趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝ラウンド 1回戦 1st バーゼル - バイエルン
2012年02月26日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はバーゼルvsバイエルン戦。バーゼルは予選でマンUを退けており、勢いはあるチームなんで、この対戦もおもしろそうですね。

バーゼル:
FW:A・フライ、シュトレラー
MF:F・フライ、ジャカ、フッゲル、シャキリ
DF:パク・チュホ、ドラゴビッチ、アブラハム、シュタインフェーファー
GK:ゾマー

交代:
F・フライ → シュトッカー
シャキリ → ズア
A・フライ → カブラル

バイエルン:
FW:ゴメス
MF:りべり、アラバ、クロース、ティモシュク、ロッベン
DF:ラーム、バドシュトゥバー、ボアテング、ラフィーニャ
GK:ノイアー

交代:
りべり → ミュラー
クロース → オリッチ

バーゼルは注目はやはりシャキリでしょうか。どうやら来シーズンからはバイエルンにうつるみたいですが、こういうときは活躍してしまうケースもよく見るだけに楽しみです。
あとは、A・フライの得点力でしょうかね。

バイエルンは珍しくロッベン先発なんで、ここは注目でしょう。ひさびさスタメンでどこまでできるか。ミュラーがその分ベンチからで、シュヴァインシュタイガー、ヴァンブイテンあたりが怪我のようです。

ゲーム序盤はバイエルンがかなり攻撃的に。裏への浮き球に、ゴメス、りべりあたりが反応してチャンスになるシーンが結構あったので、おもしろかったです。
対するバーゼルも、決して引いて守るわけではなく、こちらも随所にいいところがありましたね。
この日は右サイドのシュタインフェーファーがかなり攻撃的な姿勢を見せており、シャキリと合わせて右からの攻撃は迫力がありました。
CKの流れからドラゴビッチのヘディングを、ゴールライン上で何とかノイアーがセーブしたり、A・フライのシュートがバーに弾かれたりという場面もあり、見ていて飽きのこないおもしろい展開になりました。

バイエルンも徐々に攻撃の迫力が薄れてきたか。キープはできているんですが、なかなか決定的なところまで持って行けなかったですね。ロッベンも同様に右サイドから中へカットインするシーンがいつものように結構あったんですが、そこからもうひとつギアをあげたり、味方を使ったりするプレーが欲しかったです。

後半になっても引き続き両チーム攻撃が出来ており、面白い展開。前半よりも決定機の数は減ってしまいましたが、お互い集中を切らさずにいいムードで試合は運べてました。

なかなか得点があげられない中、バイエルンも最低限スコアレスドローでOKかな、という時間帯になったんですが、ラスト近くにゲームが動きましたね。
途中出場のズアが右サイドでボールを受けると、そのまま中へドリブル。そして逆サイド裏へのスルーパスを送ると、ここに反応したのが、こちらも途中出場のシュトッカー。もらったボールをワントラップからノイアーの股間を通すシュートで驚きのバーゼル先制。

ここからバイエルンも猛攻を見せてほしかったんですが、勢いなく終了。結局バーゼルが虎の子の1点を守って、幸先の良い勝ちをゲットしました。
これは、決勝ラウンドに入っても引き続きの番狂わせがあるかもしれないですね。

結果:
バーゼル 1ー0 バイエルン

得点:
シュトッカー ズアからのスルーを受けて、ワントラップシュート
スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st マルセイユ - インテル
2012年02月25日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はマルセイユvsナポリ戦を見ました。
イタリア勢2チームは勝っているだけに、あとに続けるかどうか。

マルセイユ:
FW:ブランドン
MF:A・アィエウ、シェル、バルブエナ、ディアラ、アマルフィターノ
DF:モレル、ンクル、ディアワラ、アスピリクエタ
GK:マンダンダ

