもカウンターから大きなちゃんすが生まれることがしばしば。アヤックスは攻めに人数かけすぎてこういう展開になることは結構ありますね。
簡単なミスでボールを奪われることもありますし、見てる側としてはひやひや。。。

前半はアヤックス優位ながらもスコアレス。
後半に入ってもアヤックスがペースを握っていそうだったんですが、明らかに最後のほうは疲れてきましたね。中盤でボールを回すだけで中に入れないシーンがかなりありました。残念・・・
スレイマニも組み立て部分ではよかったんですが、決定機をことごとく決められなかったので、こちらもちょっとストレスがたまる展開でした。まあ、ヨリスのファインセーブが何度もあったんですが。

リヨンはTOPがゴミスだけだとあまり面白味のある攻撃はなかったですね。バストス、ブリアンがからむとだいぶ可能性は感じましたが、こちらも最後までゴールは奪えず。まあアウェーでドローであれば上々のスタートでしょうか。
アヤックスは今シーズンも厳しそうです・・・・・

結果:
アヤックス 0 - 0 リヨン
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 マンチェスターシティ - ナポリ
2011年09月20日 (火) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日は朝から1戦だけ観戦。マンチェスターシティvsナポリです。
バイエルンにビジャレアルが入った混戦が予想されるグループだけに、この初戦はお互い大事ですね。

シティはジェコ、アグエロの2TOPでナスリあたりも先発。ナポリの注目はやはりハムシクやラベッシあたりになるでしょうか。

ゲームは立ち上がりからシティペースでしたが、ナポリ側にもラベッシのバーをたたくシュートがあったりと、お互いにチャンスが生まれる好ゲーム。攻守の切り替えが早くいつ点が入ってもおかしくないような流れでしたが、前半はスコアレスで折り返し。

シティはシルバの右サイド側がよく機能していたように思いましたが、ヤヤ・トゥレが決定機を決めきれなかったりとちょっとおしい前半でした。

後半になるとちょっとナポリ側も盛り返し、支配率も少しあがってきました。シティ側にもちょっと攻め疲れが出始めたころですかね。

ここでナポリは相手ミスのボールをうばったカウンターから、マッジォのパスを受けたカバーニがキーパーの股間を通すシュートで先制点。
このままでは終われないシティもコラロフが直接FKを決めてすかさず同点に。

ただ、そのあとテベス、アダムジョンソンを投入し攻め続けるも勝ち越し点を奪えなかったシティはホームでちょっと残念な勝ち点1.
ナポリは攻撃から守備への切り替えが早く最後のところでしっかりと守備ができており、なかなか固いゲームを見せてくれました。
アウェーでこの戦い方ができるのであれば、これからもまだまだ分かりませんね。

シティはチャンスが十分にあっただけにこの試合はちょっともったいなかったかな。決めるところを決めないとやはりきついですね。

結果:
マンチェスターシティ 1 - 1 ナポリ

得点:
カバーニ  カウンターからパスを受けてそのままシュート
コラロフ  直接FK
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ベンフィカ - マンチェスターユナイテッド
2011年09月19日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

今日はもう1試合、ベンフィカvsマンチェスターユナイテッドを見ました。

マンUはメンバー的にはキーパー以外は昨年のメンバーとほとんど変わらないところ。チェルシー戦をにらんでか、少しメンバーを落としてきたのかもですね。
ベンフィカは今シーズンは大量補強。ガライやヴィツェルなどが先発していました。

ゲームは序盤は落ち着いた入り方。最近のマンUはこういう試合が多いですね。
支配率はマンUのほうが上回っていましたが、チャンスを多く作っていたのはベンフィカでしょうか。奪ったボールをスピーディーに前線につなげていたと思います。
そういった攻撃が実を結んだのは前半20分過ぎ。中盤からのロングボール1発で、カルドーソがワントラップし、うまく抜け出してシュートをうつと、これがキーパー一瞬間に合わず、先制のゴールに。

