FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝ラウンド 1回戦 1st ACミラン - アーセナル
2012年02月18日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はいよいよミラン戦を見ました。いきなりアーセナルなんでかなり厳しそうですが、今年こそはもっと上に行ってほしいところです。

ACミラン:
FW:イブラヒモビッチ、ロビーニョ
MF:セードルフ、ボアテング、ファンボメル、ノチェリーノ
DF:アントニーニ、チアゴ・シウバ、メクセス、アバーテ
GK:アッビアーティ

交代:
セードルフ → エマニュエルソン
ボアテング → アンブロジーニ
ロビーニョ → パト

アーセナル:
FW:ファンペルシ
MF:ロシツキ、アルテタ、ラムジー、ソング、ウォルコット
DF:ギブス、ベルマーレン、コシェルニ、サニャ
GK:シュチェシュニ

交代:
コシェルニ → ジュルー
ウォルコット → アンリ
ギブス → チェンバレン

ミランはボアテングが怪我明けで戻ってきたのが好材料。2TOはイブラヒモビッチ、ロビーニョですね。
アーセナルは、注目のアンリはベンチスタート。若いチェンバレンではなく、中盤はロシツキ、ラムジー、ウォルコットが攻撃的な面子。

この日はホームということもあり、ミランもなかなか立ち上がりから動きがよかったです。
序盤から結構積極的にプレスを行い、奪った際には早い攻撃でいい流れを作れてました。
プレスが間に合わなかったときはじっくりと守備を展開していましたが、ファン・ボメル、チアゴ・シウバ、メクセスの中央は固かったですね。

前半10分過ぎにセードルフが怪我で交代というアクシデントがあったんですが、15分。相手GKのキックを奪うと、ノチェリーノが前線へ浮き球。これをボアテングが胸トラップからそのままシュートを放って、これが先制ゴールに。さすがボアテングという一発でした。

アーセナルはロシツキーのドリブルなんかは結構アクセントとしてよかったんですが、パスが通らなかったですね。ファンペルシーがかたくマークされているとなかなか厳しい状態でした。
前半38分には、イブラヒモビッチがオフサイド気味ながらも左サイドの裏を抜け出すと中へクロス。これをロビーニョがヘッドで流し込んで追加点。

後半になるとアーセナルはアンリを投入。これで流れがどうなるかと思ったんですが、今度もイブラヒモビッチ→ロビーニョのつなぎで3点目をゲット。勝負を決めてしまいました。この日は珍しくロビーニョも決定力がありましたね。動きも悪くなかったです。

アーセナルもアンリが入ってからアイデアのある攻撃も出てきて、ファンペルシーのシュートが枠内に行く場面が何度かあったんですが、アッビアーティが好セーブで防いでくれました。この人シュートブロックはなかなかいいですね。
79分にはエリア内でキープしたイブラヒモビッチがジュルーに1対1を仕掛けてPKゲット。してやったりの4点目を奪いました。

ラスト近くはアーセナルの猛攻をしのいで、珍しくも大勝してくれたミラン。
さすがに今回は大丈夫だと信じたい。。。
アーセナルは、アンリやチェンバレン投入が結構効果的だと思えただけに、ちょっと前半の出来が残念でしたね。

結果:
ACミラン 4-0 アーセナル

得点:
ボアテング 後ろからの浮き球を胸トラップシュート
ロビーニョ イブラヒモビッチのクロスをヘッドで
ロビーニョ イブラヒモビッチからの横パスをダイレクトシュート
イブラヒモビッチ 自らエリア内でもらったPK

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。