FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝ラウンド 1回戦 2nd インテル - マルセイユ
2012年03月14日 (水) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日から残りの4試合。まずはインテルvsマルセイユ戦。
ここは1戦目はホームでマルセイユが1-0で勝っており、少し優位ですね。アウェーゴールも与えていないですし。
インテルはホームで何とか挽回できるか。マルセイユは国内まったくだめで、インテルはようやく前節勝ちが出たというところで、勢いはインテルか?

インテル:
FW:フォルラン、ミリート
MF:ポーリ、スナイデル、スタンコビッチ、サネッティ
DF:長友、サムエル、ルシオ、マイコン
GK:ジュリオ・セーザル

交代:
スナイデル → オビ
フォルラン → パッツィーニ
ポーリ → カンビアッソ

マルセイユ:
FW:レミー
MF:A・アィエウ、ンビア、バルブエナ、ディアラ、アマルフィターノ
DF:モレル、ンクル、ディアワラ、アスピリクエタ
GK:マンダンダ

交代:
バルブエナ → シェル
レミー → ブランドン
A・アィエウ → ブラシリアーノ

インテルはあまり見ないところではポーリが先発。長友は予想では先発ではなかったみたいですが、ここは先発で来ました。まあ、キブも累積で出られないですしね。
とりあえず失点は命取りなんで、ミスだけはしてほしくないところ。

マルセイユはレミーがこの日は先発。前節は怪我で途中からだったと思うので、これは好材料ですかね。

ゲームはマルセイユもそれなりに攻撃も仕掛けてましたね。ファーストチャンスはバルブエナのシュートだったかな。
ただ、序盤決定機が多かったのはインテルでしょうか。

スナイデルがエリア内で決定機を迎えるもDFに当たってボールはキーパーの守備範囲へ。さらにはスナイデルからのクロスボールをミリートが胸で押し込むという場面もあったんですが、これもマンダンダの好セーブに。

このあたりの決定機が決めきれなかったこともあり、流れは徐々にマルセイユに行ってしまったか。前半ここからチャンスが多かったのはマルセイユのほうかな。中盤のディアワラ、ンビアの守備は結構きいてました。
ただ、こちらも得点できずに前半終了。マルセイユは1点取ってしまえば、というところだったんですが、決定的な場面というところまでは行けてなかったかな。

後半もお互いそれなりにチャンスがあるも、決めきれない展開が続いていましたが、インテルが早めの選手交代をしかけ、これが功を奏したか、75分、CKからパッツィーニのシュートは防がれるもこぼれ球をミリートが押し込んでインテルがトータル同点に追いつきました。

ここからはむしろ勢いはインテルかというところだったんですが、ゴールは割れず。このまま延長かな、と思ったんですが、ロスタイムにマンダンダからの縦パス1本が、途中出場の前線ブランドンに通り、これが背中に当たってちょうどいいところに落ち、そのままシュート。サムエル、ジュリオ・セーザルが及ばずにゴールに吸い込まれました。

そのあとマンダンダがエリア内でPKを与えてしまい、退場、1点返されましたが、アウェーゴールの差でマルセイユの勝ち抜けとなりました。
う~~~ん、1節目に続きマルセイユはロスタイムにゲームを決めてしまいました。勝負強いですね。。インテルが勝負弱いのかもですが。

結果:
ミリート CKからの展開でこぼれ球を蹴り込み
ブランドン キーパーからの縦パスが背中に当たって落ちたところをシュート
パッツィーニ エリア内でキーパーに倒され自らもらったPK

ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。