FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
グループリーグ第6節 インテル - CSKAモスクワ
2011年12月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

本日はリールvsトラブゾンスポルの裏側、インテルvsCSKAモスクワを見ました。
リールとトラブゾンの結果から、CSKAも勝ち抜けのチャンスが残っているので、観戦する側としては、楽しみが増えました。

インテルは1位ぬけが決まっているので、ところどころターンオーバーで来たでしょうか。TOPにはミリート、左MFにファラオーニなんかが入ってましたね。長友もこの日は右SBで先発です。
CSKAは前節出場停止のドゥンビアも戻ってきて、前線は活性化されるでしょう。引き続き本田は見られないですが、何とか頑張ってほしいところですね。

ゲームは両チームともいい立ち上がり。CSKAもアウェーながら、さすがにここは気持ちが入っていますね。
インテルはボールを奪ってからのカウンターが相変わらず早くて、迫力ありました。スネイデルがいればここにさらに鋭さが加わりそうですが。。
長友も積極的に攻撃参加して、シュートを放つ場面もありましたが、惜しくもキーパーに阻まれてしまいました。

CSKAもセットプレーがらみで結構チャンスありましたね。こちらもなかなかゴールには結びつきませんでしたが、バグネルラブが、その怖さを十分に見せていました。

後半になってすぐ、ようやくゴールが。後半5分、ドゥンビアがバグネル・ラブからのスルーパスで抜け出し、これをきっちりと流し込んでアウェーCSKAが先制。
しかしその直後、今度はインテルのCK。ラノッキアのヘッドをキーパーが何とか防いだところ、カンビアッソが押し込んですぐさま同点に。

そこからもお互い激しい攻撃でおもしろかったです。
インテルは途中出場のサラテが存在感十分でした。ドリブルのキレがすごかったです。あとアルバレスもよかったですね。
ミリートが何度か決定機を決めきれず、モヤモヤしていたインテルですが、86分にCSKAのCKから追加点を許す形になってしまいました。その後、長友のクロスをエリア内でハンドするような場面もありましたが、これをとってもらえず、結局このまま1-2で終了。
まあ、1位ぬけは確定していたし、こんなものでしょうか。。ただ、ラニエリはあまり状況よくないかもですが。

CSKAは土壇場で決勝トーナメント出場を決めました。
ぎりぎりの形でしたが、最後まであきらめなかったですね。

問題は冬の移籍で戦力がガラッと変わったりしないかどうか・・・
終了後の喜びの輪に、バグネル・ラブもドゥンビアもいなかったですしね~。関係ないかもしれないですが、ちょっと心配。。

結果:
インテル 1-2 CSKAモスクワ

得点:
ドゥンビア バグネル・ラブからのスルーで抜け出して流し込み
カンビアッソ CKからラノッキアのヘッドを押し込み
V・ベレズツキ CKからヘッドで直接
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。