対するマンUは前半終了前にギグスが自らドリブルからのミドルシュートを決めて何とか同点に。

後半に入ってもゲームは前半と同様のペースで。マンUはナニ、エルナンデスなどを投入するもなかなか流れをつかめず。対してベンフィカも何度かチャンスはあったものの、この日先発のキーパー、リンデンゴーアの好セーブもありゴールが奪えず。

結局ゲームはこのままドローで終了。マンUとしてはアウェーで最低限の勝ち点をゲットし、とりあえずはOKというところでしょうか。

結果:
ベンフィカ 1 - 1 マンチェスターユナイテッド

得点:
カルドーソ  ロングボールを胸トラップし、そのまま抜け出してシュート
ギグス  中盤からドリブル→ミドル
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ビジャレアル - バイエルン
2011年09月19日 (月) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はビジャレアルvsバイエルン戦を見ました。
ビジャレアルはロッシ、ニウマールの2TOP。サンティ・カソルラあたりが抜けたのがちょっと戦力ダウンか。
バイエルンはロッベンが不在というのが残念。宇佐美もベンチスタートですね。チャンスはありそうですが。

ゲームはアウェーながらもバイエルンペース。開始数分でリベリーの突破からクロースがダイレクトでシュートを決めてあっさり先制。このあともかなりスムーズにボールをキープできていたと思います。
特に左サイドのラーム、リベリー側のコンビネーションがよかったです。

ビジャレアルはロッシの裏狙いが結構有効そうでしたが、ゴールを奪うまでにはいたらず。

後半に入ってビジャレアルはカニをセナに変えて投入し、さらに攻撃的にきたんですが、なかなか主導権をうばうにはいたらず。
バイエルンはマリオ・ゴメスにかわってペテルゼンという選手が投入されたんですが、こちらも決定機を何度も迎えながらゴールを決めきれず、緊迫した展開。

そんな中ゴールを奪ったのは以外にも右SBのラフィーニャでした。右サイドからドリブルでエリア内に侵入するとそのまま強烈なシュートでニアサイドを破ってバイエルンに追加点。これでこの日は完全に勝負ありでしたね。

リベリー、シュヴァインシュタイガーあたりがしっかりと機能しているバイエルンはやはり強かったです、ロッベン抜きでも。
これで混戦が予想されるAグループで一歩抜け出しですね。ビジャレアルはホームでの敗戦ですが、混戦が予想されるグループだけにまだまだ分からないです。

結果:
ビジャレアル 0 - 2 バイエルン

得点:
クロース  リベリーからの折り返しをダイレクトシュート
ラフィーニャ  自らドリブル突破でそのままシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 リール - CSKAモスクワ
2011年09月18日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はつづけてもう1試合見ました。
リールvsCSKAモスクワ戦です。

ここは、インテル、トラブゾンスポルと同じグループなんで、まったく先が読めないですね。
ホームのリールは絶対に勝っておきたいところでしょう。

リール注目はやはりリーグアンMVPのアザールでしょうか。あとはソウの得点力にも期待が持てそう。
CSKAは本田がいないのはやはり残念。こちらも10番を背負うジャゴエフが注目の一人になりそうです。

ゲームは最初落ち着いた入り方をしましたが、徐々にホームのリールがペースをつかみました。
アザールは期待通りいい動きを見せていました。キープ力もあるし、アイデアも豊富そうで、確かにビッグクラブから注目されるのはわかります。
何度かリールに決定機があったんですが、ソウがこれを決めきれず、じりじりした展開に。
しかし前半最後の最後でCKからの展開からソウがヒールで流し込んで待望の先制点。

後半になってから、さらにペドレッティが、ゴール前の折り返しをアザールがスルーしたところ走りこんでミドルを決めて2-0に。
これで決まったかと思ったんですが、CSKAもドゥンビアが個人技でエリア内に突入し、ゴールを決めて1点差に。

さらには終了間際、またまたドゥンビアが今度はジャゴエフとのワンツーで抜け出してゴールを決め、同点に。
このままゲームは終了し、CSKAとしてはしてやったりの同点での終了。
逆にリールにとっては負けに等しい引き分けになってしまいました。最後はジョーコールも投入し、いい動きを見せていたんですけどね~。残念。