交代:
ブランドン → J・アィエウ
アスピリクエタ → ファンニ
シェル → カボレ

インテル:
FW:サラテ、フォルラン
MF:カンビアッソ、スタンコビッチ、スナイデル、サネッティ
DF:キブ、サムエル、ルシオ、マイコン
GK:ジュリオ・セーザル

交代:
マイコン → 長友
サラテ → オビ

マルセイユはレミーが使えないのが残念ですね。ブランドンが前線に入っていますが、果たして機能するか。
インテルは長友ベンチからとこちらもちょっと残念。ここ最近1分け5敗とものすごく悪い状況だけに、ここを浮上のきっかけにできるかどうか。

ゲームはホームのマルセイユが積極的な入り方。相手がインテルといえどもホームではしっかりとゲームを作りたいという意図が見えました。
インテルは4-3-1-2のようなかたちで、かなり守備的な布陣。これもあって長友ベンチだったんですかね。
攻撃はもっぱらカウンター主体で、前線のサラテ、フォルラン頼みというところ。

ペースはマルセイユですが、クロスボールをぽんぽんと放り込んでいく攻撃がメインで、ルシオ、サムエルの守備にはなかなかチャンスがなさそうでした。セカンドボールへの寄せは早くてそれなりに攻撃はできてたんですけどね。

決定機の数だけであればインテルのほうが多かったか。カウンターでうまくはまったときにはゴールの枠にいくシュートもうてていましたし、もうあと一歩といったところ。

後半から長友が投入され、楽しみが増えましたが、インテルは相変わらずカウンター狙いなので、いつもほどはオーバーラップもできなかったか。
この日はスナイデルが全然よくなかったので、前線の活性化もできなかったですしね。

マルセイユは後半に入ってもクロスボール主体で。先発のブランドンは高さはあるものの、いまいちあってなかったんですが、メンバー交代後にA・アィエウが前線に配置されると、ヘディングでシュートまでいけるようになりましたね。
それでもゴールまでは、というところだったんですが、後半のロスタイムにCKから待望のゴールがアィエウのヘッドから生まれました。最後の最後というところでしたね。
キブがマークだったと思いますが、最後は集中を欠いてしまったか、簡単に前に入られてしまってました。

インテルはますます立場が危なくなってきましたね~。イタリア勢なのでここは応援したいところでもあるんですが。。

結果:
マルセイユ 1-0 インテル

得点:
A・アィエウ バルブエナのCKをへどで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st ナポリ - チェルシー
2012年02月24日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はナポリvsチェルシー戦。ここもイタリアvsイングランドですね。ミランに引き続きナポリにも頑張ってもらわねば。一応シティを倒してるわけだし。

ナポリ:
FW:ラベッシ、カバーニ、ハムシク
MF:スニガ、ガルガーノ、インレル、マッジォ
DF:アロニカ、カンナバーロ、カンパニャーロ
GK:デサンクティス

交代:
ラベッシ → ジェマイリ
ハムシク → パンデフ

チェルシー:
FW:マタ、ドログバ、スタリッジ
MF:マルダ、ラウール・メイレレス、ラミレス
DF:ボシングワ、ダビド・ルイス、ケーヒル、イヴァノビッチ
GK:ツェフ

交代:
ボシングワ → A・コール
マルダ → ランパード
ラウール・メイレレス → エッシェン

ナポリはいつものスタメンで。やはり前線3枚が要注目ですね。
チェルシーはこの日はトーレスではなくドログバをTOPに。テリーはけがで、ランパードもベンチからとまだベストではないメンバー構成か。

さらに悪いことにはゲーム開始10分でボシングワがハムストリング故障ですぐに交代とリズムもよくなかったです。
ナポリはホームらしく攻撃的に入りましたね。ロングボールに対して、ラベッシ、カバーニあたりがうまく前線でボールをおさめて、チャンスになってました。
序盤は完全にナポリペース。カバーニやマッジォに結構決定機があったんですが、ゴールまでは奪えず。

