FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝ラウンド 1回戦 2nd ベンフィカ - ゼニト
2012年03月09日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

昨日は、ベンフィカvsゼニト戦を見ました。
ここは第1節は、ゼニトがホームで3-2の勝利。引き分けOKですが、1-0とかでベンフィカが勝てば、アウェーゴールの差でベンフィカが勝ち抜けとなります。

ベンフィカ:
FW:カルドソ、ロドリゴ
MF:ガイタン、ハビ・ガルシア、ビツェル、ブルーノ・セーザル
DF:エメルソン、ジャルデウ、ルイゾン、マキシ・ペレイラ
GK:アルトゥル

交代:
ロドリゴ → ノリート
ガイタン → マティッチ
カルドソ → ネルソン・オリベイラ

ゼニト:
FW:ケルジャコフ
MF:ジリャノフ、シロコフ、デニソフ、セマク、ビストロフ
DF:クリシト、ロンバーツ、フボチャン、アニュコフ
GK:マラフェーフ

交代:
ビストロフ → ラゾビッチ
アニュコフ → ブルーノ・アウベス
ジリャノフ → ファイズリン

ベンフィカはアイマールが累積警告で出られないため、ロドリゴ先発で2TOP気味でしょうか。得点の必要もありますしね。
ゼニトは守護神のマラフェーフ復帰は大きいでしょうか。1stの失点はキーパーのミスに近いものでしたしね。

立ち上がりからゼニトはある程度積極的にゲームを進めてました。ボールキープしてしっかりつなぐというかたちが多かったですね。序盤はセカンドボールもうまく拾って優位に進めてました。

それでもファーストチャンスはベンフィカ。ブルーノセーザルがエリア外からシューともマラフェーフがきっちりとセーブし、ゴールならず。このあたりからベンフィカに徐々にチャンスが生まれ始めましたね。
ゼニトはどうにも前線へのパスがつながらずチャンスシーンを作り出すまでにはなかなか持って行けてませんでした。

ゲームが動いたのは前半ロスタイム。ビツェルがエリア内で抜け出して振り返りシュート。これをマラフェーフがセーブするも、こぼれ球をビツェルが自らヒールで横に長し、これを流し込んだのがマキシ・ペレイラ。1stに続いてのゴールになりました。SBなのに。。

後半ベンフィカはかなり守備的になり、ゼニトの攻撃の時間がだいぶ増えました。ただ、それでも前線へのパスは引き続き不調でなかなかチャンスが生まれないですね。クロスボールや浮き球をルイゾンにはじき返されるシーンが非常に多く、このあたりは無理を感じました。
ベンフィカは引いてカウンターで、こちらのほうがよりフィニッシュに近いように思いました。

まったく得点が動かないまま後半ロスタイム、ベンフィカがここでカウンターを決めて、ゲームを決定づけました。
ということで、ベンフィカがここをしっかり勝って準々決勝へ。中盤のタレントは非常に魅力的で、楽しみなチームではあります。
ゼニトはグループリーグで見せたようなスピード感のある攻撃をほとんど見せられませんでしたね。残念でした。

結果:
ベンフィカ 2-0 ゼニト

得点:
マキシ・ペレイラ ビツェルのエリア内での横パスを流し込み
ネルソン・オリベイラ カウンターからブルーノ・セーザルのパスを受けてシュート
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。