両チームとも前線のタレントはおもしろいメンバーがそろっているので、今後の展開もまだまだ分からないです。

結果:
リール 2 - 2 CSKAモスクワ

得点:
ソウ  CKのこぼれを折り返したところ、ヒールで押し込み
ペドレッティ  エリア内からのマイナスの折り返しをダイレクトミドル
ドゥンビア  エリア内に自ら突入し、シュート
ドゥンビア  ジャゴエフとのワンツーで抜け出してシュート。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ディナモザグレブ - レアルマドリード
2011年09月18日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はまずディナモザグレブvsレアルマドリード戦。
ここのグループはレアルマドリードの2位争いでしょうか。リヨン、アヤックスにザグレブが食い込めるかですね。

レアルマドリードはメンバー的にはあまり変わっていないか。中盤にファビオ・コエントランが入ったぐらいでしょうか。ただ、この日はモウリーニョがベンチ入りできないという状況。これがどう響くか・・

ゲームは以外にもディナモザグレブが攻勢に。ホームということもあってか、かなり積極的でしたね。狙い目としては裏へのボールでペペ、カルバーリョとの競争でしょうか。
あとは、サミールというブラジル人選手が結構おもしろい存在でしたね。キープ力もあって、うまくいけば個人技で打開できそうな雰囲気がありました。

レアルマドリードも30分過ぎからは徐々に攻撃に厚みを加えてきてかなり試合展開としてはおもしろくなりました。
得点が動いたのは後半に入ってから。
ゴール前でロナウドから順にまわして最後は右サイドのディマリアが横パスをダイレクトで蹴りこんでレアルマドリードがようやく先制。

その後もディナモザグレブはあきらめることなく攻めたんですが、徐々に疲れも見えてきましたね。
マルセロが2枚目のイエローで退場になったんですが、ゴールを割ることは最後までできませんでした。レアル相手にかなりがんばっていたんですが、惜しかったです。

レアルマドリードは何とかアウェーで最低限の結果は残し、まずは1歩前進といったところでしょうか。

結果:
ディナモザグレブ 0 - 1 レアルマドリード

得点:
ディマリア  ゴール前のつなぎからダイレクトシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 インテル - トラブゾンスポル
2011年09月17日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

引き続いて、インテルvsトラブゾンスポル戦。
トラブゾンスポルはフェネルバフチェの代役で出てきたトルコのチームらしいですね。こういったタナボタチャンスを生かせるかどうか。

インテルは、今のところ2連敗中ということでちょっと心配ですね。長友にもしっかりとがんばってもらいたいです。この日はパッツィーニとサラテの2TOP。エトーの抜けた穴をしっかりと埋められるかどうか。

ゲームのペースは完全にインテルでしたね。ホームらしくボールを支配し、早いパス回しでかなり押し込んでいたと思います。やはりTOP下スネイデルはいいです。
あと、長友も攻撃面ではいいアクセントになっていました。
早いオーバーラップはかなり魅力的。

ただ、かなり攻めていたもののゴールにはなかなか結びつかなかったですね。このあたりはやはりエトーとパッツィーニを比較してしまいます。。。

前半は一方的な展開ながらスコアレス。さらに後半になってもなかなか得点ができないインテルでしたが、ちょっとしたところから大ピンチに。クリアボールを相手に弾き返されると、これがゴール前につながり、アルティントップがダイレクトボレー。これがバーに弾かれたところを、チェルストカがゴール前でキープし、外に流れつつ振り帰り気味にシュートをうつと、これがゴール内に転がって先制点に。

完全に一本のチャンスをものにしましたね。
そこからも変わらずインテルは攻め続けるも結局ゴールは割れず。途中出場のミリート、コウチーニョもかなり際どいシーンを作りながら、結果が出せませんでした。

これでインテル公式戦3連敗か~。リーグ戦ではライバルなんですが、CLではがんばってもらいたいんですけどね~。まあ、ここから盛り返してはくれると思いますけど。この試合もそれほど悪くはなかったですしね。ただちょっと右サイドが不安かな?

