趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝 バイエルン - チェルシー
2012年05月20日 (日) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日は決勝ということで、さっそく早起きして観戦しました。
バイエルンvsチェルシーとあまり予想しない顔合わせになりましたね。バイエルンは初のホームでの決勝ということで、期待はもてますね。
チェルシーは監督交代から息を吹き返して、ついにここまで来ました。あまり強い印象はないんですが、固いゲーム運びができるチームですね。

バイエルン:
FW:ゴメス
MF:リベリ、シュヴァインシュタイガー、ミュラー、クロース、ロッベン
DF:コンテント、ボアテング、ティモシュク、ラーム
GK:ノイアー

交代:
ミュラー → バンブイテン
リベリ → オリッチ

チェルシー:
FW:ドログバ
MF:バートランド、ランパード、マタ、ミケル、カルー
DF:コール、ダビド・ルイス、ケーヒル、ボアテング
GK:ツェフ

交代:
バートランド → マルダ
カルー → トーレス

この日はお互い警告での出場停止が多い試合になりました。
バイエルンは、ルイス・グスタボ、アラバ、バドシュトゥバー。チェルシーはラミレス、テリー、イヴァノビッチ、ラウール・メイレレスですね。お互い主力級がかけているので、なかなか厳しいメンバー選びになりました。
バイエルンはティモシュクをCBに。チェルシーも何とかダビド・ルイスが間に合いましたが、不安はありますね。

ゲームは序盤から予想通りバイエルンペースに。お得意の立ち上がりの猛攻で何とか先制点を取りたいところでしょう。
1stシュートはシュヴァインシュタイガーのミドルシュート。これはDFに当たって外へ。
チェルシーはこの試合もカウンター狙いが主流でしたが、攻撃のチャンスはほとんどなく、シュートまでは持って行けいないですね。攻守の切り替えはお互い早く、スピーディな展開でゲームとしては非常に見どころがありましたが。

バイエルンはゴメスの下に配置された、リベリ、ロッベン、ミュラーがお互いポジションチェンジを繰り返して分厚い攻撃が展開できていました。
右のラームはやはりよかったですが、左に入ったコンテントもかなり積極的に攻撃に絡んでおり、予想外によかったですね。アラバに見劣りしない働きでした。

バイエルンは決定機もかなりあったんですが、なかなかゴールを決めきれなかったですね。ロッベンのリベリとのコンビネーションからの抜け出しのシュートはツェフのセーブに。
左サイドからのクロスをミュラーがフリーでボレーシュートを撃つも枠外。。

ラームはこの日は守備でもかなり活躍。読みのよさ、体の使い方、完璧に近い働きだったと思います。
前半はシュート13vs2で圧倒的にバイエルンペースだったんですが、結果は0-0.

後半になっても依然ペースはバイエルン。
リベリがゴールを割るシーンまでありましたが、これは惜しくもオフサイド判定に。
バイエルンは引き続きかなりスピーディに攻め続けたんですが、ここもゴールは遠かったです。

ただ両チームにそろそろ疲れも見え始めたラスト10分近く、徐々にゴールに近づいたバイエルンですが、ようやくゴールが。
左サイドクロースからのクロスを大外でミュラーがヘッドでたたきつけ。これがバーに当たるぐらいまで跳ね上がりゴールへ。84分のゴールでした。

正直ゲームの流れからもこれで決まったかと思ったんですが、あきらめなかったのはチェルシー。
ここから投入されたトーレスが右サイド突破をはかるとこの日初のCKをゲット。CKからどんぴしゃのヘッドでドログバがねじこんで同点に。88分というぎりぎりの時間でしたね。

延長になると立ちあがりチェルシーが攻撃にでるも、ここはゴールを奪うにはいたらず、逆にりべりがエリア内で倒されバイエルンがPKをゲット。
これを蹴るのはロッベンだったんですが、まさかのPKミス。う~~~ん、なんでロッベンに蹴らすかな~。

結局延長はお互いゴールを割れずにPK戦へ。

PK戦:
ラーム ○ - × マタ
ゴメス ○ - ○ ダビド・ルイス
ノイアー ○ - ○ ランパード
オリッチ × - ○ コール
シュヴァイン × - ○ ドログバ

マタのシュートをノイアーが止めたときはまたまたバイエルンで決着するかと思いましたが、この日はツェフの読みがあたりまくってましたね。
結局最後はシュヴァインシュタイガーが決めきれず、ドログバに決められて終了してしまいました。

バイエルンはゲームをコントロールしながらも、決めるべきところで決めきれなかったのが残念でしたね。来シーズン以降サイドがどうなるか分からないだけにまったく別のチームになるかもですが、若くていい選手もまだまだいるので、引き続きチャンスは訪れそうな気もします。

チェルシーはここも派手なゲームをするわけではないながらもしっかりとゲームをゲットし、優勝。アブラモビッチもようやく悲願の優勝となりましたね。

結果:
バイエルン 1-1 チェルシー

PK
バイエルン 3ー4 チェルシー

ゲーム後、PKを外した、ロッベン、シュヴァインシュタイガーあたりはなかなか動けず、痛々しかったです。
ラームはまだ毅然としていましたね。この人にはもうワンチャンスあげたいところです。

ちなみに、ビッグイヤーを掲げる瞬間。ランパードとテリーが二人で掲げようとしていたところ、なぜか中央割って入ったボシングワ。。。テリーなんかはカメラにも映れなくなっちゃいました。
もうちょっと空気読もうよ、ここは・・・・まあ、がんばっていた選手ではあるんだろうけど。。


スポンサーサイト
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。