そのまま流れていくのかと思ったんですが、27分。カンナバーロがエリア内でクロスボールをクリアしようとしたところ痛恨のミス。こぼれ球をマタがダイレクトで蹴り込んで、押されていたチェルシーが先制。
かなり押していたナポリだけにこの失点は痛かったですね。

しかし今シーズンのナポリは失点しても決して勢いが落ちないですね。
ロングボールを受けたカバーニからの横パスをもらったラベッシが、軽く横に持ち出してエリア外からミドルシュートを放つとこれがツェフの手をかすめてゴール隅へ。

前半ロスタイムには、カバーニがインレルからのクロスボールを肩で押し込んで、前半のうちに逆転に成功。この1点は結構大きかったですね。

後半に入ってもどちらかといえばペースはナポリ。チェルシーもだいぶシュートは打てていたんですが、どうもキーパー正面に飛んでばっかりでしたね。。。いい体勢でのシュートなんかもだいぶ出てきたんですが。

65分には、これまた前線へのロングボールにカバーニがダビド・ルイスに競り勝って横に流したボールをラベッシが蹴り込んで3点目。
その後はあわやゴールのボールをA・コールに蹴りだされるなど、惜しいシーンでも得点できなかったんですが、しっかりとゲームを締めくくって、ホームで2点差勝利。これでだいぶ優位にはなりましたかね。

チェルシーは悪くはなかったとは思いますが、いまいち覇気にかける気がしましたね。
選手交代もあまり効果的ではなかったですし。次節ホームで2点差を巻き返せるのか、注目です。

結果:
ナポリ 3-1 チェルシー

得点:
マタ カンナバーロのクリアミスをダイレクトシュート
ラベッシ エリア外から持ち出してミドルシュート
カバーニ インレルからのクロスを肩で押し込み
ラベッシ カバーニが前線で奪ったボールの横パスを流し込み

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st CSKAモスクワ - レアルマドリード
2012年02月23日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

昨日になりますが、CSKAモスクワvsレアルマドリード戦を見ました。

CSKAモスクワ:
FW:ドゥンビア
MF:トシッチ、アルドニン、ジャゴエフ、バーンブルーム、ムサ
DF:シェンニコフ、V・ベレズツキ、イグナシェビッチ、A・ベレズツキ
GK:チェブチュゴフ

交代
ムサ → オリセー
アルドニン → 本田
トシッチ → ネツィト

レアルマドリード:
FW:ベンゼマ
MF:ロナウド、ケディラ、エジル、シャビ・アロンソ、カジェホン
DF:ファビオ・コエントラオン、セルヒオ・ラモス、ペペ、アルベロア
GK:カシージャス

交代
ベンゼマ → イグアイン
カジェホン → カカ
エジル → アルビオル

本田はベンチからになりましたね。ただ、そろそろ出場してきそうかな?
バグネルラブが抜けてちょっとメンバーが変わってますね。
レアルマドリードは国内ではバルサをも引き離している状況だし、グループリーグも6勝とちょっと手が付けられない強さ。ここもアウェーながら勝ちに来そうです。

ゲームは序盤はレアルマドリードはボールをできるだけ落ち着かせてゆっくりとボールをまわす意図が見られたか。CSKAもホームらしく結構積極的に入ったので、そこに合わせないようにという感じだったかもですが。
VVVから来たというムサという選手はドリブルは結構鋭いところを見せていましたね。ただ、ちょっとパス精度が・・・

CSKAは奪ったボールをすばやく前へという意図が強かったです。
レアルはベンゼマが故障で早々に交代し、あまりうまくいっていないのかなと思っていたんですが、投入早々のイグアインがキーパーを脅かすシーンもあり、徐々に勢いが出てきました。
このあたりからロングボールを用いた攻撃が増えてくると、一気に流れがレアルに傾いた印象。ロングボールの精度がかなりよくて、よく前線にボールがおさまっていましたね。

ここでようやくレアルが先制。左サイドからのクロスボールをDFがクリアミスしたところ、ロナウドがダイレクトで蹴り込んでのゴールでした。このあたりはさすがに抜け目ないですね。