結果:
インテル 1 - 0 トラブゾンスポル

得点:
チェルストカ  ゴール前キープから振り返りざまのシュート
まあ、

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 APOEL - ゼニト
2011年09月17日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日さらにもう1試合。APOELvsゼニト戦も観ました。
ここはポルト、シャフタールの入るグループで、他のグループに比べるとどこもチャンスがありそうです。

APOELはキプロスのチームですが、こちらはあまり知らないですね。ブラジル人FWのアイウトンという選手が試合前の注目プレーヤーにあげられていました。
ゼニトは何度か見たことありますが、ダニーあたりがやはり中心になるでしょうか。スパレッティ監督がどういう戦い方を見せるのかも注目。

ゲームは、CL初勝利を目指すホームのAPOELが結構序盤から積極的。ゼニトは3バックで真ん中にブルーノアウベスを置くという結構固めの布陣できました。攻撃面ではやはりダニーが目立ってましたね。個人技があるので、上手くはまればチャンスを演出できてました。
APOELのアイウトンはブルーノ・アウベスに結構マークされてたので、こちらはあまり働きを見せることはできず。
APOELも決定機はあったんですが、キーパーのマラフェーフのファインセーブなどもあり、前半はスコアレスで折り返し。

後半になってようやくゲームが動きました。
カウンターのかたちからダニーが右サイドを持ち上がり、裏へのスルーパス。これに反応したジリヤノフがゴール隅に落ち着いて決めて、アウェーのゼニトが先制。

しかしここで気落ちしなかったAPOELは73分にマンドゥーカが、ゴール前の崩しから味方選手のシュートミスのこぼれ玉を蹴りこんで同点に。さらにそのすぐ後には、アイウトンが左サイドを抜け出し、逆サイドのゴールへ落ち着いて決めて逆転に成功。

ここから守りに入ったことで最後は一方的に攻められたものの、何とか守りきってCL初勝利。これからの試合によってはまだまだチャンスがあるかもですね。なかなかおもしろい試合を見せてくれました。

結果:
APOEL 2 - 1 ゼニト

得点:
ジリヤノフ  ダニーのスルーパスからシュート
マンドゥーカ  ゴール前のこぼれ玉を蹴りこみ
アイウトン  左サイド抜け出し、キーパーとの1対1で逆サイドのゴールネットへシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 オリンピアコス - マルセイユ
2011年09月17日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はオリンピアコスvsマルセイユ戦。
オリンピアコスは今季初戦ということで、ちょっと不安があるかな?
マルセイユも国内リーグ全然だめみたいなんで、ここで巻き返しをはかりたいところでしょう。

序盤ペースをつかんだのはホームのオリンピアコス。ギリシャ勢はやはりホームだと強そうという印象も持ちました。マルセイユはセットプレーで何とか活路を見出せそうなところは見せましたが、どうもまだうまくいっていない印象でした。

ただ、両チームともなかなか決定的な仕事が出来る人がおらず、効果的な崩しや決定機はほとんどなかったですね。マルセイユはレミーのシュートがポストに当たったのぐらい。
どちらもミドルが多めでした。

後半に入るとオリンピアコスはかなり前がかりに攻めたんですが、逆にマルセイユが左サイドのモレルの突破から中へグラウンダーの折り返しを入れると、ここへニアサイドにタイミングよくあがってきたルチョがしっかり決めて先制しました。ここまであまりいいところがなかったルチョ・ゴンザレスですが、しっかりしごとをしましたね。

オリンピアコスはここでだいぶ気落ちしたか。。。マクーンやイバガサを投入するもなかなか効果的に働くことは出来ず、結局はこのまま終了。痛いホームでの敗戦。

マルセイユはしっかりとアウェーで勝てたことで、これからおもしろい存在になるかもですね。


結果:
オリンピアコス 0 - 1 マルセイユ

得点:
ルチョ・ゴンザレス  モレルの突破からの折り返しをニアサイドで押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ポルト - シャフタール
2011年09月16日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はポルトvsシャフタール戦。ここは残りAPOELとゼニトなんでどこもチャンスはありそうですね。
個人的にはシャフタールが結構好きなので、ここ応援です。

メンバーを見てみると、両チームともあんまり昨年と変わってないですかね。ポルトも前線にクレーベルという新しい選手が入っていましたが、やはり注目はフッキでしょう。
シャフタールもブラジル人カルテットは健在でした。どこも獲らないのかな?

