FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
グループリーグ第5節 レヴァークーゼン - チェルシー
2011年12月02日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください)

本日はレヴァークーゼンvsチェルシー戦。ここは一応グループの1,2位対決ですが、まだ4チームに可能性がある状況。お互いおそらく勝てば勝ち抜けですね。

チェルシーはこの日はドログバがトップでトーレスベンチ。かなりひさびさな気もしますね。
レヴァークーゼンはシュールレがインフルエンザの影響とかでベンチスタート。ここはちょっと厳しいでしょうか。

ゲームのほうですが、落ち着いた入り方になりましたが、ホームらしくレヴァークーゼンもなかなかいい感じでゲームに入ってましたね。一方的にチェルシーに支配されるわけでもなく、自分たちのボールになったときはそれなりに運べてましたし。サイドのサム、カストロあたりも悪くはなかったですね。あとはキースリンクにあてて、その落としを拾うというのがひとつのパターンだったかも。

お互いそれなりに攻められてはいたんですが、チャンスは少なかったでしょうか。レヴァークーゼンはバラックのバックヘッドがバーに弾かれた場面、チェルシーではドログバがキーパーをかわしてシュートを撃った場面ぐらいですかね。

後半に入ると少しチェルシーが圧力をかけてきたか。
開始早々、スタリッジからの浮き球をエリア内でドログバが受けると、相手に詰められながらも反転してシュートを決めてチェルシー先制。
その後もチェルシーが結構チャンスが多かったですが、レヴァークーゼンは途中出場のデルディヨクが大きな仕事を。右から左への大きな展開から、カストロのクロスをヘッドで決めて同点に。
あそこまで大きく振られるとさすがにチェルシーディフェンスもどうにもできなかったか。

これで同点で終了かなと思ったんですが、後半ロスタイム。CKからのボールをフリードリッヒがヘッドで決めて土壇場でレヴァークーゼンが勝ち越し。

これでレヴァークーゼンは勝ち抜け決定、チェルシーは最終節まで持越しになったでしょうか。
レヴァークーゼンは地味な印象もありますが、結構いいチームですね。チェルシーはいまいち元気がないですね~。というか、プレミア勢は全体的にあまりよくはないですが。。

結果:
レヴァークーゼン 2-1 チェルシー

得点:
ドログバ スタリッジの浮き球を受けて反転シュート
デルディヨク 右から左への大きな展開からクロスをヘッド
フリードリッヒ CKを直接ヘッドで
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。