FC2ブログ
趣味であるサッカー観戦(チャンピオンズリーグ)、Wiiウィニングイレブンに関する日々の記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
準々決勝 1st ベンフィカ - チェルシー
2012年03月31日 (土) | 編集 |
(結果が分かりますので、まだ見ていない方はご注意ください。)

今日から、準々決勝の観戦です。まずは、ベンフィカvsチェルシー戦。
チェルシーは監督解任から決勝ラウンド1回戦は大逆転で乗り切ってきましたね。勢いからいえばこちらでしょうか。

ベンフィカ:
FW:カルドソ
MF:ブルーノ・セーザル、ヴィツェル、アイマール、ハビ・ガルシア、ガイタン
DF:エメルソン、ジャルデウ、ルイゾン、マキシ・ぺレイラ
GK:アルトゥル

交代:
アイマール → マティッチ
ブルーノ・セーザル → ロドリゴ
ハビ・ガルシア → ノリート

チェルシー:
FW:トーレス、カルー
MF:マタ、ミケル、メイレレス、ラミレス
DF:コール、テリー、ダビド・ルイス、パウロ・フェレイラ
GK:ツェフ

交代:
メイレレス → ランパード
パウロ・フェレイラ → ボシングワ
カルー → スタリッジ

ベンフィカはほぼいつものメンバーでしょうか。得点力のあるカルドソ、中盤にもテクニックあるガイタンやシュート力のあるブルーノセーザルなど楽しみなメンバーですね。

チェルシーは意外にも、ドログバやランパード、エッシェンあたりがベンチからとちょっとメンバーを抑えてきたか。アウェーということもあり、まずはじっくりといったところですかね。

ゲームはお互い落ち着いた入り方になりましたね。
さすがに準々決勝の初戦ということもあり、無理にはいかないという流れに。チェルシーはまずはボールを落ち着けてという狙いだったのでしょうね。

ベンフィカもそれほど無理には行ってはいませんが、アイマールもこの試合は調子がよさそうで、ワンタッチでポンポンとボールを回して、いいアクセントになってました。
今シーズンは全体的によさそうですね。

チェルシーは右サイドのラミレスが、左SBのエメルソンをスピードで振り切る場面があり、こちらが攻撃のアクセントになりそうでした。トーレスにもシュートチャンスはありましたが、ボールは枠には飛んでくれないですね。。

15分過ぎから徐々にベンフィカのほうが攻撃のかたちができはじめてきました。サイドからのボールがカルドソに合う場面が結構出てきており、もうひと押しで決定機もありそうという流れでしたが、結局前半には得点をあげられずスコアレスで折り返し。

後半開始早々からベンフィカが押し込み始めました。ここは得点を奪いに来ましたね。パスがスムーズに回っており、左サイドのガイタンも結構ボールに絡んで惜しい場面を演出。逆にチェルシーはパスカットされるシーンが目立ち、あまりリズムはよくなかったです。

ベンフィカはなかなかゴールが割れない中、70分には2枚代えでさらに攻撃的に。
ただ、この後、カウンター気味にラミレス→トーレスに右サイド突破されると、フリーの状態でクロスを上げられ、これをカルーが押し込む形でチェルシーが先制。
チェルシーにしてはまさに狙い通りのかたちになりました。

その後はベンフィカもがんばって攻めてはいたんですが、なかなかツェフを脅かすような場面も演出できず、結局このまま終了に。
途中テリーがエリア内でハンドした場面もあったんですが、あれをとってもらえなかったのも痛かったですね。
これでチェルシーがアウェーで勝利という有利な場面で2ndへ。

ベンフィカはかなりきつくなりましたが、早い時間に先制できればまだわからないので頑張ってほしいところですね。

結果:
ベンフィカ 0-1 チェルシー

得点:
カルー トーレスの右サイド突破からのクロスを押し込み
ランキング: にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 欧州カップ戦へ
テーマ:UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。