シャフタールはアウェーながらしっかりと攻撃のかたちができていて、やはり攻撃的でおもしろいと思いました。
開始9分にフッキがまさかのPK失敗の後、シャフタールはウィリアンのミドルをキーパーのエウトンが弾いたところ、ルイスアドリアーノが詰めて先制。

完全にキーパーのミスによる得点だけにポルトはここでかなり気落ちしてしまいました。
ただ、この空気を一変させたのはフッキでした。
前半28分、FKのチャンスをもらうと、弾丸FKを蹴りこみ、ゴールキーパーの手を弾いてそのままゴールへ。

この後からは完全にポルトのペースになってしまい、シャフタールは前半終了間際、さらに悪いことにCBのラキツキが一発レッド。。

もうこうなるとあとは凌ぎきるしかなかったんですが、後半開始後すぐにクレーベルに追加点を許し、勝負を決められてしまいました。さすがに10人でアウェーでの戦いでは厳しいですね。
しかももう一人のCBチグリンスキも退場してしまい、最後には9人になっちゃいましたし。

ポルトはホーム緒戦をしっかり勝って、このグループ一歩リード。次節勝てば一気にいっちゃいそうです。
シャフタールは何とか盛り返して欲しいですね。このゲームはフッキの一発で沈められましたが・・・


結果:
ポルト 2 - 1 シャフタール

得点:
ルイス・アドリアーノ  ウィリアンのミドルをキーパーが弾いたところ押し込み
フッキ  強烈な直接FK
クレーベル  左サイドの崩しから中央への横パスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 チェルシー - レバークーゼン
2011年09月15日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はもう1試合、チェルシーvsレバークーゼン戦です。
チェルシーは週末のマンU戦を睨んでか、だいぶメンバーをいじっているみたいですね。
ランパードやアネルカはベンチスタートで、新しいーメンバー的には、ラウールメイレレス、マタ、ダビド・ルイスなどが先発でした。

レバークーゼンはやはり古巣対決となるバラック注目ですかね。前線のキースリングあたりもどこまでできるか楽しみです。

ゲームは序盤いきなりれレバークーゼンがCKゴールをファールで取り消されたり、直後のチェルシーのゴールがオフサイドで取り消されたりと激しい立ち上がり。
ゲームとしてはおもしろくなりそうな予感十分でした。

レヴァークーゼンは玉際の強さを結構見せており、当たりに行くところではかなり厳しくチェックにいっていたので、ボール奪取後にチャンスが生まれるところもそれなりにありました。
ただ、前半はほぼチェルシーペースでしたかね。
このメンバーながらも迫力は結構ありました。特にマタ、マルダのサイドからのクロスは危険度十分といった感じで。

後半にはいるとレヴァークーゼンも盛り返して攻撃を組み立てるも、バラックがツェフとの1対1を決めきれなかったり、いま一歩足りませんでした。
左サイドのシューレルあたりはドリブル突破などでかなりおもしろい動きを見せていたんですけどね。

チェルシーは満を持してランパード、アネルカを投入すると、67分にはダビドルイスがオーバーラップからそのまま前線のつなぎで最後はエリア外から強烈なシュートを決めて先制。
その後は危なげなくゲームを運び、終了間際には左サイドをトーレスが突破すると、中央でマタが落ち着いて決めて追加点をいれ、終わってみれば完勝の内容。やはり強いという印象を持ちました。