後半になるとまたまた息を吹き返したCSKA。しっかりと攻撃はできていたと思いますが、最後のつなぎがうまくいかない。決定機に関してはレアルのほうが多かったかな。
後半20分ごろにようやく本田が投入。この日はポジションはボランチでしたね。

ただ、これで流れが変わったか、CSKAのほうがだいぶいい攻撃ができていたと思います。
FKのチャンスもあったんですが、少し遠かったか、あまり強いキックが蹴られずにカシージャスにキャッチされてしまいました。

レアルとしてはゲームを締めくくろうとしたとは思いますが、後半ロスタイム。本当に最後の最後だったと思いますが、FKの流れからエリアに放り込んだボールをヘッドでつなぐと、最後はバーンブルームが蹴り込んで土壇場に同点に。この人も新規加入の人だと思いますが、前半からボランチの守備でかなりガツガツいっており、なかなかレアルを苦しめていただけに、最後の大仕事もやってのけ、レアルとしては強烈に印象に残ったかもですね。。

ということでアウェーゴールを奪ったレアル優位は変わりませんが、次節に望みをつないでくれましたね。今度は本田も先発できるかな?


結果:
CSKAモスクワ 1-1 レアルマドリード

得点:
ロナウド 相手のクリアミスをダイレクトで蹴り込み
バーンブルーム FKの流れからヘッドでつないだボールを蹴り込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st ACミラン - アーセナル
2012年02月18日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はいよいよミラン戦を見ました。いきなりアーセナルなんでかなり厳しそうですが、今年こそはもっと上に行ってほしいところです。

ACミラン:
FW:イブラヒモビッチ、ロビーニョ
MF:セードルフ、ボアテング、ファンボメル、ノチェリーノ
DF:アントニーニ、チアゴ・シウバ、メクセス、アバーテ
GK:アッビアーティ

交代:
セードルフ → エマニュエルソン
ボアテング → アンブロジーニ
ロビーニョ → パト

アーセナル:
FW:ファンペルシ
MF:ロシツキ、アルテタ、ラムジー、ソング、ウォルコット
DF:ギブス、ベルマーレン、コシェルニ、サニャ
GK:シュチェシュニ

交代:
コシェルニ → ジュルー
ウォルコット → アンリ
ギブス → チェンバレン

ミランはボアテングが怪我明けで戻ってきたのが好材料。2TOはイブラヒモビッチ、ロビーニョですね。
アーセナルは、注目のアンリはベンチスタート。若いチェンバレンではなく、中盤はロシツキ、ラムジー、ウォルコットが攻撃的な面子。

この日はホームということもあり、ミランもなかなか立ち上がりから動きがよかったです。
序盤から結構積極的にプレスを行い、奪った際には早い攻撃でいい流れを作れてました。
プレスが間に合わなかったときはじっくりと守備を展開していましたが、ファン・ボメル、チアゴ・シウバ、メクセスの中央は固かったですね。

前半10分過ぎにセードルフが怪我で交代というアクシデントがあったんですが、15分。相手GKのキックを奪うと、ノチェリーノが前線へ浮き球。これをボアテングが胸トラップからそのままシュートを放って、これが先制ゴールに。さすがボアテングという一発でした。

アーセナルはロシツキーのドリブルなんかは結構アクセントとしてよかったんですが、パスが通らなかったですね。ファンペルシーがかたくマークされているとなかなか厳しい状態でした。
前半38分には、イブラヒモビッチがオフサイド気味ながらも左サイドの裏を抜け出すと中へクロス。これをロビーニョがヘッドで流し込んで追加点。

後半になるとアーセナルはアンリを投入。これで流れがどうなるかと思ったんですが、今度もイブラヒモビッチ→ロビーニョのつなぎで3点目をゲット。勝負を決めてしまいました。この日は珍しくロビーニョも決定力がありましたね。動きも悪くなかったです。

