FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
決勝ラウンド 1回戦 2nd チェルシー - ナポリ
2012年03月16日 (金) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日はチェルシーvsナポリ戦。ここはナポリがホームで3-1で勝ってきており、チェルシーにとっては苦しい展開。ビラス・ボアス解任をして流れがどうなるか。ナポリは勢いそのままに勝ち上がれるか、というところ。

チェルシー:
FW:ドログバ
MF:ラミレス、ランパード、マタ、エッシェン、スタリッジ
DF:コール、テリー、ダビド・ルイス、イヴァノビッチ
GK:ツェフ

交代:
スタリッジ → トーレス
マタ → マルダ
テリー → ボシングワ

ナポリ:
FW:ラベッシ、カバーニ、ハムシク
MF:スニガ、ガルガーノ、インレル、マッジョ
DF:アロニカ、カンナバーロ、カンパニャーロ
GK:デサンクティス

交代:
マッジョ → ドッセーナ
ハムシク → パンデフ
アロニカ → バルガス

ナポリはまあ、いつものメンバーですね。スタメン以外だとだいぶ実力が落ちる気がしますし。
チェルシーはこれまでなかなか出場できていなかったランパードやエッシェンあたりが先発。CBにもテリーが復帰してきており、だいぶいいメンバーになってきました。

ゲームは立ち上がりからかなり激しい展開に。2点以上が必要なチェルシーはもちろんですが、ナポリも攻撃時にはかなり鋭い攻めを見せていました。
ファーストチャンスは、ドログバの落としからスタリッジのシュートというチェルシーの攻撃でしたが、ここはデサンクティスがセーブ。
ただ、ここからは徐々にチェルシーの押し込みが目立ったかな。ナポリはいざ攻撃という場面になると奪われてもセカンドボールを拾って立て続けに攻めるというシーンが多く、こちらも十分に得点できそうな匂いがしました。

ゴールが生まれたのは、前半28分。左サイドからのラミレスのクロスにドログバがニアに走り込んでダイビングヘッド。ここというピンポイントでのゴールでチェルシーが先制。前半のうちに得点できたことでわからなくなりましたね。
チェルシーは前半はサイドからのクロスでだいぶチャンスがありました。

後半に入ると、早々にCKからテリーのヘッドでチェルシーが追加点。これで2試合合計で並び、アウェーゴールの差でチェルシーが上に立ちました。
こうなると攻撃が必要なナポリはかなり攻勢に。
そして、55分にはインレルが強烈なミドルシュートを蹴り込んで、ふたたびナポリがトータルで上に。

今度はチェルシーが攻撃に出る番になり、ここでトーレス投入。なかなかゴールが生まれないトーレスですが、ここは何とか、ヒーローになれるかどうか。
チェルシーはセットプレーがことごとくチャンスになっており、ナポリとしてはできるだけセットプレーを与えたくない展開でしたが、75分、CKからイヴァノビッチのヘッドをドッセーナがエリア内でハンドしてしまい、PKに。
これをランパードが決めてトータルで並んでしまいました。

この後はお互いガツガツとぶつかりあう激しい展開でしたがゴールは生まれず延長に。
延長に入ってもどちらかといえばナポリのほうがいいかたちが多かったんですが、ゴールを割ったのはイヴァノビッチ。前半終了間際、右サイドからドログバの折り返しを蹴り込んで、勝ち越し。

ナポリは延長後半にかけるも、結局最後までゴールが割れずにチェルシーが大逆転で勝ち越しを決めました。
う~~~ん、勝負強かったですね。1節終わった時点で、ナポリで確定だと思ったんですが。セットプレーの弱さと選手層の薄さが出た印象です。


結果:
チェルシー 4-1 ナポリ

得点:
ドログバ ラミレスからのクロスにダイビングヘッドで流し込み
テリー ランパードからのCKをヘッドで
インレル 相手のクリアボールを胸トラップからミドル
ランパード ドッセーナのハンドでもらったPK
イヴァノビッチ エリア内でドログバからの横パスを蹴り込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。