レヴァークーゼンは、この前のドルトムント同様かなりおもしろい存在だと思いました。これからも楽しみですね。バレンシアとの2位争いとなりそうですが。

結果:
チェルシー 2 - 0 レヴァークーゼン

得点:
ダビドルイス  オーバーラップからトーレスの落としをミドルシュート
マタ  トーレスの左サイド抜け出しから中央への折り返しを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 プルゼニュ - バテボリソフ
2011年09月15日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はプルゼニュvsバテボリソフという、観てもまったく分からない1戦。
一応ミランと同グループなのでチェックです。

プルゼニュはチェコのチャンピオンチームですね。ただ、選手はチェコとスロバキアの選手ばかりで、ほとんど分かりません。。。
バテボリソフはベラルーシのチーム。何年か前に一度CLで観たかな?

こちらはケジュマンがいるのにちょっと驚き。こんなところにいたんだね~。チェルシーにいたころがなつかしい。。

ゲームはホームのプルゼニュが、イラーチェクのクロスをバコシュが押し込んで先制。これはクロスの時点で勝負アリという感じの得点でした。

ただ、後半にはバテボリソフがブレッサンの得点で追いつき、結局1-1のドローで終了。
バテボリソフはどちらかというとカウンター狙いで、アウェーで同点で追われたのはまずまずでしょうね。プルゼニュはちょっと厳しいかな?

まあ、ミランが抜けてくれれば問題ないと思っているので、勝ち点分け合ってくれたのはラッキーです。どちらかに固まっちゃうと番狂わせが起こる可能性もなきにしもあらずなんで・・・

結果:
プルゼニュ 1 - 1 バテボリソフ

得点:
バコシュ  イラーチェクのクロスを押し込み
ブレッサン  背後からのスルーパスで抜け出し、キーパーの股抜きシュート

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ゲンク - バレンシア
2011年09月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

引き続いて、ゲンクvsバレンシア戦を観ました。
ここは残りがチェルシー、レバークーゼンとなっているので、チェルシー以外の2位争いという見方になるでしょうかね。

ゲンクの選手はほとんど知りません。。。
バレンシアはソルダードが好調みたいですね。開幕早々にハットトリックとか。
あとは、新加入のピアッティあたりに注目して見たいかな、と思ってました。

序盤はホームのゲンクも積極的に攻撃を組み立てようとしていたんですが、徐々にバレンシアにボールを支配されるようになり、なかなか攻撃面ではチャンスがなかったですね。
バレンシアは中盤のバネガが非常によかった印象です。守備面、攻撃面両方でかなり機能していたかと。

前半完全に押し気味のバレンシアでしたが、結局はスコアレスで折り返しとなり、後半になってさらに人数をかける必要が。
ここでようやくパブロ・エルナンデスなど、主力級の選手投入もあったんですが、結局ゲンクのゴールを揺らすことができなかった、バレンシア。
最終的には0-0で終了となりました。

アウェーとはいえ、勝ち点3を獲得できなかったことにより、残りの試合の結果によっては、ピンチに立たせられる可能性もあるんじゃないでしょうかね。
押し気味に進めており、バーにシュートがあたる場面などありましたが、運にも見放されていたかもですね、この試合は。

次節以降のバレンシアの戦い方がどうなってくるか楽しみです。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 ドルトムント - アーセナル
2011年09月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日2戦目は、ドルトムントvsアーセナル。
ここも結構注目の対戦ですね。グループ的にも混戦になりそうですし、両チームともこの1戦目は勝ち点を取りたいところでしょう。

ドルトムントは正直あまりメンバー知りません・・・
もちろん香川は知ってますが、他はどうなんでしょう。バリオスあたりはW杯でも見たので知ってますが、どうもケガみたいで、本当に分からないです。その分楽しみですけどね。

アーセナルは、昨年までとは結構代わってますね。新メンバーというところでは、ベナユン、アルテタ、ジェルヴィーニョ、メルテザッカーなどが先発で今までとは少し雰囲気が違います。