アーセナルもアンリが入ってからアイデアのある攻撃も出てきて、ファンペルシーのシュートが枠内に行く場面が何度かあったんですが、アッビアーティが好セーブで防いでくれました。この人シュートブロックはなかなかいいですね。
79分にはエリア内でキープしたイブラヒモビッチがジュルーに1対1を仕掛けてPKゲット。してやったりの4点目を奪いました。

ラスト近くはアーセナルの猛攻をしのいで、珍しくも大勝してくれたミラン。
さすがに今回は大丈夫だと信じたい。。。
アーセナルは、アンリやチェンバレン投入が結構効果的だと思えただけに、ちょっと前半の出来が残念でしたね。

結果:
ACミラン 4-0 アーセナル

得点:
ボアテング 後ろからの浮き球を胸トラップシュート
ロビーニョ イブラヒモビッチのクロスをヘッドで
ロビーニョ イブラヒモビッチからの横パスをダイレクトシュート
イブラヒモビッチ 自らエリア内でもらったPK

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st ゼニト - ベンフィカ
2012年02月18日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

昨日から今日にかけて、ゼニトvsベンフィカ戦を見ました。

ゼニト:
FW:ケルジャコフ
MF:ファイズリン、シロコフ、ジリャノフ、デニソフ、カヌンニコフ
DF:フボチャン、ロンバーツ、ブルーノ・アウベス、アニュコフ
GK:ジェフノフ

交代
ジリャノフ → セマク
カヌンニコフ → ビストロフ
ファイズリン → ロジーナ

ベンフィカ:
FW:ロドリゴ、カルドソ
MF:ブルーノ・セーザル、ヴィツェル、マティツ、ガイタン
DF:エメルソン、ガライ、ルイゾン、マキシ・ペレイラ
GK:アルトゥール

交代
ロドリゴ → アイマール
ブルーノ・セーザル → ノリート
ガイタン → ミゲウ・ビトール

ゼニトは主力ではダニー、クリシト、マラフェーフがいないですね。ダニーは攻撃の核だし、マラフェーフもロシアではおそらくNo.2のキーパーだろうし、ちょっと痛いところでしょうか。
ベンフィカは2TOPスタートですね。アイマールはこの日はベンチスタートとなりました。ブルーノ・セーザルのミドルやガイタンのパスワークに期待でしょうか。

ゲームは序盤から、お互い結構積極的な展開を見せ、おもしろい立ち上がりになりました。
ベンフィカはマイボールになるとしっかりつないで攻め入るという攻撃が多く、対してゼニトは素早く前へという対照的な攻撃。ゼニトのプレッシャーも結構強めでベンフィカもなかなかキープが難しい展開。

ただ、先制したのはベンフィカ。エリア外からのカルドソの直接FKをキーパーのジェフノフがはじいたところ、マキシ・ペレイラが押し込んで先制。ただ、難しいシュートだったとは思いますが、はじく場所が悪かったですね。外に弾かないと・・マラフェーフがいたら、という場面でした。

先制されたことで、ホームでは何とか勝ちたいゼニトはかなり攻撃に厚みが出てきました。
その攻撃が実ったのは前半27分。左サイドのフボチャンからのクロスを中でシロコフが右足で合わせてゴール隅へ。ボレーシュートではないですが、難しいボールをしっかりと合わせた技ありゴールですね。
グループステージから、この人の得点力は光っています。

その後はお互い攻め合いつつ後半へ流れ込み。
後半もスピーディーな展開ですが、全体的にはゼニトがよさそうですね。
最後のクロスのところでなかなか合わないですが、攻撃はしっかりかたちができていました。

71分にはゼニトに待望の勝ち越し点。
ケルジャコフがライン際のボールをヒールで落としたところ、ビストロフがエリア内へ送ると途中出場のセマクがヒールで流しこむ、こちらもシブイゴール。セマクも途中出場ながら、かなり攻撃に絡んでいい動きをしていました。