ゲームがはじまってから主導権を握ったのはホームのドルトムント。ホームということもあるんでしょうが、かなりスピーディーに攻撃を組み立てられていて、観ていておもしろかったです。ボールロスト後もセカンドボールを拾う場面が多く、分厚い攻撃になってましたね。

TOPのレバンドフスキがサイドに流れて、香川やゲッツェなどのあがり、左サイドのグロスクロイツの切れ込みで攻撃するなど、前線の連動性はおもしろかったです。
ただ、前半完全に押し気味で進めたものの、先制したのはアーセナル。

中盤ケールのパスミスボールを奪われると、ファンペルシーにショートカウンターで抜け出されて万事休す。
ファンペルシーは右足でしっかりとゴールネットを揺らしました。右足も練習してたみたいなんで、成果がでたのかも。

後半に入ってもドルトムントペースながら、得点したことでさらにディフェンシブになったアーセナルをなかなか崩せない状態に。アーセナルは攻撃面ではほとんどいいところはなかったんですが、守備はよくがんばっていました。そういう意味では、メルテザッカーあたりは即戦力として十分いけそうですね。

香川も途中で交代し、このまま終了かと思われた88分、ドルトムントはセットプレーのこぼれ玉を途中出場のペリシッチが決めて同点に追いつき、何とか引き分けで終了。

両チーム勝ち点を分け合うかたちですが、アーセナルはせっかくの勝ちを逃し、ドルトムントもあれだけ押しながら勝利できずというところで、両方納得できない引き分けかもですね。

ただ、両チームともおもしろいので、残りの2チーム相手にもがんがん攻めるサッカーを展開してもらいたいです。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
グループリーグ第1節 バルセロナ vs ミラン
2011年09月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

いよいよ今シーズンもCLの本戦が始まりました。
こちらも早速今日から観戦三昧ですね~。

まず第一戦目はやはりこのカード、バルセロナvsミランにしました。
ミランは今シーズンもいきなり厳しい相手がいるグループに入ってしまいましたが、何とかグループステージ突破はしてほしいですね。

ミラン側は攻撃の要イブラヒモビッチが怪我で帯同していないとのこと。これはかなり大きいですね~。本人もバルサ戦は出たかっただろうし、ちょっと残念。
新しいところではノチェリーノが中盤左に入っていました。前線はパトとカッサーノ。それ以外はまあ普通のメンバーですね。

バルサは新加入のセスクはベンチスタート。CBのプジョル、ピケが不在というのが結構気がかりなところですね。
中盤のマスチェラーノ、ブスケツがCBに下がるかたちなので、メンバー構成だけ見るとかなり攻撃的な面々。

ゲームは開始早々から動きました。ミランのキックオフから始まったボールをいったんキーパーまで下げたものの、そこから一気に前への展開で、パトがマスチェラーノを置き去りにする前への抜け出しで、最後は1対1からビクトルバルデスの股間を抜くシュートで開始1分もかからずに先制。

出だしとはいえ、いきなり得点できたのは大きかったですね。しばらくはパトのスピードでチャンスっぽい場面も作れてましたし。ただ、バルセロナはやはり強いというか、いつの間にか自分達のペースに持ち込んで、あの早いパス回しでボールをキープする展開に。

何とか凌いでいたミランでしたが、メッシのすばやい切れ込みに右サイドを破られると、逆サイドへのグラウンダーをペドロに押し込まれてあっさり同点にされてしまいました。アバーテもメッシのスピードに振り切られてしまいましたね~。今シーズンもSBの守備力には難がありそうです。

後半になってもバルサのキープ、ミランのディフェンスという展開でしたが、50分にビジャにFKを直接叩き込まれて苦しい展開に。。。リードされちゃうともうだめだと思わせられますね。ポゼッション70%近くバルサが支配してましたし、奪ったボールをまったくつなげないミランにはチャンスの芽すらありませんでした。