後半はワンツーパスなど流れるような攻撃が多くなったゼニトは、スピードがさらに増してペースを握ってましたね。
このまま終わるかと思ったんですが、ベンフィカも意地を見せ、残り時間が5分ほどのところでカルドソがゴールを決めて同点に。
ここもキーパーのジェフノフがはじいたところだったんですが、この場面でもはじく場所が悪かったです・・う~~~ん、ちょっと厳しい結果ですね、ジェフノフにすると。

ただ、ここで終わらないのがこの日のゼニト。
右サイドのアニュコフが猛然とオーバーラップし、送ったクロスをゴール前でマキシ・ペレイラがトラップミス。このボールを見逃さずにシロコフが奪ってそのままゴールへ蹴り込んで勝ち越し。
あきらめない姿勢を見せ、ホームで勝利をゲットしました。これでセカンドレグもおもしろくなりそうですね。


結果:
ゼニト 3-2 ベンフィカ

得点:
マキシ・ペレイラ カルドソのFKをジェフノフがはじいたところ、押し込み
シロコフ 左サイドからのクロスを右足でダイレクトで合わせて
セマク 右からのクロスを後ろ向きで右足ヒールで流し込み
カルドソ シュートをジェフノフがはじいたところを押し込み
シロコフ マキシ・ペレイラのトラップミスを奪ってキーパーかわしつつシュート

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st リヨン - APOEL
2012年02月16日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はもう1試合、リヨンvsAPOEL戦を見ました。APOELは意外なトーナメント進出。少しでもいところを見せてほしいですね。リヨンは6節大勝したことにより奇跡的な逆転で勝ち抜け。勢いは十分でしょう。

リヨン:
FW:リサンドロ
MF:バストス、シェルストレム、エデルソン、ゴナロン、ラカゼット
DF:シソコ、クリス、コネ、レベイェル
GK:ヨリス

交代:
ラカゼット → ブリアン
エデルソン → グルキュフ

APOEL:
FW:アイウトン
MF:トリチコフスキ、エリオ・ピント、エウデル・ソウザ、ヌーノ・モライス、ハラランビデス
DF:ボアベントゥーラ、パウロ・ジョルジュ、カカ、プルサイティデス
GK:キオティス

交代:
アイウトン → ソラーリ
エウデル・ソウザ → マルシーニョ
ハラランビデス → マンドゥーカ

リヨンはグルキュフやゴミス、ブリアンあたりがベンチスタートですね。作戦なのか調子なのかはわかりませんが。
APOELは主力のアイウトンがけがから戻ってきたそうでここはよかったです。あとは新規加入したエウデル・ソウザに注目でしょうか。

ゲームは立ち上がりから完全なリヨンペース。エリア内に侵入できるケースも多く、チャンスは十分でした。特にバストス、シソコのいる左サイドからの攻撃は迫力十分でした。序盤はなかなかフィニッシュまでは持っていけない展開でしたが、それでも見応え十分でした。

APOELはエウデル・ソウザは結構おもしろいアイデア、パスはありそうでしたが、前線がアイウトン一人ではちょっと厳しかったですね。そのアイウトンもキレがいまひとつでグループステージほどは期待が持てそうになかったです。

前半はリヨンがかなり押し込んだもののスコアレスで折り返し。後半早々にもエデルソンがキーパーをかわしてシュートという場面があったものの、パウロ・ジョルジュの好セーブにもあって得点できず。
後半もこのままいくのかな~と思ったんですが、そのすぐあと、ラカゼットがエリア内に侵入してシュートを決めリヨンが先制。

こうなるともうリヨンはゲームを落ち着かせるだけでしたね。
APOELはいまいち調子の出ないアイウトンやエウデル・ソウザあたりも交代して攻撃にでたんですが、どうにもうまくいかなかったですね。途中出場のマルシーニョあたりもいい動きを見せてたんですが・・・
結局シュートは1、2本しか撃てなかったかもですね。