守備面ではファンボメル中心にがんばってましたけど、攻撃面ではイブラヒモビッチ不在はかなり大きかったです。カッサーノの出来があまりよくなかったですし。

それでもミランは後半ロスタイムに、アバーテががんばってとったCKから、セードルフのキックにチアゴ・シウバがぴったりとヘッドであわせてからくも同点に。負け試合だっただけに、この得点は大きかったです。

アウェーでの引き分けは価値がありますね。ホームでもがんばってもらいたいです。
バルサは自分達の戦いはできていましたが、最後の最後で決めきれない展開でしたね。チャンス自体は十分にありましたし、勝てないときはこういうかたちでしょうね。


結果:
バルセロナ 2 - 2 ACミラン

得点:
パト  裏へ抜け出してキーパーとの1対1から
ペドロ  メッシの切れ込みから、逆サイドへのグラウンダーを押し込み
ビジャ  FK直接
チアゴ・シウバ  CKをヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
今シーズンもいよいよ始まり
2011年09月02日 (金) | 編集 |
しばらく、更新してませんでしたが、9月に入り、CLの本戦も近づいてきましたね。

またまた、例によって予想をしてみたいと思います。あいかわらず移籍の情報なんかはあまり把握していませんが。。


グループA:
バイエルン
ビジャレアル
マンチェスターシティ
ナポリ

これは、ものすごく面白そうな顔ぶれですね~。ナポリはちょっと厳しいグループに入ってしまいましたね。
非常に迷いますが、ここはマンチェスターシティとバイエルンが抜けると予想しとこうかな。
ビジャレアルもチャンスはあると思いますけどね。


グループB:
インテル
CSKAモスクワ
リール
トラブゾンスポル

ここはインテルが抜けてるかな?トルコのチームはよく分からないので、モスクワとリールの2位争いだと思いますが、ここは期待も込めてモスクワにしとこう。


グループC:
マンチェスターユナイテッド
ベンフィカ
バーゼル
オツェルル・ガラツィ

ここもマンUがリードでしょう。相変わらず楽なとこに入っている印象ですね、マンUは。
2位争いもベンフィカかな。ルーマニアのチームはよく分かりません。。。バーゼルもちょっと厳しいかな~。


グループD:
レアルマドリード
リヨン
アヤックス
ディナモザグレブ

むむ~、またしてもアヤックス厳しいところに入ってしまいましたね。。またマドリーか。。。。
あと、リヨン、マドリーの顔合わせもよく見ますね~。
ここは期待を込めて、マドリー、アヤックスにしときますか。


グループE:
チェルシー
バレンシア
レヴァークーゼン
ゲンク

これもおもしろそうなグループですね。チェルシーは恐らく安泰でしょうが、バレンシアとレヴァークーゼンをどうするか。。。
ここ最近のバレンシアはあまり強い印象を受けないので、レヴァークーゼンが2位抜けにしとこうかな。


グループF:
アーセナル
マルセイユ
オリンピアコス
ドルトムント

ここもそこそこのチームが集まって面白そう。アーセナルはちょっと出足でつまづいているし、どう立て直してくるか楽しみですね。
まあ、2位以内には入るとして、もう1チームはドルトムントかな~。ここも期待値込みですが。。


グループG:
ポルト
シャフタール
ゼニト
アポエル

小粒なグループですね~。シャフタールは結構好きなんで、こことあとはゼニトががんばらないかな?ポルトも安定して強そうですが、昔に比べると徐々にメンバーも落ちてきている気がするしな~。

グループH:
バルセロナ
ミラン
BATEボリソフ
ビクトリア・プルゼニ

ミランは今シーズンはバルサか。。。連続でマドリーでしたが、またまたスペイン勢ですね。まあ、とりあえずここは2強で鉄板だと思います。そういう意味ではまだ戦いやすいグループかな?


で、全体的な優勝候補ですが、今年はマンUにしときます。一番強いのは相変わらずバルセロナだと思いますが、2年連続の難しさもあるし、マンUは昨年の雪辱もあるでしょうしね。
まあ、応援はミラン、アヤックスですが、さすがに今年もそこまで希望は持てないと思います。。。。それでも応援はしますけどね。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。