リヨンはとりあえずはホームで最低限の勝利。正直この試合の展開だと1点だともったいない気もしますが、アウェーでもあまり苦にしないチームだけにここはかなり優位にたったかもですね。

結果:
リヨン 1ー0 APOEL

得点:
ラカゼット 左サイドからエリア内に切れ込んで右足シュート。DFに当たってゴール。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
決勝ラウンド 1回戦 1st レヴァークーゼン - バルセロナ
2012年02月16日 (木) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

昨日から待ちに待った決勝ラウンドのはじまりです。
ということで1試合目レヴァークーゼンvsバルセロナ戦を見ました。

レヴァークーゼン:
FW:アウグスト
MF:シュールレ、ロルフェス、カストロ、ライナルツ、ベンダー
DF:カドレツ、フリードリッヒ、シュバーブ、チョルルカ
GK:レノ

交代
ロルフェス → キースリンク
シュールレ → ベララビ
チョルルカ → ダコスタ

バルセロナ:
FW:アドリアーノ、メッシ、サンチェス
MF:イニエスタ、ブスケツ、セスク
DF:アビダル、マスチェラーノ、プジョル、ダニエウ・アウベス
GK:ビクトル・バルデス

交代
イニエスタ → チアゴ
アドリアーノ → ペドロ
サンチェス → イサック・クエンカ

レヴァークーゼンは残念ながらバラックがけがみたいですね。高さのあるキースリンクではなく、スピードのあるシュールレあたりを前線に持ってきてカウンター狙いの布陣のようでした。
バルセロナはシャビ、ピケあたりが不在ですが、それでも十分に豪華ですね。

ゲームは完全にバルセロナペースで入りました。というか、だいぶレヴァークーゼンが引いていたので、その分バルセロナのキープがかなり伸びたのかもですが。
レヴァークーゼンもうまく守ってほとんど見せ場も作らせず、このまま行きそうかな、と思った前半終了近く、メッシから裏への浮き球一本でサンチェスが抜け出してキーパーの股間を抜くシュートでバルセロナが先制。
レヴァークーゼンはうまく守っていただけに、何とか前半スコアレスで行きたかったところでしょうが。。。

バルセロナは守備面でもほとんど危なげなく前半は折り返し。相変わらず相手ボールになった後のボールへの寄せや囲みが早く、レヴァークーゼンにほとんど攻撃させませんでした。レヴァークーゼンは苦し紛れにボールを前線へ送るだけになってしまい、前半はシュート0.

後半になると攻めざるを得なくなったレヴァークーゼン。だいぶ前から人数をかけてきたんですが、後半5分過ぎにさっそくその攻めが実を結びました。右サイド深いところでチョルルカがキープするとそのまま高いボールをファーへ折り返し。
これを逆サイドから走り込んできたカドレツがヘッドで押し込んで同点に。両SBでゲットした得点。

これで振り出しに何とか戻せたと思ったんですが、そこはバルセロナ。そのすぐ後にふたたびサンチェスが裏への抜け出しからキーパーかわしつつシュートを決めてふたたび勝ち越し。サンチェスは再三裏を狙っており、ここはうまくスペースに抜け出せましたね。

あっさりと突き放すとレヴァークーゼンもちょっとトーンダウン気味に。。
カストロのシュートがポストに当たったりと惜しいシーンもあったんですが、決めきれなかったレヴァークーゼンは終了近くにもメッシにゴールを奪われて、ホームで悔しい敗戦に。
これでだいぶ苦しくなっちゃいましたね。

相変わらずの強さのバルセロナはまずはここは予想通り抜けていきそうでしょうか。連覇まで走れるかどうか。

結果:
レヴァークーゼン 1-3 バルセロナ

得点:
サンチェス 裏への浮き球に抜け出してそのままキーパーの股間をぬくシュート
カドレツ チョルルカからのクロスにヘッドで
サンチェス 裏へのスルーパスに抜け出してキーパーかわしてシュート
メッシ ダニエウ・アウベスからのクロスを足で合わせて
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。